ヨロイボウズハゼ

Lentipes  armatus

外見の特徴

頭は丸くやや流線型で、体はお腹側が平らなので岩の表面にぴったりとはり付くことができます。体の色は透明感がある灰色で、河川で網に入った個体を見ると背中側から内臓のあたりが透けてきれいな黄緑色に見えます。オスの第二背びれの前端には小さな黒い斑点が1つあり、他種とのよい識別点になります。オスでも第一背びれは伸びませんが、成魚では2つの背びれに明瞭な白い色が出るので、成魚の雌雄の判別は容易です。オスの婚姻色はきれいで、鼻先と第一背びれ下部のお腹が青緑色になります。最も派手な時ではこれが水色になり、お腹の水色部には暗色の細い横帯が数本現れ、胸びれが黄緑色を帯びてきます。このとき頭部の背中側は暗い色になり、第二背びれ下部の体側にも濃い暗色の幅広い横帯が現れます。婚姻色の派手さ加減はコロコロと変えることができるようで、同種の相手を追い払うときなどに一瞬にして派手になります。しかし、第二背びれの小さな黒点は婚姻色の濃さによらず常に目立ちます。

 メスは目立った特徴が無いため、他種のメスと混同されることもあります。 ウロコが体の後半部にしかないことや、体のお腹側が平らなこと、後頭部に独特の迷彩模様が現れることなどが本種の特徴です。

通常時のメスは体に不規則な濃淡の模様がうっすらと見られることもありますが、目立った模様はありません。ただし、上あごに沿って暗色の縦線模様が現れることがあるようです。成熟したメスと思われる個体では頭部に透明感のある迷彩のような模様が現れ、お腹に銀色の金属光沢が現れます。また同時に体の後半部の鱗が目立って見えるようになるようです。

 なお、オスの第一背びれ下部付近に棘のある鱗が並ぶことが「ヨロイ」の名前の由来だそうですが、肉眼では鱗の目が多少粗く見える程度にしか見えません。 また、婚姻色が強く出ている時に限り、このウロコがひとつひとつキラキラ光る仕組みになっています。(光るウロコのどアップ写真はこちら。)

 

 

分布状況

若い頃のオスですが、第二背びれの黒点は早くから目立ち始め、お腹も青みを帯びてきます。 2つの背びれの大きさもまだ小さいですね。

 本種は日本固有種で、奄美大島、沖縄本島、石垣島で生息が確認されているようです。生息する場所では個体数が少ないながらもしぶきの立つようなところに集中するので、遭遇することはできる状況のようですが、生息している河川がとにかく少ないようです。数少ない生息地の破壊や荒らすような行為はなんとしても避けなければなりません。

 

 

生活

 上流域に生息し、かなり流れの速いところを好んで生息しています。滝壷や淵頭などのしぶきの立つような岩の表面によくはりついていますが、人影には敏感で、素早く反応して上流に逃げていきます。川で観察する限りはこういった場面で遭遇することがほとんどですが、自然下で実際にどのような生活をしているのかは多くが不明のようです。

 

 

飼育

 

普段閉じがちな背びれも、色がきれいな時にはよく広げてくれます。メスを追う時などに一瞬でこんな色に変身します。

 小さな水槽でも流れがあれば飼育は可能ですが、ボウズハゼ類以外のハゼとの混泳はさせない方が良いでしょう。水槽では川で見るほど急流を好む様子はなく、ナンヨウボウズハゼよりも石ひとつ分くらい上流側(上部ろ過からの水の落ち込み側)を好む程度で、止水に近いところでエサを食べていることも普通にあります。性格はとても温和で、オスであっても婚姻色が強く出ていないときには闘争をほとんどしません。かといって、ナンヨウボウズハゼのメスのように数匹の群れを好むというわけでもないようで、個々の思うままに生活しています。雑食性らしく、プレコ用フードをボウズハゼ運動で食べていることもありますが、冷凍アカムシを入れると遠くからでも水面付近まで食いつきに行ったりします。このあたりはヨシノボリなどにも見られるハゼらしい反応とも言えますが、草食の印象が強いボウズハゼの仲間のイメージからはギャップを感じる一面でもあります。

 

 

★★★ もっと ヨロイボウズ! ★★★

   

婚姻色がきれいに出たオス。 体の地の色も普段より白くなって、濃い色の部分とのコントラストが強調されています。

 やる気はひと休みにして、大あくびをするオス。 この口を見ると、石に生えるコケを食べるよりも水生昆虫などを捕まえるのに適した口をしているのがわかります。

南方系のボウズハゼ類一般に言えることですが、繁殖期の雌雄の色の違いはすごいですね。 オスのお腹は、メスの視界に自分がいる時にはとても深い色になります。 また、真横から見ると(すなわち、仲間の視点)最もきれいに見える仕組みになっているようです。

 がんばって作った巣穴にメスを連れてきたオス。 成熟したメスは全く反抗せずに巣穴までついてきます。 「彼女を連れて来たのはいいんだけど、巣穴掘ったの、たしかこの石の下だったかな・・・。」

繁殖期でないときはほとんどけんかをせずに仲の良いオスとメス。 繁殖期のオスの攻撃も他のハゼ類よりも穏やかで、お互いをパートナーとして認めると攻撃はせず、オスが巣穴に誘導するまで恋人同士のように泳ぎます。

ナンヨウボウズハゼ属の魚などに比べて金属光沢は劣るように思える本種ですが、婚姻色のピーク時には頭部がメタリックに輝きます。

自然下では警戒心も強く、動きも敏捷でじっくり観察することが難しい魚ですが、繁殖期に川で探したらかなり目立つ魚でしょうね。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ