タナゴモドキ

Hypseleotris  cyprinoides

 

外見の特徴

 種は広義に言うハゼの仲間ですが、ヨシノボリやボウズハゼなどのハゼ科とは異なる、カワアナゴ科に属する魚です。 種はカワアナゴ科の中でも特異な体型を持つ Hypseleotris 属に属しており、和名のとおりタナゴの仲間に近い体型をしています。 なわち、体は平たく、国内の他のハゼ類には見られない体型をしています。 魚のうちは比較的細長い体をしていますが、成長するにつれて体高が高くなり、一層タナゴ類に似た体型になります。 

メスの体色は地味ですが、透明感があり、繊細な印象を受けます。 背びれや尻びれは無色透明で、模様もありません。。

 本的には体型に雌雄差はありませんが、縄張りを強く意識しているときなどは一時的にオスの額が隆起するようです。 の特徴は、本種と同じく体の平たいカワアナゴであるピーコックガジョンにも見られる特徴なので、興味深いものがあります。 らの後方から尾にかけて、太い暗色の縦帯が1本ありますが、これは皮膚の深層にある色のようで、あまりくっきりとは現れないようです。 びれの付け根にはやはり暗色で円形の斑点がひとつあります。 張時などにはこの縦帯よりも明瞭な横帯が背中側から縞模様となって現れ(10本くらいでしょうか)、また違った体色になります。 常時では第2背びれや尻びれを見ると雌雄の判別ができ、オスではメスよりも若干大きく、丸みを帯びて伸びます。 た、メスは背びれに模様が無く透明ですが、オスは婚姻色の引いているときでも模様が淡く残っていることが多いようです。 

 スの婚姻色は体全体が橙色を帯びた褐色に染まり、気分や体調によって黒味が増したり、橙色が鮮やかになったりします。 びれは鮮やかな赤橙色で、端部は白く縁取られます。 1・第2背びれは漆黒に染まり、端部は青白い色で縁取られます。 た、背びれに現れる模様は個体によってどれも異なることから、複数のオスを飼育する際に個体識別するときのよい判別点になります。 

 は小さくてあまり大きく開かないので、噛み付いたりして他の魚を傷つけてしまうようなこともなく、おとなしい魚と言えるでしょう。 外と成長が早く、障害物や隠れ場所が多くて泳ぐスペースが広くない環境で飼育しても、すぐに5cmを越すくらいに成長します。 スの方が大型の個体が見られる傾向があるようですが、平均的に繁殖行動などを経験した場合の寿命に雌雄差があるのかどうか不明なので、なんとも言えません。 育下で観察する限り、メスの方が成長が早い様子は見られません。

 

 

分布状況

 西諸島を中心に分布するハゼなので、黒潮に乗って稚魚が流れ着く地域ではいくつかの発見報告があるようですが、 低温耐性などの理由から、安定して生息しているのは奄美大島以南ではないかと思われます。 息場所のコンクリート護岸化やテラピア類の分布拡大などに大きなダメージを受けるものと思われますが、テラピア類は海を経由して分布を広げていることも予想され、本種の生息状況としてはあまりよくない状況が今後も続きそうです。

 

 

生活

縄張りを意識して、体の色がきれいになると同時に額のあたりが隆起したオス。 周囲の魚を追い払って落ち着くと、このコブはすぐに無くなります。

 水域や流れの緩やかなところを好んで生息していて、水草や沈んだ落ち葉など、隠れ場所の豊富なところに見られ、普段からこういった隠れ場所を利用して生活していることが予想されます。 た、タナゴ類と同様、大きな水溜りに水が落ち込んでいるようなところにも集まることがあるようです。 れを作って行動したり、障害物の陰に好んで隠れたり、茂った水草の奥の方にもぐりこんだりする様子もタナゴ類に似ています。  殖期は秋で、ハゼの仲間の中でもかなり小さな卵を産むことが知られています。 だし、本種が生息する中・下流域は季節によって極端に水量が変動することが少ないので、ほかの季節でも稀に産卵が行われることはあるかもしれません。 まれた仔魚は海に下り、数ヶ月ほど海での生活を送った後に川に上ってくるものと思われます。たがって、止水域を好む魚とはいえ、その生息環境は必ず海につながる流路があることと、堰などで遡上が阻害されない環境であるという条件が必須となります。 ういった環境が無くなったことですでに滅んでしまった環境もあると思われ、今後の工事については本種のような魚 たちに留意した方法を考えて行ってほしいものです。 

 

 

飼育 

若い個体は体が細長く、雌雄の判別がとても困難なようです。 しかし、成長が早いので少し飼育すると特徴もはっきりしてきます。 この個体はこの写真の撮影後1ヶ月ほど飼育した結果、オスの特徴がはっきりと現れました。 撮影した頃は絶対メスだと信じて疑わなかったのですが・・・。

種は水槽内の挙動という点で比較的神経質な魚で 、飼育の際も隠れ場所は多く用意してあげた方がよいでしょう。 然下では繁茂した水草に頭から突っ込んで隠れたりするので、水槽内にも水草を多く入れてあげると落ち着きやすいようです。 害物として尖った流木や石などを多く配置してしまうと、それにかまわず隠れようとしたときに怪我をしてしまうことがあります。 ち着いてくるとオスは障害物の陰などを中心に縄張りを意識し始め、近づく魚を追い払う行動をとり始め、同時に体の色が橙色を帯びた褐色に染まります。 だし闘争はあまり激しくないので、他の魚との混泳でトラブルが生じることも少ないでしょう。 種は国内で見られる淡水のハゼとしては低温に弱いようで、20度を下回ったあたりから動きが鈍くなる様子が見られました。 の淡水ハゼなどと一緒に飼育した場合、他の魚が元気でも本種には注意を払った方がよいかもしれません。 だし、本種の生息する南西諸島でも冬にはけっこう水温が下がるので、動きが鈍ってもそうすぐには死んでしまうようなことはなさそうです。 サは何でも食べてくれるので飼育は容易ですし、 病気にかかりやすいようなこともなく、丈夫な魚でもあるようです。 し泳いでは中層に定位する泳ぎ方などは、見ていて癒されます。 種は美しく愛らしい魚であるにもかかわらず存在は現地でもあまり知られておらず、外来魚の有効な駆除や環境の維持が及ばずに人知れず姿を消してしまった河川も多いことでしょう。 息地の近くにお住まいの方たちにこそ、こういった魚の存在や魅力をもっと知ってもらいたいと切に思います。

 

 

余談:

 人的には「タナゴモドキ」という名前は”偽タナゴ”みたいな印象を受けてかわいそうにも思うことがあり、もっと本種を中心に考えた名前を与えてあげれば・・・と思うのですが、ここまでタナゴ類に似ているとそれはそれで特徴を分かりやすく現した名前なのかもしれませんね。 〜モドキという名前も日本語らしい響きの言葉ですし、タナゴ類が分布しない地域や環境だからこそ 本種がタナゴ類と競合せずに生き残ってきたのかもしれないので、本種とタナゴ類というのはある意味縁の深い魚なのかもしれません。

 

 

★★★ もっと タナゴモドキ! ★★★

 れられるものがあると落ち着くようです。 真のこの状況で落ち着いているのですが、もしかしてこれって隠れているつもり・・・?

 きれいに婚姻色の出たオス。 の橙色が強くなると、目がエメラルド色に光るようになります。 びれの模様が個体ごとに異なるところが面白い魚です。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.