タメトモハゼ

Ophieleotris  sp.

 

外見の特徴

 型は頭頂部がやや扁平な流線型をしており、腹部のあたりは円筒型で、尾にかけても筋肉質のしっかりした体をしています。 腹びれは細長く尖った形をしており、胸びれとともに左右のバランスをうまくとるのに適しているようです。 の背面はやや透明感のある灰色で、褐色の小斑点が散在しています。 中のツルッとした質感は、渓流魚のヤマメのような美しさを感じさせてくれます。

体調によっても変わる体色はとても美しく、万華鏡のよう。 ちなみにこれだけ派手な模様をもっていてもこの個体はメス。

びれの基底部にある黄金色に輝く斑点がよく目立ち、体の側面に1本走る暗色の縦帯の上に赤や青や黄色、緑などに輝く斑点が並びます。 調によって体色は激しく変わりますが、オスは黄色や赤の斑点が目立ち、メスは緑や青の斑点が目立つように思います。2背びれと腹びれの端部は白く縁取られてよく目立ちますが、その反面第1背びれや尻びれ、尾びれには白い色が出ないというのは不思議にも感じられます。 の模様が派手な個体はオス、という判別基準はあくまで両者を並べて比較した場合にのみ有効なようです。 なわち、本種はメスでも体色や斑紋は美しく、本ページの写真の成魚も採集時に黄色に輝く斑紋がきれいで、背びれにも色が出ていたのでオスかと思ったのですが、生殖孔の付近の形態からメスであることがわかりました。 お、オスであればもう少し第2背びれが大きく伸びるものと思われます。 ワアナゴ科の魚の多くは生殖孔の形態で雌雄の判別が可能で、オスでは筒状の器官が、メスでは扇のような器官が見られるので、一度見慣れると成魚の雌雄の判別は容易です。 だし、幼魚や若魚では判別が困難な場合があります。 はこの魚の目の色の美しさにしばらく見とれてしまうことが多々あります。 る角度によって青や緑、赤などに光って見えます。 こを見ているのか、何かを考えているのか、不思議な光を発する視線がチャームポイントだと個人的には思います。

 

 

分布状況

 西諸島に広く分布しますが、国内でも本種の他に別種と思われる同属の魚が見つかっており、図鑑などに記されている分布域もどちらの発見記録なのかなど、判然としない部分があります。 潮に乗る形で仔魚があらゆるところに漂着しているはずなので、接岸する可能性のある河川での発見報告が増える可能性は大いにあるものと思われます。 河川に生息する場合の生息状況はわかりませんが、小河川では河川ごとの生息数は多くなく、岸の付近で海から上がってきた幼魚を見かける場合でも数匹ずつしか見られません。 来魚の増殖や河川環境の変化によっては、すでに姿を消してしまった小河川もあるかもしれません。 だし、幸いにして本種も含めて多くのハゼは両側回遊魚で、海を経由して分布を広げることができるため、良い環境を復元できたならば自然と姿が見られるようになる魚たちでもあります。

 

 

生活

 川の中流域の流れの緩やかなところを好んで生息しています。 草が密生しているところよりは、水面が開けている場所で定位しているのを見かけます。 ちらの存在に気が付くと直線的にある程度先へ逃げてまた定位するか、石などの陰に隠れる、という行動を繰り返します。 での俊敏さはかなりのもので、定位する行動以外は体型からもボラのような印象が強い魚です。 息数の多い河川ではまた違うかもしれませんが、小河川では単独で生活しています。 が付いた時には逃げた後ということもあると思うので、あまり多く見かけない魚で、姿を見かけるとうれしくなる魚のひとつです。

 

 

飼育 

水面付近で何も考えずに(実際はどうだかわかりませんが・・・)フワ〜っと浮いている様子。 体の模様もともかく、ヤマメやアマゴのような、何とも言えない美しさがある魚です。

ざというときの俊敏さはありますが、水槽で落ち着いている時には中層ないし水面付近で定位していることが多く、こちらがエサを与える行動を覚えて寄ってくるなど、かなりかわいい魚です。 シノボリ類やボウズハゼ類と一緒に飼育しても問題がなく、口があまり大きく開かないのでよほどの体格差がなければ魚を襲うことはなさそうです。 張り争いも同種のオス同士でしか行わないのか、他の魚を追い払う様子も見られません。 サはいろんなものに慣れてくれるようで、配合飼料を食べる個体もいます。 も丈夫なようですし、いろんな点で飼いやすい魚と言えそうです。 だし、比較的大きくなる魚なので最終的には90cm程度の水槽を用意してあげたいことと、驚いた時などに反射的にジャンプすることがあるので、水槽にふたを用意するなどの準備はしてあげた方がよいでしょう。 調の具合にもよるのかもしれませんが、エサを覚えて反応する時があるかと思えば、眠っているのか、全く反応しないこともあるなど、こちらの思うように反応してくれないところは猫のように気ままな生き物に感じられることもあります。 だ、なんとなくですが、底に着底して休んでいる時よりは中層を浮遊している時の方が体調は良さそうに見えます。 型のハゼに比べるとあまりパターン化していない行動を見せてくれるので、いろんな意味で、観察していて飽きない魚です。

 

 

★★★ もっと タメトモハゼ! ★★★

 こちらは河川の岸の近くで採集した幼魚。 供の頃は目が大きくて可愛い盛りですが、成長は早く、すぐに大きくなることを想定して飼育スペースを考えた方が良さそうです。

 目の輝きはムーンストーンのような不思議な光を放ちます。 いついジーッとその視線に見入ってしまいます。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.