サイパン産ナンヨウボウズハゼ属

Stiphodon  ???

 イパン島の河川の淡水域で最も普通に見られるハゼが本種のようで、詳細はわかりませんが、いわゆるニジイロボウズハゼに近い種類のようです。 初はオスの第1背びれの形状や体色、頭頂部のウロコの数などから2つの異なる種類が含まれていると思っていたのですが、飼育を続けてみると少なくとも成熟時(婚姻色)には頭頂部のウロコ以外に差異が見られない姿になることから、ひとつの種類の中に2つのタイプが混在しているということなのかもしれません。 れはナンヨウボウズハゼの橙色型と黒青型の関係によく似ており、成熟時の段階で両タイプの中間的な特徴を持つ個体が存在しないことなど、その経緯などは非常に興味深いと思います。

 

外見の特徴 

2タイプの成魚らしき体色を示す魚ですが、繁殖期の婚姻色はそっくりで、頭頂部のウロコの位置だけが異なるようです。 これは単なる個体差ではないようにも思いますが、興味深いことだと思います。

 型はナンヨウボウズハゼに似ていますが、体長は一回り大きく、6cmほどになります。 タイプ見られるオスの特徴としては、1つは若いうちから第1背びれが扇形状に伸びて赤みが強くて、頭頂部のウロコは胸びれよりも前からあり、体はオリーブ色で全身の縞模様がかなり不明瞭なタイプです(A型)。 れに対し、もう1つのタイプは若い成魚では第1背びれが伸びず、頭頂部のウロコは胸びれ付近から後方にしかなく、体は黒っぽくて第1背びれの下部と第2背びれの下部に太い黒色帯が現れ、その間が淡色になる、ニジイロボウズハゼ類独特の模様が現れます(B型)。 れらは十分に成熟した繁殖期の成魚では頭頂部のウロコ以外は互いに酷似した姿になり、顔以外のひれを含む全身が漆黒に染まり、第2背びれと尻びれ、尾びれの端部が青白く縁取られます。びれの基底部は体の色以上に濃い黒色になり、その上方に青緑色の斑点がひとつあります。 部は黒い背面側を除いて青緑色に輝いて、求愛時にはこれが真っ青になると同時にピーク時には第1・第2背びれの下部に白い帯が現れるようです。 だし、この白色帯が現れる前の全身黒の状態でも産卵には至るようです。 のほか、両タイプに共通の特徴として胸びれに黒色の点列があるのですが、ニジイロボウズハゼのような白い点は無く、黒くて小さい斑点だけが整然と並んでいます。

 スはナンヨウボウズハゼ属のメスに見られる一般的な体色ですが、黒色の縦帯は微妙に不連続に見え、第2背びれのあたりで段差があるように見えるのが特徴です。 1背びれは無色透明で斑紋もないですが、端部には赤色が現れることがあります。 の赤は本種の場合は成熟したメスでは見られなくなるので、ボウズハゼの幼魚に見られるような幼魚色のひとつなのかもしれないのですが、種類によっても異なるところなので詳細は不明です。 のところメスには目立った個体差も見られず、2型あるかどうかは定かではありません。 スにも婚姻色はあり、体の縞模様が不明瞭になり、頭部の前端部と膨らんだお腹が銀白色に輝きます。

 

分布状況

 イパン島を含む、近隣の諸島に生息するものと思われます。 シノボリ類がいない地域であるなど、日本とは魚の顔ぶれが異なるせいか生息数はかなり多く、中流域では少数のナンヨウボウズハゼも含めて明らかに一番個体数の多い魚です。 なお、日本には生息していません。

 

生活

 ほぼ同サイズの2型のオス。 ナンヨウボウズハゼ属らしい体色のメス。 明確な2型が見られることと、中間的な特徴の個体が見られないことなどは、その理由というよりもそうなった経緯について不思議を感じますね。

 ンヨウボウズハゼ属の魚は集団生活型と単独生活型とがいるようなのですが、本種はサイパン島で乾季に観察すると狭い範囲に閉じ込められていることもあってかなり高い密度で生息しており、典型的な集団生活型です。 型とB型の2タイプあることは現地で観察していても気になっていたところで、婚姻色が強く出た個体は大きな淵で個々に縄張りを形成するのですが、通常はB型がA型よりも流れの速いところを好んで生活している傾向がありました。 れの速いところの魚の方がひれが小さい(抵抗の軽減?)のは淡水魚各種に広くみられることなので、B型の背びれが小さいこの魚についても理にかなっているのかもしれないと思います。 育下で見るとA型の方がB型よりも小競り合いで勝る傾向があるため、単に若いうちはB型で成長した姿がA型なのかとも思いましたが、自然下においてはB型よりも明らかに体の小さいA型もいるなど、にわかには結論が出せないもののようです。

 活様式としては、メスと未成熟なオスが浅瀬で大集団を作って生活し、成熟したメスが深い淵で縄張りを持つオスのところを訪れて産卵するものと思われます。 れは生息数の多い地域でのナンヨウボウズハゼも同じような生活をしていると思われ、ヨロイボウズハゼでも基本的には近い形で生活していることから、ボウズハゼ類には一般的な生活形態なのかもしれません。 魚の段階では群れを形成せずに雌雄の住み分けも明瞭でないヨシノボリ類とは異なる部分が多く、そういった違いに注目して観察するのも面白いことだと思います。 味深いことに、海との水のつながりが完全に遮断される乾季でも婚姻色の出たオスが普通に見られました。 腹が特に大きく膨らんだメスは見かけませんでしたが、オスの意識としてはもしメスが成熟すればいつでも産卵行動に至るつもりでいるのかもしれません。

 

 

飼育 

ナンヨウボウズハゼ属らしい体色のメス。 ただし、黒色の縦帯は独特の不連続模様をなし、第2背びれの点列模様、第1背びれの端部のわずかな赤色模様もポイントのひとつです。

 しい闘争をしないので、比較的小さな水槽でも飼育は可能だと思われます。 べ物の好みはナンヨウボウズハゼよりもかなり肉食に偏っていて、冷凍のアカムシだけを与えていてもやせることはありません。 然下ではボウズハゼ運動を盛んに行っていますが、生息密度から考えると特に乾季にはコケだけでは食物が不足してしまうのではないかと思われるので、現地でも小動物などを食べているのでしょう。 のせいか、水槽飼育下でも成魚サイズまで短期間でしっかり成長します。 育もしやすく、混泳にも向いている種類だと言えそうです。 槽ではメスの成熟が先に始まり、お腹が大きく膨らんだメスがお腹をオスに盛んに誇示する行動がよく見られます。 うも密集飼育下ではオスが縄張り意識を持たないようなので、いろいろ飼育環境を変えてみたところ、個体数が少なすぎるとそれはそれで警戒心が強くなってしまうのです。 果的には45cm水槽で複数種の同属の魚が8匹という環境で産卵に至りましたが、水槽内の環境なども含めて考えないといけないようで、同じ密度の水槽をもう一つ用意してもそちらでは産卵しませんでした・・・。 局はいろいろ試してみないといけないということでしょう。 ンテリボウズハゼのように、密集環境でもオスが成熟し、他の魚に激しい攻撃を繰り返すような種類に比べると非常に飼いやすく、愛らしい魚だと思います。 

この魚の産卵記録ページはこちらをクリック!

 

★★★ もっと サイパンボウズ! ★★★

 

 が強く出て縄張りを持ったオス以外は闘争をあまりせず、雌雄混合の大きな群れを作ります。 れで仲がよさそうにしている様子は微笑ましいものですが、そんなときのオスは縄張りを持つオスよりも残念ながら地味な色になっています。

 ジイロボウズハゼとして日本に入荷する種類に似ているでしょうか。 の色が地味なときでも背びれの赤と青は消えることはありません。 これは若いうちから背びれの長い、典型的なA型。

 カムシなどの肉食性の食べ物も好んで食べます。 べづらそうな小さな口ですが、少しずつ飲み込んでいきます。  れは背びれが短くて体の黒いB型。 左下のA型は背びれも赤く、体色が異なります。 型は一見すると第1背びれの伸びていない黒青型ナンヨウボウズハゼのようにも見えますが、体の色には青い色が出ずに渋めであることや、尾びれの端部が青白く縁取られることから見比べると容易に判別できます。

 属のメスに共通の縞模様はありますが、淡色部が広く、黒帯も不規則な感じがする本種のメス。 1背びれの先端に赤い色がかすかに現れているのがわかるでしょうか。

 姻色のピーク時には体の真ん中あたりに銀白色の部分が現れ、とてもかっこいい姿になります。 だ、この色が出る前に産卵に至ることもあり、そうなるとこの素敵な姿が見られないのがちょっと残念です。 なみにこの個体はA型の成長した姿。

ちらはメスの婚姻色。 部が白く輝いて、黒帯模様は不明瞭になっています。 の色はオスの求愛を受け入れたときや、膨らんだお腹をオスに誇示するときに現れる色です。

 張り意識を持つ環境を用意してあげると、顔の色がとてもきれいな青色になります。 愛せずに一休みして体の黒が淡くなっているときでも顔の色は美しいままです。(A型)

 だけ青色で体が全身真っ黒の姿もなかなかかっこいいです。 の個体はB型で、A型と比べると尾びれの端部の白が明瞭でないことなどももしかしたら違いとしてあるのかもしれません。 
   

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ