サイパン産ミナミハゼ

Awaous  ???

外見の特徴

 ハゼらしい体型をしており、ヨシノボリと比べると体高が若干高く見えます。頭はあまり鋭くない流線型で、目から上唇までの長さが長いのでいわゆるウマヅラです。 上唇が分厚いのも特徴的です。 

 うちに来た当初の幼魚期の姿です。 ヨシノボリではなさそうだし、タネカワハゼの仲間か、カエルハゼの仲間かな、と思っていましたが・・・。

体は灰色を帯びた肌色で、不規則な黒色の模様が散在します。 背びれと尾びれには縞模様があり、幼魚の背びれにはオレンジ色の模様が現れます。 派手なオレンジ色が成魚にはなく、性的にも未成熟な幼魚にだけ現れるのは比較的近縁なボウズハゼ属のボウズハゼと同じ特徴です。 その理由もボウズハゼと同じだと推測できますが、どうしてなのかは不明です。 成魚の体長はわかりませんが、水槽では7cmほどで成長のペースが落ちてきました。うちに来たときにはまだ幼魚で、この頃は外見からミナミハゼ属であることはわかりませんでした。 幼魚サイズの個体が本属か否かを判断するには、行動パターンを見たほうがわかりやすそうです。

 

 

分布状況

少し体高が高くなり、ウマヅラになってくると同時に背びれはオレンジ色になってきます。 このあたりは比較的近縁なボウズハゼに似ていて、興味深いです。

 サイパンの川にいた個体ですが、詳細な種類も判然としないので、分布域も詳しくはわかりません。 個体数はあまり多くなく、幼魚は数匹の群れで行動するようでした。 成長する過程で捕食されたりすることを考えると、成魚の個体数はかなり少なくなるのではないかと思われます。 沖縄県内の川でも本属の魚は見かける機会が少なく(砂に潜る習性も影響しているかもしれません)、属の個体数として少数派と言えるかもしれません。

 

 

生活

このくらいまで育つともうミナミハゼらしさがどことなく感じられます。 上唇は分厚く、オレンジ色の背びれは鮮やかできれいです。 ほんと、ボウズハゼの幼魚と同じような模様です。

あまり流れの速いところは好まず、水の澄んだ川で粒が非常に細かい砂の上をすべるように泳ぎます。 砂ごと口に含みながらエサを探して活発に泳ぎ回ります。 群れをつくる訳ではないですが、幼魚の頃は同種の個体に追従する習性があり、3匹くらいで一緒に行動しているのをよく見かけます。 成魚になると個体数が少なくなることもあり、おそらく単独で行動するようになると思われます。 驚くと砂に潜るほか、沖縄で見る同属の成魚は普段から砂に潜っていることも多いです。

 

飼育 

背びれのオレンジ色も引いて、大人っぽくなった姿。 ボウズハゼ類に対しては威嚇行動をとります。

水槽の広さはあまり拘らないようですが、混泳させるハゼには少し注意が必要です。 これは本属がボウズハゼ類と近縁であることを示唆するものでもあるのですが、特にボウズハゼ属の魚とは相性が悪く、徹底的に追い回されてしまいます。 逆に相手が小型ボウズハゼの場合は、本種はあまり好戦的ではないですが、他のボウズハゼ類が本種におびえる傾向があり、のびのび生活できなくなります。 他のハゼ類との混泳を考えるならばヨシノボリの仲間がいいのかもしれません。 そのほか、飼育環境としては、水槽内に細かめの砂を用意してあげると砂ごと口に含んでエサを探す行動が見られることもありますが、これも不可欠なわけではなく、アカムシなどのエサを目で発見すると食いつきに行きます。 ヨシノボリやボウズハゼを飼育する際には目隠しの意味でも石などの障害物を多く入れますが、本属の魚の好みとしてはホントはひらけた広い砂地の方がいいのだと思われます・・・。

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ