シマウキゴリ

Gymnogobius opperiens

 

外見の特徴

 部から体の前半部にかけてはやや上下に平たく、後半部は左右に平たい体型をしてい るのはウキゴリ類3種(ウキゴリ、シマウキゴリ、スミウキゴリ)に共通した特徴ですが、比べてみると本種は他種よりも若干頭部が大きく見えます。 キゴリ類の他種との判別点として は、尾びれ基底部の斑紋が「ハ」の字型であること、第1背びれ後方の黒色斑の大きさがウキゴリとスミウキゴリの中間程度の大きさであることなどがよく言われます。 かし、地域差も多少ありますが、尾びれ基底部の斑紋は必ずしもきれいな「ハ」の字を描くわけではなく、第1背びれの 斑紋もウキゴリと比較をしてみないと判然としないかもしれません。 のほか、詳細に調査したわけではありませんが、胸びれの基底部に沿って白色の小さな斑点が帯状に並ぶのは本種だけではないかと思われるので、もしそうならば本種の同定のポイントになるかもしれません。

 オスとメスの顔つきは、比較すると結構違っています。 オスのほうが頭部が平たく、エラの後ろで武骨な感じで体高が高くなっています。 成魚のオスはワニのような印象を受ける顔をしています。 胸びれ基底付近の小さな白色斑や下あごの形状、目の周囲のまだら模様などにも注目。

 側に並ぶ 縞模様は明瞭に見えることが多く、ウキゴリ類3種の中で最もヨシノボリ類に似た模様のパターンに見えます。 れは砂礫底のような生息環境下での保護色として有効な体色で、他のウキゴリ類と異なる環境を好む本種ならではの体色と言えます。 のように、ウキゴリとスミウキゴリが比較的似た環境を好むのに対し、本種は平瀬を好む独特の生態をもつため、その環境に適応した結果、他の2種とは異なる形態になったと思われる要素が本種にはいくつもあります。 種を含めたウキゴリ類3種の形態の比較は、形態と生態のつながりや相関性を考える上でなかなか興味深い観察対象ではないかと思います。

 種は顔つきも少し独特なものがあり、下あごが上にしゃくれるような形であごの下部が突出しているので、真横から見ると下あごが分厚く、力強いあごのように見えます。  や頭部から背中にかけては不規則なまだら模様で、 他のウキゴリ類よりも粗い模様になっているため、頭部の白色斑が目立つように見えることがあります。 種ではこのまだら模様が目の周囲にも及んでいるため、一見するとウキゴリ類の他種よりも目が小さく見えます。 部の形状には雌雄差が現れ、オスではより上下に平たく、エラの後方あたりから背中にかけて体高が増すので、ワニに似たような印象を受けます。

 1背びれの 後方の白黒の斑紋は黒色部がよく目立ち、白色部は縞模様の白色部と連続的な模様になっているためあまり目立ちません。 た、これもしっかりと比較したわけではありませんが、おそらくウキゴリ類3種の中では腹びれの吸盤の面積が一番小さく、流れのある平瀬で生活するために吸着力が強い吸盤を身につけたのではないかと思われます。 は ウキゴリ類の中では最も大きく、流れのある環境下でもエサを吸い込めるようになっていたり、平瀬で隠れ場所を作る際に大きめの石を運ぶためなどに適応したものではないかと思います。

 

分布状況

 海道から 福井県、茨城県にまで分布しています。 川の中流 形態をなす場所を好み、水の淀んだ場所や、池、湖沼には生息しません。 シノボリの少ない川では多く見られるようで、何らかの競合関係があるのかもしれません。

 

生活

 あまり闘争を好まないようで、喉を膨らませて威嚇体勢をとりながら接近するスミウキゴリもあっさり無視。

 種はかつてウキゴリ 中流型と呼ばれており、他のウキゴリ類(ウキゴリ:旧 ウキゴリ淡水型、スミウキゴリ:旧 ウキゴリ汽水型)よりも上流側に見られる ものと思われがちですが、本種に対していう「中流」は、河口からの距離で言う中流ではなく、中流域的な河川形態を指しています。 なわち、平瀬のような形態で海に流れ込むような川では、最も海に近い場所に本種がいる場合もあります。 の2種とは好む環境が異なっており、流れのある浅い平瀬を好んで生活しています。 川環境に特化した種類なので、池や湖沼には生息しないものと思われます。

 

飼育 

 槽では、 ウキゴリ類の中で最も人影や振動に敏感な印象を受け、顔を近づけると水槽の奥に隠れてしまうことが多いように思います。 キゴリらしく、底付近で体をわずかに浮かせて滑るように泳ぎますが、水流のある場所で石の上に定位している様子はウキゴリというよりもヨシノボリに見られるものなので、ギャップを感じます。 だし、他の2種と異なり、中層で浮いて定位するような泳ぎ方はほとんどしません。 性格は比較的温厚で、同種間でのにらみ合いこそ多少ありますが、縄張り争いや闘争は激しくない方ではないかと思います。種から他の魚に闘争を仕掛けることもあまりありません。 サは動物性のものを好み、量もたくさん食べます。

 槽内ではほとんど流れの無いところ にもパトロールに現れる様子が観察できるので、自然下でも意外と石と石の間を頻繁に移動しているのかもしれません。 だし、水槽ではあまり活発に泳がないので、エサがもらえるとき以外はじっとしている時間が長い魚のようです。 息環境は水がわりと綺麗な場所が多いですが、水質の変化などに対する適応力は比較的強く、飼育しやすい魚と言えるでしょう。

 

 

★★★ もっと シマウキゴリ ! ★★★

のひらに余るサイズの巨大なオス。 がとても大きく見え、背びれが体の後ろの方についているように見えてきます。

まり闘争に無関心な様子の本種では、雌雄2匹が近距離にいても意識し合うことすらない様子。 がオス、下がメス。 のウキゴリ類であれば、このような状況になる前にどちらかが追い払われてしまいます。

しく本種が体を浮かせている様子をパチリ。 顔が平たく、第2背びれ が大きくて丸みを帯びているオス。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.