ニューカレドニア産ナンヨウボウズハゼ属の一種

Stiphodon  rutilaureus

外見の特徴

 ンヨウボウズハゼの仲間は地域によって分布する種類も異なっていますが、例えばコンテリボウズハゼとよく似たS. semoni という魚がインドネシアに分布していたり、ニジイロボウズハゼ類はよく似た種類が太平洋各地に分布するなど、形態的にある程度の系統性が見られます。 種はその中でも南半球に分布する系統の一種と思われ、日本に分布するどの種類とも別の系統の魚です。 長はナンヨウボウズハゼと同じくらいで、同属の魚の中でも比較的小型の種類のようです。

婚姻色が引いているときのオスです。 この状態でも背びれや尻びれ、尾びれの模様は美しく、インパクトのある魚です。 第1背びれが鎌状に長く伸びますが、ナンヨウボウズハゼとも形が異なっています。 尻びれの端部が鳥の翼のようにギザギザした形なのも特徴的です。

 ス第1背びれが鎌状に尖って伸びますが、形としてはナンヨウボウズハゼのものとも異なっています。 2背びれや尻びれは、同属の他種では平行四辺形に近い形のものが多いのに対し、本種は扇形のような形をしており、体の大きさに対して背びれと尻びれが大きく見えます。 た、尻びれの端部は翼のような独特の波型になっています。 びれには明瞭な点列模様があります。

 部は同属の他種と同様に青緑に輝き、背面側の鱗は雌雄ともに胸びれよりも前方まであります。 1・第2背びれと尻びれは美しい水玉模様で、特に第2背びれは婚姻色が出ていないときでも地色が黒く、水玉模様は青白く輝きます。 びれは全体的に赤橙色に染まり、端部は青白く光るほか、特徴的な模様として、上端部の少し内側、尾柄部の上端の延長線、下端の延長線の3本の青白い線があります。

 の側面にはえらの後ろから尾柄にかけて赤橙色の斑点が一列に並び、その背中側には青白く光る鱗が一列並んでいます。 姻色が出ると頭部が青く輝き、体は全身が赤く染まり、大変美しい姿になります。 た、胸びれの点列模様も赤色になります。

 方、メスはナンヨウボウズハゼ属のメス特有の黒い縦縞のある体色をしており、この黒い線が濃く出ているときは、尾柄部が黄橙色を呈します。  かし、他種のメスに比べると体調や気分によって縞模様が淡くなることが多いようで、そのときはえらの後ろから尾柄にかけて1本の帯状をなしていた黒線が、オスの赤橙色の斑紋に類似して、一列に並ぶ暗色の斑点になります。 た、メスも胸びれに明瞭な点列模様があり、第1背びれ、第2背びれのほか、体色が濃いときには尾びれにも点列模様が現れます。 

 

分布状況

 ューカレドニアのほか、ニューギニアやバヌアツの河川などにも生息するようです。 ューカレドニアには本種のほかに少なくとも同属の他種が2種は分布しているようですが、同所的に見られる種類があるのかどうかは不明です。

 

生活

メスのひれの点列模様のパターンはオスと似ていて、胸びれ、第1・第2背びれに点列模様が見られます。

川の中流域に見られ、環境としては日本のナンヨウボウズハゼやコンテリボウズハゼと同じような環境に生息しています。 だし、淵よりも平瀬を好む傾向があるようです。 スは単独で、メスは数匹の群れで行動している点も、ナンヨウボウズハゼに似ています。

雄ともにあまり頻繁に泳ぎ回ることはせず、落ち着いて行動している印象を受けます。 察したのが繁殖期のピークではなかったこともあると思いますが、オスでも特に決まった縄張りを意識して生活している様子はありませんでした。

川ごとの環境にもよるのだと思いますが、日本のナンヨウボウズハゼに比べると警戒心が弱く、観察も容易に行えます。 ってもあまり遠くに逃げていってしまうこともなく、少しずつ移動してこちらの様子を見ているようでした。 ずかなエリアでしか観察をしていませんが、ナンヨウボウズハゼ属のほかの魚は同所的には見られず、生息環境の違いで住み分けているのかもしれません。

 

飼育

婚姻色が出たオスは大変美しく、赤橙色に染まった体に青白い鱗が一列並んでいます。 なお、その延長で尾びれに走る青白い線は、この個体のようにまっすぐ伸びるのが普通のようで、このページの他の写真のオスのように歪んだ形の線になる個体は珍しいようです。

 瀬に見られる魚なので水流などの具合を心配しましたが、体の大きさに合った小さな水槽でも飼育は可能です。 に水流が強くない環境でも産卵行動をするのが観察されました。 れてくると警戒心も弱まり、水槽での姿を容易に撮影させてくれます。 

 かしながら、高温か酸欠、水質などがどうも日本での飼育環境と合いづらかったのか、原因不明のまま亡くなった個体もいて、個人的には課題が残っています。 れはニューカレドニア産のほかの魚たちにも傾向としてはありました。 

 サはやはりナンヨウボウズハゼと同じように雑食性ですが、口の構造が動物性のものに向かない種類なのか、赤虫などよりもプレコ用フードを好んで食べているように見受けられます。 

 愛行動はナンヨウボウズハゼよりもニジイロボウズハゼやコンテリボウズハゼのものに似ていて、オスは背びれや尻びれ、尾びれをいっぱいに広げて、メスに盛んに誇示します。 しい婚姻色の出たオスはメスや同属の他種を激しく追い回すようになるので、視界を遮る障害物はやはり置いた方が良さそうです。  かし、メスのひれを直接傷つけてしまうような激しい攻撃はしません。

 の魚と一緒に飼育することもあまり問題は無く、同属の魚でなければ闘争もしないようです。 ナハゼの仲間やエソハゼ類などの小型のハゼのほか、変わった組み合わせとしてはジュズカケハゼの仲間とも問題なく飼育できています。 スの体色も美しく、海外の魚らしく警戒心が弱いこともあり、いろいろな生態をじっくり観察させてくれる魚です。 

 

★★★ ニューカレドニア産ナンヨウボウズハゼ属の一種 ピクトリアル ★★★

 色が濃く出ているときのメス。 びれにも点列模様があり、尾柄部が黄橙色に染まっています。

 こちらは求愛行動中のオス。 ても美しい色が出ています。 の青色も、体の赤さによってさらに引き立っています。 た、第2背びれの漆黒に浮かび上がる青白い点や線の模様は強烈です。 2背びれと尻びれは同属の他種に比べると体のわりに大きく見えて、より強いインパクトを与えています。 
 

 

 びれは体と同じ赤にべったりと染まっていて、そこに浮かび上がる青白い線の模様がとてもきれいに目立ちます。 本のナンヨウボウズハゼよりも赤みが強い色になるので、やはり日本にはいない魚という雰囲気を感じさせてくれます。 かもこの魚は同属の他種のどれにも似ていないという興味深さもあり、こういう魚がいるからこそ海外のボウズハゼへの興味は尽きません。 

 なみに、ナンヨウボウズハゼは日本のハゼ好きとしては見慣れている魚ですが、海外に類似した種類がいない、独立した特徴をもつ魚の一つです。

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.