ルリヨシノボリ

Rhinogobius  sp. CO (Cobalt) 

外見の特徴

 頬には青く輝く小斑点が散在します。 この斑点はオスでは大きさも均一できれいに並びますが、メスでは斑点の形や大きさにムラのある個体が多いようです。 この斑点のほか、尾びれの付け根に「ハ」の字型の黒色斑があること、若魚までの間は胸びれの上部に黒く縁取られた青い斑点がある個体が多いこと 、胸びれに基底部に沿った赤い線模様があることなどで他の種類と判別できます。 本種と同様に頬に青い小斑点のあるアヤヨシノボリの生息地には本種はいないので、河川で両種の判別に困ることはありませんが、水槽では本種の体が暗い青色になるのに対してアヤヨシノボリは明るく黄色味を帯びた肌色なので、水槽での判別も容易です。

 オスの第一背びれは鎌状に伸び、背びれと尾びれの端部は黄白色になります。 また、雌雄ともに体の側面にも青や白に輝くウロコが並びます。 体はヨシノボリの中では長くスマートな方で、体長は 10cm を超え、オオヨシノボリと並んでヨシノボリ類の最大種のひとつと言えます。

 

 

分布状況

 生息地での環境と同様に、水槽内でも流れのある場所を好むようです。

 北海道から九州にかけて、太平洋側・日本海側ともに広く生息します。 小河川や小さな支流に集中して生息し、流れの速い早瀬やしぶきの立つ淵頭を好むため、ある程度条件の合う川にしか生息しません。

 

 

生活

  上・中流域の流速の早いエリアで見られますが、好みの条件に合う環境であれば河口からごく近くであっても見られます。 繁殖期でないときには闘争をあまりせず、雌雄が混合して生活しているようで、上流の方向に頭を向けて流下する生物を食べたり、岩の表面のコケをたべたりしています。 河川によって大きな淵でシマヨシノボリと混生していたり、流れの速いところでオオヨシノボリと混生していたりしますが、いずれにしても大型の個体は淵の深みや流速の速いところに優先的に定位するようです。

 

 

飼育 

 頬の青い小斑点は、オスのほうが青くはっきりとしているようです。 大型の個体になると胸びれ上部の紺色の斑点も小さくなっていきます。 背びれには赤い色が強く出ています。

 小さな個体は小さな水槽でも飼育は可能ですが、 大きな個体はスペースとともに上部ろ過などを用いた流れを用意してあげた方がいいでしょう。 また、採集した河川にもよるのかもしれませんが、飼育には一定量以上の酸素濃度が必要なようで、沖縄のヨシノボリ類と一緒に飼育すると、急流性のヒラヨシノボリと比べても酸欠に真っ先に反応して呼吸が激しくなります。 他のヨシノボリ類と同様にアカムシを喜んで食べますが、わりと食が細いようで、シマヨシノボリのようにお腹がどんどん太ってしまうようなことはないようです。

 

 

 

★★★ もっと ルリヨシノボリ! ★★★

 静岡県出身の幼魚2匹。 頬の青色斑点はまだ見られず、種類の判別が難しいサイズの個体ですが、尾びれ付け根の「ハ」の字模様と、胸びれ上部の輝く青色斑点が特徴的です。 胸びれに、基底部に沿って赤色の細い線模様も見られます。

 神奈川県出身の成魚2匹。 奥の個体は見るからにオスなのですが、メスのつもりで連れてきた手前の個体は・・・。 第一背びれはあまり伸びていなくて、顔も小さいし、頬の青色小斑点は小さく不規則であるなど、メスっぽいところもあったのですが、若いオスだと言われればそのような雰囲気も・・・。
   

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ