ルリボウズハゼ

Sicyopterus  macrostetholepis

外見の特徴

 生息域の重なるボウズハゼとは、体型の違い(こちらの方が体が太短く頭が丸い)や体色から容易に判別できます。名前のとおり、オスの婚姻色は瑠璃色で、体側の腹側半分ないし体側全面にこの光沢色が出ます。雌雄とも鼻先中央に大きく目立つ淡色の斑紋が一つあり、その左右にも淡色部があります。これらの淡色部は、瑠璃色の強く出たオスでは白色に近い目立つ色になります。

第一背びれが糸状に伸びたオス。

第一背びれはボウズハゼほどではないものの鎌状に伸び、オスの方が長く伸びます。産地による違いがあるかもしれませんが、うちで飼育している本島産のオスの第一背びれは前から3番目の軟条が長く糸状に伸びています(海外産の個体とは異なる)。背びれや尻びれは成魚では雌雄ともにやや不透明で淡い色がつきますが、目立った模様はありません。胸びれには下あごから続く白色帯が中央に入り、婚姻色の強く出たオスでは胸びれ全体が白く見えるようになります。尾びれの上下端には青白く光る淡色帯があり、それを内側から縁取るように明瞭な黒色帯があるので雌雄ともにボウズハゼとのよい識別点となります。ボウズハゼの一部にもごく不明瞭ながらこれに似た模様を尾びれに持つものがいるのですが、顔が本種よりも四角いことや体がやや細長いこと、体側の縞模様が中央付近でV字になること、体色が全体的に緑色を帯びた明褐色であることなどから、慣れれば本種との判別は容易です。本種のオスは尾びれ上下の黒色帯のさらに内側、尾びれ中央部が広く橙色に染まり、体の青色と合わせて大変美しい色になります。河川で水面の上から本種を発見すると、特にオスでは鼻先の白色と背中の白黒の縞模様が目立ち、胸鰭が真っ白に見えるので泳ぐたびにとても目立ちます。

珍しく本気でボウズハゼと闘うオス。

(Bパターン)

 オスの婚姻色には2パターンあり、体全体の白っぽい色と尾びれの橙色が強くて体側中央を頭から尾びれにかけて太い黒色の縦条が走り、その腹側に濃いブルーが出るタイプ(ここではAパターンとします:このページの一番上の写真)と、尾びれの橙色は淡いが、鼻先も含めて体全体に黄色味が強く青色は明るく派手な色が体側全面に出るタイプ(Bパターン:左の写真、こちらの写真)とがあるようです。同一個体が両方のパターンを示したことがありますが、例えば年齢や体調など、どういった要因によって異なる色を示すのかは今のところ不明。15cm近いサイズの個体もたまに見かけますが、10cmに満たない個体が多いようです。

 

分布状況

一人よく食べ、よく育ち、10cm近くになったメス。体型も太め・・・。

 南西諸島のほか、小笠原諸島にも分布するそうです。ボウズハゼの生息地に少数の本種が混生する箇所が多いようですが、ボウズハゼよりも本種が多い箇所もあります。レッドデータで絶滅危惧種とされており、生息地・個体数が少ないことは確かなようです。しかし、ボウズハゼと激しい競合の関係にあるわけでもないようで、今のところ幸いにも河川で普通に観察することはできます。とはいえ、採集する場合は良識の範囲内での数にとどめたいのはもちろんのことですね。国外にも本種ないし近縁の種類が生息するようです。

 

 

生活

 海外産ルリボウズが近づくと左右の胸びれを持ち上げて応じる姿勢をとる本島産オス。この時に追うことも逃げることもしないので、この行動にどういう意味があるのかは不明。

 基本的にはボウズハゼと同様の生活をしますが、ボウズハゼに比べると隠れずに見えるところで行動していることが幾分多い気がします。また、一度隠れてもしばらくすると様子を見に顔を出してきます。隠れずにボウズハゼ行動によってエサを食べている光景もボウズハゼに比べれば多く見かけるように思います。流れの速い浅瀬や岩盤のへこみなどに隠れている時には化けている自信があるらしく、意外に容易に接近できることがあります。しかし、網を近づけると瞬時に察知してすばやく逃げます。採集時の様子からすると、本種は石や砂利の中をモゾモゾと移動できるのではないかと思います。目で追って明らかに本種が隠れた石を網で囲んで確実に採集したつもりでも、どこかへ移動した後だったりすることがよくあります。

 

飼育 

育ち盛りの西表島産オス。第一背びれが糸状に伸びるか、それとも海外産のように伸びるか、楽しみな個体。

基本的にはボウズハゼと同様ですが、エサに慣れやすいせいか本種の方が飼いやすく、観察もしやすい印象があります。ボウズハゼに比べると隠れずにいる分だけ小競り合いも見かけるものの、それほど激しくはないので、45cm水槽でも3匹くらいは飼えるでしょう。ボウズハゼ類のみの混泳は問題ないですが、ヨシノボリ類などと一緒に飼育すると臆病な面を見せることもあるので、避けた方が無難かもしれません。エサの好みのバランスは個体差が大きく、動物性のエサを食べてくれる個体の方が育ちが格段に良いようです。また、水槽の上面、特に水流やブクブクの上にあたる部分にはしっかりとフタをした方が良いでしょう。

 

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ