ナンヨウボウズハゼ

Stiphodon  percnopterygionus

外見の特徴

 は丸く体は丸棒型に近い、細長くてスマートな小型ハゼです。 スの第1背びれは、斜め後ろに向かって長く伸び、図鑑などでは「鎌状に伸びる」と表現されます。 スの婚姻色は2パターンあり、頭部が青緑に輝いてエラから後ろは体が鮮やかなオレンジ色、第1背びれは真っ黒になり、第2背びれはオレンジ色になるタイプ(ここでは橙色型とする)と、第1・第2背びれ、体の後半部が黒色と青色の縞模様でオレンジ色の模様が全く無く、腹部と尾びれの基底付近が白色、頭部から輝く青緑の帯が尾びれにかけて一本目立つタイプ(黒青型)とがあります。 かし、これらが個体差によるものかどうか、環境や体調によって変わるのかなどは不明で、中間的な模様を示す個体もまれに見られます。 い歴史の中で橙色型と黒青型の2種が交雑を重ねて現在の本種になったということもあるかもしれません。 た、いつか卵から成魚まで育てることができたなら、橙色型の子供は大きくなってもすべて橙色型(つまり、2型が遺伝で引き継がれている)ということだって無いとは言えません。 西諸島で普通に見られる魚でありながら、実はとても謎に満ちた魚です。

黒青型の婚姻色は、ピーク時にはお腹が白くなってきます。

 スは淡い黄白色と黒のシンプルな縞模様で、鼻先から尾びれ付近まで伸びる太い黒色帯が体側中央にあり、平行して眼を通る白色帯、そのさらに背中側にまた黒色帯があります。 体によっては背びれに朱色の模様が現れる個体もあるようです。  で背中側から見ると、黒っぽい体の背中の中央に一列の白点が並んで見えます。

スでは模様には地域差が多少あるようで、縦条の太さなどが生息している島によって異なるようですが、この点については現地の個体をもっと観察してみようと思っています。 た、メスは同属の他種との間で模様が酷似しており、同定が困難な魚です。

スにも求愛行動中は婚姻色が見られることがあり、膨らんだ腹部の黒色の縦帯が不明瞭になり、腹部が白くなります。

cmを越えるオスは上流寄りや深いところに多く、中流域の平瀬などにいる個体は小型のものが多いようです。 

 

分布状況

 西諸島と小笠原諸島に分布し、生息する箇所での個体数は多いのが普通ですが、河川や地域によっては生息数が少ない河川もあります。  西諸島から太平洋の島々、サイパン、パラオなどの海外にも生息していて、特に海外では同属の他種の方が個体数が多く、本種は少数派として分布している場合があります。 

 

生活

よく見ると体の模様にも地域差、個体差、成熟度や体調による違いなどが結構あります。 この個体は黒青型ですが、黒と青の縞模様が全身に入っていて、ハヤセボウズハゼのような体色をしています。

姻色の出たオスは単独で行動して接近する個体を追い払い、メスや若魚は数匹の群れを作って行動しています。  本的には流れがあまり速いところは好まず、水面が波立っていないような淵や緩やかに流れる平瀬などにいるのをよく見かけます。 速のあるところをゴーグルで覗いても本種がいることがありますが、そういった場所は上層を水が速く流れ、中層や本種がいる川底付近は流れが淀んでいる場合が多いです。

の間に隠れることはあまりせずに石の上にいることが多く、ボウズハゼ運動(ボウズハゼやルリボウズよりもあごの動きは速い)でコケを食べているところもよく見られます。 だし、人が多く入る河川の個体などは人影に敏感になっていて、接近すると石の間に隠れることがありますが、通常ならばよほど追い込まれる状況にない限り隠れることはせず、安全と思える石を見つけてはその上を伝うようにして逃げていきます。 戒していない時にはゆっくりとホバリングしながら移動する様子が多くみられ、ホバリングしながらオス同士が闘争しているところもよく見かけます。

 動時間は専ら昼間に限られ、晴天下でたくさんの個体が見られる場所でも曇ったり夕刻が近づくとどこへともなく隠れて姿が見えなくなってしまいます。 お、個人的な感覚ですが、橙色型と黒青型では好む環境や求愛行動に違いがあるように感じていてとても興味深いです。

 

飼育 

さな水槽でも飼育は可能ですが、深さで警戒心が多少緩和されることと、ある程度の闘争を考えると最低でも 40cm くらいの水槽がよいでしょう。 病な魚なので、他のハゼに追われるとすぐに水槽の隅に追いやられてしまいます。 のせいか、ヨシノボリ類との混泳はあまりうまくいかないことが多いようで(ヨシノボリの種類や集団にもよりますが)、小型ボウズハゼ類のみで飼育するのが一番良いようです。

 沖縄島では、体の黒色縦条が点列状になるメスが多いようです。

 ス同士の闘争は求愛行動中を除けばあまり激しくなく、相手がメスであってもあまり遠くまで追いまわすことはしません。 た、メス同士は争わずに群れるので40cm水槽でも2ペアくらいは飼育できます。

サは同属の他種と比べても草食傾向が強い方なので、最終的にはプレコ用フードなどに餌付けできる場合が多いですが、イトミミズくらいの小さな水生動物は与えていってもいいかもしれません。 だ、動物性のエサを全く食べないということはなく、冷凍アカムシや冷凍ミジンコなど、口に入る大きさのものであれば食べてくれます。 サの匂いがしてもあまり広い範囲を探し回るようなことをしないため、プレコ用フードを与える場合は食べ残しに注意が必要です。 食性が強いイメージが知られているのでコケ取りをしてくれるようなことが言われますが、それを期待して飼育するほど食べてくれるわけではありません。 た、ハゼだから小さな魚と一緒に飼うと食べてしまうと思われたり、汽水魚と思われていることがあったりと、思い込みをもとに誤解されることが多い魚のようです。 

 内時計に基づく昼行性は飼育下でも徹底していて、習慣的に照明を消す時間が近づくと石の下などに隠れてしまいます。

 

 

★★★ ナンヨウボウズ ピクトリアル ★★★

 縄本島の小型のオス。 は黒青型のようですが、第1背びれは鮮やかな赤に染まる、若魚独特の大変美しい婚姻色です。

 こちらはサイパンの河川のメス。 イパンでは本種は少数派で、小型の個体が目立つようです。 かし、この仲間は特徴が似た種類も多いので、日本のものと厳密に同種かどうかはわかりません。
 スや未成魚、成熟していないオスなどは集団で生活します。 ス同士の闘争はほとんどないので、水槽でも群れで行動する様子が観察でき、大変癒されます。
 色型と黒青型のちょうど中間のような婚姻色を示す珍しい個体。 方のメスに対して求愛している最中はとても美しい体色を見せてくれます。

 西諸島に行くと普通種として見られる本種ですが、この美しさは何度見てもため息が出ます。 川で求愛行動中の個体を見かけても接近すると警戒されてしまうので、本種のためにレイアウトした水槽でじっくり飼ってあげたときに見られる体色が一番美しいかもしれません。 青型の個体は通常時でも美しいですが、求愛行動中はさらに腹部と尾びれの基底付近が純白に輝きます。

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.