ナガノゴリ

Tridenttiger  kuroiwae

 

外見の特徴

 体は頭部が丸く円筒状で、尾に向かってやや細身になります。 黒っぽい体色をしていることが多いですが、興奮時や河川で見る個体などでは体の中央に細い黒色の縦帯が現れたり、それと垂直に交差して黄色の横帯が並ぶこともあります。 これらの体色の特徴は同属のチチブやヌマチチブには見られません。 

体色はほぼ真っ黒に見えることが多いですが、頬の青い小斑点がかすかに見えたり、長く伸びた背びれは優雅にも見えます。 ただし、性格はかなりきついです。

また、頬には青色の小斑点があり、尻びれと尾びれの端部が青緑色に見えることもありますが、体色が黒ずんでいることが多いため、あまり目立ちません。 混生するヨシノボリ類とも体色で判別ができ、小型の個体では真っ黒い体色と丸い頭が特徴的です。 繁殖期にはオスの胸びれの基底付近がメタリックブルーに輝く色が出ます。 第1背びれは軟条が伸び、オスではシーズンを問わず顕著に伸びます。 15cmほどに成長し、ヨシノボリよりもふたまわりほど大きくなります。

 

 

分布状況

 種子島以南の島々に生息するようで、生息する河川では上流から下流の河口付近までいたるところで見られます。 ただし、ヨシノボリに比べると遡上力が弱く、ある程度よりも上流には現れません。 個体数は比較的多いですが、上流から河口まで全体の環境が手付かずの状態の川ではそれほど多く見かけないように思います。

 

生活

尾びれと尻びれの端部が青緑に見える様子が伝わるでしょうか・・・。

 小型の個体は上流域の大きな淵で多く見られますが、繁殖にはおそらく下流域を利用しているようで、最も大型な個体は汽水付近で空き缶などの中から雌雄ペアで見つかることがよくあります。 流れのあるところは好まず、淵や流れのゆるいところに住んでおり、上流域の水のきれいな深い淵でわざと浅めの仕掛けで釣りをしてみると底の方からエサを食べに上がって来る様子が見えたりします。 気が強いので、ヨシノボリが同じエリアにいる場合には本種が優位に淵を占める結果となります。

 

飼育 

警戒心は弱いように見えても反射神経はよく、気も強いので、丸のみされるような魚でなければ大型魚との混泳も可能です。

チチブ属なので、なんといっても気が強いです。 したがって、10cm以下の他の魚と一緒に飼育すると、他の魚を生死の危機に追いやることが予想されます。 同種だけでの飼育でも、最も優位な個体だけが元気、という結果になるでしょう。 その性格から、ひと口で食べられてしまうような相手でなければ大型の魚と一緒に飼っても怪我ひとつせずに飼育できます。 それは、本種がいざという時の反射神経に優れているからだと思われます。 その点をしっかり理解して飼育する分には、好奇心もかなり旺盛でホバリングをよくする行動など、愛らしい魚と考えることもできます。  自然下では植物類を中心に食べているようですが、飼育下では完全な雑食です。 比較的広いエリアにわたって好奇心を持って移動(パトロール?)するので、置物や石を集めて配置すると周辺一帯をまめにうろつきます。 隠れ場所などがない平らなところで飼育すると過剰に神経が鋭くなり、落ち着かなくなるようなので、飼育の際にはものをいろいろ入れるといいでしょう。

 

★★★ もっと ナガノゴリ! ★★★

 好奇心が非常に旺盛で、縄張りの中のあらゆるところに目を向ける姿は愛らしいです。 これで気が荒くなければ・・・。

唇が厚く、本来は岩に生えたコケなどを食べるのに適しているのかもしれません。

落ち着ける環境を用意してあげると中層をふわーっと泳いでパトロールしに出てきます。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ