クロヨシノボリ

Rhinogobius  sp. DA (dark)

 

外見の特徴

 種の体色は体調や環境、気分などにより激しく変化しますが、頬に赤色の小斑点があること、胸びれの基底付近に暗赤色をした三日月形の斑紋があること、背びれや尾びれの端部が黄色に染まる、尾びれの中央部にのみ点列模様がある(→上下の両端までは点列模様がない)、などの特徴は変わらずに見られるようです。

神奈川県産のメス。 九州以北の集団は、繁殖期でない時期に雌雄を判別するのがなかなか難しいです。 繁殖期でなくても、お腹は黄色味を帯びます。

 集時には体に交差型の模様が見られることが多く、これは特徴が類似するキバラヨシノボリとの良い判別点になります。 た、尾びれの基底部に横倒しにした「ハ」の字型の模様が見られます。 側中央に沿って、不連続な暗色の細い帯が1本あり、目の後方ないしエラぶたの上方付近に淡色あるいは金色の模様が見られます。 かし、これらの特徴は飼育下では現れないことが多いようです。 た、体色などの特徴は地域差が多く、南西諸島で言えば沖縄本島には鼻先に黄白色の模様が現れる集団がいたり、奄美大島には顔のまわりにパイナップルのような鮮やかな黄色が現れる集団がいたりします。 州以北の集団でも分布が連続的でないことから地域差が見られるものと思われ、特に神奈川県の集団では頬の赤色の小斑点がとても密にあるようです。 育下では体の模様は不明瞭になり、うろこ一枚一枚の赤い色が目立つようになります。 れの端部の黄色の内側は黒い色に染まり、上唇や顔のまわりが藍色を帯びた色になります。 だし、これは体調が悪いわけではなく、周囲の環境に合わせて保護色のように体色を変化させているようにも思えます。

 スの第1背びれは鎌状に長く伸び、繁殖期には体色が黒くなります。 時にひれの黄色も一層鮮やかになり、黒と黄色というとてもインパクトのある色になります。 スは腹部が黄色になり、成熟するにつれて鮮やかさが増していきます。 だし、繁殖期以外では、婚姻色の引いたオスの腹部も微妙に黄色味を帯びたり、メスの顔つきが比較的オスに似ているなど、成魚と言えどヨシノボリ類の中でも雌雄の判別を誤りがちな種類でもあります。 側から見たときに肛門付近に透けて見える青色の部分を雌雄で比較すると、左右逆の位置にあるように見えるのではないかな、と思っているのですが、詳細は確認できていません。

 お、南西諸島に生息し、本種としばしば混同されるキバラヨシノボリと比べると、第2背びれが小さく、点列模様も少ないことや、交差状に並ぶ斑紋が体に現れること、特に南西諸島産の本種については頬の小斑点が小さく数が少ないこと、体側中央に途中で途切れない縦線模様が現れないこと、体側中央のやや背中側に輝白色の縦帯が現れないことなどから判別することができます。

 

 

分布状況

神奈川県産の立派なオス。 この集団のオスは頬の小斑点がとても密にあり、南西諸島のクロヨシノボリとは大きく異なる印象を受けます。

 西諸島では多くの河川の上流域でもっとも普通に見かけるハゼと言えますが、九州以北の生息域は、あまり大きくない半島部の急流河川の上流域だけのようです。潮に乗って分布を広げてきたのだと思いますが、房総半島の河川でも見かけたことがあり、このあたりが分布の北限なのではないかと思います。 が見た限りでは、どの生息環境でも上流域に観察しに登っていけば、ヨシノボリ類は本種しかいないという環境があるように思います。 た、本種の生息する河川にはほとんどの場合、本種の下流側にシマヨシノボリが生息しており、本種を探す場合にはシマヨシノボリの生息がひとつの基準になるかもしれません。 だし、南西諸島の急流の小河川などで、河口からすぐ上流域になっているような河川では、海から数十メートルくらいの場所から本種が見られるような場合もあります。

 

 

生活

 流域を占領するかのように生息している本種の生息環境は比較的多彩で、本種だけが生息するようなエリアでは平瀬から淵頭、淵尻など、実に様々な場所で見られます。 かし、体の大きな個体は淵の深みに多く見られることから、水が緩やかに流れる環境の方が落ち着くのではないかと思います。 種はヨシノボリ類の中でも好奇心が非常に強く、河川で観察しているとこちらに寄ってきたりします。 た、縄張り意識というよりは、視界に入る個体を発見すると追い払うという様子で、常に小競り合いが繰り返されているように見えます。 殖期は春で、基本的には孵化した稚魚は海へ下るとされています。 の後、数ヶ月を海で過ごした稚魚は成長しながら再び川を上り、上流域を目指します。 

 

 

飼育 

こちらは西表島産のオスで、頬の小斑点は小さく、かなり少ないです。 第2背びれと尾びれの点列模様も少なめで、キバラヨシノボリではないとわかる個体。 ちなみに、採集時はもっと明らかにクロヨシだ、という体色をしていました。

域が上流域という情報を図鑑などで見ると、流れが速い場所を好む種類であると誤解されがちなのですが、本種は微弱な流れのある環境を一番好むようです(流水でも止水でもない)。 た、底砂の好みもうるさくなく、飼育環境としては特別に気をつかうことはありません。 夫さという点でも、飼育は容易なヨシノボリだと言えます。だし、小競り合いはかなり頻繁にするので、多くの他のヨシノボリと同様、飼育に際して石や流木など、何らかの目隠しは入れた方が良いでしょう。 殖行動は比較的容易に見せてくれますが、水質や水温などの要素よりも、メスが落ち着いて生活できていないと抱卵しない、というところに気を配る必要があるかもしれません。 殖期でオスは婚姻色が出ているのにメスが太らない、というようなことがあれば、特に混泳魚の組み合わせなどを見直したほうがよいかもしれません。 お、地域差もあるので特に九州以北の個体については何とも言えませんが、南西諸島の個体が産卵した時には、メスが黄色いお腹をオスに誇示する行動が見られ、本州の小卵種のヨシノボリの場合よりも幾分大きいと肉眼でわかるサイズの卵を産んでいたと記憶しています。

 れも他種の場合と同様ですが、南西諸島産の個体と九州以北の個体は別種と考えて飼育した方が良く、九州以北の個体の方が気が強くて混泳に苦しみやすいけれど水温を低く保つことである程度闘争を減らすことができる、一方南西諸島産の個体は低温に弱いなどの特徴の違いがあります。 種は好奇心が旺盛で、水槽内のお気に入りの場所を中心に物音がすると必ずそちらを確認しに行きます。 れは、水槽のガラスを指の爪でカタカタたたいたときに、ヨシノボリを複数種混泳させている水槽の中で本種だけがこちらに近寄ってくることからもわかります。 れはすなわち、目隠しの向こう側で他の個体が動いた砂利の音でも聞こえようものなら見に行って小競り合いになることを意味しています。 争は基本的に同種間の場合に最も激しくやり合いますから、混泳の際に本種を多く飼育するとけが人を出してしまうので注意が必要です。 考までに私の経験を申しますと、60cm水槽で大型ヨシノボリ8匹を飼育し、そのうち3匹が本種(神奈川県産)だったとき、本種同士の闘争に他種は恐縮してしまい、目隠しを増やした上に本種を1匹移動させてなんとかバランスが保たれた、ということがあります。 た、飼育を始めた頃は問題が見られなくても、飼育下での繁殖期となる1月頃からは闘争が激化することも想定した飼育が必要となります。 アで飼育したいけれど雌雄がはっきりしないから少し多めに採集しておこう、といった感じで飼育を始めると後悔することもある魚です。

 

 

★★★ もっと クロヨシノボリ! ★★★

 西表島のオス。 上唇が紺色で、体に交差型の模様や、不連続な縦帯などがあり、第2背びれに点列模様が無いなど、キバラヨシノボリでなく、クロヨシノボリであることがはっきりわかる個体です。

 きれいにお腹が染まった西表島のメス。 はり交差型の模様があるなど、クロヨシノボリとわかる個体。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.