コンテリボウズハゼ

Stiphodon  atropurpureus

外見の特徴

 ンヨウボウズハゼに似て、頭は丸く丸棒型に近い体型です。 スでも第一背びれは伸びず、ナンヨウボウズハゼとのよい識別点となります。 た、同属のハヤセボウズハゼとは、胸鰭に点列がないことで区別できます。

オスの派手な婚姻色は、遠くから見てもよく目立ちます。また、真っ黒に染まったひれを大きく広げた姿はとても印象的です。

 オスの通常時の体色は、頭部から尾びれ付け根に至る金色ないしメタリックグリーンに輝く帯が体側のやや背中側に本あり、その他の部分は暗緑色になります。 びれは黒く、一番外側が青白く縁取られます。 の縁取りはナンヨウボウズハゼにはないので、同定の基準のひとつになります。 びれは黒っぽく、白く小さな点列がきれいに並びます。

 姻色は非常に派手で、暗緑色の体色は真っ黒になり、金色であった部分と上唇が青く輝くようになります。 びれや尾びれも点列が消えて真っ黒になり、第1背びれは紅色に縁取られます。 2背びれではこの縁取りは後方に近づくにつれて赤から青白い色へのグラデーションになっています。

 た、ピーク時には胸びれの基底部も青く光り、体側の青い部分もお腹側に広がるなど、まさにコンテリ(紺色に照り輝く)の名のとおりの姿になります。

奥の個体が本種ではないかと疑わしいメス。手前のナンヨウボウズハゼと違って模様が淡い状態ではあるものの、こう見るとさすがに同種とは思えない。問題の個体は第一背びれの前端がオレンジ色になり、第二背びれ前端にはわずかに点列模様がある。体側の縦条はメタリックグリーンのような赤みを帯びたような、表現しづらい色を示す。

 スはナンヨウボウズハゼのメスに酷似していることは確かですが、私も確かな判別基準がわからない状況です。 育していたメスの個体に本種ではないかと疑われる個体がいましたが、これが本種であれば、通常時の体色はナンヨウボウズハゼに酷似しますが、体色が薄くなっているときには違いが現れる、ということがあるかもしれません。 種およびナンヨウボウズハゼのメスは、特に成熟した個体では、飼育下でじっとしている時に体の模様が薄くなることがあります。 になるこの個体では顔の側面や尾びれ付近の暗色部が緑色の金属光沢になり、第一背びれにはわずかながら朱色の模様が現れます。

 のほか、体側の鱗の数などから判別ができるそうですが、普通に見比べて判別するのはなかなか困難なようです。

 

 

 

分布状況

 オスもはじめはこのような体色で地味な魚だと思っていたのですがとんでもない、1年ほどたったのちに見違えるような美しさを見せてくれました。

 のところ報告があるのは沖縄本島、石垣島、西表島などを中心とした南西諸島で、今後新たに生息地が見つかることもあると思います。 外にも生息しているようですが、国内における分布を保護することはあらゆる面で重要かもしれません。 内における個体数は少なく、遭遇することもあまりありません。

 種はナンヨウボウズハゼよりも気が強い性格を持っているのですが、競合で明らかに負けるような面をもっていたならば絶滅していたでしょうし、これからも影が薄くなっていってしまうのかもしれません。 かしながら、ハヤセボウズハゼと混同されていた経緯が古くからあり、今も滅びずに遭遇する機会があるということは、少数ながらしっかりと生き延びるすべを何かしら持っているのかもしれません。

 

 

生活

 底層付近でゆっくりとしたホバリングと着底を繰り返すナンヨウボウズハゼとは泳ぎ方が違って、中層を素早く泳いで少し休むというパターンが好きなようです。

 体数が少ないために野外で遭遇することも少なく、不明な点も多いようですが、中流域から上流域のあまり流れの速くないところでナンヨウボウズハゼとともに生活しています。 ぐ時はナンヨウボウズハゼよりも直線的に泳ぎ、定位していた石から離れるとホバリングする前にスーッと中層をまっすぐ泳いでいきます。

 の方にいるナンヨウボウズハゼなどを観察していると本種が中層をスーッと上流に向かって泳いでいくのを見ることがあります。 た、底にいる時に危険を察知するとナンヨウボウズハゼよりも石の下に隠れる傾向があるように思うので、こちらが気付く前に隠れられてしまって発見の機会を逃していることがあるかもしれません。 姻色の出たオスは接近する同属の魚を激しく追い払い、繁殖期にはナンヨウボウズハゼよりもかなり強い闘争意識を持つようです。

 

 

飼育 

このメスは体の模様が濃い状態になってくると不思議と第一背びれのオレンジ色が引いていき、ナンヨウボウズハゼに似てきます。

 さな水槽でも飼育は可能ですが、オスはナンヨウボウズハゼよりも広い範囲を縄張りとするので、60cm以上の水槽で飼育するのがよいでしょう。 サもナンヨウボウズハゼと同様に草食性のものを好んで食べますが、ナンヨウボウズハゼよりも動物性のエサも幾分多く食べるように思います。  たがって、プレコ用フードなどに慣れてくれることが多く、冷凍赤虫なども口に入る大きさならば食べるので、ナンヨウボウズハゼよりはエサに気をつかわなくてよさそうです。

 卵期の闘争はとにかく激しいので、高さのある石を置くなどして視界を遮るようにしないとナンヨウボウズハゼなどの同属の魚にとっても生活領域を脅かす存在になってしまいます。 かし闘争は同属の魚しか対象としないようなので、他の属のボウズハゼ類との混泳では問題はあまり起こりません。 た、ナンヨウボウズハゼと同様に徹底した昼行性で、照明を消す時間が近づくと隠れる習慣がつくようになります。

 

 

★★★ コンテリボウズハゼ ピクトリアル ★★★

 穴の付近を通ったナンヨウボウズハゼを追い払いに出てきたところをスクープ。 あごには意外と鋭い歯が並んでいますね。 ごい形相です。ょっと怖い・・・。

 ラッシュを使って撮ると全然「紺」ではなくなってしまう本種。 れはこれでまた美しいですけどね。 唇にもちゃんと金属光沢の口紅が塗ってあります。

 人間の表情のように、やる気と体調の度合いによって、光る色も様々に変化します。 のときは白っぽく光っていて目も黒く、ちょっと違った雰囲気を発しています。

 の下に穴を掘ろうとしているオス。 さな口で大きな石を動かそうとしています。 が入って、普段あまり広げてくれない背びれを思いっきり広げています。

 ちらはうちに来て間もない、若魚だった頃の姿。 でに美しさの予兆を示していますが、川でこのサイズの若魚を見かけてもナンヨウボウズハゼだと思って見逃す可能性も・・・。

  姻色のピーク時には、黒いだけでなく体は紺色に染まり、「紺照り」の名のとおりのとても美しい姿になります。
   

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.