カワヨシノボリ

Rhinogobius  flumineus

 

外見の特徴

雑魚水槽に混じっていた購入個体なのでちょっと怪我が多いですが、メスでも背びれに黄色や橙色が出る様子がわかります。

 河川陸封種であるためか、河川ごとに体の特徴はかなり異なりますが、本種特有の特徴は一貫してあるようです。 まず胸びれの付け根に淡色部があり、その中に赤茶色の細い線のような模様があります。 頬には小さくて黒い、あるいは赤茶色の斑点が散在し、体にも細かく不規則な斑点模様が密にある個体が多いようです。 また、第二背びれや尾びれには点列があります。 ただし、この点列は婚姻色の出たオスでは見えなくなる集団もあります。 胸びれの条数は国内のどのヨシノボリよりも少なく、15〜17です。 したがって種類のわからないヨシノボリが本種か否かを判別するには、アップの写真などから胸びれの条数を数えるのが一番早いです。 オスの第一背びれは伸びない集団もあるようですが、関西ではとても長く伸びて特徴的な形をなすものもいます。 婚姻色が出たオスは体が墨色のように黒ずんで、背びれや尾びれは橙色になります。 尾びれの橙色も地域差が激しく、トップ写真の個体のように外側に沿って色が現れる個体もいれば、根元の部分に色が出る集団もいます。

 

 

分布状況

 関東地方の西端から九州北部にかけての河川の中流から上流域に生息します。

 

生活 

この個体は胸びれの淡色部の外側を縁取るように赤い線の模様が入っています。 模様の特徴は地域によって様々です。

河川の中流域から上流域にかけての流れの緩やかなところに生息するようです。 水が澄んでいるような環境を好み、大河川の岸近くの流れが緩やかなところで一生を送っている集団もあれば、湧き水が近い市街地の小河川にいる集団もあります。 湖沼などの止水域には生息しないようですが、河川ごとの環境にそれぞれ適応していることが予想されるので、生息環境も川によって様々だと思われます。  私が見た限りでは、流れが緩いので細かい砂も積もっているものの、手のひらくらいの大きさの石が多数転がっているような環境を好んでいるように思います。 河川陸封型の大卵型で、孵化してすぐに底棲生活を送ります。 そのため、生息場所には稚魚の着低力でも下流に流されないような流れの緩い場所が必ずあります。 最近は護岸工事の手法も工夫されつつありますが、コンクリートで一様な速い流れになってしまうような護岸を施すと本種は生息できなくなってしまう危険性があります。 保護の対象としては名前が挙がらない本種ですが、このような魚も河川ごとに見れば希少種となりうることを忘れてはなりません。

 

 

 

飼育 

産地が同じなのか、このメスもオスと同じような模様が胸びれに入っています。 腹ビレで体を支えて、わりと高い体勢で定位することが多く、流れの緩やかなところを好むことが予想できます。ヒラヨシノボリとは対照的です。

生息環境と同様に、ブクブク以外の流れを用意していない水槽でも落ち着いて生活してくれるので、飼育に流れを用意する必要はありません。 本種は生息箇所ごとに特徴の変異がありますが、どれも性格は攻撃的なようです。 これは、流れの緩やかなところで孵化直後から一生を過ごすために狭いエリアに集中して生息する傾向が生じるからではないかと思います。 すなわち、集中して生息するとその場所に環境の変化が生じた場合に全滅してしまう可能性が高くなるため、個体を分散させるためにけんかという習性が備わっているのではないかと思います。 これには同じ河川の違うエリアとの個体交流の可能性を増やして近親交配による弱化を避けるという効果もあるかもしれません。 ヨシノボリの中でも非常に好奇心が旺盛な様子で、巣穴を確保しているオスは若干臆病ですが、メスではこちらが顔を近づけると寄ってくる仕草も見せてくれます。 エサは他のヨシノボリと同様にアカムシなどエサを普通に食べますが、一度に食べる量は少ないようです。 国内のハゼでは珍しく孵化した稚魚を育てやすいハゼなので、産卵を前提とした飼育を考えがちになりますが、けんかで傷つけ合わない程度の密度を優先して考えることと、夏場の高水温に注意する意外には特に気を使う点もありません。 飼育はもちろん、繁殖習性を観察しやすいヨシノボリと言えるでしょう。

 

 

★★★ もっと カワヨシノボリ! ★★★

濃尾平野出身のオスっぽい雰囲気の幼魚。 胸びれ基底上方には青く光る小斑点があり、体の模様は不規則に見えます。 水がきれいで流れの緩やかなところにいました。

こちらはメスでしょうか。 あごの下のラインに沿って中国のヨシノボリのような光る模様が現れるようです。 胸びれの基底部の淡色帯や尾びれの基底上部に淡色部がある集団もあるなど、いわゆる中国ヨシノボリと本種の関係は興味深いものがあります。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ