オレンジフィンボウズハゼ 

(ブルーサファイアボウズハゼ)

Stiphodon  ???

 頭で2003年の末頃から大量に売られていたインドネシア産の個体のうちの一種で、国内の河川で見られるナンヨウボウズハゼ(Stiphodon )属のどの種類とも異なる種類です。 お、婚姻色が引いている状態で 売られるせいか雌雄の判別がはっきりとされないまま売られていたようで、ブルームーンボウズハゼと混じってい たりすることもよくありました。 頭での名前も様々で、ファイヤーゴビー、トロピカルボウズハゼ、マリンドゴビーなどと呼ばれることもあったようです。

 

外見の特徴

 調子が落ち着いて本来の色が出始めたオス。 目や尾びれは赤く、背びれと尾びれ上部には黒の模様が入っています。 日本にいない種類だけに、どのような婚姻色になるかが全く分からないのもこの魚の魅力のひとつでしょうか。

 型は背中がやや平らな丸棒型に近い体型で、体の側面には横縞模様が並びます。 の淡色部の背中側にはナンヨウボウズハゼのメスに見られるような輝白色が現れることがあります。 雄ともに胸鰭には細かい点列がきれいに並びます。 スは第一背びれが大きく鎌状というよりも扇形のような、ナンヨウボウズハゼとは異なる形に伸び、第一、第二背びれともに赤みが強く出るようです。 二背びれと尾びれは、基底付近に小斑点が並び、上端付近は黒と淡い色の模様が入ります。 雄ともに頭部背面から第一背びれ基底にかけて暗色の丸い斑点が散在し、この模様はメスでは若干不規則になります。 の模様は同属の国内生息種はもちろん、海外の同属の魚を全般的に見てもかなり珍しい特徴です。 

 人的にこれまでに見た本属の魚のメスはすべて例外なくナンヨウボウズハゼのメスのような縞模様をしていたので、 本種のようにメスの第一背びれが赤くなる(これは西表島産ナンヨウ or コンテリのメスにも現れたことがありますが)などの特徴は、一見したところでは同属の他種のオスかと思わせる特徴です。 かし、多くのナンヨウボウズハゼ属のオスのように尾びれが丸くなく、角の丸い角型のような形をしていたのでメスなのであろう、と思うようになりました。 きさは 本属の中ではやや大型になり、飼育下でも6cmを越え、さらに大きな個体も売られていたことから、現地ではさらに大きくなる種類だと思われます。

 種の婚姻色は非常に鮮やかで、オスでは頭部以外の全身が第1背びれと同じオレンジ色に染まります。 2背びれや尾びれもオレンジ色に染まりますが、どちらも上端部は漆黒の縦帯で縁取られます。 スの頭部は緑色を帯びた暗灰色になりますが、これは業者による採集時のダメージなどもあるでしょうから、もう少しキレのある色になるのではないかな、と思っています。 スも繁殖期に成熟すると2つの背びれに赤い色が現れ、体の横帯からなる縞模様がとても明瞭になります。   

 

分布状況(生息地域)

 時に購入した別種(ブルームーンボウズハゼ)とおそらく一緒にやってきた種類で、インドネシアに生息する種類だと思われますが、詳細な正体は全くわかりません。 本の河川でも見られない種類です。

 

飼育

 体調が落ち着いてきたメス。 体には輝白色が現れています。 この色はナンヨウボウズハゼ属の他のハゼのメスにも見られる色です。 しかし、同属のなかでもかなり特異なメスと言えるでしょう。 

 属の中では警戒心も弱く、激しい闘争もしないので飼育もしやすい種類のようです。 だし、本種の縄張り意識は若干他種と異なっており、しつこくはないものの近づく他種を追い払い、しかもメスも調子がいいときにはかなりの縄張り意識を持ちます。 そらく、本属のメスとしてはもっとも気が強い方ではないかと思います。 味深いことに同属の多種からもあまり相手にされていない様子もあり、もしかしたら新たな未報告の属であるかもしれないと思いますし、ナンヨウボウズハゼ属であったとしたら、他種とはかなり遺伝的に離れた種類であるものと思われます。 緒に売られることが多いブルームーンボウズハゼとは対照的に、お店の水槽内でも砂に潜るようなことはなく、盛んにボウズハゼ運動をしていました。 食魚用フードを食べているところをよく見かけますが、冷凍アカムシも食べており、ほかのエサにも慣れてくれるかもしれません。 槽内では流れの速さの好みはあまり無いようですが、食事は緩やかな流れのところでするようです。

 

 

★★★ もっと オレンジフィンボウズハゼ! ★★★ 

 ブルームーンボウズハゼの場合にならって、頭の後ろのどのあたりからウロコがあるのかをチェック。 かし、ここで問題発生! スは胸びれのかなり後方までウロコが無く、ツルんとしています。 れはいいでしょう。 かしメスは・・・普通に胸びれのやや前方からウロコが・・・。 種の雌雄でもウロコには違い生じうるのか、それともやはり別種なのか・・・。 本に住む私の目で見ると本当に謎の多い種類であります。 ンヨウボウズハゼ属、恐るべし。

れがピークという色彩がわからない謎めいた種類です。 のように、緑色を帯びて見えることもあります。

( しかしその後・・・↓↓の方の写真参照。)

おいを察知して活発にエサを探すメス。 カムシも食べてくれるのですが、食が細く、一度に食べる量は少ないようです。
れの色は赤みが強く体の模様も独特で、日本のナンヨウボウズハゼ属と比べると特異な印象を受ける魚です。

( そして、後日・・・↓)

ばらくして、ついに待望の婚姻色が発現! 背面にかすかに黒点模様の名残があるほかは、まるで別人のよう。 の赤色も強烈。
ちらは求愛行動時のメス。 の縞模様がはっきりとして、背びれにはオスに準じたオレンジ色が出ています。 ンヨウボウズハゼ属でペアルックというのは珍しい種類です。 のときのメスは一層気が強くなり、周囲の魚を追い払います。

ちらは求愛行動中のオス。 のオレンジ色は求愛行動を一休みするときにはすぐに引いてしまいます。 まっているときはなかなか背びれを広げてくれないのですが、背びれの大きい本種がひれを広げて中層で求愛する様子は実に衝撃的です。 だし動きが早く、撮影が・・・。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.