ブルームーンボウズハゼ

(インドネシア産ボウズハゼの一種)

Stiphodon  semoni ???

 頭で2003年の末頃にかなり大量に売られていたインドネシア産と思われるの個体で、販売時はブルームーンボウズハゼ、メタリックブルーゴビー、ネオンブルーゴビーなどの名前で呼ばれていたようです。 姻色が引いた体色は一見コンテリボウズハゼ(Stiphodon  atropurpureus) に良く似ているのですが、胸びれ基底の上部にウロコがないS. semoni  というよく似た種類がインドネシアから報告されているそうで(向井さん情報より)、これがその魚なのではないかと思われます。  お、本種とオレンジフィンボウズハゼは当初はよく一緒に売られていたことがあり、同所的に生息していて一緒に採集されていたことが予想されますが、最近では別々に扱われ、また、オスのみが売られていることの方が多いようです。

 

外見の特徴

 写真で部分的に注目してみると、、コンテリボウズハゼは胸びれ基底の上部、背中の中心付近にウロコがあり(ちょろっとですが・・・)、ブルームーンボウズハゼではうろこが無くてツルっとした感じに見えます。  ちなみにナンヨウボウズハゼはまた異なる並び方をしているようですが、個体差もあるようです。

 型はコンテリボウズハゼと同様に背中がやや平らな丸棒型に近い体型で、オスでは鼻先から尾びれ基底にかけて体側中央に太い暗色縦条が見られます。 の縦条に並んで背中側に金属光沢の帯が走るところもコンテリボウズハゼと同じです。 

 ンテリボウズハゼと異なるところは、オスでは頭背面のウロコと背びれや尾びれの色と斑紋、メスでは体側の斑紋です。 スでは、頭背面のウロコが胸びれ基底部よりも後方から始まり、コンテリボウズハゼと比べるとツルッとした感じに見えます。 スの背びれはコンテリボウズハゼのように黒地に白い点列模様が並んだり、端部が赤や白に縁取られたりはせず、目だった斑紋が見られません。 びれは中央付近に点列模様が見られますが、コンテリボウズハゼに比べると端部を縁取る白い部分が不明瞭に見えます。 スの特徴は、体側の縦帯が2つの背びれの間あたりでモザイク状をなすことで、これは同属の他種には見られないので、慣れると他種のメスとも容易に判別ができるようになります。 

 スの婚姻色はやはりコンテリボウズハゼに似て大変美しく、メタリックな色の部分が水色ないし紺色に輝きます。 

 期の頃は細長い体型の個体が多く見られたように思うのですが、最近見られる個体は体型が幾分太短い個体が多いように思います。 れはおそらく採集地が異なることによるのではないかと思いますが、コンテリボウズハゼやナンヨウボウズハゼでもある程度の個体差はあるように思うので、今のところ何とも言えません。 

 

 

分布状況(生息地域)

 店の方の話ではインドネシアからやってきた種類だそうで、オレンジフィンボウズハゼと区別されずに輸送されてきたようです。 お、Stiphodon  semoni という種類は日本の河川では今のところ発見されていません。

 

 

飼育

 飼育当初の性格はシャイなようですが、慣れると隠れないようになり、攻撃的になってきます。  なお、この個体は当初流通していたものに多かった、体の細長い個体。 胸びれから鼻先までの長さが長いのかもしれません。 頭部の背面は模様がなく透明感のある色をしています。

槽に入ってしばらくはおとなしく、臆病な面を見せますが、環境に慣れて体調がよくなってくると徐々に気が荒くなってきます。 たがって、コンテリボウズハゼと同様に単独行動型の種類であると言えそうで、本種のオスを一緒に複数飼育したり、同じ属の集団行動型の種類と飼育したりすると本種の強い個体が攻撃することがあるので注意が必要です。 の性格はメスにも若干見られ、特に成熟したメスではナンヨウボウズハゼに見られるメス同士の小競り合いよりも明確な縄張り意識を持つことがあります。

ンテリボウズハゼと同様に草食中心の雑食性のようですが、個体差かもしれませんが同じ魚を飼育しているしんたる氏からは赤虫を食べていたとの情報もあり、ナンヨウボウズハゼに比べると植物性以外のものもよく食べる印象があります。

属の魚は昼行性の魚がほとんどで、夜になると照明がついていても体内時計から感じ取るのか、どこか石の下に隠れてしまいます。 ンヨウボウズハゼ属の魚はどれもそうですが、本来は昼間に明るいところで活発に行動するので、砂利などに潜ってしまって出てこないようであれば彼らにとって落ち着ける環境でないと考えた方がよいでしょう。 槽の照明をつけている間はいつも隠れ場所から出てきてボウズハゼ運動をするような環境を用意してあげるとオスの体色もどんどんよくなっていきます。

余談種とオレンジフィンボウズハゼは繁殖期も不明で水槽ではなかなか成熟しないようです。 れは採集時のダメージによるものかも知れず、本種は単独行動型にもかかわらず店頭には多数の個体が見られることもあるので、現地では非道な手段で採集が行われているのではないかという心配もされます。 無い採集によって本種が現地で絶滅するようなことは大変悲しいので、きちんと飼育できる個体以上の数を購入することはするまいと私は考えています。 に一人の飼育者が1ペアずつ購入したとしても、よく売れる魚として扱われて更なる採集圧がかかるかもしれないのでそういったことも考えますが、観賞用に養殖することが困難な魚なので、ひとたび店頭に連れて来られたら飼育者の飼育方法に委ねられて余生を送るのみとなる魚なのがとてもかわいそうでもあり、難しいところでもあります・・・。

 

★★★ ブルームーンボウズハゼ ピクトリアル ★★★

 の光る部分は、斜め上から見ると緑色が強く、側面から見ると青みが強く見えます。 れもコンテリボウズハゼと同じです。 頭ではこのくらいの色しか出ていない個体が多いので、本来の美しさを知らない人も多いでしょう。

 はり背中のウロコは胸びれ基底からウロコ数枚分後ろから始まっていますね。 
スの頭部のアップを撮影してみると・・・オスに比べてかなり前方からウロコがありますね。 うも、この雌雄差はナンヨウボウズハゼ属によく見られるもののようです。
ちらは、コンテリボウズと並んで写真が撮れた図。 種は闘争もするので、どちらも婚姻色が出た状態でのツーショットは珍しいです。 っちがどっちかわかりますか? の個体が本種で、手前がコンテリボウズハゼです。 ンテリボウズハゼはブルームーンボウズよりも頭背面のウロコが前方まであり、第一背びれが赤いのがわかるでしょうか。 た、ブルームーンボウズハゼの方が青く輝くウロコが実はきれいに帯状をなしているのがわかります。
スの体色の多様さに比べて、どれもよく似た姿のナンヨウボウズハゼ属のメスたち。 れると判別できるものも多いのですが、本種のメスは2つの背びれの間あたりの部分で体の縦帯がモザイク状をなすことが特徴です。 前にいるナンヨウボウズハゼのメスと比べるとわかりやすいでしょうか。

 当はこのように見晴らしのいいところが好きなのですが、攻撃的な性格のオスに場所を奪われてしまうことが多いのが少しかわいそうなメスであります。 種はメスも同属の多種のメスを追い払う行動を見せます。

調も安定してきて、婚姻色を示し始めたオス。 スと同じく第1背びれと第2背びれの間あたりで体の模様がモザイク状に見えることもありますが、婚姻色が強く出るにしたがってこの特徴は不明瞭になっていきます。

 姻色のピーク時のオス。 に青く輝く帯はコンテリボウズハゼよりも密に並ぶウロコの色から成っていて、見るとため息が出るほどの美しさです。 れの模様ではコンテリボウズに負けますが、体の色はこちらの方がきれいかもしれません。 
   

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.