インドネシア産ヨロイボウズハゼ属 (1)

Lentipes multiradiatus ???

 頭で複数の種類が混じった状態で売られていた中にいたヨロイボウズハゼに非常によく似た魚で、店員の方にお聞きするとインドネシア産とのことでした。 本のヨロイボウズハゼ(Lentipes  armatusは日本の固有種とされていますし、これほどよく似た種類が海外に生息しているとは思ってもいませんでした。 ロイボウズハゼと比べてみると違う種類のように見えますが、今のところわからないことの多い魚です。  

 

外見の特徴

 うちに来た当初のオス。 第二背びれの黒色斑点が二連続に見えるのは個体差もあるかと思われますが、その周辺が水色に染まるのはヨロイボウズハゼと異なる特徴です。

 ロイボウズハゼと同様に頭は流線型を帯びた丸い形で、オスのほうが丸みが強いようです。 た、ヨロイボウズハゼのオスよりも微妙にウマヅラな感じのする顔をしています。 はお腹側が平らになっています。れは流れの速いところで体をぴったりと岩面にはりつけるのに役立っているのでしょう。 の色は透明感がある灰色で、オスの第二背びれの前端には小さな黒い斑点が1つあります。 の斑点はヨロイボウズハゼでは丸い斑点がひとつなのに対して、本種では2つの斑点が連なったようになっています。 た、この斑点の周辺部はヨロイボウズハゼよりもきれいな水色に見えます。 

スは体に不規則な濃淡の模様がわずかに見られる程度で、ひれにも模様は無く、目立った特長はありません。 本のヨロイボウズハゼのメスとはまったく区別がつきません が、フラッシュ撮影で写真を撮ると目が赤く写ることがあります。 

 お、オスの第1背びれ下部付近に棘のある鱗が並ぶことがヨロイボウズハゼの特徴ですが、本種のウロコはどうなのでしょうか。 スは雌に比べると大きめのウロコが並んでいるのは確かなようですが(このページの下の写真)、これがヨロイと言われるような棘を持ったものなのかどうかは、肉眼で見ただけではわからないようです。

 

分布状況

 種の詳細な分布はまったく不明ですが、海外にはヨロイボウズハゼの仲間が本種のほかにもいろいろいるようです。 潮やそれに連続する海流の沿岸にあたる地域には本種やヨロイボウズハゼによく似た種類がいろいろいて、オスの腹部が青みを帯びて数本の黒い縦線があったり、第2背びれに小さな黒い斑点があるなどの類似した特徴をもつ種類が多いことから、ハヤセボウズハゼとニジイロボウズハゼのような間柄の種類がたくさんいるものと思われます。

 

生活

 どう真剣に観察しても日本のヨロイボウズハゼと全然区別がつかないメス。 相当近縁な種類なのでしょうね。

 型などの特徴がヨロイボウズハゼと かなり似ていることから、ヨロイボウズハゼと同様に水量のある河川の中・上流域に生息し、流れの速いところを好んで生息しているのではないかと予想されます。 頭では比較的多数の個体が同時に売られていましたし、 海外の河川ではヨロイボウズハゼ属の魚がとても高い密度で生息している河川もあるので、採集があまり困難ではないような中流域にまとまって生息しているのかもしれません。 槽で見る限りでは、ヨロイボウズハゼよりも少し闘争心が強いように思います。 ロイボウズハゼと同様にオスは単独で、メスは群れで生活していることも予想されます。 

 

 

飼育 

 槽ではそれほど急流だけを好む様子はなく、流れの弱いところでエサを食べていることもあります。 かし、流れのあるところにも体が適応しているので、他のハゼよりも流れのあるところにはりついてエサを待つことができます。 格は比較的温和ですが、ヨロイボウズハゼよりは闘争意識が強いようです。 たがって、メスも飼育する場合は目隠しになるものを多めに入れてあげたほうがよいでしょう。 間はあまり隠れずに石の上を好む性格なので、隠れざるを得ないような環境にしてしまうとエサを十分に食べられずにやせてしまうかもしれません。

 

 

★★★ もっと インドネシア産ヨロイボウズ (1) ! ★★★

 

 2背びれの黒色斑点は、2つの斑点が連なったような形になっています。 れは個体差もあるかもしれないのですが、店頭で見かけたほかの個体にもこのような形の斑点の個体が多かったように思います。

 調が安定してきて、本来の色が出始めてきたオス。 ロイボウズハゼよりも黄緑色が強く出て、お腹は水色になるので、ヨロイボウズハゼとも少し違った印象の色になってきました。

 た、第一背びれの下のあたりには、体の後半に並ぶウロコと同じようなウロコが並んでいるように見えます(写真、左下)。 姻色の出たヨロイボウズハゼ(写真、右下)ほどはヨロイっぽくないように見えます。

 

 ロイボウズハゼのメスと全く区別がつかない本種のメス。 だし、フラッシュで撮影したときに目が赤く光ります。 れはヨロイボウズハゼには見られないことです。

 の側面の黄緑色とお腹の水色が目立ち、婚姻色ではなくてもきれいな魚です。 姻色が出たらどんな姿になってくれるのでしょうか。 ても楽しみな魚です。

 して・・・こちらがこの魚の婚姻色です。 うなると日本のヨロイボウズハゼとは別種であるのは間違いなさそうですね。 れでも十分派手な姿ですが、現地で見たらさらにキレのある体色をしているのでしょうね。てみたいものです。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.