北米・南米産ボウズハゼ

Sicyopterus  ???

 「北米ボウズハゼ」・「南米ボウズハゼ」として店頭にいたもので、種類などは不明です。日本のボウズハゼとルリボウズハゼの中間的な雰囲気も感じられ、また独特な部分もありますが、わからないことが多い仲間です。

 

外見の特徴

 ルリボウズハゼのメスに似た特徴を持つメス個体。(トップの写真はオスらしき個体)

 体型は日本のルリボウズハゼに似ていますが、口が大きいようで、背中側から見ると唇が左右に少し出っ張って見えます。また、目が微妙に上向きに付いている感じがします。体側にはルリボウズハゼのような縦条が1本あり、それに交差するように明瞭な横帯がならびます。この横帯はボウズハゼのように中央でV字をなすようなことはなく、ルリボウズハゼに似て一様にならんでいます。ただし、太い横帯のなかに淡い色の帯があるようなやや複雑な模様が現れることがあります。また、不規則に散在する暗色の斑点が背中側に現れることがあります。2匹とも今のところ第一背びれは伸びておらず、最大でどのくらいに育つのかも不明です。

 

 

飼育 

若干背びれが大きくて、第一背びれもこれから伸びそうな雰囲気が感じられるオスらしき個体。 体の模様に原色が乗ったとしたら結構きれいな魚かもしれません。

ルリボウズハゼと同様の飼育で問題なく飼育できるようですが、本種は非常に臆病で、危険を感じるとすぐに砂利の中に潜るようです。店頭の水槽でもはじめはすべての個体が砂利に潜って姿が見えず、店員さんも姿を見たことがないと言っていたほどです。もっとも、店頭の水槽では障害物などをあまり置けないので落ち着かなかったのでしょう。家の水槽ではさすがにちょこちょこと動く姿が見られます。今のところアカムシには反応せず、ガラス面のコケを食べたりしているようですが、これは西表島から連れて帰ったルリボウズハゼもはじめはそうだったので、いずれアカムシにもなれてくれるのでは、と期待しています。また、近縁の種類と闘争するような様子は今のところ全く見られません。

 

さっそく水槽には馴染んでくれたようですが、今のところ与えたエサを食べてくれないので心配です・・・。

雑談:特に期待もせずに訪れたホームセンター的なお店の熱帯魚コーナーだったのですが(お店の方には失礼…)、日淡コーナーを見ていてボウズハゼと書いてあるのにまず驚きました。水槽には1匹も魚がいない様子です。日本のボウズハゼの小さな写真が載っている値札を良く見るとボウズハゼという字の前に小さく「北米」の文字。そもそも北米にボウズハゼがいたことも知りません。たまにこういう遭遇ってあるものなんですよね。以前、実家のそばのホームセンターでは、タイリクバラタナゴをタナゴという名で売っているようなコーナーなのにいきなりルリボウズハゼを売り出したりしたこともありました。

アップで見ると、目がけっこう上向きに付いているようです。もしや本当に砂利に潜ってばっかりで目だけ出してる系なのでしょうか・・・。

 で、北米ボウズハゼというのはどんな魚なのか、もちろん見てみたくなったので店員さんを呼んで、まず「いますか?」と聞いてみると、「値札があるからいるはずなんですけどね〜、僕も見たことがないもので。」・・・要するにいつももぐっている、ということだったようです。店員さんは水槽にいくつか入っていた流木などを出してくれましたが、その下にも何もいません。店員さんも「見当たりませんね・・・」とか言い出して、諦めムードが漂い始めたので、すかさず「さっきちょっと尻尾のようなものが見えた気が・・・」とつぶやいてみると、店員さんも「そうですか、ちょっと担当の者に聞いてきます。いるなら僕も見てみたいので。」と、状況は好転しました。戻ってきた店員さんは「なんか潜ってるらしいですね。きれいだよ、とか言ってました。」と、非常に気になるコメントを発します。今度は網を砂利の中に突っ込んでジャリジャリと・・・。家族連れで金魚などを眺めている人たちが「砂利の洗い方でも教わってんのか」というような視線を向けています。水槽の水も濁ってきて、ちょっと申し訳なくなってきた頃、「お、いたいた!」と店員さんが言いながらプラケースに移し変えて見せてくれました。ははー、とか言いながら二人で眺めてみます。ルリボウズハゼのメスに似ていますが、確かに日本のボウズとは違って独特の雰囲気があるようです。で、しばらく黙って店員さんと二人で見つめた結果、おそらく同じことを思ったのでしょう。”・・・きれい??”

 「・・・まだいますかねぇ」と先に言ったのは店員さんで、再び水槽をジャリジャリと・・・。「おー、やっぱ潜ってるんだ。」といって2匹目をプラケースに。「こいつもメスですかねぇ。」という店員さんもすでに心はひとつになっているようです。またジャリジャリして、「いや、いるもんですね。」と言って若干せびれの大きめな3匹目がプラケースに。「お?こいつは・・・」僕も「オス・・・っぽいですかね。」とか言いながら眺めてみます。しばらくして、やはり二人とも同じことを思います。

”きれいって、シマウマのしま模様が美しいとか、そういうこと??”

さすがにこれ以上店員さんを付き合わせるのも悪いので、当初はオスらしき個体がいれば1匹だけ買って帰ろうと思ったのですが、オス風な個体と明らかにメスな個体を買って帰ることにしたのでした。

 というわけで、今のところガラス面のコケばかり食べていて心配ですが、大事に育てていきます。成魚の特徴をびっしびし見せて欲しいと思います。

 

★★★ もっと 北米・南米ボウズハゼ! ★★★

 あまりに臆病で、全然姿を見せてくれないオス。 しかし、先日ふと水槽を見ると、体を真っ黒にしてルリボウズハゼを追い払う姿を発見。 こちらに気付いて素早く隠れたとき、ギョッとするような青い色の背びれが見えました。

 購入時はガリガリだったのに、少し見ないうちにたくましく育ったものです。 第1背びれがキラッとしているのが見えますが、第2背びれの端部には、深い青の金属光沢を発しているようです。 やる気のある一瞬だったのかもしれませんが、きれいなブルーでした。

あまり背びれを開かない本種ですが、一瞬開いたところを写せたもの。 きらりと光る部分が目立ちます。 フラッシュ撮影なのでこのように写りますが、肉眼で見るともう少し深い青に見えます。

第1背びれの形が見えるように写せた写真。 なかなかこのように背びれを開いてくれません。

こちらは南米産として売られていたメス個体。 北米産とおそらく同属であると思われますが、頭部の雰囲気などから水槽内で個体識別もできるので、別種なのでしょう。

同じく南米産のオス。 北米さんよりも微妙に鼻先が長く見えます。 北米産とは性格も微妙に異なり、幾分オープンな性格です。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ