Freshwater Goby Museum の もくじ へ  | お気軽図鑑 TOP へZukan TopEnglish TOP

 

ヒラヨシノボリ

Rhinogobius  sp. DL (depressed large-dark) 

 

外見の特徴

 らな体をしていて、胸びれが大きく、急流に適した体をもつ大型のヨシノボリです。 から鼻にかけて走る赤色の線はとても太く、この模様だけで他の種類と識別することができます。 の後ろの背中側に暗赤色の縦条が数本見られるのが特徴的で、体調にもよりますが、これに沿って青い色の模様が浮き出るように現れることがあります。 びれの根元付近に丸くはっきりとした黒点があり、これがオオヨシノボリ(黒色大型)の斑紋と似ていることから、ヨシノボリが一種として扱われていた当時は「南黒色大型」と呼ばれていました。 びれ基底部には、漢字の「八」の字を横にしたような模様が スの第一背びれは鎌状に尖って伸びますが、雌雄ともに第二背びれが比較的小さめなのは急流に適した特徴なのかもしれません。

西表島産のメス。 胸びれの黒色斑が大きくて目立ちます。

 態は生息する島ごとに異なっており、例えば西表島の集団では、胸びれの黒色斑が大きい、頭背面の暗赤色の縦線模様が第1背びれよりも後方に続く、体の交差型の模様(いわゆる鞍掛斑)が不規則、オスの第1背びれは尖るがあまり長くは伸びず見る角度によって青く光る、オスの体色の青みが強い、体のお腹側が平らであるなどの特徴があります。 

 方、屋久島や沖縄島の集団では、体色の緑いろっぽさが強く、体の腹側は目立って平らではない、オスの第1背びれの端部は黄白色になる、頭背面の縦線模様は頭から第1背びれ付近までしかないものが多く点列状のものもいる、鞍掛斑がわりと規則的であるなどの特徴があります。 

 スの婚姻色は全身が黒一色に染まり、頬の前方、口の横のあたりだけが黄白色になります。 熟したメスは腹部が淡く黄色を呈しますが、これは卵の色が透けているだけかもしれません。 「南黒色大型」という呼称のとおりオオヨシノボリに似ている部分もありますが、オオヨシノボリよりも後に見つけられたためにそう呼ばれてしまうのは気の毒なことで(ヒラヨシノボリと名付けられたことで晴れてオオヨシノボリとは別の魚として扱われるようになりましたが)、実際に見てみると全く別の種類としての個性をいろいろと感じられる魚です。 

 

分布状況

 種子島、屋久島から西表島までの島々の河川に生息します。 本種が好む環境が限られているのか、沖縄島では生息する河川が少ないようですが、そのほかの島では水量の多い川の急流部や流れのある淵、大きな川の支流の最上流部など、他の種類が少ないような環境を好んで生息しています。

 

生活

西表島産のオス。 お腹側が平らで、流れに逆らう時には体をぴったりとくっつけて低い姿勢をとります。

西表島では河川の上流域で川底が岩盤になっているようなところを好み、流れも速いところを選んで岩肌にはりついています。 ぶきの立つような淵頭やポットホールの壁面などでよく見かけ、川底よりも岩盤の側面に多く見られます。 れてくるエサを待っているのかもしれませんが、壁面のコケを食べている様子も見られます。 

久島では大きな河川の本流では流れのある大きな岩の上や側面に多く見られます。 た、支流の最上流に大型の個体が潜んでいるなど、オオヨシノボリに似た環境を好むようです。 

美大島では、本種としては比較的流れの緩やかな場所でも見られ、淵を好むキバラヨシノボリと同所的に見られるケースもあります。 

っくりと接近したときは反応が意外と鈍く、こちらが急に動かない限りあまり遠くへは逃げません。に西表島の生息環境では、自分で巣穴を掘ることができないような岩盤に生息している場合も多く、例えば繁殖行動などはどのようにしているのか興味深いところです。

 

 

飼育 

西表島産のオス。 体調によって口の横に黄色い色が現れることがあります。 頭部のまわりやひれの端部に出る青い色も美しいです。

息場所に合わせて水槽にも流れを用意してあげると、酸素の供給にもつながり、落ち着きやすいようです。 西表島の個体はやはり河川での生活と同様に水槽の側面に張り付いて、上部ろ過の水の落ち込みなどに向かってじっとしているのを好むようですが、水槽内で他種も含めて本種のオスが優位になるように飼育すると、底にも下りてきます。 争は特別に激しいわけではないですが、どうしてもある程度はするのと、水槽内でも比較的大型に成長するので、あまり高い密度では飼育しないほうがいいでしょう。 

育下では動物性のものを中心に、特に好みに偏りなく食べます。 卵行動の詳細は不明ですが、両側回遊魚のようです。 育下では4月半ばごろにメスが抱卵したことがあります。 西表島で観察をする限りではシマヨシノボリなどの他の種類よりも婚姻色の出るタイミングが少し遅いように思います。

 

★★★ ヒラヨシノボリ ピクトリアル ★★★ 

 西表島産のオスを正面からパチリ。 から鼻先に極太の赤線があるほか、その線が目を経て背中に伸びています。 色の体色に浮き出る青い色が怪しい雰囲気を放ちます。 西表島の個体の体型は、他の島のものに比べると、頭部だけでなく胴体も平らです。
  久島の河川の最上流にいた大型のオス。 西表島の個体に比べると緑色っぽい体をしており、第1背びれの端部は黄白色に染まっているなど、雰囲気も異なっていますが、本種独特のかっこよさは変わりません。 
 上の写真の個体の頭背面の模様は少し変わっていて、まだら模様になっています。 れはこれで怪しくかっこいい色彩です。 久島の個体がすべてこうだというわけではなくて、やはり縦線になるのが普通のようです。
 屋久島産のメス。 背面にきれいな赤線が走っていますが、西表島の集団とは異なり、第1背びれのあたりで赤線が乱れたような模様をなしています。
 屋久島産の別のオスで、大きめの川の本流にいた個体。 みが強くて美しい個体ですが、西表島の個体に比べると体型もそれほど扁平なわけでもなく、オオヨシノボリにも似た雰囲気が感じられます。 の個体は尾びれ基底部の模様までオオヨシノボリに似ている興味深い個体。 
 抱卵した西表島産のメス。 部の後方が黄色みを帯びています。
 抱卵したメスは腹部が大きく膨らみます。 西表島の個体独特の背中の赤線も、腹部の膨らみによって湾曲した模様になっています。 の集団の個体はメスでも体が平らなのが伝わるでしょうか。
 このメスを横から見ると、腹部の後方はやはり黄色を呈していますが、腹部の側面は体に合った青っぽい色が出ています。
 求愛行動中の西表島産オス。 は漆黒、頭部は少し青い模様が入るのが美しいほか、何といっても頬の前端の白色が強烈に目立ちます。
 求愛行動中のメスは体色を淡い色に変えます。 のときは頬の前端の単色部や、体の側面に走る1本の太い黒帯が目立ちます。 

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.