ヒナハゼ

Redigobius  bikolanus 

 

外見の特徴

 魚でも4cmほどの小型のハゼで、体高が高くて体長が短く、派手さはないですがとても愛らしい魚です。 色は淡褐色で、この色が第1背びれにも表れる個体が多いようです。 た、第1背びれの斑紋には集団差かあるいは地域差がある程度見られるようです。 

若い個体は、1匹を見ただけでは雌雄の判別が困難な個体も多いようです。 こちらは若いオスと思われる個体です。

 生息地域などによらず共通して見られる特徴としては、体にある程度規則的に並ぶ小判型の黒い斑点と、第2背びれと尾びれに見られるわりと細かい縞模様などが挙げられます。 びれは大きくて平らで、吸着力はかなり弱いのではないかと思います。

  熟したオスは第1背びれが尖って伸びるほか、頭部から第1背びれのあたりにかけて体高が高くなり、独特の顔つきになります。 た、第2背びれや尻びれが大きくなり、メスや未成魚との判別も容易になります。 スの尻びれは、見る角度によって全体が青白く光ります。 方、メスは第1背びれも尖って伸びるようなことはなく、頭部も小さいので、オスよりもさらに可愛らしく感じられます。

分布状況

 西諸島の河川から神奈川県まで、黒潮の影響を受ける地域を中心に河川の下流域に生息しているようです。 た、南西諸島では中流域にまで見られ、ナンヨウボウズハゼやシマヨシノボリなどと同所的に見られることもあります。 関東では河川の最下流や汽水域に見られ、安定して生息している場所もありますが数は少ないようです。 西日本、南日本に行くと個体数も多くなり、南西諸島ではいない川のほうが少ないかもしれません。

 

生活 

 れの緩やかなところを好んで生息していますが、南西諸島では流れのある平瀬を越えた上流側でも淵に見られることがあります。 から少し浮いた体勢で泳いだり定位したりすることが多いせいか、特に南西諸島では底質の好みはあまりないようで、関東では砂底や泥底に見られることが多いですが、南西諸島では底が砂礫底や岩盤であっても流れがゆるければ見られることがあります。 

 集した群れを形成することはないですが、個体間で視線の届くくらいの距離を置いて数匹が一緒に見られることが多いように思います。 の際、決まった縄張りを確保して主張するとうよりは、単に距離をおいて単独で行動しようとする傾向が強いように見えます。 た、繁殖期中は沈んだ空きビンやパイプの中などから雌雄のペアで採集されることもあり、環境への適応能力をもった魚であることがうかがえます。 

 きは非常に緩慢で、捕まえるというよりも網に誘導すれば採集することができます。 になっても砂に潜るようなことはしないですし、どうやって天敵に襲われずに生活しているのか不思議になるくらいです。 供たちにとっても大変親しみやすい魚なのではないかと思います。 

 お、生息環境から考えると基本的には両側回遊魚であると思われます。

 オスの尻びれは、泳ぐときなどに見る角度によって全体が青く光ります。 些細な特徴ではありますが、フィールドでの観察では意外と見られない特徴です。

 

飼育 

 夫な上に大変温和な性格のハゼなので、他の魚を攻撃するようなこともほとんどなく、飼育はとても容易です。 種同士での闘争も激しいものはほとんど起きません。 種を追い回すような魚でなければ、どんな魚でも一緒に飼育できるのではないでしょうか。

 集した後の輸送中に激しい揺れなどがあると死んでしまうことがあり、生息環境から考えても強い水流に弱い魚であることがうかがえますが、一般的な設備で生じる水流であれば問題なく飼育できるでしょう。 だし、東日本で採集した個体であっても保温なしで飼育して冬を越すことができるのかは微妙なところではないかと思います。

 食性なので、赤虫などの動物性の食べ物を食べるほか、草食魚用のエサなども食べてくれるので、痩せてきて死なせてしまうような心配はいらない魚です。

 っくりとした動きをしながら中層で定位することも多く、動きも大変愛らしいので、飼育していてとても楽しいハゼの一つだと思います。 

 

 好奇心が旺盛で、行動も愛らしい魚です。 ときには立ち泳ぎのような体勢になったり、興味の湧いたものの方に体を向けて定位する様子は大変癒されます。 この個体はオスで、第1背びれは飼いこんでいくと結構長く伸びて貫禄が出てきます。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.