台湾産ヨシノボリの一種

Rhinogobius  gigas 

 

外見の特徴

 長は、オオヨシノボリなどの日本の大型種よりもさらに大きく、世界最大のヨシノボリかもしれない、台湾のヨシノボリです。 型としては頭部が少し大きく平らな形をしており、シルエットとしては体はオオヨシノボリで、頭部はシマヨシノボリのように見えます。 徴的なのはオスの第2背びれと尾びれに現れる鮮やかな黄色で、この色が尻びれにも現れます。 本のヨシノボリでは、尻びれは無色かまたは橙色に彩られて短部は青白くなる種類が多いので、かなり特徴的に見えます。

第1背びれは尖るものの、長くは伸びません。 この背びれの形も、第2背びれや尾びれ、さらに尻びれまで黄色く染まるのも、日本のヨシノボリには無い特徴です。 この個体はまだ「ギガス」という響きのイメージには程遠い、若いオス。

 スの体色は体調によって変化しますが、基本的には青みを帯びた灰色で、体調や環境などに応じて顔が黄色くなります。 た、オスの腹部は薄青色に染まります。 

 1背びれは先が尖って少し伸びますが、閉じたときでも先が第2背びれの基底部に届く程度で、これも日本のヨシノボリではあまり見ない形状になります。 た、第2背びれは後方にはあまり伸びず、扇形に近い形になります。 2背びれと尾びれに縞模様がありますが、尾びれのものは体調などによって見えづらくなるときもあるようです。 

 のすぐ後ろに鮮やかな橙色の斑点があり、頬には赤褐色の小斑点が散在します。 びれは基底部に沿うように橙色の模様があり、条数は20前後です。 

 変大型になり、飼育下での成長も早く、45cm水槽で飼育していてもを10cmほどの大きさに育ちます。 湾には形態のよく似た R. lanyuensis という種類が分布しており、両種の関係は興味深いところです。

 

 

分布状況

 湾の固有種で、太平洋側の河川の平瀬に見られるようです。 湾には本種を含めて10種ほどのヨシノボリが生息していますが、本種と同所的に生息するヨシノボリがいるのかどうかは不明です。 

生活 

 川の中流域で川底が砂礫になっているような平瀬を好んで生息しているようです。 際に観察した限りでは、あまり目立つところや淵には見られず、日本であればシマウキゴリが好むような、水深が浅くて流れのある平瀬の石の下に好んで隠れているようでした。

 

飼育下でもどんどん大きくなっていきます。 体調が落ち着いてくると顔の黄色が濃くなってくることもあり、腹部はオスでも青い色が強く、なかなか美しいヨシノボリです。 

飼育 

まさに「ギガス」という感じの体格に育ったオス。 原色に近い黄色の体色が目立つようになり、飼い始めた直後(このページのトップ画像)とはまた違った印象になってきました。

種はフィールドでも石の下に隠れているところを見かけることが多かったのですが、飼育下でも巣穴に隠れていることが多いようです。 た、警戒心も強いので、水槽に顔をやカメラを近づけるとすぐに巣穴に戻ってしまいます。

本の大型のヨシノボリと同様に気が強い面はあるようなのですが、巣穴に頻繁に戻るので、幸い、同居している他の個体があまりしつこく追い回されてしまうことも無いようです。 だし、巣穴の中からでも視界に入った個体は追い払いに来るので、単独飼育でない場合は目隠しになる障害物の配置は必須です。 れさえ考慮できれば飼育する水槽は体の大きさのわりに小さいものでもよく、45cm水槽でも問題なく飼育できます。 

本の大型種に比べて飼育下での成長が早く、スペースとしては大きくなることを考えて飼育を始めた方がよさそうです。の他の飼育環境やエサなどは日本のヨシノボリとも同じで、飼いやすい魚と言えそうです。 

湾には日本のものと同種と思われるヨシノボリもいる一方で、本種のように好む環境は日本にもありそうなのに台湾固有種である種類もあるところが大変興味深いと思います。 種は形態から察するには卵の大きさは小さそうですが、現地の図鑑によると純淡水魚と書かれているようです(解説が読めないので確かではありませんが・・・)。 ウズハゼ類や日本と同種らしきヨシノボリはおそらく台湾から流れ着いた個体が日本で見られることもあると思うのですが、本種の卵や仔魚がもし小さいのだとすれば、日本で1匹も見られないというのが逆に不思議だったりもします。 ういった種類の生態がわかってくると、他のヨシノボリ類やボウズハゼ類などの分布パターンとの関連性も見えてきそうなので、大きな謎をもった魚の一つだと思っています。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.