ボウズハゼ

Sicyopterus  japonicus

外見の特徴

 体の色は緑色を帯びた黄褐色で、暗色の横帯模様がやや斜めに並びます。この縞模様は第二背びれの前方の下あたりでV字型になっていて、成魚では雌雄ともに第一背びれが鎌状に伸びます。日本国内では分布も広く、基本となる種のように思われがちですが、体色が地味な本種のほうがボウズハゼの仲間では変わり者なのかもしれません。5cm前後の若魚では背びれや尻びれにオレンジ色、白、黒などの模様が入った個体もいますが、未成熟の個体の体色が派手になる理由は不明。 また奄美大島には、一部で”レッドフィンボウズハゼ”の名前で扱われた個体群がありますが、詳細は不明です。 他の地域で見られるような幼魚のオレンジ色よりも深く、赤い色が出た個体がいること、他の地域で見られるよりも大きく7cmほどの個体にも赤い発色が見られること、などは確認しています。 オスとメスで目立った模様の違いなどはありませんが、オスの成魚はひれが大きく伸び、泳ぐたびにヒラヒラとなびくのですぐにわかります。特に第1背びれの長さや胸びれの大きさなどに雌雄差が大きいようです。

 国内で見られる本属の魚種は本種とルリボウズだけで、そのルリボウズに比べると体が長く見えます。 オスでは15cmを越える個体もあり、国内のボウズハゼ類では本種が最大種です。 しかし、60cm水槽程度の広さで5cmくらいの幼魚を飼育していても、あまり大きく育ってくれません。 川で食べているものを同じように与えられないからなのか、単に広さが必要なのか、謎が多いですね。

 

分布状況

 ボウズハゼの仲間としては国内の分布が広く、南西諸島から関東 地方東部の太平洋側の河川に分布しています。ヨシノボリ類ほどではないものの個体数はどこもそこそこ多く、河川ごとの地域差もあまりないようです。しかし、採集した河川以外への放流は避けなければなりません。

 

生活

 水の澄んだ川の中流から上流にかけて見られますが、瀬のようになっている下流域や河口付近の淡水域に生息していることもあります。腹びれだけでなく口も強い吸盤の役割を果たし、急流でも流されずに岩の表面のコケを食べることができます。まず上唇を前方に突き出して、それに追いつくように下唇と体全体で前進、これを繰り返しながらコケを食べたり急流の岩肌にはりつきながら移動したりします(これをボウズハゼ運動とここでは勝手に命名します)。

幼魚は派手で、見る角度によって尾びれが青く光ります。

コケなどの植物性のものを中心に食べているようですが、飼育下ではイトミミズやアカムシも食べます。

 ボウズハゼ類が混生する南西諸島の河川で見ると、ボウズハゼ類の中で本種が最も石の下に隠れる行動をとるように思います。橋の上などから川を覗いた時も、真っ先に人影に反応して逃げていくのは本種です。しかし、危険を感じていない時には石の表面のコケを普通に食べていて、上層の流れが強い淵の底や水深の深い大きな淵などをゴーグルで覗いてみると、深いところの石の上でコケを食べているのを見かけることができます。

 水深が浅くて流れの激しい浅瀬にある大きな石の下に集団で隠れていることがあり、大型個体を採集する際のポイントの一つとなります。網を固定して大きな石を動かして網を上げた時、大型のオスが入ると、何と言うか、化け物に遭遇したような感覚になります。5cm前後のヨシノボリが多い川で15cm前後の本種を見れば誰だって一瞬驚くでしょう。ちなみに余談ですが、本種の生息する南西諸島の河川ではヨシノボリあたりを頭において網を入れた時にオオウナギが網に入ることもあります。

 

 

飼育

 水槽には流れが必要ですが、酸素の供給がエアーポンプなどで補えれば、普通の上部ろ過の水流でも十分飼育できます。水槽の大きさは10cm以下の個体なら45cm水槽でも大丈夫ですが、水圧で判断しているのか、深いほうが警戒心も弱まるようなので、60cm水槽で飼育すると大型の個体でもエサの時くらいは食べに出てきてくれます。 飼育下での激しい闘争はめったになく、複数の個体で同じ石の下に隠れたり、顔を揃えてエサを食べることなども普通にあります。ただし、魚種として持つ強さのランクに注目すると、ボウズハゼ類のなかでは本種が一番強く、本種が接近すると縄張りを譲ってしまう種類が多いようです。したがって、小型ボウズハゼを中心に飼育したい場合は、ライバルにあたる本種の幼魚はあまり多数同居させない方がよいでしょう(私の個人的な体験より)。しかしながら大きさが明らかに異なる個体であれば競合関係にはならず、5cm前後の小型種と10cm前後の本種とでは不思議と問題無く混泳できています。ヨシノボリ類と混泳させると、臆病になって出てこない個体と問題無く飼育できる個体いて、これは飼ってみないとわからないようです。

オスの成魚は第一背びれが大変長く伸びます。

 食性は草食傾向がわりと強いので、長期飼育のポイントとしてはエサが非常に重要になります。最終的にはプレコ用フードなどに慣れてくれると安心ですが、水槽に入れてから慣れるまでを痩せさせないように考えるとまずは動物食のエサを与えるのが良いかもしれません。一時的にもこれを食べてくれないと事態は深刻で、一方的に痩せていってしまって死んでしまうとの話もよく耳にします。この食の好みは個体差が大きいようです。始めは臆病でエサの匂いがしないと隠れたまま出てきませんが、エサの問題を克服できていれば、じきに姿を見せてくれるようになります。しかし、エサ慣れに失敗すると、やせて弱った上に臆病化してエサを食べに出て来れないという最悪の悪循環となってしまいます。これも飼ってみるまでわからないので、採集してきた草食性ボウズハゼを水槽に放つときにはいつも一抹の不安がよぎります・・・。

 水槽のろ過装置を上部ろ過にすると濾過槽がフタの代わりになるようなので問題ないのですが、水流やブクブクの上部にすき間があると、狭いところからでも外に跳ね出てしまいます。水槽全面に必要なわけではないですが、フタはしっかりしておいた方が良いと思います。

 私の経験では、本種の場合は大型個体のほうが神経質になり、隠れて出てこなくなる傾向が強いように思います。飼育下での闘争は少ないですが、河川で縄張りを持ったオスなどは結構激しく闘争するものと思われます。さらに、繁殖行動のような素振りは一度も見ないので、本種に本当に適した環境を家庭の水槽で再現するのは困難なのでしょう。

 

雑談:名前の由来は頭が丸いからとする説(坊主頭)と、草食魚であるからとする説(精進料理)を聞いたことがありますが、考えた人が両方考えていたとすると絶妙なネーミングと言えるかもしれません。

 

★★★ もっと ボウズハゼ! ★★★

 奄美大島出身の巨大で立派なオス。 体が短めの個体群の中の1匹です。 ”レッドフィンボウズハゼ”風な個体群と同じ河川で見られ、いわゆるレッドフィン個体が成長した姿なのか、レッドフィンはレッドフィンなのか・・・謎な存在です。 なお、この個体群はほかの地域のボウズハゼと比べると警戒心がなく、浅い止水域でサンダルの10cm前方でボウズハゼ運動をしていたりしました。 

このオスは水槽でも警戒心が全然無く、顔を近づけても気にせずエサを食べています。 しかも、アカムシを好んで食べてくれたりと、なんとも飼いやすい性格を持っています。 これは冷凍のアカムシをブロックのまま浮かせたものに食いついてはなさない様子。

 こちらは同じ河川のレッドフィン個体。 ページ上方の静岡県の幼魚よりも少し大人で、第一背びれが伸び始めて、第二背びれの端部が丸みを帯びているのがわかります。 他の河川のオレンジ色の幼魚とは異なり、体が黒ずんで背びれが真っ赤な個体が大きな石を中心に強い縄張り意識を持っていました。

 鮮やかな赤はちょっとほかでは見ないですね。 体は小さいですが、やはりアカムシを好んで食べます。 ただ、ボウズハゼは水槽飼育下ではあまり育たないのが残念です。

 

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ