アヤヨシノボリ

Rhinogobius  sp. MO (mozaic)

 

外見の特徴

 頬にルリ色の小さな斑点があり、ウロコにもルリ色の斑点が並ぶ個体が多いようです。 ただし、メスでは頬の斑点が無い個体もいます。 雌雄共に第二背びれと尾びれ中央付近のみに縞模様があります。体にはシマヨシノボリに似た太い横縞模様が現れることがありますが、頬の斑点の違いや、オスでは本種のほうが頭が小さく背びれの先端が黄色になること、本種の方が体型が細長いことなどから慣れると容易に判別できます。 また、頬に斑点のあるメスは体の縞模様が不明瞭に見える傾向があります。 同じ場所に生息する場合もある近縁のアオバラヨシノボリは、ひれに縞模様が無いかあるいはわずかに入る程度で、頬や体にもほとんど模様がなく、背びれが橙色になることなどからも容易に判別できます。 成熟したメスでは腹部が青色になりますが、シマヨシノボリの色に比べるとややくすんだ色になるようです。 それでも金属光沢を発するお腹は美しく見えます。 

 これらの本種の特徴は、他のあらゆるヨシノボリの特徴を兼ね備えたようであることから、かつては「ヨシノボリ(モザイク型)」と呼ばれていました。 しかし、それぞれの遺伝子を持つ雑種ではなく、本種の特徴がたまたま他の種類と共通していたということのようです。 大きさは最大で 8cm くらいになります。

 

分布状況

 奄美大島から沖縄本島にかけて生息し、大小さまざまな河川に生息しています。

 

生活

シマヨシノボリほどではないものの、成熟したメスのお腹は青く輝きます。

中流から下流域で見かけることが多く、流れのあまり速くない平瀬にいる場合が多いようです。シマヨシノボリもいる河川では、本種のほうが流れの遅いところにいます。あるいは、シマヨシノボリに追いやられているのでしょうか。大型のオスほど流れの速いところにいる傾向があります。

 

 

 

飼育 

本島産のオスには頬のルリ色斑点の大きさが不均一な個体もいます。これは河川ごとの変異かもしれません。(ページトップの写真の個体も本島産ですが、別の河川の個体。)

ヨシノボリなので縄張り意識がありますが、比較的闘争しない方の種類です。45cm 水槽ならオスは2匹くらいが限度かもしれませんが、メスは他種の場合よりも多めに飼育できます。エサは動物性のものを中心に食べます。他のヨシノボリと同様に丈夫で、飼育する上では水温・水質の急変だけ避ければ特に気をつかうことはありません。産卵期のメスはお腹が青くなるとオスに誇示する行動を見せ始めます。それに応じて、オスが巣を作れば産卵もさせられます。両側回遊魚なので卵が小さいのですが、ヨシノボリ一般で見ると若干大きめの卵を産みます。産卵後3〜4日ほどオスが守り、その後に一斉に孵化します。ただし孵化後の稚魚が小さく、海水濃度の調節なども難しいため、生まれた稚魚を育てるのは非常に困難です。

 

雑談:両側回遊魚の本種から長い年月を経て河川陸封型に特化した種類がアオバラヨシノボリであると思われますが、同じ河川でも本種のほうが明らかに流れの速いところを好み、きっちりと住み分けています。

 

★★★ もっと アヤヨシ! ★★★

 頬にルリ色斑点があり、体側の模様が不明瞭な奄美大島産のメス。
沖縄本島東海岸側の個体で、写真では見づらいですが、尾びれの縞模様は上下までかなり広くあり、腹びれの吸盤が白い個体です。
上のオスと同じ地域のメスです。 この集団のメスは目から鼻の線模様がはっきりとした黒い色をしています。 繁殖期の抱卵したメスのお腹は青く光ります。
繁殖期に婚姻色が出たオスはとてもきれいです。 頬の青い色の斑点を目立たせるかのように頬と体の地色は黒ずみます。
   

 繁殖期には、メス同士でもけんかします。 このときの相手は強敵シマヨシノボリ(右)。 メスは特に混同しやすい2種ですが、頬の模様(アヤヨシは青い小斑点か模様なし、シマヨシは赤い線模様)、目から鼻先への赤線(アヤヨシは1本、南方系シマヨシの多くは2本)、尾びれの縞模様(アヤヨシの多くは上下端まではなし、シマヨシは上下いっぱいにある)、体型(アヤヨシは細身、シマヨシの方が若干寸胴)などから判別できます。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ