アオバラヨシノボリ

Rhinogobius  sp. BB (blue belly)

外見の特徴

 アヤヨシノボリから特化した本種ですが、アヤヨシノボリとの判別は容易です。基本的には頬には模様が無く、背びれや尾びれにもほとんど模様がないのでとても上品に見えるヨシノボリです。ただしごく一部の個体では背びれや尾びれにわずかに縞模様が見られる場合があります。

体やひれにほとんど模様がない、アオバラヨシノボリらしいメス。

体にはやや透明感があり、体側の背中側に沿って光沢のある明るい色の帯が現れる個体もいます。このあたりは本種が河川陸封型であることもあって、河川ごとの変異が大きいようです。背びれや尾びれの先端は鮮やかな黄色で、その内側が橙色に染まります。これらの色は婚姻色の出たオスでは一層鮮やかな色になります。成熟したメスでは腹部が青色になり、アヤヨシノボリと違ってシマヨシノボリに匹敵するような色を示す個体もいます。大きさは最大で7cm くらいになります。

 

 

分布状況

 沖縄本島のみに生息し、大小さまざまな河川の上流域に生息しています。

 

生活

 第二背びれなどに縞模様が見えるメス。

生息場所は同じ河川にいるヨシノボリ(シマヨシノボリ・アヤヨシノボリ)と比べるとやや特殊で、上流から中流域で底に細かい砂があるような流れの緩やかなところを好んで生息しています。大型の個体は深いところを好む傾向がありますが、近縁のアヤヨシノボリよりも上流側を好み、他種とはきっちり住み分けているようです。

 

 

飼育 

緊張時などには独特の模様が現れます。この模様は近縁のアヤヨシノボリとも全く異なり、河川ごとの違いもあるようです。

ヨシノボリの中ではとても温厚な種類で、産卵期のピーク時以外は闘争してもあまり遠くまで追いません。また、けがをするような闘争もめったにしないので、45cm 水槽ならオスは3匹くらい飼育できるでしょう。飼育下ではホバリングしながら泳ぐことが多く、エサは動物性のものを中心に食べます。他のヨシノボリと同様に丈夫で、飼育する上では水温・水質の急変だけ避ければ特に気をつかうことはないでしょう。産卵期のメスは産卵に積極的で、お腹が青くなるとオスに誇示する行動を見せます。河川陸封型なので卵がやや大きく、産卵後4日ほどオスが守った後、孵化した稚魚は淡水で育っていきます。

 

★★★ もっと アオバラヨシノボリ! ★★★

沖縄本島東海岸側出身のメスです。 成熟時のお腹の青は爽やか?な美しい色に染まっています。 また、頭部の随所に黄金色の模様が入っているのもきれいです。 この集団はアヤヨシノボリとの交流がなさそうなエリアに生息しているので、少し特異な特徴を持っているのかもしれません。

 

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP ページへ       もくじ へ