アカボウズハゼ

Sicyopus  zosterophorum

 

外見の特徴

は丸みを帯びた流線型で、体型は少し細身の丸棒型です。 スではうろこが第1背びれより後方に、メスではさらに前まであり、口先には雌雄ともに上唇に沿って細い黒線模様があります。 ウズハゼ類の中では目が大きく、愛らしい表情を見せてくれます。 ラッシュ撮影をすると角度によって白目が朱色に光ります。 スは目から口の下に向かって黒い涙状の模様があり、体の前半部はやや緑色を帯びた灰色で後半部は朱色です。 た、体には太さの異なる黒色の横帯が数本見られ、この帯のうち第2背びれ付近に見られる細い数本の位置には個体差があります。 びれは無色透明ですが、上下の端に青白い縁取りが現れることがあるほか、うっすらと全体が水色っぽく見えることもあるようです。

オスの頭から後ろの背面には、第1背びれ付近までうろこがありません。

スの婚姻色は極めて派手で、体が黒と白と赤にはっきりと色分けされます。 先から背中にかけて白い縦条が1本現れ、胸びれの付け根付近と第一背びれ下部には黒い地色の中に淡色の横帯が現れます。 の後半の朱色部は背中側が黄緑色に輝き、第二背びれの後ろあたりに太めの黒色の横帯があります。  変インパクトのあるこの特徴から、朱墨を浸した筆に見立てて「フデハゼ」という別名で呼ばれていたことがありますが、「フデハゼ」の名は別の魚(おそらくナンヨウボウズハゼ属の一種)を見て付けられた名前とも言われており、本種を指す名前として適当かどうかは微妙なところです。 スは口先の黒線以外は目立った模様がなく、体の透明感が強いので内臓が背中側からも銀白色に透けて見えますが、興奮時などにはオスに似た黒い横帯が体に数本現れ、産卵期には体の色が全体的に濃くなるようです。

お、いろいろな図鑑を見ると頭背面のかなり前方までうろこが描かれた本種の図も見られますが、本種のオスは第一背びれ付近より前方の背面にうろこがないことから、別種と混同されていたのではないかという話もあるようです。布域として中流域と書かれているものもありますが、本種は上流域にしか生息しておらず、発刊当時は中流域でも見られたのか、それとも本種と同様に婚姻色が出ると黒と白にはっきりと色分けされた体色になるニジイロボウズハゼに近縁な種類(フデハゼの名はこちらに対して付けられたのではないかと・・・)などと混同されていたのかもしれません。

 

分布状況

体の透明なメスですが、興奮時などにはオスと同じ涙状の模様のほか、体にはオスと同様の位置に暗色の横帯が見られます。

 縄本島・石垣島・西表島を中心とした琉球列島に生息し、河川の中〜上流域に生息しています。 息場所で遭遇することは困難ではありませんが、平瀬や流れのあるところと違って個体の入れ替わりが少ない閉鎖環境に生息しているため、河川ごとの総個体数は実は結構少ないのではないかと思います。  とつの河川における生息域が狭く、個体数も大幅に少ない上、平均寿命が長いために1匹採集することの重み(採集した個体数が復元するのにかかる時間)がナンヨウボウズハゼなどに比べるとかなり大きいものと思われます。 た、成魚の生息域が海から遠いため、年単位の気象条件の変動や河川環境の異変の影響を大きく受ける魚でもあります。 そらく、まったく個体数が増えない年もあるのではないかと思われます。 用意な行動をとるとその河川での絶滅を容易に招いてしまうので、極めて慎重に接する必要のある魚と言えるでしょう。

 

 

生活

ボウズハゼの仲間の中では目がとても大きく、大変かわいい表情を見せてくれます。

 から上流域で底に細かい砂が堆積するような、止水域に近い淵を好んで生息しています。 スは周囲を偵察するように見晴らしの良い岩盤の上などに現れ、比較的よく泳ぎますが、メスは淵の中心から外れた、やや狭いところに見られることが多いようです。 スは体が透明なので、どこにいても見事に保護色になります。

 

飼育 

 調が良いときにはメスでも周囲の同じくらいの大きさのボウズハゼ類を追い払う行動が見られます。 種間でももちろん闘争するのだと思われますが、繁殖期以外だとヨロイボウズハゼは本種に追いやられる傾向があるので、この2種は狭い環境では一緒に飼育しない方が良いかもしれません。 が大きいせいか、観察していると視力がとても良い魚であることがよくわかります。 くのエサに一直線に食いついたりもしますし、水槽内で結構遠くにいるメスをオスが追い払う様子も見られます。 たがって、本種の飼育は大き目の石や流木、水草などの目隠しの配置がひとつの鍵となります。 れがないと本種のオスに追い払われ続ける魚は弱ってしまうことでしょう。 

体の後半の朱色の部分は、見る角度によって紫色に輝くこともあります。

本的には底や石の上で定位していることが多いようですが、ヨロイボウズハゼに比べると中層をホバリングすることもあり、エサを発見すると水面付近まで素早く食べに行きます。 ウズハゼ類の中では特殊で、動物食専門のようです。 に入るサイズのアカムシを与えると好んで食べます。 の構造もコケを取るようなボウズハゼ運動には向かない構造になっていて、むしろ普通のハゼのように開きます。 個人的に観察した感覚としては、沖縄本島の個体はボウズハゼ運動もするようですが、南方の島の個体ではさらに動物食に適した口ないと思っています。 育下では食が細く、ヨシノボリのようにお腹が膨れるまでエサを食べるようなことはありません。 サをまめに与えないと痩せてしまうかもしれませんし、逆にエサの与えすぎでエサが余ることによる水質悪化にも注意が必要となるでしょう。 にボウズハゼの仲間は一度やせてしまうと回復がけっこう難しいので、その点では飼育に注意が必要な魚と言えます。 養の燃焼効率が良いのかな、とも思いますが、結果的に食べる量が少ないというのは飼育者としては心配してしまいますね。 

 

★★★ アカボウズハゼ ピクトリアル ★★★

 

う さんが撮影された、見事に婚姻色の出たオスのフィールド写真。 烈の一言です・・・。

 ちらは沖縄本島産のオス。 ちの水槽(水道?)の水は西表島の魚たちよりも本島の魚に合うらしく、このオスも尾びれの青白い線もちゃんと表れています。 びれの色合いも何とも言えず美しいです。
 じ個体をもう少し正面から。 姻色が引いていても十分インパクトのあるルックスです。 西表島の個体よりもくちびるが分厚く見えるのは大きめの個体だからでしょうか。

 スの体の透明感はすごいですね。 草の色も透けて、背骨まで見える?? おかげで川でも発見しづらい魚です。 ビの仲間と同様、この透明感は体調のバロメーターと言えそうです。 だし、メスでも繁殖期には全体に褐色を帯びた婚姻色が現れるそうです。
 縄島から連れて帰ったメス。 二背びれの後方に朱色が見えるのは婚姻色かとも思うのですが、現地では全く無色の個体も半分くらいの割合で生息しているようでした。
 調が安定していると、婚姻色が引いていても体の後半部の赤い色や尾びれの端部の青い色は消えないようです。 ウズハゼ類の多くに言えることですが、巣穴を掘るとき以外は、見晴らしのよい石の上にいるのを好みます。 隠しに石を置いてもその上に定位することが多いので、気が強い種類や繁殖期の飼育は、ヨシノボリ以上に気を使う場合もあります。
 姻色が強く出たオスは、体の後半部の赤色も一層鮮やかな色になります。 びれの中央部もうっすら水色に染まり、黒、白、赤、青の体色はとても美しいです。
 愛行動中のオスは婚姻色がさらに際立ち、体の前半部は黒い部分よりも白い部分が目立つようになります。 すじが白いのも非常に特徴的です。

 

お気軽図鑑 TOP へ

TOP・もくじ ページへ

 

Copyright (C) - Freshwater Goby Museum.   All rights reserved.