郷土舘 正面入口  管理人の自由研究  写真Section  歴史Section  方言Section



― 大正4年 ―
数少ない高島のニシン漁の記録で、主にニシン粕の製造の様子です。

御覧になった感想、また小樽市高島に関する思い出話、同じく資料・情報などがございましたら、 こちらまで御連絡下さい。

NO.1 村の様子、弁天島
― 写真裏のメモ ―
高島郡高島村字高島漁村ノ景ナリ
遥ニ見ユル小島ノ家屋ハ
其昔北海道水産調査所ト称ヘ
国費ニ依テ経営サレツアリシガ
北海道十五年計画樹立ト共ニ
北海道水産試験場ノ事業ニ移サル

― 解説 ―
高島郡高島村字高島の様子です。
現在の忠魂碑のあたりからの撮影でしょう。
弁天島には北海道水産試験場がありましたが、
その後、現在の日根建設さんの向かいへ移り、
さらに昭和5年、余市町に移転しました。


※出典:新高島町史(昭和61年、高島町会発行)
※写真提供:正林寺様

画像No.2 大漁帰港
画像No.3 鰊豊漁
画像No.4 〆粕煮炊き
画像No.5 〆粕乾燥
画像No.6 〆粕乾燥
画像No.7 〆粕乾燥


NO.2 大漁帰港

― 写真裏のメモ ―
高島村鰊刺網大漁 今ヤ帰港シテ網アリ鰊ヲ
放シツツアルノ光景 亦一シギノ眺メナリ

― 解説 ―
岸の様子が分かりにくいのですが、大漁となった 刺網漁のニシンを浜にあげている様子です。
この浜の位置は、その後、沖合漁業や 遠洋漁業への転換に伴って、大正末期より 大型漁船建造のための造船所が開業し、 今日に至っています。


※出典:新高島町史(昭和61年、高島町会発行)
※写真提供:正林寺様

画像No.1 村の様子、弁天島
画像No.3 鰊豊漁
画像No.4 〆粕煮炊き
画像No.5 〆粕乾燥
画像No.6 〆粕乾燥
画像No.7 〆粕乾燥


NO.3 鰊豊漁

― 写真裏のメモ ―
高島村漁村ノ一部ナリ
浜辺に見ユル数多ノ人々ハ鰊刺網ノ豊漁ニ
忙殺サレツ景ナリ
左方遥ニ見ユル舩舶ハ小樽港碇泊中ノ
諸汽舩ナリ

― 解説 ―
浜では多くの人々がニシン豊漁に
追いまわされています。 画像左後方に微かに見えるのは小樽港停泊中の 汽船です。
この画像の浜の位置は、その後、埋め立てられ、 崖下には日本製粉小樽工場が大正14年に設立、 また近年は昭和後期からの整備により (新)高島漁港が竣工し、現在に至っています。


※出典:新高島町史(昭和61年、高島町会発行)
※写真提供:正林寺様

画像No.1 村の様子、弁天島
画像No.2 大漁帰港
画像No.4 〆粕煮炊き
画像No.5 〆粕乾燥
画像No.6 〆粕乾燥
画像No.7 〆粕乾燥


NO.4 〆粕煮炊き

― 写真裏のメモ ―
高島村ニ於ケル鰊〆粕製造之景

― 解説 ―
画像の場所は不明ですが、通常はニシンを 陸揚げする浜にあります。
画像はニシンを炊いているところです。
小さいニシンや傷のついたニシンは食用に ならないため、釜で炊き、そのあと圧搾し、 乾燥させます。
乾燥したら粉砕し、俵で梱包、ニシン〆粕肥料と して出荷します。
圧搾時には油も抽出され、それも肥料として出荷 します。


※出典:新高島町史(昭和61年、高島町会発行)
※写真提供:正林寺様

画像No.1 村の様子
画像No.2 大漁帰港
画像No.3 鰊豊漁
画像No.5 〆粕乾燥
画像No.6 〆粕乾燥
画像No.7 〆粕乾燥


NO.5 〆粕乾燥

― 写真裏のメモ ―
高島村南漁場鰊身欠並テ
鰊〆粕乾燥ノ実況ナリ
稀ニ見ル大漁ニテ至ル所
粕ト身欠ニテ被ハル

― 解説 ―
ニシン大漁のため、村の至る所、身欠やしめ粕の 干場となっています。
画像の場所は、現在、ヘアサロン笹浪さん、 越後屋米穀店さん、まつや呉服店さんが あるあたりです。
中央の道に沿って川が流れています。牛川です。
現在は暗渠になっています。


※出典:新高島町史(昭和61年、高島町会発行)
※写真提供:正林寺様

画像No.1 村の様子、弁天島
画像No.2 大漁帰港
画像No.3 鰊豊漁
画像No.4 〆粕煮炊き
画像No.6 〆粕乾燥
画像No.7 〆粕乾燥


NO.6 〆粕乾燥

― 写真裏のメモ ―
高島村南漁場鰊粕乾燥ノ状況ナリ

― 解説 ―
正林寺さんの近くまで 干し場になっていたようです。
画像右、牛川が流れています。


※出典:新高島町史(昭和61年、高島町会発行)
※写真提供:正林寺様

画像No.1 村の様子、弁天島
画像No.2 大漁帰港
画像No.3 鰊豊漁
画像No.4 〆粕煮炊き
画像No.5 〆粕乾燥
画像No.7 〆粕乾燥


NO.7 〆粕乾燥

― 写真裏のメモ ―
本干場ハ高島村南漁場ノ干場ニシテ
近年ニ無キ大漁ハ
野モ山モ〆粕ヲ以テ埋メラルルニ至リヌ

― 解説 ―
近年にない大漁で野も山も〆粕で 埋め尽くされました。

※出典:新高島町史(昭和61年、高島町会発行)
※写真提供:正林寺様

画像No.1 村の様子、弁天島
画像No.2 大漁帰港
画像No.3 鰊豊漁
画像No.4 〆粕煮炊き
画像No.5 〆粕乾燥
画像No.6 〆粕乾燥


御覧になった感想、また小樽市高島に関する思い出話、同じく資料・情報などがございましたら、 こちらまで御連絡下さい。
高島郷土館 入口
写真Section
歴史Section
方言Section
クリックでページアップ