『小樽銀行』

その1
明治30年(1897)余市銀行が小樽に本店を移し「小樽銀行」とする。
明治36年(1903)北海道商業銀行を吸収合併し、行名を「北海道銀行」とする。

その2
小樽で大正8年設立の中立銀行が、大正9年に『小樽銀行』
さらに昭和4年に北海道商工銀行と商号変更し、昭和16年「北海道銀行」と合併する。

ここでいう小樽銀行とは、その2の『小樽銀行』のことである。