高台寺踊りの由来

はじめに

小樽市高島在住の斉藤正博様より「高島越後盆踊り、高台寺踊りについて」の資料が提供されました。

なお、当資料は主に歴史小説家、津田三郎氏 著「新潟県 北蒲原郡 紫雲寺町 藤塚浜の高台寺踊りに
ついて」を参考に、斉藤正博様がまとめ上げたものです。

また、当ホームページの 「高島越後盆踊り平成16年」も合わせて参照下さい。  


高島越後盆踊り「高台寺踊り」について

明治の初期、それ以前から、高島には越後からの移住者がいました。

盂蘭盆(うらぼん=盆)になると櫓(やぐら)が立ち、日暮れになると人々が集い、故郷に想いをはせ、
祖先の供養をし、素朴に楽しんだのが越後盆踊りでした。

娯楽の少ない時代です。最大の楽しみだったことでしょうし、若い男女の出会いの場でもありました。

高島越後盆踊りの発祥の地と言われる、「新潟県 北蒲原郡 紫雲寺町 藤塚浜」が、明治19年5月、
村の3分の2を消失する大火事がありました。

家を失った藤塚村の人達が多数、移住してきました。高島越後盆踊りは、ますます盛大に行なわれる
ようになりました。

高島越後盆踊りは、笛と太鼓、《鉦(かね)を鳴らすことあり》の囃しだけの時と、盆歌を歌っているときの
踊りが異なります。

前者、歌の歌ってないときの踊りを、「高台寺踊り」といいます。

豊臣秀吉の正室(せいしつ=身分の高い人の正妻)の北の政所(まんどころ)高台院が、徳川家康の
援助で建立した京都の名刹(めいさつ=由緒ある名高い寺)「高台寺」に由来しているのです。


越後の盆踊りが、なぜ、「高台寺踊り」というのか、疑問に思う人もいるでしょう。

京都在住で高台寺の相談役、歴史小説家 津田三郎氏の説は、以下の通りです。

堀 秀政、堀 直政、堀 直寄については、私(斉藤正博様)が調べた記述もあります。  


歴史小説家 津田三郎氏の説

(以下、斉藤正博様の資料の写し)  


管理人による要約

■人物紹介■

堀 秀政(1553〜1590)

   織田信長に仕える。戦の功績により1585年、越前北の庄(福井県)18万石を与えられ藩主となる。

堀 秀治(1576〜1606)

   越前北の庄(福井県)藩主堀 秀政の子。父の死後、藩主となる。

   1598年、「豊臣秀吉」は、それまでの「越後」の藩主、「上杉景勝」を会津へ移し、
   越前北の庄から堀 秀治越後の藩主に命じる。

堀(奥田) 直政(1547〜1608) 「高台寺」建築工事の中心人物!

   堀 秀政とは従兄弟関係。
   「奥田直政」として「織田信長」に仕えていたが、縁戚関係により、堀 秀政に属し、
   「織田信長」没後、「豊臣秀吉」に従う。

   1585年、堀 秀政が近江から越前北の庄に移ると、奥田直政もこれに従い移る。
   同時に藩主堀 秀政より「堀」の姓を賜り、堀 直政となる。

   堀 秀政没後、越前北の庄の次の藩主堀 秀治を補佐する。
   その後、藩主堀 秀治と共に越後へ移る。  

画像で拡大
豊臣秀吉朱印状
画像で拡大
豊臣秀吉朱印状、楷書
堀(監物)直政宛ての豊臣秀吉朱印状
直政を豊臣家が領する越後国の布産地の代官に任じたもの。
合わせて五千石の「御蔵入地(くらいりち)」が彼に預けられた。
 
 
 
資料提供:京都市 高台寺様
ありがとうございました。

   1600年、関ヶ原の戦い終息後、「徳川家康」に仕える。  

堀 直寄(1577〜1639) 「高台寺踊り」誕生の主役となった人物!

   堀 直政の妾(めかけ)の子(腹違いの子)。
   堀 直政の正妻の子より才能があった。

   「豊臣秀吉」の小姓(こしょう=将軍の身辺の雑用を務める)となり、
   北ノ政所(きたのまんどころ=豊臣秀吉の正室・正妻)にも可愛がられた。

   父堀 直政没後、お家の内紛により、妾の子、堀 直寄は、堀家から追放される。
   その後、父堀 直政の正妻の子、直次が失脚し、堀 直寄は信濃飯山の大名に復帰、
   戦の功績などにより、長岡藩主として、のちには現新潟県北部の村上藩主として
   越後に返り咲く。

■高台寺建立■

   豊臣秀吉の正室である北の政所(高台院)が秀吉没後、その冥福を祈るため建立した。

   北の政所が高台寺建立にあたり、徳川家康は堀(監物)直政を普請(禅寺の建築に従事すること)係に
   任じ、北の政所を支援させます。

   堀(監物)直政は藩主堀 秀治とともに秀吉に仕え、今日あるのも秀吉の恩顧によるものと、報謝を
   胸に普請に助力したといわれています。


   1606年、高台寺が落慶します。

   ※下記サイトを参考にして下さい。
    高台寺

堀(監物)直政の死■

   高台寺の落慶後、越後に戻った堀(監物)直政は、その2年後(1608)に病没します。
   遺骸は荼毘に付され、遺言によって高台寺に埋葬されます。

   北の政所は、夫秀吉をして天下の名陪臣(大名の家臣の称)と称えられ、高台寺の創建に尽力した
   堀(監物)直政の死を心から悼んでいたのでしょう。高台寺に、位牌と木造彩色座像を祀ります。  

画像で拡大
堀(監物)直政 堀(監物)直政
堀(監物)直政の木造彩色座像 堀(監物)直政の木造彩色座像
撮影と画像掲載にあたり京都市
高台寺様より承諾をいただきました。
ありがとうございました。
撮影と画像掲載にあたり京都市
高台寺様より承諾をいただきました。
ありがとうございました。

■高台寺踊り■

   1624年、北の政所が高台寺で病没します。
   堀 直寄は、この訃報に誘発され、村上の領内に、父堀(監物)直政の菩提を弔い、堀家の菩提所として、
   1627年に英林寺を建立します。

   『このころから、この英林寺の境内で盆の季節が来ると、父堀(監物)直政と、自分の関わりの大きい、
   豊臣秀吉・北の政所に敬慕と哀悼の思いを込めて、創めたのが高台寺踊りではないかということです。』

   ※下記サイトを参考にして下さい。
   英林寺

   越後の地にいて、京都の高台寺と深く結ばれていたのは、堀(監物)直政と、その子直寄の2人であった
   のです。

   津田三郎氏の説によると、今から380余年前に高台寺踊り(越後盆踊り)が踊られるようになったと
   いうことになります。

■管理人出張報告■

   2010年1月2日、京都市高台寺を訪問し、事務長の間宮様よりお話を伺いましたが、
   高台寺には、「高台寺」と「高台寺踊り」を関連付ける所蔵品は存在しない、ということでした。
   (間宮事務長様、ありがとうございました。)

   残念ですが、今後も津田三郎氏の説をもとに調査します。  
   当ページに関する資料・情報などがございましたら、こちらまで御連絡下さい。