【タイトル】
花火
【販売会社】
魔法
【ジャンル】
シミュレーション
【価  格】
4,800円
【メモリーカード】
5ブロック
【ガ イ ド】
「いやあ夏ですねぇ、志摩子さん。夏と言えば花火。」
「桜の下でお酒を飲んで・・・」
「それは花見!」
「チョコレートを食べすぎると出ちゃうんですよねぇ。」
「それは鼻血!」
「よう姉ちゃん、ちょっと俺に付き合えやぁ。」
「それはオヤヂ!」
「ということで今回は“花火”というゲームでぇす。作ったのが“魔法”という会 社。」
「なんかふざけてますよねぇ。」
「ホント。法律違反ですよねぇ。」
「それは違法!」
「真似ばっかりして。」
「それは模倣!」
「お亡くなりになって。」
「それは訃報!」
「でも私、マスカットよりも好きだな。」
「それは巨峰!」
 
     ※
 
「さて各地で花火大会たけなわ。」
「花火大会を見た後って、無性に花火やりたくなりますよねぇ。」
「そうそう。で、スーパーへ“おこさま花火セット”を買いに走って。」
「でも、“20連発”なんてのをやっても全然物足りなくって。違う。俺がやりた いのはこんなもんじゃない!」
「俺はヘビ花火がやりたい!」
「やりたくねーって!」
「でもコドモの頃って花火師に憧れましたよねぇ。」
「そうそう。」
「むちゃくちゃでござりますがなぁ、とか真似したり・・・」
「それは花菱アチャコ!」
「でも私はエンタツのほうが好きでしたね。」
「ほう。どうしてですかぁ?」
「サンタさんがやってくるし・・・」
「それはエントツ!」
「飛び抜けているし・・・」
「それはダントツ!」
「後ろからどーんと・・・」
「それは衝突!」
「純朴な感じで・・・」
「それは朴訥!」
「こってりしてるんですよね。」
「それは、とんこつ!」
「ということで、あなたも花火師になれる“花火”、ゲームスタートでぇす!」
 
     ※
 
「とりあえず“VTR鑑賞”でも見てみましょうかぁ。」
「そうですね。では“赤のサンプル:パイロン”というのを。なんだかよくわかり ませんが。」
「はいはい。あ、ロードの時間が短いのはいいですね。あ、始まりましたよ。」
「ダルマサンガ、コロンダコロンダとか言ってますよぉ。ラーメンのドンブリが飛 んで来たり。音楽と画像のセンスにかなり難有り、減点10。といったところでしょう か。」
「かんじんの花火のほうは?」
「テレビ画面でアニメ調の花火を見たところで、綺麗でもなければ面白くもない。 ま、そんなところでしょうか。」
「辛口評論で知られる花火研究家、伊勢志摩子さんでした。」
「どおもぉ。」
「ところでこれ、ゲームとしてはどういうことをすればいいんでしょうねぇ?」
「ちょっとやってみましょうかぁ。」
「あなたの名前を教えてね。だって。塩サバさん、30過ぎてこんなのやってて、 かなりむなしくありません?」
「いやあ楽しいなぁ♪では名前を入力しましょうね。漢字も使えるから志摩子さん の名前をお借りして・・・」
「私、オトナの女だから・・・」
「嫌ですか?」
「“志摩ぴょん”にしてくださぁい。」
「はいはい。じゃあこれで。」
「ああ!字が違うぅ!なんですかコレは!」
「死魔ぴょん♪」
「えーっ、なんか暴走族みたいで・・・」
「嫌ですか?」
「かっちょいいっ♪」
「あ、ゲームのストーリーが始まりましたよぉ。なになに。世界初の花火のテーマ パーク“花火ランド”のオープン直前になって・・・・」
「えーっ、花火ランドぉ?なんか、そのまんまの名前ですねぇ。プッシュG軟膏み たい・・・」
「まあね。で、もう少しでオープンという時になって天才花火師、パイロンが病気 で倒れてしまったと。みんなが心配そうに見守る中、パイロンは意識不明で眠り続けて います・・・」
「病院連れてけよ!といった感じですね。」
「ホントにねぇ。で、弟子のピエッタは困ってしまって・・・」
「わんわんわわ〜ん、わんわんわわぁん♪」
「犬のおまわりさんじゃねぇ!」
「でも役にたたなさ過ぎですよねぇ、犬のおまわりさん。」
「それはそうなんだけど。で、困ったピエッタはあなた、まあプレイヤーにですね 、助けを求めにきたと。」
「やだね!」
「助けてやれよ!」
「面倒くさいなぁ・・・」
「とりあえずですね、花火ランドの各エリア内を歩きまわって、花火の材料となる “星”を拾い集めると・・・」
「なんでそんなものが道に落ちてるんですかぁ?」
「それはまあ、ご都合主義と言うことで・・・」
 
     ※
 
「あ、落ちてる落ちてる!」
「落ちているというより、なんか“置いてある”という感じですねぇ。」
「確かにね。ま、とりあえず拾いましょう。」
「拾ったら交番に届けてっと。」
「どんなゲームなんだよ!」
「善行ゲーム。鈴木善幸元総理大臣もおおいにハマったという・・・」
「ハマらねーって!」
「花火の筒も落ちてますよぉ。」
「どうなるのかなぁ。やってみましょう。“○”を押してと。」
「わあ、花火が上がったぁ♪また上がったぁ♪またまた上がったぁ♪またまた・・ ・って、いつまでやってんですか、コレ?」
「ちょっと説明書を見ましょう。えーと、何にも書いてないけど、放っておけば恐 らく永遠に・・・」
「ストップストップ!えーと普通に考えればおそらく“×”ボタンで、終わらんや ん!スタートボタンも、駄目ですね。もう1回“○”で、あ、止まりましたぁ。」
「無駄な5分間でしたね。」
「ま、その間に原稿書いてたからいいんですけどね。」
「あ、筒の向こうに色々とアドバイスしてくれる“花火ばば”がいますよ。」
「じゃ、婆さん目掛けて花火をぶっ放してみましょう。」
「やめろって!」
「えーと、“筒の角度を変える”で10度にして、いざ打ち上げ!」
「あ、惜しい!あと2メートルくらい左ですね。」
「でも左右には動かせないんですよぉ。」
「うーん残念。」
「でも婆さん、何にも言いませんねぇ。花火を人に向けて撃ってはいけません。と か叱られてゲームオーバーになると思ったのにぃ。」
「もしかして原稿書くの、嫌になってません?」
「はい、かなり。」
「あ、でも“移動させる”というコマンドがありますよぉ。」
「チャンス!よし、移動して発射ぁ!」
「惜しい!あと50センチ!」
「もう少しですね!」
「当たった!」
「でも、すり抜けた!」
「なぁんだ・・・」
 
     ※
 
「えーとまず、赤のエリアに移動してみましょう。」
「なんか襲われそうですねぇ。」
「それはゲリラ!」
「ヒューストンからやってきた・・・」
「それはゲイラ!」
「どうもおなかの具合が・・・」
「それは下痢や!」
「で、赤のエリア。さっきのデモ花火にあったダルマとラーメン丼のところですね 。
「そうだ、一度、花火をつくってみようか。だって。」
「わーい、これで晴れて・・・」
「花火師デビューですね。」
「私ね、花火を作ったらやってみたいことがあるんですぅ。」
「なんですかぁ?」
「この原稿書くのやめるぅ!」
「俺は今すぐやめたい!」
「まあまあ。ひとつくらいは花火を作ってみましょうよぉ。」
「そうですねぇ。えーと、まず型を選ぶと。割物1、割物2・・・」
「ナマ物1、瀬戸物2、鍋物3、浮気モノ4、バッタもん5・・・」
「そんなのはない!」
「LとかMというのは大きさなのかなぁ。土星というのもありますね。」
「この芯入り2というのが綺麗そうじゃないですかぁ?」
「そうですねぇ。お前、入ったばかりなのに生意気だぞぉ、とかいって体育館の裏 に呼び出して集団リンチしたり・・・」
「それは新入り!」
「じゃ、型はコレにしてと。これに“星”を詰めるんですね。」
「そうです。ゾーンごとに種類の違う“星”を詰めるんです。」
「じゃあ、ご飯の中に梅干しつめてっと。」
「おにぎり作るんじゃねえ!」
「あ、しぐれのほうが好きでしたぁ?」
「そういう問題じゃねえ!」
「えーと、本体のゾーンが3つに“のぼり”というのがあるんですね。」
「“のぼり”というのは花火本体が開く前に光る部分です。のぼっていく途中に見 えるヤツですね。」
「じゃ、のぼりに“ねじりんぼう”、本体のゾーンに“赤牡丹”と“朱白牡丹”と “こなこな”を詰めてと。」
「さあ、仮打上げですよぉ!」
「ひゅーっと上がって、わーっ♪」
「綺麗ですか?」
「いまいち〜!」
「なんか色が地味ですねぇ。」
「私もそう思うぅ。青系が欲しいですね。のぼりもぱっとしません。“ねじりんぼ う”と“こなこな”、君たちクビだ!」
「星の世界も厳しいんですねぇ。」
「ゾーン部門には“青牡丹”クンを新規採用、のぼり部門には元厚生省官僚の“色 はち”氏を・・・」
「天下りかい!」
「さて、レッツ仮打上げ、ゴー!」
「あがっていって・・・」
「どーん!」
 
「わあ、本体は綺麗ですねぇ♪でも“のぼり”がねぇ・・・」
「むちゃくちゃですねぇ、“色はち”氏・・・」
「やはり天下りだけに・・・」
「“のぼり”には向いていなかった・・・」
 
【総合評価】
「花火を作る」という企画は面白いと思います。そこらを歩きまわっていろんな種 類の“星”を集め、新しい花火を作って最終的には花火ショーをプロデュースしなけれ ばなりません。道は遠いなあ。でも「遊べそう」な感じはありますね。ただメルヘン調 のとってもお子様チックな作りだけは何とかならんのか。さすがに30歳にもなるとこ の手のゲームはちょっぴりオトナノ快感、う〜ん、癖になりそう♪求む、「花火〜職人 肌編」!
【欲しい?】
う〜ん、欲しがる人、きっといるだろうなあ。このコーナー、いつも同じ人ばかり が応募してくるので、一度貰った人はご遠慮してくださいね。「ワタシ、初めてなの。 」という人、お待ちしております。
 
   fwip4651@mb.infoweb.ne.jp
 
来週は「夏休み」で1回お休みです。2週間後にまたお会いしましょうねっ。では 。(志摩子)


| Previus | | Up | Next |
GigaHit
Ads by TOK2