【アルバム名】
THE MODERN TOUCH (RIVERSIDE)
【リーダー名】
BENNY GOLSON (1957/12/19,23)
【パーソネル】
KENNY DORHAM (tp) J.J.JOHNSON (tb) BENNY GOLSON (ts) WYNTON KELLY (p)
PAUL CHAMBERS (b) MAX ROACH (ds)
【収 録 曲】
OUT OF THE PAST / REUNION / VENETIAN BREEZE / HYMN TO THE ORIENT /
NAMELY YOU / BLUES ON DOWN
【内   容】
 慢性的なねた不足と、ロンリーな昼下がりの解消の為、メールマガジンを申し込 んでみました。片っ端から申し込んでみました。いや、けだるくアンニュイな昼下がり 、あまりに暇なのでメールでも来てないかなー?なんて思ってチェックしてみるんです が、来てないんですよねー。必ずといっていいほど来ておりません。ザウルスに表示さ れる「1通も届いてません。」という字を見るたび、超ブルーはいっちゃってぇ。とい う状態に陥ってしまいます。しかしこの「1通も届いてません。」という言い方はなん とかならんもんでしょうか。あまりにも事務的すぎて、まったく「愛」というのもが感 じられませんよね。人間的な温かみも感じられないし、義理人情にももとると言わねば なりません。その言外には「オメーみたいなやつにメールくれる物好きはいねーよ!」 という冷笑的な態度というのも伺われ、どっせ、俺なんか・・・。と、ますます気分が 落ち込んで「いじけモード」に突入することになってしまいます。ここはやはり清純派 女子高生のイラストなどを採用して、「1通も届いてないのぉ。ゴメンねっ♪でも、さ ばっちのこと嫌いになったわけじゃないのぉ。だから元気だしてねっ♪」なんて励まし てくれるというシステムにするべきではないでしょうか。「野球拳システム」を採用す るというのもいいですね。メールチェックをしてみて1通も届いてなかったら画面の純 情女子高生が1枚ずつ服を脱いでいくわけです。逆に何通かメールが届くと、届いた数 だけ服を着てしまうと。この純情女子高生、いったい何枚服着てるねん!と言いたくな るような超厚着ギャルでして、メールが来てないのがわかっていながら17回連続で受 信して、ようやくあと1回でパンツが見えるかなー?というところにまでこぎつけたわ けです。わくわくしながらもう1度メール受信したら、片っ端から申し込んでみたメー ルマガジンがどどーっと23通ほど・・・。
「誰や、こんなん頼んだのは!」
気を取り直してもう1度メール受信をしてみると、今度はこんなメールが。
 
★★========================================================☆
ニコニコ健全メール受信サービス「脱がせてGO!」からのお知らせ
★★========================================================☆
 
いつも、ニコニコ健全メール受信サービス「脱がせてGO!」を
ご利用戴きましてありがとうございます。今月の
 “むにえる”鰈 様のシステム使用料金は
次のようになっております。
 
  メール受信回数 327回 × 使用料金 ¥30
 
  請求金額 ¥9,810
 
これからも「脱がせてGO!」をご愛用くださいますよう
お願い申し上げます。
 
(お知らせ)システムの都合上、この「お知らせメール」が複数
      届く場合がございます。ご了承くださいませ。
 
★★========================================================☆
 
同じ文面のメールが5通。この「脱がせてGO!」のシステムを運用しているナニ ワ商事(仮名)では、そろそろパンツが見えそうかな?というところまでくると、自分 のところからどどーっとメールを送りつけちゃうんですよね。
 
★★========================================================☆
ニコニコ健全メール受信サービス「脱がせてGO!」からのお知らせ
★★========================================================☆
 
いつも、ニコニコ健全メール受信サービス「脱がせてGO!」を
ご利用戴きましてありがとうございます。
 
今日はいい天気ですね。ぢゃ、またね♪
 
これからも「脱がせてGO!」をご愛用くださいますよう
お願い申し上げます。
 
(お知らせ)システムの都合上、この「お知らせメール」が複数
      届く場合がございます。ご了承くださいませ。
 
★★========================================================☆
 
こういう、内容がないメールを5通ほど。こうして鰈クンは永遠に清純派女子高生 のパンツを見ることなく死んでいくわけです。
 
本日の忠告:早く気付けよ、鰈クン!
 
 @ とまあ、そんなわけで申し込んだメルマガがどどーっと届くようになったん ですが、残念ながらネタになるようなものはほとんどありませんね。「許可なく転載す ることを禁止します。」なんて書いてあるのが多いし、なにより、内容がほとんどない よう!といった感じ。ま、そのうちネタに困ったら苦しまぎれに無断転載しちゃうかも 知れないので管理者の皆様、よろしくねっ♪さて、本日はベニー・ゴルソン。ゴルソン は作編曲家としての評価は高いんですが、その極めてくどいテナープレイは概して不評 であります。あの、ねっとり濃厚好きのひなのちゃんでさえ、「ここまでやられちゃう と、ちょっとねぇ・・・」なんて言っておりました。そんなわけでゴルソンのリーダー 作というのはあまり買う気がしないんじゃないかと思われますが、中にはなかなか興味 をひかれるサイドマンを従えたものがあったりします。ということでリバーサイド盤『 ザ・モダン・タッチ』。日本語で言うと『ザ・近代的なおさわり』。男女雇用機会均等 法の改正によって職場での「おさわり」も、ずいぶんやりにくくなっちゃいましたね。 うちの会社にも「セクハラに関するガイドライン」なんて回覧が回ってきておりました 。私はクールでちょっぴりシャイな好青年だから「おさわり」とか「おさわられ」とか は一切無関係なんですけどね。で、このアルバムはケニー・ドーハムとJ.J.ジョン ソンの入った3管編成で、ケリー、チェンバース、ローチというリズム隊でございます 。このようなメンバーで吹き込まれたアルバムというのはおそらくこれ1枚だけではな いでしょうかね?よくは知りませんが。ま、とにかく1曲目から聴いてまいりましょう 。
 
 「アウト・オブ・ザ・パスト」はゴルソンのオリジナル。もう、いきなりゴルソ ン・ハーモニーばりばり全開っす。ミディアム・テンポのブルージーというかファンキ ーというかマイナーなムードというか哀愁というか、ようするに暗い曲です。ゴルソン ・ハーモニー・フェチなら思わず「いい、いいっ♪」と小躍りして喜ぶことでしょう。 ソロ先発はゴルソン。これくらいのテンポだと、くどさも若干は希薄されますが、それ でも必要十分にくどいです。続いてドーハム。ゴルソンの曲調にはアート・ファーマー とかドーハムといったタイプのトランペッターがぴったりですね。続いてJJのソロ。 ゴルソンといえばカーティス・フラーとのコンビネーションがすぐ頭に浮かびますが、 ここでのJJも悪くはありません。ゴルソンもJJの「おりこうタイプ」だから相性は いいのかも知れませんね。続いてケリーのソロ。ケリー好きの私としては何もいうこと ありません。チェンバースがピチピチスカートで短いソロをとった後、いかにもローチ らしいドラムソロが聴かれます。んで、ゴルソン・ハーモニーによる「テーマ再現前の サブテーマ」が演奏され本テーマが出てエンディング。いかにもゴルソンらしいきっち りとした編曲でありました。2曲目の「リユニオン」はジジ・グライスの曲。「おりこ うタイプ」と言えばゴルソンとジジ・グライスも似ておりますよね。この「リユニオン 」という曲はちょっぴりタッド・ダメロンを彷彿させる作風であります。ゴルソンのテ ナーがくどいです。チェンバースのアルコ・ソロもくどいです。「四月の思い出」のテ ーマを引用しているので、おそらくそのコード進行を借りて作った曲なんでしょう。ア ルコの後のケリーが爽やかでいいですねー。
 
 3曲目は再びゴルソンのオリジナルで「ヴェネチアン・ブリーズ」。ヴェネチア の風ですな。これまたいかにもゴルソン・ハーモニーなアレンジがなされております。 ここまでベタにやられるとかえって壮快ですね。やるなら徹底的。そういう態度は立派 だと思います。4曲目はふたたびジジ・グライスの曲で「ヒム・トゥ・ジ・オリエント 」。これはブラウニーがどっかでやってましたっけ?ブルーノートの『メモリアル・ア ルバム』ですね、確か。ゴルソンのテナーがくどいです。ドーハムのソロがいいですな ぁ。JJも無難にまとめております。ケリーがいいっす。
5曲目はスタンダードの「ネイムリー・ユー」。これまた典型的なゴルソン・ハー モニーによるイントロの後、ゴルソンのテナーがしみじみとテーマを吹きあげます。こ の歌いっぷりはなかなかいいですね。ソロに入ってちょっとテンポアップするんですが 、くどくなる一歩手前、というところに留まっていて概ね良好です。ゴルソンをフィー チャーしたなかなかの名バラードでありました。ラストの「ブルース・オン・ダウン」 は11分30秒を越える演奏。アーシーなムードのブルースです。長いからテキトーに 聴いてくださいね。ということで、ぢゃ、またね。


| Previous | | Up | Next |
GigaHit
Ads by TOK2