【アルバム名】
EASY DOES IT (RIVERSIDE)
【リーダー名】
BOBBY TIMMONS (1961/3/13)
【パーソネル】
BOBBY TIMMONS (p) SAM JONES (b) JIMMY COBB (ds)
【収 録 曲】
EASY DOES IT / OLD DEVIL MOON / A LITTLE BUSY / GHOST OF A CHANCE /
PRETTY MEMORY / IF YOU COULD SEE ME NOW / I THOUGHT ABOUT YOU /
GROOVIN' HIGH
【内   容】
 今日(24日)は午前中に1件どうでもいい仕事を片付けて、昼前に会社に到着 。すぐに昼になったので「ライオンコーヒー」に赴き、ベーコンエッグと味噌汁などを 賞味しつつ、午後からの「仕事」の段取りを考えておりました。本日、昼からこなさな ければならない仕事は次の3つです。
1.メールの返事を書く。
2.ジャズの原稿の前半部分(いま書いてるコレね。)を書く。
3.京都・生八つ橋オフの会場を検討する。
さらに時間的余裕があれば、
4.俳句の解答編をつくる。
5.さんま¥98さんからいただいた「京都紀行」を原稿化する。
今日も忙しいなあ。遊んどるヒマあらへんやん。などと思いつつ会社に戻ると、机 の上に1通のメモが。
「M部長よりTELあり。至急、携帯に電話してください。」
こういう場合、至急携帯に電話したりするとロクなことはありません。「見なかっ たことにする。」これが世の中を無難に生きていくための鉄則ですな。いちいち上司の 言うことなんか聞いてられっかよぉ。ほら、僕って何よりも「自由」を愛する人間だし ぃ。というような態度は人間として最低ですね。自由の意味を履き違えています。自由 の意味を履き違えると、座敷での宴会が終わって帰る時に上司の靴と履き違えたりして 、「君、君ぃ。それは僕の靴だよぉ。気をつけたまえ!」なんて田中満男次長(48歳 )に注意され、かわいそうに水野泰史(29歳・ヒラ)、水虫うつされて3ヶ月苦しむ という、そういう不測の事態も起こり得るわけです。そんなわけでそのメモを見た私は 、ただちにM部長の携帯に電話したわけです。
「今から鳥羽の奥地まで走れ〜!」
鳥羽の奥地。それは住んでいる住民の実に8割までが鳥羽一郎であるという(残り の2割は山川豊)おそるべき僻地ではないか。名古屋からだと車で2時間半コース。そ んなん、いややん。という私の意見はまったく受け入れられることはなく、やむを得ず 私は現場に急行するハメとなりました。で、現地の旅館に到着してみると、発電機用エ ンジンの燃料噴射ポンプというのがブッ壊れて、パッケージの中はA重油まるけ!目撃 者の証言によると「燃料がぴゅーっと噴水のように噴き出していた。あまりの事態に思 わず笑ってしまった。」ということでありました。人間、思いもよらない事実を目の当 たりにすると、思わず笑っちゃうんですよねー。わかるわかる。ひとつ間違えば、燃料 噴き出す→引火する→炎上する。という、大スペクタクルな光景が見られたのにと思う と残念でなりませんでした。ということで、メールの返事が書けなくなっちゃったので 、この場をお借りして個人的な連絡をさせて致します。
ディビット鰈さま。広島土産のワイン(←そんなもの有名なのか?)届きました。 どうもありがとうございます。とってもおいしそうなので自分で飲むか、京都へ持って って、ごんあじさまか太刀魚1号さまに進呈しようかと思っております。あ、ごんあじ さま。「RE:最終通達」というメールを残して旅立ってしまったのですね。1人増える かも知れない九大生の件、及び昼の電話連絡の件、承知しました。どこかのインターネ ット・カフェでこれを読んでいることを祈ります。
太刀魚1号さま、いつもメールが文字化けだそうで申し訳ございません。四条大橋 のはしっこ、18時半集合、目印は「黒眼鏡」ですね。お姉様にもよろしくお伝えくだ さい。まだ参加申し込みも間に合います。
さんま¥98さま、京都のお店情報、ありがとうございました。いろいろと検討し て、また私信にて連絡させていただきます。
昆布青年、「インドの山奥で修業」の件、まったく深い意味はありません。深く考 えないでください。あ、『パーティ・タイム』ありがとうございました。なかなかに素 晴らしい演奏で、さすがアーネット昆布やん!という感じでした。
関サバ師匠、「本陣」で飲んだお酒の銘柄、及びジャズ喫茶の名前情報、ありがと うございました。そんなわけで今日も「本陣」の話、書けませんでした。オフ会報告に 関しましては、書き始めたはいいけど今後の展開がまったく期待できない「志摩子の夏 」に発表の場を移そうかと思っています。志摩子がヘルメットかぶって東芝の横浜工場 の発電機を点検し、「本陣」でのオフ会に参加するといった展開になると思います。
それにしても鰈さんがワインを送ってくださった箱、「シグマ光機株式会社」だっ て。
今週のお箱:殺人レーザーの部品。
 @ さて今日も、長いわりに内容なかったジャズのコーナー、いよいよエンディ ングの部分までこぎつけました。ホーミングなんかで磨くといいですね。それは「こげ つきました。」料理をしていてよくカボチャなんか焦げつかせちゃうような人、結構タ イプですね。「いや〜ん。コゲちゃったぁ。」とか言って。純情でノリがよく、カボチ ャを焦げつかせる女子高生。だんだんと私の好みのタイプが明らかになってきました。 コゲたカボチャ、嫌いだけどね。だって苦いんだもん。さて、ボビー・ティモンズの『 イージー・ダズ・イット』。ジャケ絵、むっちゃ適当です。昔、誰に見せるというわけ でもなく書いた「ジャケ絵」があるんですが、面倒なのでそのまま流用しました。この コーナーの最初のほうのイラストはこのパターンが多いです。だから下手なんです。大 器晩成タイプだからなあ、僕って。
オフ会の禁句:「○○」のジャケットのイラスト、似てねえ!
 さて1曲目。タイトル曲の「イージー・ダズ・イット」。このアルバム、ドラム が地味な昆布のジミー・コブなんですが、いきなり冒頭からイントロで頑張ってます。 地味昆布のドラムにサム・ジョーンズのベースが絡み、そこにティモンズのピアノが入 ってくれば、まさにそこはファンキー・パラダイス。「真っ黒ティモンズ」好きの人な ら思わず、「これ!これ!」と叫んでしまいます。いやあ、いいなあ。書くことないけ ぢ、あ、タイプミス。書くことないけどいいなあ。なんでもいいけど、メールとかで「 部分文字ばけ」すると、よく「ぢ」という字が出ますよね。これをネット界(本部:水 戸市。←それは納豆界。前にも書いたか?まあいいや。)では「ぢが出た。」と言って 、その原因究明が待たれるところです。では次。「オールド・デビル・ムーン」。よく ラテン風に演奏されるスタンダードですが、ここでのティモンズはナニ風というのか、 とにかく息もつかせぬような高密度の演奏に仕上がっております。テンション高いなあ 。「張り切っているジミー・コブ」というのも発見することが出来るし、個人的にはリ バーサイドのサム・ジョーンズって好きです。次。3曲目、ティモンズのオリジナルで 「ア・リトル・ビジー」。
   庭先で 蟻取る美人 夏の午後
2曲目の流れを引き継いだような高テンションの演奏で、いかにもティモンズらし いファンキーなフレーズが横溢しております。以上3曲、とってもいいんだけど疲れま す。ここで一息、「ゴースト・オブ・ア・チャンス」。無伴奏ソロで始まるバラード演 奏。無伴奏ソロだと途端にパウエルが出てくるのがオモロイです。途中からトリオにな ります。次。「プリティ・メモリー」。ナット・アダレイの『ワーク・ソング』でも取 りあげられていたティモンズの佳曲。ナット版よりもちょっと落ち着いたテンポで、「 渋いファンキーさ」と言った世界を描き出しています。6曲目、「イフ・ユー・クッド ・シー・ミー・ナウ」。タッド・駄目論の名バラード。この曲は誰の演奏で聴いてもい いですね。真の名曲です。駄目論、駄目ちゃいます。とっても立派な人です。「アイ・ ソウト・アバウト・ユー」。このメロディもいいっす。「グルービン・ハイ」。ハイっ す。個人的にはティモンズのリーダー作ではこれが一番いいっす。ということで、今週 もおしまい。さ、四条大橋へGO!


| Previous | | Up | Next |
GigaHit
Ads by TOK2