2004年サロマ湖100kmウルトラマラソン


6月25日(金)羽田空港出発 13:00発 

9:30分に小雨が降る自宅を出発、浜松町にてチェックIN機にて、チケットレスの搭乗券を出す。羽田には12:00分に着く、搭乗機の到着が遅れ 予定より30分遅れての13:30分フライトとなる、雲海の上で何も見えない、千歳は曇りのアナウンスが流れた、遠くに羊諦山が頭だけ出して見えていた。 曇りより青空が多い感じだ、一本電車を待ち快速で札幌に向かう、車内は夏の北海道PRでいっぱい。途中女子高校生が多く乗って来る。 札幌までは40分ほどで到着した、三木さんに到着の連絡を入れる、5時到着の鈴木さんの到着まで駅内を散策した、北口右側の所で3人が集合した。 そのまま約束のラーメン屋に直行する、時間的にまだ混雑する前で良かった、三木さんお勧めのジャンボおにぎりとチャーシューメンを注文する、なるほど でかいおにぎりだ、写真を撮って置こう。満足して三木御殿にお邪魔することになった、慌てて荷作りしてきたので寝袋を忘れた、レースの準備をして11時に寝た。

夏を迎えるJR電車 ジャンボおにぎりとチャーシューメン


6月26日(土)サロマ湖に向かって出発

三木さんは朝早くから食事の用意をしてくれていた、感謝し手作りのご飯を頂き札幌を出発した。途中で旭川の実家によりコンロを借りる、 両親が弁当まで作って戴き、三木ファミリーには本当にお世話に成りっぱなし、途中道の駅で戴く、赤飯で小豆の変わりに甘納豆が入っていて、ほんのり 甘く美味しく戴く。コースの確認でサロマ湖に向かう、途中の岩佐で小熊が車道を歩いているのを発見。受付会場に行く前にバンガローの受付を済ませた、 受付を済ませホタテ焼きに行ったが既に品切れになっていた残念、うろうろしている間に皆んなとはぐれてしまい、キャプテンの待つ集合場所に向かう、下条 さんが手を振って迎えてくれた、まだ皆んな来てないらしい私はパーティ会場に向かった。

美味しい弁当を戴く ホタテは匂いと香りだけ!


歓迎パティー会場

中に入ると既に来賓の挨拶が始っていた、写真を撮っていると声をかけられ振り向くと堀さんだった、萩以来の再開握手を交わす お互い今回は調子が悪い様だ。アマギタさんを発見し近寄ると、夜久さん、淳子さんも居たお互い完走を誓い合い記念写真を撮る。会場中程に 長尾さん、中溝さんを発見、中溝さんとは1年振りの再会体がかなり絞られている。ポカリとジュースを持ってうめこさんが待つキャプテンの 所へ行く、既に全員が揃い私が最後の様だった、大口さん率いるサロマン計画組とも1年振りの再会かな、うめこさんのホタテも終わっていた 今回はホタテには恵まれなかった。会場を後にコンビニにより買い物し、チューリップの湯でさっぱりしキャンプ場へと帰る。

完走を誓いハイポーズ サロマンメンバー


6月27日(日)暑く長い戦いが始まる

朝3時に起き朝食をしながら出発の準備をする、3時45分にキャンプ場を出てスタート会場に向かう、何時もの所に車を起き 100kmマラソンモニメント前に集合した、後にキャプテン、亀谷さん、サロマンメンバー、UMMLも集まって来た。今回はのんびりなので 後ろからゆっくりスタートする、話に夢中でスタートの号砲が分からなかった、2分程遅れてスタートラインを通過し、100km先のゴールを 目指し走り出す。今回少しコースが変わり会場周辺を大きく回り会場に戻ってから竜宮に向かう。スタートから亀谷さんと一緒に走るK/6分ペース で順調に進んだ。竜宮の折り返しでは、やはり中溝さんがトップで行く、続いて長尾さん、キャプテン、三木さん、鈴木さんと行く、最後は我等二人が最後 だった。折り返しで亀谷さんの力走を撮める、夜久さんも少し前に居るのを確認出来た。30km付近?で夜久さんに追い着き話をしながら走らせて もらう、40km手前で鈴木さんにも追い着く、40kmエイドでスイカをたらふく食べる、スイカを片手に持つ夜久さんと写真に収まる、鈴木さんも 記念に写真を撮らせて貰う。マラソンポイント42.195kmでは3人揃って撮影ポイントを通過、撮ってくれているだろうか、鈴木さんは楽しみの 様だ。前方に緑館が見えて来る、かなり暑くなっている、足や頭を冷やしながらもヤット着替えポイント54km緑館到着。

サロマンブルーを目指す夜久さん マラソンポイントにて


後半戦ゴールを目指す

飲んで食べてから更衣室に入り、タイツを脱ぎバンテリンを塗り、足全体にエアーサロンパスを吹き付けるかなり冷えて来た 外で鈴木さんが待っていた、次第に寒気が起き震えてしまう、サロンパスの塗りすぎか?、こんなに暑いのに急いで走りだす。暫くは登りが続く 途中で何時もの秘密のトイレに寄る。峠を登り切って60km付近から鈴木さんが足の痛みを気にしだす、かなり苦しそうでバッファリンを 2錠ほど飲んだ、10分もしない内に元気を取り戻し今までの苦痛の顔は何処に?、ここのパンが美味いと幾つも食べる、氷ったゼリーが また格別に美味い、海宝さんは他所に応援に行って居ないらしい。この先から50kmの選手と合流し同じコースを走る、最後の楽しみお汁粉 エイドを目指す、アト2kmからが長く感じる、ヤット到着女子高校生が駆け寄って冷たいお汁粉を差し出してくれた。おかわり戴き食べて飲んだ ついでに私も苦痛に耐えかね痛み止めを飲んでしまう。ここからワッカまではひとがんばりだ、廃線の跡を利用したサイクリングコースを暫く走る 対岸のワッカを行き交う選手が見えて来る、もう直ぐ入り口エイドでしっかり飲んで行く。

元気な鈴木さん 冷たいお汁粉


ゴールを目指してワッカを走る

急な坂を登ると80kmの関門が見えて来る、通過しこれで関門アウトは無くなったと確信した、直ぐに中溝さんが快走して向かって来る、 後20分狙って走ると元気よく走り去って行った。林を抜けると両側が海のワッカ原生花園が広がる、高台から写真を一枚撮る良いポイントだ、ここから ワッカの中気持よく走りたい、次に来るのは長尾さんか?、85km付近は花があまり咲いていない、給水所で足を冷やし痛みを和らげる、スイカもいっぱい 有りたらふく食べて飲んで楽しく走った、長尾さんが来るハイタッチですれ違う、暫くしてキャプテンも登場ハイタッチ後、ユリが咲く格好の場所で記念撮影 の余裕、その後ウルトラの師匠堀さんが来た、かなり辛そうだが心配は無いだろう、後1.5kmで折り返しと教えてくれた。ゆるい坂を上がって橋を渡ると 折り返しが見えて来る、三木さんとは会う事が無かった、90kmの関門まで急ぎ通過する、給水所でのんびりする残り10km2時間のんびり行っても充分間に合う。 2km位行くと夜久さんがやって来た辛そうだがしっかり走っていた、「頑張りましょう」と声をかけた、にっこり笑って過ぎて行った。帰りのエイドでも しっかりスイカは残っていたラッキーだ、水の変わりに飲むように食べた、かき氷りが山に積まれている、そこに膝を埋め込みアイシングして冷やす。 もう向かって来る選手はいない関門で止められたか?、95km地点に向かう廻りのランナーはスピードが落ち歩く人も多い、最後の力を出し鈴木さんと抜いて行く。 ワッカの出口登り坂でアト4km表示、林のゆるい登りを一気に駆け抜けて行った、ラスト3kmでもう直ぐ給水所だ、鈴木さんは給水していたが私は休まずゴールを 目指した、特にタイムを意識したわけでも無い、最後の気力を確認するかの様に走れた、ゴール手前声援も多く右に曲がるとゴールは目の前、寸前でドンガメオーさん が声をかけてくれた、遅れながらも12:12:14でゴール、連続5回を完走する事が出来た。

ワッカで海宝さんと共に 膝のアイシングをする


ゴール後サロマの仲間

ゴール後完走メダルを掛けてくれる、続いてタオルを掛けてくれる、水を戴き荷物を受け取りに行くマッサージ、シャワーは止め着替えた。一息ついてから皆が待つゴール付近に向う。 食券で弁当を戴く少しは落ち着いた。夜久さんがまだゴールしていない、弁当をたべながらゴールを見ていた、順子さん、ヨーヨさんが首を長くして待っている、12時間58分黒い帽子を被った 夜久さんが登場して来た、残り1分前にゴール見事に10回完走サロマンブルーに輝いた。サロマンメンバーの大口軍団は先に帰っていない、うめこさんと別れパーティ会場に向かう、既に始っていた 応援に来てくれた山本さんも居た、何時もの様に飲み物食べ物を取って来て車座になり反省会が始る。このパティーは参加者が少ないのか食べ物が余る、残りはキャンプ場に持ち帰る。山本さんの車で チューリップ温泉まで行く、のんびり疲れを取り除く、風呂上りのアイス?は格別だな。キャンプ場に戻り早速バンガローで再び反省会を開く。

5回目の完走が出来ました さよならパティーのご馳走


6月28日(月)札幌に向いサロマが終わる

朝3時半に起きご来光を見に行こうと思ったら中溝さんも起きていた、一緒に山に上がったが霧で何も見えない散歩がテレにSKI場に行って見る、 当然霧で見えない戻る頃には霧も取れだし薄日が差して来る、バンガローに戻り炭を起こし朝食の用意を始める。そうめんを作り、サバを焼き、焼肉をやって腹いっぱいになる 。札幌に2時迄に帰るので早々に出発した、皆さんまた来年会いましょう。帰りも旭川の実家により借りたコンロをお返しした、また弁当を戴いてしまう。 札幌には12時30分に着き息子さんは学校へ出かけて行った。夕方まで昼寝をしてしまう。鈴木さんは友人と会う為ホテルに向かう、三木親子とすし屋に行く結構 美味いらしい、あわびが写真です。今夜もお世話になり明日帰る、15時発で時間が有るので大倉山ジャンプ場へ観光につれて行って貰った。水を撒き夏でも練習していた、 K点を越えている夏のが飛べるのかな?。三木さん5日間ありがとう。札幌を後にする。

すし屋に行きスタミナ回復 翌日大倉山ジャンプ台を見に行く




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ
Ads by TOK2