2014年 第29回サロマ湖100kmウルトラマラソン

6月26日(木)佐呂間町に出発  

今年はサロマにキャプテンと二人で行くことになった、ゲルフジ夫婦、今年は参加出来ず、寂しいサロマになるかな? 木曜日の夜、女満別最終便でサロマに向かう、今年はうめこさんが忙しく、ご主人が空港まで迎えに来てくれた。いつも有難い事で感謝するばかりです。 うめこ亭では毎年恒例の海鮮カレーで持成してくれた。今年の北海道は暑い日が続いて、金曜日も暑い一日が始まった、午前中は軽めの走りを入れながら、 佐呂間SKI場まで行って見た、山頂からは町全体が見渡せてしまう、街内の外を廻っても1時間は係らない。午後は往診が終わり車が空いているので貸して戴けた。 ワッカの原生花園へ出かけた、天気も良いので観光客も多かった、蝦夷透かしユリは何時もより花数が少ない感じだ。オホーツクの海も穏やかで青かった。 眺めも良さそうで、車を展望台へと走らせた。結構長く感じる林道を登って行く、山頂には立派な展望台が有りサロマ湖が一望出来、オホーツクの海も穏やかだ。 今夜は白帆でランナーの集いが行われる情報を入手、早速行って聞いてみた、8時よりランナーが集まり盛り上がるらしい、我々2人も是非ともと誘われた。 今夜はうめこ亭で美味しい夕食を戴いたのでパスした。

佐呂間SKI場から佐呂間街の眺め ワッカからオホーツクの海をバックに!


6月28日(土)サロマ二スト前日祭の準備

漁師宅に都合で朝早く、ホタテを戴きに行った。生きの良いホタテは車内でもカタカタと音をたてている。 早速うめこ亭にて茹でる、大鍋にホタテのみを入れ茹でると水分が出て来て出来上がる、5回ほど茹でて全部のホタテが出来上がった。 暖かいホタテも美味い、レンジパックにも入れ冷蔵庫で保管した。今年は白帆でランナーの為の海鮮丼を食べに行く、昼時期数名のランナー が居た、白帆のおばちゃん、奮発メニューにしてくれた。腹いっぱいになって受付会場に向かった、何時もの体育館裏に新しくなった 、週刊サロマの旗を立てた。50kmのキャプテンも、同じサロマンブルーで受付出来た、次第にサロマ二ストも集まり、サロマン計画が 始動する。1年振りの再開同窓会の始まり。明日のレースに備えて早めの戻りとなって解散。

ホタテを茹で前日祭準備 白帆で海鮮丼を満喫


6月29日(日)暑い1日が始まる

朝2時に起き戦闘服に着替える、3時に出発し車内でおにぎりを戴き走る準備、4時前に会場に到着、100kmマラソン モニュメント前に陣取る、UMML、サロマン計画メンバーが集まって来た。それぞれ記念撮影しレースへ意気込む!。スペシャルドリンクを 預け、スタートまでストレッチ、準備運動などして体をほぐす。以前はUPして準備万端整えたが、今はそこまでに気力も無くなってしまったかな? 中間、ゴールへの荷物預けに、体育館内へ行く、サロマンブルーメンバー専用控所へ。そこには私のウルトラの師匠、堀師匠がいた。 久し振りの再開だ、記念撮影!最近完走できないレースが多いと言っていた。でも年齢に負けず!キャプテンの様に、何時までもワカ若しく走り続けて欲しい。 15分前にはスタートラインに長い列ができている、ブルーは前からスタート出来る、でもナカ中入れない、無理やりブルーの列に入れてもらう。 スタート前にワイナイナの挨拶、NHKのランスマのランナーの紹介など、5時にスタートが切られた。

UMMLのメンバーが集まる 久々再会ウルトラ師匠と!


6月29日(日)段々晴れ出し日差しが強くなる

カウントダウンが始まりスタートした、会場周辺を1周して竜宮方面に向かう。コース脇には牧草が刈られロールになっている。 そんな光景を見ながら、黙々と前に進む。竜宮の入口周辺まで来ると、雲は全くなくなり青空になる、日差しは強くなり気温も上がって行く。 道路半分は木々で日陰が出来て良かった。今年はトップがダントツに離し折り返して来た、2位集団が本命かも?、その少しに裏にはワイナイナ 選手が引っ張っていた、竜宮のゲート付近で何時も海部さんに応援を戴いている。折り返しまでは意外に遠くい、顔見知りとハイタッチ! 折り返し点では、NHKのランスマが撮影していた。気温も上がり頭から水を被る選手も出てくる。30km周辺は日陰も無く只々暑い。 スペシャルドリンクを開け、腰を下ろして飲み、ウエストポーチにパワージェルを入れ込む!国道に出て月見ヶ浜を目指す、国道は緩い UPダウンが有る、下って行くと月見ヶ浜への入口、左に曲がって湖畔沿いに進む。応援の人が多く目立って来ると、マラソンポイントが近い。 計測点を過ぎると、ここからがウルトラマラソンの入口となる。マラソンモニュメント前、応援の方に記念撮影して戴いた。

5時にスタート号砲が鳴る マラソンポイントモニュメント


6月29日(日)雲ひとつ無い快晴

月見ヶ浜は応援バスのポイントになっているので応援者が多い、元気が貰えて再出発出来るポイントでも有る。 国道の入口でたっぷり水を被って行く、国道は日影も無く照り返しも暑い、右カーブの駐車場に給水所が有ったが今回1km先に変更、 一段と給水所が恋しくなる、計呂地交通う公園まで伸びた、大きな給水所となり食べ物もいっぱい並んでいる、スイカがやっぱり美味かった。 ハズキさんにここで会う、今回はここですでに置いて行かれる。長い下りに差し掛かると下りの先の50km関門が見えて来る。 下りは快適にまだ下れる、フラットになると上りに感じる、関門手前の給水所で全身に水を掛ける、50km地点までは走って通過した。 上り切って下ればサロマ湖畔に出る、サロマンブルーとは言えないが青く綺麗に見える、青い空!青い海!暑い道!正面にレストステーションが遠くに見えて来る。 ひたすら頑張りレストを目指す、歩いている銀ちゃんに追付きパワーを送る、最後の上りも走ってレストステーションに到着。 荷物を受取り木陰で大休止、ウエイダーのエネイドゼリーが置いて有る、たっぷりパワーを補給した、更にパワージェルも摂って満タンに。 20分ほど休んでしまったが出発、道の駅の上りまで歩いて行く、ここから走り出し、日陰の無い国道をひた走る。キムアネップの入口に来ると一安心。 湖畔に出ると気分も良くなる、この先のエイドにはスペシャルが置いて有る。全身に水を被り、パワージェルをウエストポーチに入れ込み出発。

サロマンブルーの湖畔を行く キムアネップの浜を走る


6月29日(日)後半のワッカへ入って行く

唯一の木陰が有るコース、足は重く感じるが快適に走れていた、私設エイドを出してくれて有難い、給水や飴を戴く、国道に出て橋を渡れば50kmコースと出会う。 斉藤商店でのエイドで、冷たい物を戴く、冷たいおしぼりも最高、海宝さんに元気を戴き出発。70km関門でコースは左に曲がり湖畔へと入る。青いサロマ湖ブルーの海越しに走って来た湖畔が見える。 お汁粉エイドに到着、お汁粉を食べたい雰囲気ではなかった、ワイナイナ選手が既にゴールして選手を応援していた。 サイクリング道路に入る暑さを感じて来る。足も重く感じるがパワージェルで何とか動いている。ワッカの入口まで来るともう少しだと言う思いがして来る。 80kmのエイドにはスペシャルドリンクを置いて有る。チョット腰を下ろして小休憩、パワージェルを補給。歩きながらゆっくりと走り出す、折り返して来る選手が羨ましく見えて来る。 林を抜けオホーツクの海が見えると元気が出る。青い海が綺麗で穏やかだ。ワッカの道がランナーで賑やかだ、蝦夷透かしユリも多く咲きランナーを迎えている。 ハマナスの花を楽しみ、仲間と会える楽しみ、足が次第に軽くなって来る気がする、次々と顔見知りと会え元気を戴きながら折り返しに向かう。 ネイチャーセンターの合流部では大勢の応援者で賑やかだった、折り返しまでもう直ぐ、慌てる事は無いしっかり給水。折り返しは水門の工事で巨大な橋になりそう、ヤットワッカの折り返しを廻る。 後はゴールへ帰るだけだ。

ワッカ原生花園が見えて来る ワッカの折り返しを廻る


6月29日(日)連続15回目のゴールだ!

折り返すと1kmで90km関門を通過する、最後の関門通過でゴールへ帰るだけだ。折り返しに向かう選手に元気を送る、仲間ともとも擦れ違う。 エイドのスイカは最高に美味い、青い海を見ながら食べるのは最高だ。最後のパワージェルを飲む。ワッカの花を楽しみ、写真を撮りながら走る。擦れ違う選手が居なくなる。 95kmを通過するとゴールは近い!最後のワッカを楽しみ花を撮って最後の坂を登る。ラスト4kmとなりオホーツクの海、ワッカともお別れだ。 林を抜けてエイドに出る、最後の給水で一息付く。国道に出るとラスト2km、応援の人も増えて来る。ラスト1kmを通過すると、多くの応援者で賑やかになる。 国道から会場への道へ、直線!広いコース!声援が飛ぶ!ゴール会場への手前でマットを通過、ゼッケンの確認だ、右に曲がるとゴールゲートが見える。 MCのアナウンスが私の名前を言う。15回目の完走が出来た、サロマン計画の仲間から祝福。1000円分のチケットで何かを貰える、応援してくれた小梅さんにあげた。 ゴール横で週刊サロマの皆さんが待っていた、既にキャプテンはゴールして迎えて暮れた。応援してくれたうめこさんありがとう。 着替える意欲も無いほど疲れた感じ、荷物だけ受取戻って来た、最後の時間に亀さん、岸山さんもゴールしていた。完走率が悪かったのだろう! タオルが余っていたので更に戴いた、立派なカーリング場が出来いた。

ワッカのユリも応援!! 15回目の完走ゴールだ!


6月29日(日)・30日(月)完走祝いの宴

会場を後に佐呂間町へと帰る、恒例のお寿司で完走を祝う、キャプテンも50kmでは有るが見事に完走。 ブルーのゼッケンでゴールは何より嬉しい。80歳になったら再び100kmに挑戦する様だ。ご家族の小梅さん、ラガーの次男、 次は10kkmに挑戦する様だ。翌日は筋肉解しに佐呂間町を1周するほど歩いた、川沿いをグルット廻ってのんびり歩いた。 夜は居酒屋、海幸にて家族総出で繰り出し、美味しい魚を沢山戴いた。今回はキャプテンと2人だけだった、広い御殿では大勢が楽しい。 来年はゲルフジ夫婦も参加するだろう!、毎年うめこさん、ご家族の暖かいもてなしに感謝です。

海幸にて美味しい海の幸を戴く お世話に成っているうめこ御殿

前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ
Ads by TOK2