2011年 第26回サロマ湖100kmウルトラマラソン

6月23日(金)佐呂間町に出発  

チケットが取れず23日(金)17:55発で女満別へと向かう、何時もより1日早いこの便はキャプテンと2名でゲットした、 うめこさんが用事有るとの事で御主人が迎えに来てくれた、小雨が降る寒い夜で佐呂間町に向う。 今夜はうめこさんも忙しく軽く食事を戴く、各地ののお土産など食べながら時間が過ぎる、小梅さんが昨年走った写真をプレゼントする。 酒も進みほろ酔い気分でサロマの夜はふける、3時には明るくなり日の出となる寒い雨が降っている。 昼まで寒い雨が降っていたが、午後には小雨になり常呂町ゴール会場へと向かう。浜佐呂間でお昼の白帆に入るとランナーズの編集者○城さんが昼食中だった。 色々話してゴマちゃんを通し山岳軍団も知っていた、明日週刊さろまを取材する。ゴール会場の足型を見に行く、昨年取った足型が完成し飾られているのを見に行く。 入口側の良いポジションに堂々と有った。

サロマンブルーメンバー足型 私設エイド戦の前の静かさ?


6月25日(土)受付会場でランナーズ取材

5時に散歩がてら元駅だったSL公園に散歩、佐呂間町メインストリート直線道路を歩く、大変寒く10℃も行って無い。、佐呂間神社で完走祈願。 ホタテを取に漁港へ行きカゴいっぱい戴く、大きな鍋でホタテを茹でる、つまみ食いも止まらない、2時に受付会場へと向かうが今日も寒い。 何時もの会場には誰も来てなかった、○城さんとの約束時間が過ぎ先に別の取材へ行って貰う、サロマンブルーで受付に行く、入口左がメンバー用受付だった。 販売ブース会場では、夜久さにも会えた、ランステのお客さんと来ているらしい。海宝さんとも会い新しい塩のサプリメントを戴いた。 サロマン軍団のメンバーのも会え、みんなが集まりつつ有った。 週刊サロマの元にサロマニストが集まった、大口さんが多くの仲間を連れて来ている、皆が集まった所でランナーズの取材が開始、 自己紹介をメンバーがしながら進める、カメラマンがかなりの写真を撮っていた、○城さんはメモを取っている。

前日祭用にホタテを茹でる 自己紹介を取材中


6月25日(土)開会式サロマンブルー代表挨拶

開会式では新規サロマンブルーメンバーを代表し、キャプテンが挨拶する、会場へと移動しブルーのテーブルへと入る。 20回完走のグランドブルーの紹介が有りその後に、サロマンブルー新規メンバー紹介が有り1人ひとり名前が呼ばれたて登壇した。 今年で300名ほどになるらしい、今回約50名の新規登録が有った様だ、皆で記念写真を撮り合う。 演台に上がったキャプテンは、大きな声で慣れた口調で感謝の言葉を述べた。 前夜祭の料理が並ぶがうめこ亭に夕食が待っているので会場を後にする、しっかりご飯を戴き明日に備える、ゼッケン等を付け準備を進める。 明日の天気は晴れる予定だが、温度はあまり上がらない様だが?既に決めているシャツで走る。 セミロング、長袖シャツ、腕、足にはサポーターを付ける、決まった戦闘服は変わらない。

サロマンブルーメンバー入り キャプテンサロマンブルー代表挨拶


6月26日(日)タイム狙いでスタートするが!

2時過ぎに起きて準備を済ませ3時に会場に向かう、今年はうめこさん、キャプテンと3人で出発。 マラソンモニメント前に何時ものように陣取る、走友会の仲間も現れ記念写真、AMMLも集まり記念写真を撮る。 凄く寒く外には居られない程、スペシャルドリンクを預け、ブルー専用控室に行きストレッチなど行った。 ブルー専用トイレは無くなってしまう、専用控室の飲み物も無くなってしまった、 ブルーのスタート位置に並ぶ、ほぼ最前列で大口さんも居た、 5時スタートが切られる、今年からまたコースの変更が有る、小さく1周して北へと走り折り返す、仲間とも会えるポイントでも有る。 会場前に来るとコースは同じになる。竜宮の折り返しに向かって走る、涼しい内に先へとペースが速い、3名のトップが来る、ワイナイナが先頭を引っ張っている。 竜宮から戻り、30kmでスペシャルを取りポーチに入れる、コース変更で早いうちに国道へと出る、多少のUPダウンが有り車も通る、 月見ヶ浜でマラソンポイント、42,195kmを3時間40分位で通過した。出口の給水所で水をかぶる、国道に出てサロマ湖を見ながら先へ。 45kmの給水でしっかり補給し被る、パワージェルも補給し出発、50kmへの長い下りが見えて来る、下り切ると佐呂間町への交差点。 坂を上り始めると50kmポイント、中間点を4時間30分で通過、ここまでは計算通りに走れているが、結構ダメージが来ている感じだ。

スタート前AMMLが集合 疲れ切ってワッカに入る


6月26日(日)連続12回目のゴール

50kmから先1km起きに距離表示が出て来る、52kmから湖畔を走りみどり館も見えて来る、この辺では暑さもかなり厳しい。 54kmエイドを眼の前にして先へ行く、荷物の整理、補給、給水を済ませる、アミノ酸、おにぎり、パワージェルを補給、水を被り体を冷やす、上り坂を一気に上がり切る。 60km通過が5時間40分とペースダウン、足が動かなくなって来た、64kmのスペシャルも取りポーチが重たくなる。エイドで冷たいおしぼりで生き返る、 角を曲がり70km通過6時間53分とかなりペースダウン。お汁粉は食べずにそうめんを食べ出発。サイクリングコースを上り切るとワッカの入り口。 80kmエイドでスペシャルを受け取る、再びポーチが重くなる。 80km8時間6分で通過、パワージェルを取る、ワッカに入ると風が気持ち良い、ハマナス、ユリが結構咲いている、 ネイチャーセンターの応援場所は賑やかだが入場規制をしている様だ、ここから折り返しまでが結構長い、折り返すと気分的に楽になる、後はゴールへ近づいて行くだけ。 90km関門9時間13分通過、残り表示の看板を見ながらもう少しと頑張った、出口のエイドでしっかりと給水給食して出る。 ラスト2kmで足が完全に動かない、歩きたくなる心境だ。ラスト1kmゴールも見えて来る。前の人と間隔をあけて会場へ、 自分の名前とコメントが会場に流れる、もう既にテープを持つ学生は居ない、ヤットゴール12回連続完走を達成出来た。メダル、タオルを掛けて戴き達成感いっぱい。 アナウンスを聞きハリ天さんが来てくれた、年代別で2位入賞8時間台でゴール凄い!サロマン計画仲間と祝杯を揚げる。

連続完走を達成 ゴールで乾杯


6月27日(月)温泉&蛍でリラックス

ゴール後ランニング姿で足型の前で写真を撮りに銀狐さんと行く、足型を取るのは今年で最後に成るらしい。 キャプテンが80km関門で止められて帰って来た、11回目の完走は出来なかった。最後ギリギリでゴールしたスノトレさん、 メンバー入りへの執念を見せた、皆さんお疲れ様でした。 うめこ亭に帰って寿司、手作り料理がならんだ。ご主人から電気を当て、マッサージ、テーピング、足の状態を見て貰う。 翌日は車を借り上湧別へ行く、平日で地元の方しか居なかったが美味いうどん屋でお昼を食べる、、道の駅サロマによる、一日のんびり過ごす。 夕方にはうめこさん一家総勢で滝の湯温泉へと出かける、温泉には蛍の会場が有り、かなりの蛍が飛んでいた、温泉と蛍がセットに成っている。 ここの温泉は凄くつるつるして気持ちの良い温泉だ。

チューリップ公園 滝の湯温泉で蛍


6月28日(火)サロマを後に

きょうは午前中は何もする事が無くうだうだとすごした、飛行機がこの日しか取れないからだ。 ご主人がお客が空いたのでと電気を当ててくれた、小さい町なのでここ3年で大体行った事になる、13時に出発し空港へうめこさんに送って戴いた。 車の中に携帯を忘れ、うめこさんには再び空港に戻って貰い、申し訳無い事をしてしまった。 土産物を見て廻る、家族の土産にバターサンドとロイズのチョコを買った、JALカードで10%引きで買えた。 結局この便も満席で飛び立つ、やはり帰りは込んでいる様だ。羽田から東京駅まで一緒に行き、宇都宮に向かった。

お世話になった「うめこ亭」 来年も来れる様に!

前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ
Ads by TOK2