第1回奈良マラソン


2010年12月4日(金)奈良へ出発  

快晴の中、第1回奈良マラソンが開催された、フルマラソンには約1万人の選手が走り出す、前日に受付が有り会場に向かう。 駅からは会場まで渋滞が続いた、途中でバスを降り走って向かったが、イチローさんとは会う事が出来なかった。 会場を色々見て廻り今夜の宿へ向かった、主催者が用意してくれたホテルは結構良かった。

スタート・ゴールの陸上競技場 スタート前の二人の勇壮

スタート前の漫才 高橋尚子のアドバイス


12月5日(日)奈良マラソンスタート
スタート前には会場を盛り上げる、漫才師が登場し最前列は盛り上がった、スタートお立ち台には高橋尚子が登場した、走る前におしゃべりも好調に動いた、 9時号砲と共に奈良の町に走り出す、最初の5qは奈良メイン通りを下って行く、片側3車線の広い道路を気持ち良く走る。 折り返すと奈良公園までひたすら登る、擦れ違うランナーの列が長く続く、前方に公園が見えて来ると10kmの集団と合流した。 広い道路も一気に狭く感じて混雑した、奈良公園に入ってコースは別れた、鹿が美味そうにせんべいを食べている。

競技前の坂を一気に下る 市内中心部を折り返す

左10km選手・右フル選手 ここから奈良公園へと入って行く


12月5日(日)ゴールを目指して快走する
天理に向ってUPダウンを越えて行く、峠越えもあり結構急な坂が続いた、急な坂も紅葉に目を向け乗り越える。 天理教校内を走る、折り返しには高橋尚子が声援していた、風邪の影響はそんなに感じなく良かった。 奈良に向って急な坂を登り返す、足はしっかり動く前に出た、パワージェルが効いて来たか。 終盤スピードも落ちる事無く走る、前半は写真を撮りながらでゆっくりだったからか、大仏の前まで来ると残りもわずかだ。 競技場が見えて来る、応援の声援も一段と高くなってくる、トラックに入って半周でゴール。 ゆっくり走った割には3時間38分でゴール、タオルを掛けてもらい、完走メダルも掛けてもらう、風邪で完走出来ないかもって思ったが良かった。 大勢の選手がゴールを目指し走って来る。

高橋尚子も選手にハイタッチ 天理教を抜け奈良へと向かう

奈良公園内を力走 ゴールに向かって爽やかに

夕刻4時から若ちゃん練習会の打ち上げに参加、30名ほど参加で賑やかに行われた。 火曜日は若ちゃんが大阪城を案内ランを約束してくれた、イチローさんと今夜は京都へ向った、京都駅内のツリーが大きく凄かった。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ
Ads by TOK2