第9回長野オリンピック記念マラソン

長野マラソン(07年4月15日)

写真をクリックしてね!
 大会スナップ集    大会写真集     大会アルバム

スタート会場にはERC名古屋のメンバーが来ていた、スポンサーブースに行き足のケアーを充分にした、特にランパンで走るので股ズレしない様にデクトンをしっかりぬった。 招待、登録選手用トラックに行き多少UPをした、あまり時間が無かったので5周程で終わりにした、浅井えりこ選手やケニヤの選手も走っていた。 8時10分に荷物を預けスタート位置に向かう、登録選手の所にはイチローさん、スノトレさんがいた。千葉チャンの応援メッセージ後8時35分にスタートした。 スタートロスも無く順調に走り出せた、最初の折り返しでトップ選手が見れた、やはり速さが違う10人位の集団だった。5kmから善光寺までの登りが続くがしっかり走れた。 善光寺正面から一気に長い下りになり、1番応援も凄い所だ、太鼓演奏が響く。心拍数150を越えない様に走った、調度5km/22分であった。 このペースで行ける所まで行く事にしていた、20km通過も順調だ、ハーフ通過が1時間34分、心拍も150を保っている。 25kmを過ぎると足が少し重く感じて来た、仕方ないだろう。30km通過が23分懸かりペースが落ちて来た。川中島古戦場の桜は満開で見事だった、堤防の菜の花も見事に満開で素晴らしい。 岩野橋を折り返すと足は鉛の様に重くなった、心拍は150を保ってもスピードは上っていない、向かい風も有るが足が動かない、35km/25分、40km/29分と物の見事に落ちて行った。 オリンピックスタジアム正面ラスト1kmでは応援も凄い、だが足が動かない走っているのか?歩いているのか解らない、本人は必死で走っている。 マラソンゲートを潜りスタジアムに入る、人口芝が柔らかく感じる、3時間23分でゴールとなった。故障も大分回復して来た感じだ、次の野辺山に繋げて行こう。

招待選手と登録選手のUP場 ゴール後行なわれていたイベント
男子優勝者等の鏡割り クリスチャンセン選手

Ads by TOK2