2010年 第17回奥武蔵ウルトラマラソン

7月31日(土)前日受付に参加  

今回はイチローさんに会場まで乗せて行って貰った、15時の狭山を出発し毛呂山の会場には30分程で到着。 今年はAEDの講習をしている様だった、受付を済ませショップを色々散策、足攣りサプリやミネラル系食品が目立つ。 今日も暑いが明日も熱い様だ、受付の皆さんも汗だくで御苦労さまである、バスで送迎された選手が集団で受付に来る。 今回は特に何もすることが無く、狭山に戻った。

15時30分受付に到着 受付会場にて


8月1日(日)7時00分 スタート

早朝5時イチローさんは新狭山駅にみどりさんを迎えに行く、その後私の迎えにローソンに来てくれた、3人で毛呂山に向かう。 混雑も無く20分程で会場に到着、みどりさんも初伴走で緊張気味だ、体育館内のバンバンクラブの集団に荷物を置いた、仲間の顔を見に外へ、 所沢走友会の数人に会えた、狭山走友会では2名に有った、ERC仲間とは久し振りの再会だ、サーモンP夫婦、とんこつスープさん、元気そうだ。 AMMLの入江さんが見えず、AMMLの集合写真は無かった、走る戦闘服に着替えスタート位置に、会社の後輩にも会えた、既に大汗をかいていた。 みどりさんは一番前に並んでいるのが見えた、私も程ほど前に並び号砲を待った。

ERC仲間集合 ほにゃらかうどん


蒸し暑い1日が続く

最初の10kmはUP気味に走り、周りのペースに惑わされない様に走る、前にいたせいかペースは速い。 最初の5kmを25分で通過、まずまずのスタートだ。上りが終わって下りになり後輩が追い着いて来た、先に行き置いていかれる。 ペースが速い気がするので無理に付いて行かない、本コースに入り鎌北湖への登りとなる、後輩に追い着き追い越す、 ここまでに汗もかき体も馴染んで来た、湖畔を過ぎると峠への急な上りとなって行く、既に歩いている選手もいる。 スピードダウンした選手を一人ひとり交わして先へ行く、折り返しまではUPダウンを繰り返し上って行く、 顔振峠では越生七福神のメンバーが待ち受ける、郷さんが声を掛けてくれた、今は監督をしている斎藤さん、久し振りの再会。 高山不動エイドはスペシャルドリンクの場所でも有る、中身を空けポーチに入れる、パワージェル2個、アミノバイタル1個、 ムサシニー1個だ、その場でアミノバイタルを補給、スイカや塩を補給して出発。選手も疎らになって行く、 足攣り対策にエンライテン、岩塩を小まめに取る様に心掛けた、スイカにも塩をたっぷり掛け食べる。

みどりゼッケンは10回以上完走者 ゴールを目指す選手


 ゴールに向かって駆け下る

40km通過時パワージェルを摂取した、今回10km毎に取って行く予定、おにぎりやバナナもしっかり食べる。 刈場坂峠を越えると折り返す選手も増えて来る、顔みしりの選手もチラホラ走って来た、県民の森を過ぎると折り返しまでもう直ぐ。 今年もビキニのあ姉さんが待っていた、カキ氷を2杯戴き、水を被ってスタートする。復路は全体に下りながらのUPダウンを繰り返す。 折り返しに向かう仲間に沢山会える、今回初伴走のみどりさんが目立つ様にやって来た、私も両手を大きく振って合図しハイタッチで 声援する、その直ぐ後ろにイチローさんが伴走していた、声援を送りハイタッチ、多くの仲間とすれ違った、上りも下りも全力で走った。 パワージェルが効いてか上りも良く足は動いた、下りは勢いでガンガン行った。顔振峠では郷さんにビールを戴き、斎藤さんにも声援を戴く。 狭山走友会会長が応援に来ていた、写真を撮って戴き出発。 所沢の中川さんに追い着いて来た、高山不動で帰りのスペシャルドリンクを取る、多少ポーチは重くなったが元気に走り出す。

ゴール速報版 年代別順位


ゴールを目指し力走

北向き地蔵を過ぎると最後の上りが頭をよぎる、目の前を中川さんが歩いている、やはり足に来ている様だ。 まだ多少の上りはゆっくりだが走れる足は残っていた、ゆっくりでも歩いている選手とは差が出て来る、下りでも少しのスピードの差でもかなりの差が出た。 ラストの上り半分まで走れたが、残りは歩いてしまった。おんたけの疲れが体の真髄にまで残っていたか?、ラスト5kmのエイドにヤット到着、足を冷やし 体を冷やし、喉を潤しパワーを補給した。ここから一気に急な下りを2km下る、太ももにビンビンと衝撃が伝わる、辛抱し足の動きを止めずに鎌北湖まで 一気に下った。鎌北湖エイドではチョット水を被ってゴールを目指す、ラスト2kmだが1kmはまだ下りだ、今にも攣りそうな足を前に繰り出した、フタット 部に出てゴール会場も見えて来る、直射日光も容赦なく照りつける、車道を離れゴールへのコースへ、ヤットゴールテープを切った、8時間1分14秒でゴール。

イチローさんゴール 奥武蔵洗礼を受けてゴール


ゴール後の楽しみ

ゴール後仲間の到着を待つ、体育館の中はサウナの様に熱い、外の方が風が有り爽やかな気がする、まずはカキ氷で体の渇きを潤す。 ほにゃらかうどん、カレーで胃袋も満たす、顔みしりもだんだんとゴールしてきた、みどりさんからメールが入った、体育館にいる様だ? 様子を見にいったら気分がすぐれない様だ、外で横になる様に連れ出した。イチローさんも後半はサブ伴走者に任せて単独ゴールしてきた。 残るは職場の後輩のみだ、ヨレヨレ状態でゴールを目指し走って来た、奥武蔵の洗礼を受け、ウルトラの難しさを知っただろう。 3人揃って宮沢湖の温泉に向かった、1時間ほど湯に浸かり体を癒した。

海宝さんとみどりさん 後輩の完走を祝福

前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ
Ads by TOK2