2009年 第24回サロマ湖100kmウルトラマラソン

6月26日(金)佐呂間町に出発  

昼頃宇都宮駅を出発し羽田に向かう、湘南ラインで新宿廻りで大崎経由浜松町へ行く、時間的にもモノレールはガラ空きだった。 大分早めに着いたがキャプテンと偶然遭遇した、既にチェックインして有るので荷物を預けて搭乗口へ行く、時間はたっぷり有り空港内をブラブラ 、適当に腹も満たしたり過ごす、ゲルフジさん、サロマン計画組もやって来た。機内に乗り込み私の席は最後尾だ、ネットで予約した時にそこしか 空いてなかった、だが周りには空席が有る、この便は急いで取る必要が無いのだろうか?、薄暗くなった頃女満別空港に到着した、ゲルさんが レンタカーを取りに行った、4人して佐呂間町のうめこ邸に向かう、うめこ邸ではホタテのシーフードカレーでお腹を満たした、多少のビールも 入り気分良く就寝。 翌朝は何時もの浜へ、漁師のお宅へホタテ、エビ、魚など戴き早速準備に取り掛かる。勿論シェフはゲルフジさんで有る、大きな鍋にホタテを入れ 茹でる、これでサロマン前夜祭の準備が揃った。

サロマに向かって出発 美味しいホタテをうでている


6月27日(土)受付へ

2時半に湧別の受付会場に向かった、今日はまずまずの天気で暖かい、月見が浜に寄って行く、ここはマラソンポイントで、 42.195km地点のモニメントが有る、レース中は写真は撮れないので記念写真を撮った、以前はカメラを持って走ったのでレース中の 写真も有る。湧別の会場には3時前に到着し何時もの場所にシートを引く、受付の体育館でゼッケンを受け取り受付を済ませる、ゴール時の アナウンスのコメントもしっかり記入した、『10回完走サロマンブルー達成だ!!』と書いた 。夜久さんのサイン会場に行き挨拶し、 サロマンブルーの達成を誓う、久々に記念写真のツーショットを撮る。ホタテ焼きの所で駒ヶ根のナースさんと会う、ブルーの祝いを戴いた。 サロマンメンバーが次第に集まる、久し振りにホタテを焼いたが時間が掛かった、メンバー集合場所には多くのメンバーが集まっていた、 サロマン計画組、サロマン軍団、関西組、その他全国から終結している。団長は大口さんである、仲間の空港到着でそわそわしている。 5時には主催者の前夜祭が始まり皆さんが出向いて行く、こちらも区切りを付けお開きとする。ゼッケン等を付け明日の準備を進める。 天気は曇りで暑くはならない予報だ、ハーフタイツに半袖にアームカバーで行く、55kmには長袖シャツを置く事にした、65km、 80kmのスペシャルの中にゴミ袋のカッパも入れた。夕食は朝浜で戴いたホッケを戴く、9時頃布団に入るが寝つけぬ夜が続いた。

マラソンポイントにて記念撮影 夜久さんにブルーを誓い記念撮影


6月28日(日)スタート

2時過ぎに起き出し準備に入る、特に用意は内がストレッチやクリームを塗る、3時に出発し車内でおにぎりを戴きながら 向かう、大きめのおにぎりを3個、バナナなどで腹いっぱいだ、早めの到着でまだ選手も疎らだ、空いてる内にトイレに行くがやはり出ない、 モニメント前にはAMMLの人が集まり出す、次々に記念写真を撮り合う、狭山走友会のメンバーも集まり集合写真を撮る、大口隊長が桜○さん を連れて来た、一緒に写真を撮った、サロマでも女子総合優勝し、ハセツネでも女子総合優勝する人だ、スペシャルを預けて、荷物も預けて スタートの準備は完了だ。ブルーの人、登録選手が前に並びその後ろに一般の選手が並ぶ、あまりスタートの位置など気にするほどでは無い、 5時にスタートし選手が動き出す、約30秒でスタートラインを通過した、1km位は混雑の中を走る、ゴミ袋を被っていても暑さは感じない、 次第にペースが上って行く、10km通過が53分だった。竜宮から折り返して来る選手を見ながら走る、ゲルフジさん、大口さんがやって来る、 折り返してからは仲間と次々にエールを交わして進む、20km通過が1時間44分と速過ぎ、51分のラップだ、ここでペースを落してトイレ にも入った、再び牧草地を走ると風が冷たく心地良い、30kmではスペシャルもスムーズに取れた、べスパとジェルを摂取して勢いを付ける、 30km通過が2時間39分でラップが54分、トイレに入った時間を引くとペースが落ちてない、35km過ぎからは国道に出てUPダウン が有りペースが自然に落ちる、40km通過が3時間33分でラップが54分だ、この位が調度良いペースだが今頃では遅すぎだ、月見が浜の マラソンポイント通過が3時間45分だった、過去一番速い通過だろう、まだまだ足は元気に動き快調に走れている。50km通過が4時間27分 でラップが54分で順調に来ている、このまま行けばエイトマンも夢では無い。

スタート前に狭山走友会揃う 10回連続完走しサロマンブルー達成


6月28日(日)ゴール

涼しいお陰で50kmまで順調に来た、54kmレストエイドではジェルをウエストポーチに入れ、サロメチールを塗ってアミノバイタルも 補給した、そんな事で4分位の時間が経過した。荷物を預けスタートした、ここからは上りが続くが足はしっかり動く、自分ひとりのトイレに立ち寄り体を軽く して走り出す、60km通過が5時間28分で、ラップが62分ではレスト時間を引くとペースが落ちて来た、上りが有るにせよ疲れが出て来たか?64km のスペシャルはストレッチをしながら摂取した、ここから例年バテるのでジェルを多めに用意した、天使の森も涼しくランナーもペースが落ちずに走る、国道 手前の大漁旗を掲げるエイドが出ていた、アミノバイタルが有ったので戴き凍ったお菓子は美味かった、斉藤商店エイドも暖かいおしぼりが今回は嬉しい、 70km通過が6時間33分でラップが64分とペースダウンして来た、給水での立ち止る時間が長くなっている、お汁粉エイドを目指す、この辺から50km 選手がチラホラ追越して行く、お汁粉は今回止めてソウメンを戴いた、椅子に腰掛け休んでしまった、ジェルの摂取して75kmの壁に備える、トイレに入ると 大口さんが居た故障した足が痛むらしい、ゲルフジさんが後ろに居るらしいが気が付かず、毎年苦しむ75kmへ向かう、ジェルは効いているはずだがペースは 上らなかった、80km通過が7時間38分でラップが65分と遅れ出す、エイドではしっかりラスト20kmに備えて、べスパ、ジェル、アミノジェル、バナナ を補給した。ワッカは思ったより風が無く走り易い、折り返して来る仲間に励まされながら必死で走る、今年は暖からしくハマナス、透かし百合が満開に近く 見事に咲いている、中程給水所のスイカを水代わりに食べる、折り返しまでもう直ぐだ、この辺から上りが続きペースが落ちる、橋を渡って折り返しは直だ、 向きを変えると大勢の選手が向かって来ている。90km通過が8時間40分でラップが61分でペースが上った、仲間も次々のやって来るのでエールを送った、 ジェルを更に2個補給して最後に備えた、スイカも再び戴き腹がパンパンになってしまう、仲間に会うと何故か元気が出て不思議なものだ、ラスト4kmの急な坂を 上る、出口までの林は上りが続き苦しいところでも有る、林の出口でキャプテンと会う、この時間なら充分間に合う時間だ、エイドは寄らずに一気に道路へと向かう、 角にゲルフジさんから声が届く、ラスト2kmを全力で走った、前に居る選手はかなり前だ、最後の角を曲がるとゴールだ、自分へのアナウンスは聞こえないが そのままゴールに駆け上った。9時間38分のゴールだ、直にうめこさんが花を掛けてくれた、サロマンブルーのプラカードも渡された、完走メダル、タオルを掛けて 戴く、うめこさんに写真を撮って戴く、サロマンブルーの中間入りが出来た。

仲間が次々にゴールして来る 来年この足型を取る


6月29日(月)温泉

最後のラップは58分とかなり頑張れた、着替えをして仲間のゴールを待つ、大口さんも痛みを堪えてサロマンブルーを達成しゴール、銀狐さんもゴールして3人揃って サロマンブルーを達成した。キャプテンもゴールして王手を掛けた。13時間調度でラスト選手がゴールし大会は終わった。ナースさんのゴールは見届けられずに気にかかった、シートを 片付けて帰る事になる、夕食時にウヂキさんよりシャンパンのお祝いをしてくれた。仲間には感謝の気持で一杯だ。今夜はお礼方々寿司を取り皆で戴く、サロマン組にブルーメンバーが誕生し 盛り上がった。 ゲルフジさんは朝の便で帰るので帰路に着く、うじきさんは旭川発らしく遠軽からバスで行く、温泉に行くので遠軽まで送って行く、温泉に向う途中に美味いソフトクリームが有るらしい、 濃厚で凄く美味かった、肌がつるつるになる温泉、て言うか凄くつるつるで浴槽の床までつるつるで滑る、危ない温泉かな?湯船以外何も無くいくら温泉好きでも長湯は出来ない。 大口サロマン計画組と一緒にあそぼうと思っていた、予定通り戻れず合流を断念した、佐呂間町に戻り昼寝タイムに入る、診察に空が出たのでキャプテンと一緒に電気を当てて貰った 、 ストレッチ、マッサージもして貰い疲れがやわらいだ。そんな時大口集団が整骨院にやって来た、これから女満別に向う途中との事、皆さん今日中に帰ってしまう。キャプテンもこれから 女満別に送って行く所だ、最後に残るのは私だけだ。

世話に成っている整骨院 山岳軍団、3人衆


6月30日(火)サロマを後に

空港でキャプテンと別れ、途中スーパーで買い物して帰る。今夜は4人で夕食だ、うめこさんも明日から仕事に出掛ける。 荷物の整理をして最後の夜を過ごす、のんびりと寝る事が出来た、朝はうめこさんに合わせて食事をした、御主人が昼休みに女満別まで 送ってくれる事に成った、最後まで有難い。網走までバスで行き乗換て空港へ行く予定だった。午前中は佐呂間の町を散歩して歩いた。 小さい町なのでここ3年で大体行った事になる、12時に出発し空港へ送って戴いた、御主人には最後の最後までお世話になった。 土産物を見て廻るが、花畑牧場のキャラメルがやはり人気の様だ、一人3個までと書かれている、白い恋人もしっかり売られている。 家族の土産にキャラメルとロイズのチョコを買った、出発まではかなり時間が有る、空港内に有るレストランで食事をして時間を待つ、 結局この便も満席で飛び立つ、やはり帰りは込んでいる様だ。羽田からは調度宇都宮行きのバスがあったのでバスで帰った。

うめこさん、ナースさんの贈り物 10個のメダルが揃い10年の思い出

前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ
Ads by TOK2