2009年 第15回 野辺山ウルトラ100kmマラソン

5月16日(土)野辺山に出発  

狭山から関越に乗り野辺山に向う、祭日利用で何処まででも1000円。途中、佐久平Pにて休憩、高台の見晴らし台へ微かに八ヶ岳が見えた。 受付を済ませて野辺山モードを上げる、コースや注意事項等は既に認識してる、久し振りに再会する走友もいる、何かと楽しみな大会で有る。 宿には陶芸の作品を持って来た、自由に扱って貰う、売れれば最高だが? 司会をしてる女優と言っている本人、高瀬みどりさん、以前はテレビでも活躍していた、私もすっかり覚えられた。 前夜祭の司会進行をする。何時もの最前列テーブルをゲット。抽選は何も当たず終了。

アナウンサー高瀬みどりさん 山梨学院大学チェアリーダー


5月17日(日)5時スタート

早朝4時会場に向う、駐車場は満車に近く混雑し空き地に駐車して体育館へ向った、館内は既に大勢の選手でごった返していた。 着換え荷物をトラックに預け、スタートの準備をして館内に荷物を預けて、一息ついて体を温める。 外はポツポツと雨が降り寒い、トイレは長い行列が出来ていた、暖かいココアとバナナを食べスタート地点へ。 5時にスタートし選手が動き出す、みどりちゃんとタッチ、手をだされる。坂本さんとタッチ、顔を覚えて貰えた。 100kmの旅が始った、直ぐ前にハリ天さんを発見、5kmを25分で通過。 JR最高地点で更に声援を受ける。最初にみどりさん、ハイタッチ。続いて坂本さん、夜久さんと続いた。 登りにかかりハリ天さんに声を掛ける、トレイルランなど話に盛り上がった。10km通過28分、54分で通過。 雨の林道は水溜りなどで走り難い、ビニールの雨具を着ても暑さは感じ無い、1km/6分ペースで5km30分で良い感じだ。 コース最高地点1908mアット言う真だった、ここまでハリ天さんと一緒だった、下りではハリ天さんの背中が小さくなった。 下りの林道も昨年の様なスピードで走れない、練習を不足を痛感させられた、稲子湯の下りでなんとなく調子が出て来た。 稲子湯エイドではしっかり食べた、お汁粉、おにぎり、バナナ、腹八分目。最後の登りをゆっくり走り切った、40kmを3:56通過。 ひたすら42kmの八峰の湯を目指した、足に負担がかからない様に意識して走る、エイドに着くと雨、風が強くなる。 荷物を受け取りパワージェルを摂取してスタート、少し止っただけで体が冷え切った、震えながら走りだした。 松原湖まで急な下りが続く、足に疲労を感じて来た、国道のエイドに着き一安心しここからは負担は少ない。 50kmまでは緩い下りで快適に走れる、雨も強くなるが寒さは感じなかった、50kmに4時間53分で到着。

7回目のゴール 雨の中感動のゴール


5月17日(日)雨・風・寒い中のレース

50kmエイドここから上りが始るのでここがコース最低地点。スタートから5時間で走り出したので6分も休んだ、雨も小降りになった気がし後半戦に入る。 北相木村に向って少しつつ上って行く、折り返し入口に着くと帰って来る選手も疎ら、筋肉痛も出て来てペースは上らない。 中程でハリ天さんが下って来た、調子良さそうで余裕ランに見える、58kmのエイドにヤット辿り着く。 預けた荷物を受け取り館内に入る、靴を濡ぎ足全体のケアーをした、パワージェルを摂取した。 おにぎり、バナナ、パンを食べる。水分もしっかり補給し、ヤッケをウエストポーチに入れスタート。 全体に下りで走り易い、60km通過が6:17で次第に遅れる、途中銀ちゃんに合い調子良さそうだ。 折り返し入口から滝見の湯まで更に上る、上りも急になって来るし雨も強い、69kmの上りはは歩いてしまう。 70km通過7:40分71kmの滝見の湯では夜久さんが応援してくれた、ここでもおにぎりを食べ力をつける。 馬超峠入口までは何とか走れた、峠頂上までは全て歩くはめに成った、雨、風は強い。 80km通過は下りの1km後、快適に下りたい所だが痛い足でガマンの走り、この間は30分を切って走れた。 下って川上村エイドまでフラットだが足が重い、2kmが長く感じる、ヤット87kmエイドに到着した。 暖かいうどんが体を温めてくれる、2杯頂き、おにぎり、パワージェルも取る、雨も本気で降っている。 ラスト13km歩いても完走出来ると安心、90kmまでは走って到着、ここから長い上りがゴールまで続く。 走れない程の上りでは無いので走る、道路は川の様に雨水が流れる、95km付近からみどりさんのアナウンスが聞こえる。 ラストの距離表示に変わるラスト4km。一歩一歩噛締めて足を運ぶ。ラスト3km手前ゴールは目の前だ。 3km迂回しゴールから遠ざかる、最後の力はまだ残っていた、ラスト1kmは気持良く走れた。 みどりさんが待つゴールは目の前だ、マットを通過すると私の名前を高らかにアナウンス、コメントも読み上げてくれた。 私の顔を見て更に声援を送ってくれた、11時間50分でゴールした、雨の中伴走したシナGさんが出迎えてくれた。

毎年世話になる高原野菜 陶芸作品を展示して戴く


ひたすら走ってゴールを目指した

強い雨、強い風、寒い気温、天候は私に取っては辛かった、ヤッケやカッパを着ても少しも温まらない。 エイドの暖かいお汁粉、蕎麦、うどんは美味く体が温まった、今回パワージェルを摂取して効果を感じた、サロマでも行う予定。 ゴール後は仲間のゴールを待つがなか中こない、雨でスピードが落ちている様だ、ゴールでの豚汁、うどんも有難い。 71kmの部のバルカンさん、スノトレさんが帰って来た、体育館内に夜久さん一人でいたので話に行った。 夜久さんには、JR最高地点、滝見の湯で応援、声援を受けた、サロマでのサロマンブルー達成を約束。 ヤット銀ちゃんが帰って来た、後半ずいぶん歩いたらしく遅くなった。 続いてイチローさん、昨年のリベンジをはたし完走だ、これでサロマ、野辺山を完走した。 そして亀仙人さんゴール、これで全員完走をはたす、この天候で全員完走は凄い事だ。 宿の戻り完走打ち上げが始る、オーナーは32kmでスタッフと言っていたがいなかった、飲みすぎで行けなかったらしい。 そんなオーナーからドンドン進められた、今夜は離れから戻り個室に戻った。

山梨の木に朝日が当る 快晴に成った八ヶ岳


5月18日(月)早朝5時散歩に出掛ける

朝風呂に入り、散歩に出掛けた、後から何時もの様にバルカンさん、銀ちゃんもやって来た。 八ヶ岳には雲がかかり頭は雲に隠していた、山梨の木から日が出て来た、この木は治療を受け頑張って花を咲かせている。 コンビニを経由して4km程の散歩をして帰った、のんびり朝食を食べ飲み寛ぐ、今回は八峰の湯に行く事にした。 イチローさんが、夕刻に用事が出来らしく、先行で温泉に向う事に、ネパールのカレンダーを土産に戴く。 八峰の湯からは八ヶ岳も見え、足湯も有り快晴で気持が良い、露天風呂からも八ヶ岳が見える。 その内みんなもやって来た、温泉で疲れを癒やしストレッチ、先に温泉を後に狭山に戻った。

コース中に有る八峰の湯 疲れを癒す露天風呂

前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ
Ads by TOK2