2007年 第14回奥武蔵ウルトラマラソン

8月4日(土)前日受付に参加  

自宅を15時30分に出た、毛呂山までは近いが狭山では今日から七夕が始まり渋滞が始まっていた。 日高に入ると毛呂山の会場までは直だ。受付には数人しか居なかったがショップを見ていたらバスで大勢やって来た。 郷さんが写真を掲示板に貼り付け作業をしていた、トレイルランの話を色々聞かせて貰った、ハセツネでは50歳代で 1位に入賞の常連でもある。海宝さんも当日のセッテングで忙しく動いていた、何時もニコニコと挨拶を交わしてくれた。 スポーツショップでパワージェルを売っていた、250円で消費税無い様だ、4個買ったら900円、サービスです!! 更に4個追加8個で1700円で買えた。シューズお安いのが有ったが、下駄箱がいっぱいなので買うのを止めた。 今年は講演会などイベントが無く帰った。

16時受付に到着 受付会場にて


8月5日(日)6時00分 スタート

早朝4時に自宅を出た、30分程で会場に着き車はまだ数台しか無かった。朝飯を済ませて会場に行くと 知った顔を見かける、ここに参加する人たちは各地のウルトラにも参加する常連だ。山岳軍団のメンバーにも逢い、とんこつさん とは久し振りの再会だった、彼は今年萩で250kmを完踏している。司会進行は京都ラジオのパーソナリティー、レッツラン こと若ちゃんで有る、昨年と湘南とですっかり顔を覚えられてしまった。昨年出来なかったマイクを持って今年は走る!、 マイクを向けられたら気楽に話そう、でも関東では聞く事は出来ない。開会式が始まり舘山さんから招待選手など紹介が有った。 知った所では女子でハセツネでも優勝している櫻井さんと若ちゃんと沖山さん。男子は知らない人?。終了後は恒例のAMML の記念撮影をした、今年も大勢の仲間が集まった。準備運動のエアロビックスが始まる。6時ちょうどにスタートが切られた。

開会式にて舘山さん UMMLが全員集合


蒸し暑い1日が続く

走り始めて直に汗が流れ出て来る、朝から蒸し熱く先が思いやられる感じ、毛呂山の町を過ぎ山に入って行くと 上りが始まる、ここまでは集団で居たが次第に長い列に変わって行く、登りも下りもスピードを変える事無く一定ペースで走る 事に意識した、下りでは抜かれて行く、1km/5分ペースで行く。毛呂山の周回コースを抜け鎌北湖までは順調なペースだった。 湖畔を抜けてから急な上りに入って行く、ペースは落ちるし、苦しく成るし、心拍もかなり上る。既に歩いている人も居るが踏ん張って 走って上る。上り切るとここから先はUPダウンを繰り返しながら高度を上げて行く、折り返しまでは全体に上りが続く。エイドでは 給水、スイカにたっぷり塩を付け食べる、頭から水を被り出発する。エイドは飲み物、食べ物、氷が有り豊富に有りありがたい。 高山不動では所沢走友会の人達が応援ランをしていた、大勢から声援を受け走り去った。また飯盛エイドは所沢走友会がエイドを している、暖かい持成しで嬉しかった。この辺では1km/6分ペースを維持して頑張った、刈場坂峠付近から足の様子がおかしく なって来た、上りに入ると筋肉がピクピク行って来た、しまいに攣り出し立って入られなくなる、座り込みストレッチをして立ち上がった。 折り返しの丸山まで3回繰り返してしまった。恒例なのか?水着ギャルが今年も健在、赤フン侍のイケメンも登場していた。 カキ氷を2杯、スイカを大量に、メロンもたらふく、おにぎりを一つ、水着ギャルに水をかけて貰い出発した。

ビキニで水掛けサービス     今年はエイドにも居た


 ゴールに向かって駆け下る

復路は全体に下だ。5kmを30分越えない様に抑えて走った、だが上りに入ると足が攣り出して来る、上りは 更にゆっくりと走った、下りは全く問題無く足は動いた。折り返しに向かう仲間に擦違う、最初は蛭子さんだどう見ても65歳には 見えない走りで流石だ、狭山走友会の岩下さん、上田さんが続いて来た、更に山元さん、キャプテン、J&Bさん、皆さん頑張って ゴールを目指す。見晴エイドでは郷さんが居た、ここではビールも有る、大きな声援をされて出発した。残り15kmチョット となった、3分ほどオーバーしている、この先大きな登りが2つ有る、6分ペースを維持出来るか美妙な所だ。70kmに向かう 最後の長い上りは何とか走り切って上れた、清流エイドでたっぷり給水しここから先は下りのみだ。上りは苦しかった坂だが 一気に駆け下った、途中で沖山さんを追い抜いた。攣っている筋肉にもビンビンと来た、湖畔のフラット部は上りに感じる程だ、 最後の給水所で水を被り冷やした、ここから先木陰が無く直射日光をもろに浴びる、2km位炎天下の中ゴール目指し、時計を気にして 走る、ゴールへの角を曲がると急に足が攣り始めて来る、ダッシュをする気は無いが足がもつれている、ゴールの時計は7時間 28分16秒を示してる所にゴールした。

蛭子さんもゴール キャプテンゴール


激しい雷雨

サブ10ペースでゴール出来たのは良かったが、足が攣ってしまう課題が残った。昨年も遅いペースでも同じく 攣った、ペース配分とも思えない?練習不足、ミネラル不足、いずれにしても何かが足りない。 一息付いてから着替えて仲間の到着を待った、海宝さんのうどんは後5分で出来るらしい、やはりカキ氷で喉を癒す、水分は 飲んでも飲んでもいくらでも飲めた、うどんが出来こしが有り美味い。最初にゴールに現れてのは蛭子さんだった、昨年より 遅くなって残念と言っていたが、今年は異常に蒸し熱かったので仕方が無い所か?上空は真っ黒な雲が被い始めてゴロゴロ言い始めて いる、カミナリが来る前にゴール出来て良かったとお互い胸をなで下ろした。ピカピカと稲光が激しくなって来ると同時に雨が 激しく降り出す、スポーツショップの商品は片付けが間に合わず濡れてしまう。雷雨の中でも選手は次々にゴールして来る、涼しくて ちょうど良いとも言っている、私もテントの中に入り込みスタッフの人とコミニケーションを取る、舘山さんは雨の中ゴールして来る 選手を両手で迎える、選手もスタッフも雨など気にいていない。2時間ほどで雷雨も治まって来た、山元さん、上田さん、キャプテン、 岩下さんとゴールして来た、山岳軍団キャプテンは奥武蔵初参加で見事に完走、71歳とはまだ見えない走りだ。村井夫婦も手を繋いで一緒に ゴール、奥さんはウルトラでは初の完走らしい?これで仲間全員完走が出来た。

イチローさんゴール J&Bさんも揃ってゴール


ゴールの楽しみ

来年はインターハイの関係で8月開催は出来ないらしい、5月に開催を計画しているらしく野辺山と重ならないで 欲しい物です、ウルトラの仲間では暑い奥武蔵で通っているこの大会夏に開催して欲しいものです。 55歳に成ったらこの部で再度挑戦してみたい、今回のタイムでは5位に入れる記録だった、後4年この体力が維持出来るかは 判らないが、楽しみでも有るので練習は頑張りたい。今回足が攣らなければもっと良い走りが出来た、練習量も2〜3年前とは かなり減っている、練習量は減ってもタイムは伸びている(ウルトラのみ)練習で出来ない理由は色々有るが、それを克服して 楽しいランニングを続けたい。

海宝さん手打ちうどん 入賞者の副賞

前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ
Ads by TOK2