ドキュメント乳癌・・・
              2003、7,8
 右乳温存手術リハビリ今までの機能回復2004,5,6より 

現在女性の乳癌は、20人に1人患者が発生していると言われています。
 現在の人間ドックや通常の乳癌検診では発見されないので大問題となっています。
 マンモグラフなどによる検診方法の早急な対策が必要でしょう。
 この
私の乳癌記録(特別手記)は、乳癌を体験された方が毎日記録された手記です。
  乳癌にも色々な段階や種類によって治療方法も様々ですが日本の最新設備が整った
 超一流の総合病院の名医と言われる医者の診断を受けた患者の手記です。
1、乳癌その1 2、乳癌その2 3、乳癌その3、放射線科 5、抗がん剤その1 6、抗がん剤その2 
7、抗がん剤その3
  8、リハビリ  9、転移その1  10.転移その2  11.転移その3
 
つづき乳癌その8 あなたは 番目の訪問者です!       


2004
5,6
 (木)

術後
 10ヶ月
3月22日 次男が風邪をひく
3月28日 次男引越し
3月29日 次男近くの医院へ行く。
3月30日 別の医院で髄膜炎の疑いありと、大きい病院に紹介され、入院。
       
放射線科と婦人科の診察をキャンセル
3月31日 遠くの大学病院で診察し、紹介状を書いてもらい、東京へ。
4月 1日 東京の大学病院に入院し、入社式に出られず。
4月 5日 
診察をキャンセルしていたが、やっぱり行く事にした。電話すると
       予約がまだ生きていると言われたので、飛んで行った。
4月16日 次男退院

・・・・・この間、東京に2回ほど通う。もうしんどかった。そして、髄膜炎の怖さを心底思い知らされた。死ぬか、生きてても後遺症が残ると震えるばかりで
あった。

私の新しい仕事は5日からスタートさせたが、次男の髄膜炎で、ただただボーっとするばかりであった。でも、やっぱり予約も生きていたので、
受診することにした。しゃべることがいっぱいあったけど、キャンセルもしていたし、何やら先生も忙しそうだったので、胸のかゆみをもった赤い班について充分聞くことを忘れてしまった。(シンポジウムのことやらについてしゃべり、失敗)
赤い班がだんだん増え、気味が悪い。安曇野の温泉に入り過ぎたのかなあ。3月13日以降より斑点ができ、かゆい!!ただでさえ皮膚が弱く、すぐかゆくなるタイプなので、心配や。


夫が、次男の主治医との話やら、入社式に出られなかった会社との挨拶やら本当によく頑張ってくれて、もうもう夫様さまであった。有難かった。私のガンといい、今回のことといい、頼りになる人とよくよーくわかった。結婚していて
本当によかった。○○さんありがとう!!

しかしこの間の怖い体験中に、腋の違和感も気にならず、
腕もすっと上がり、靴もうまくはけるようにもなり、何より、上に向いて寝て腕がだらりと床や敷布団に置く事ができるようになったのが、嬉しいことだった。もうなりふりかまわず、息子の荷物やらを新幹線の中に引っ張り挙げたりして腋がきゅーっとなっても必死だったので(途中で気付き夫に持ってもらったが)痛みを感じなかった。後が大変だったが、我慢できた。(2004,5,6


キャンセルした
放射線科と婦人
科の診察







キャンセルしたが受診
23回目の診察
(4月5日)

薬なし



マイ ハズバンドに
感謝


生活のなかでのリハビリ



5月7日
(金)

術後
10ヶ月



最近の機能回復にリハビリの効果を実感!今までの経過をまとめることにした。もちろん腋の違和感には慣れっこになったということもあり、課題は多々残ってはいますが。

2003,7,8手術後一ヶ月の機能回復の様子

手術当日リクライニングベッドで自分で起きて用をたす。

手術の翌日自分の力で寝起きしてませんので、エコーの男の先生に抱いてもらって寝たり起きたり・・。病院前の旅館では畳にお布団ですから、67歳の姉にまた抱いてもらって寝たり起きたり、大変でした。しかし、姉もお疲れのようで、ぐっすり。仕方ありません・・・自分で起きました!自分で寝ころびました!!痛くないんですねえ、胸は全く。脇はむにゅうっと違和感ありますがね。

術後3日目今朝あたりから突っ張り感があり、腕があがらず困った。胸も赤くなっていた

術後11日目放射線科受診に向けてのリハビリの腕上げができない!!泣けてくる!
術後22日目家の前の溝に草やら泥やらがいっぱいで何とか左手でスコップを持って泥を片付けた。

術後約一ヶ月何ができないって、包丁で切るのがいちばんできない何でもないことがサッとできない。リハビリも昨日できても今日はできないし、毎日必死

術後約一ヵ月あっ、そうそう、うつ伏して本が読めた!
ずっと上か左を向いて寝ていたので、嬉しい!背中が凝っていたのよねえ。しあわせ。

術後一ヶ月 4日にちょっと
運転して買出しに姉と行ってみたけど、ほとんど左手だけでハンドルを扱い、未だ無理だ

術後はスカートもブラジャーも自分でかけられていた前半をなつかしく思う。痛がりと我儘が自分を後退させた原因と反省するばかり。(2004,
5,7
術後一ヶ月の機能回復は、いかに!?





いたずらに怖がっていたような気がする。







 5月8日
  (土)

術後
 10ヶ月

2003,7,8手術後二ヶ月の機能回復の様子

術後約二ヶ月今日無理やり放射線科で診てもらったけど「過敏なんでしょう・・・眠れない程じゃないし」だって。・・・もう解ってくれない!「治ろうとしているんだから、痛いといって腕のリハビリをおざなりしてはいけない」あああ・・・痛くてできないよお!昨日から胸でも暴れだし、痛いよお!

診察で腕を挙げる時痛そうにしてしまい、
注意をうけたのが耳に残り、これが良かったのです。放射線科の先生のおかげです。(2004,5,8

2003,7,8手術後三ヶ月の機能回復の様子

だんだん状況がひどくなり、
腕も薬指もしびれてる。照射するごとにひどくなっている

腋の異物感で腕がまっすぐおりず、腕を曲げる事多くなる。ひじが痛い

胸と腋にステンレスがガシッとはめ込まれているようだ。残る4回のX線放射でもっと固くなるんじゃないかな。不安。.腕を挙げにくい

痛みは変わらないけど、やり過ごせるようになった。それに、入浴がまたいいんだわ。照射も20回を超えると何だかんだ言う事がでてくるし、手も挙げにくい。ところが、
半身浴をし、浅いもんだから仰向けに肩までちょっとつかると、出てからのリハビリが楽。手も挙がり痛みも無くなる血行が良くなるンやねえ。

昨夜は久々に睡眠薬無しで眠る。腋の異物が邪魔でリハビリしにくく、右手が背中に回らず。さて帯は結べるようになるのか!?(なんせ吸盤つきのヒトデが腋や胸にビタッとくっついているんだもんねえ)

植木屋さんが気を遣って庭の隅っこに残しておいてくれたハーブなどをチョキチョキすると、腋にすごい塊ができ、あわててシャワーと半身浴をし、横になる。あーあ、なーんもできない。とほほ。やっぱ、奥様になるっきゃないな。

あまり熱心にリハビリはしなかった。我儘で痛がりなので、頭じゃなく感覚で判断し
自分を甘やかしていたのが、後々の後遺症につながったのではないかと考えている。(2004,5,8

2003,7,8手術後四ヶ月の機能回復の様

一時間ほどかけて
初めて車で、淀・長岡・洛西ニュータウン・9号線・京都縦貫道と走った途中同じ姿勢で居ると腕がだるくなるのでせっせと腕を動かしながら運転をした。よりもシートベルトが何とかつけられたのが収穫だった。しかし、今は頭がふらふらだ。ドライブはきつかったようだ

しゃがんだり斜め後ろの物が取れなかったり、もちろん物をつかむことができなかったり大変でしたが、庭石に腰をおろして何とか普通のことがぼちぼち出来るようになってきたと思う。
斜め後ろとか斜め上には力がまだ入らないけどね。ぼちぼちやな。重たいものは絶対持ってはいけませんと言われていたけど、玄関の本の入ったダンボール箱を工夫して動かすと、今まで経験した事の無いけいれんのようなものが手術した胸に起きて怖かった。やっぱりあかんわ!・・・でも今日は土の入ったプランターを工夫しながら7個持った。腋はすごい事になっているけど、どうなんかなあ。ちょっと経過観察としよう。昨日の運転と今日のプランターでちょっとやばいかも。胸にはりついているモノがいつになくごっついんですわ。今からはおとなしくしておこうっと

昨夕目眩で寝込んでしまい、夜中眠れず。朝方4時ごろやっと眠れた

先生に冷やさないようにと言われてから、
とーーってもよく眠れるようになった。を向いて寝られるようにもなったし・・・。就寝前の入浴、入浴後のリハビリ、そしてあったかーい寝具の中で・・・夢は見ないなあ。熟睡できてんのかなあ。腋もリハビリ後は動かないし、座布団二枚の手作りクッションで腕も楽だし、腋が何とも無く、上を向ける。時々左を向いてもぐっすり眠ってる

ずっと(乳癌発覚以前から)何かあると目眩があるんだけど、最近多い。

昨日辺りから腰が痛く、今日は右の卵巣らしい部分も痛かった。椅子に座る仕事にもどった為かもしれないが。

一番のネックは足腰。4ヶ月間ずっと家にひきこもっていたので、
予想外に足腰が弱り、今日なんて息をすっても腰が痛く、お腹も痛い。ショックだった。冷えたのかなとも思ったが、きっと運動不足だ。今朝は起きるのも大変だった。

術後4ヶ月で病気休暇は終了!職場復帰です!!

抗がん剤から逃げるように避難したような職場復帰。リハビリなんて忘れてしまっていたような・・・。機能回復も万全じゃなく本当に不安な中での判断だった。思慮不足がありあり。就寝時の腕の置き所が難点で苦労した。(2004,5,8
術後ニ、三、四ヶ月の機能回復






遅々とした歩みの機能回復



それでも職場復帰






2004,  5,9
  (日)


術後
 10ヶ月
2003,7,8手術後五ヶ月の機能回復の様

すごい腰痛で生まれて初めて寝込んだ。寝ても起きても痛くて痛くて便座になんて座ってられない・・・。どうなってんねん!!怖かったわァ!!疲れか、はたまた、単なる筋肉痛か。

夜中3:04になっても眠られず。胸、腋、二の腕までがこの腰痛の二日間で右腕を使ったり、右足をつかったりで、大変なことになっている。久々に睡眠薬を服用。

朝目覚めると腰がまたまたすごい痛み

腰痛で身動きがでず寝込んでから、今朝初めてすっと起きられた。しかし、運転席に座るのがこれまた痛い。乗るのも降りるのも痛くてゆっくりしかできない。運転も腕がうまく動かないのでとんでもない話だ。

昨日一昨日と帰宅が遅かったのでふらふらだった。家族にも「死ぬでえ」と言われ今日は休むことにしてたけど、朝6:50に目覚めてしまいやっぱり出勤した。今は出勤するだけでもしんどいし、もういろんな意味で今日は涙が出てくる。

腰痛で歩かない方がいいと言われていたけど、家の周りを3000歩と美容院に行く途中でケーキ屋さんに寄ったとき1000歩の合計4000歩を歩く。腰痛が出てきた。やばい。

昨夜からいつものように右の方に頭痛がおき、今も痛い。腰痛後、胸まで痛くなっている

昨夜眠れず、朝寝坊してしまう。もちろん右手も機能的にうまく動かず時間がかかる。情けない。、転んでしまった。涙が出た。もうイヤや。

久々に右足のこぶらがえりが午前中寝ているとき起きた。午後左足にもおきた。癌てわかる前、右足にきつめのものがよく起きていたが、左乳も痛かったし・・・。

リハビリが少ないこともあって、以前出来ていた運動がうまくいかず焦っている。ショックや!!ちょっとうっかりしていると、筋肉がもう言う事をきいてくれない。痛いんだよなあ、これが。でも、やるっきゃねえな。くっそおー!泣いたり叫んだり・・・。先生が腋の違和感は治るって言ってくれているから、夜中になんて先生を呼びながらでもマッサージすることもある。まあ、独り言が多くなったわさ。

まだまだ無理がきかず困っている。
右手をかばうし、走るのもひかえてしまうし、重いものは持てない、・・・

冷えたのか胸が痛くて痛くて・・・。いよいよ抗がん剤服用後1ヶ月で副作用がやってきた。2日ほどリハビリをしていないのでおそる恐る運動をした。


職場復帰で腰痛に悩まされ、胸も痛み、リハビリはおざなりになっていた。
(2004.5.9)

思い出しても
つらい日々だった



腰痛で罹患している右手、右腕に負担がかかる




仕事の勘を取り戻すので精一杯


仕事、家事、リハビリ・・・そんなに
できないや!!






出来なかったリハビリ




2004,5,11
   (火)



術後
 10ヶ月
2003、7,8手術後六ヶ月の機能回復の様子

腋と胸と背中が変。痛い。寒さと
リハビリ不足のせいか?・・・眠れず。何か胸も背中も腋もめちゃくちゃ痛い。胸がすごい事になっている。寝ても起きても・・・何してもどうしようもない。右の後ろの方が頭痛がし、怖い。

腕を後ろにふると馬蹄形のものをはさんだ感じがし、どうしても後ろに腕がいかなかったが、夫にもほんのちょっと・・・・・・ほんとにほんのちょっとだけどひじを持ち上げてもらった。

医者の卵の甥っこにもリハビリはしないとでめですよと強く言われ、今からでも間に合いますと励まされたこともあって、頑張る気になった。

目眩が止まらなくなった。左乳も痛い。

今日は久々の婦人科と放射線科の診察だった。睡眠がうまくいかず、一日仕事を休んだ。

婦人科では、女医さんがおうちの産婦人科に戻ったようで、違う元気な女医さんだった。まったまた、子宮頚ガンの検査とあのいってえ子宮体ガンの検査をした。診察室に行くまでに、3回おトイレに通った。もうもう想像するだけで逃げ出したかった。思わず「いってえーー!!」と言ったので、笑われちゃったわ。キレイな服を着ていったのに!?にゃあ・・・何ともかとも・・・。教養のなさが・・・「笑っちゃあかんな」なんて元気な女医さんが言っておられましただ・・・とほほ。まあ、エコーでは何も見当たらないが、検査の結果は次の28日の乳腺の診察日に聞くことになった。

放射線科では、かゆみを持った赤斑にステロイドの入ってないオイラックスを出してもらった。放射線で皮膚が弱っているので、何もせずそっとそーっとしておくのが良いそうだ。腕もよく上がっていたように思うけど。胸の写真を撮られるのがイヤ。胸だけならいいけどさあ。胃や口が写るとイヤだ。

37 27歳の決意・92歳の情熱 乙武洋匡・日野原重明 中央法規

すぐ読めた。最近思っていたことが書かれていた。やっぱり死に方が人生を決めると・・・。惜しまれ愛され家族や友達にに囲まれて死ぬのが一番幸せであり、私はそれを一番望むのだと思った。日野原さんがそれを言われていたので、ほんまやと思う。お金や名声でも何でもない。淋しく死ぬのはイヤだなあ。・・・ちょっとしんどいので明日続きを書く。
7ヶ月ぶりの放射線科と婦人科の診察







婦人科の検査で出血があり、入浴を断念


リハビリはする




2004
 5,13
   (木)

術後
 10ヶ月
2ヶ月前にできたかゆみを伴った赤斑はきっと放射線の影響だと思う。

今、光の具合で乳房が変形してますから。まあ、放射線をかける前に今後変形することもありますが、いいですね・・・という内諾みたいなこともあったしね。その時、変形した乳房の写真も見せられたし。

ガンがあったところが一番濃くきついし、放射線の失敗でしょう。合わなかったと思います。わたしは皮膚が弱いタイプなのでね。それに自分がもう放射線に行かせてくれと言ったし、早過ぎたかもね。

まあ、変形してもあるだけましかな。でも、放射線はいらなかったですわ。夫もちょっと失敗だったかな。温存にこだわったしね。余りにも可哀想に思ったんでしょうね。不憫に思ってくれただろうし・・・。自分も見るのが怖かったんでしょう。誰も非難したくないけどね。

まあ、温存も全摘も生存率は変わらないということが、選択の第一の理由でしたが。今後は起きた事を受容するしか私にはできないんです。予防も何もできないんですから。余り考えたくないわ。患者より情報をいっぱい持っている医者には負ける。信頼するしか患者にはすべがないと、シンポジウムなんかに参加するとつくづく思うから。なってしまったことはもう仕方がないやん。ケセラセラよ。
乳房の変形
2004,5,20
(木)

術後11ヶ月
足の甲の薬指の根っこから足首にかけて、11月の腰痛時期より痛かったが、やっぱり痛みが増している。首のリンパも腫れている。きっと何かあるわ。28日が診察なので、それまで待つ。飛んで行きたいけど、予約日以外は時間の無駄のようなきがするし。そっと寝ておくことにする。怖いなあ。
2004、
5,27
(木)

術後11ヶ月


















5月に読んだ本

@27歳の決意、92歳の情熱  (5月11日に記録)
5月6日  A蹴りたい背中  綿矢りさ  河出書房
5月13日B医者に聞けない抗癌剤の本  平岩正樹  海竜社
5月14日Cがんに負けない41の簡単な方法  マーレン・レヴァイアン
5月22日Dその夏の別れ  和田俊  筑摩書房
5月22日E死は「終わり」ではない  山川千秋  文芸ッ春秋
5月23日F生きて還りぬ  原啓一   集英社
5月23日G抗癌剤治療がよくわかる本  平岩正樹  海竜社
5月24日H14年10回のがん手術を生き抜いて 植松文江 光文社


FからHは図書館で借りてきたが、この重い本を持ったり、スーパーでフルーツを買って持ち運んだり、花の植え替えでプランターを持ったりなどで、
今最悪のコンディションである。

リハビリは痛くてもしているし、腕は痛くてもスッと挙がるんだけど、めちゃくちゃ腋から胸が突っ張ると言おうか、何かがはさまっているようで、痛いんだわあ・・・いってェよおーー!!もう、なーーんもできないじゃんかあ!!・・・ほんまに痛い。怖いほど。

明日の診察はどうなるでしょうか。きっと突っ張っているので、固いし、驚かれることでしょう。触れられるのが怖いわァ。それに、マーカーなどの検査で採血されるのもイヤ。針が入りにくいタイプなので、ほんまにイヤです。あーーーあ、色々と憂鬱なり。
明日は診察

2004、5、28
(金)


術後
11ヶ月







































































やっと行ってきました。

外科の乳腺

しばらく待って診察室へ。(ただし今日はメモ帳を忘れてすごいショックで、そのことを考えていると電車を乗り換えるのを忘れ、乗り換えてバックしたことがまたまたショックでしたが・・・)何とか思い出して80パーセントは質問できたと思います。(もちろん、重たい本や果物を持って、今最悪なことは伝えましたが)

Q:ハーツー3+って転移し易いって本で読み、あわててまた抗がん剤を頑張って飲んでいるんですが、そうなんですか?
A(あなたのは)3+でも中ぐらいでしたよ。(と即答でした。すごい!)

Q骨に転移したら下半身からでしびれたような感じが来るって書いてありましたが?
Aそんな、転移の自覚はありませんよ。(と言われたような。きっと自覚がある時はもうよっぽどなんかなあ。今あるしびれ感などは・・・・・こえーー!)

Q私の飲んでいるフルツロンは5FUとは違うんですか
Aフルツロンが体内に入ると5FUになるんです。

Q私、抗がん剤もええもんやという本を読んだんですが、その中でフルツロンをボロクソに書いてあったんですが?
Aいいことも特にみられ無いが、悪い事、例えば副作用も弱いし、特にないということで、そういう評価もあるし、逆の評価も出てきている。

Qもうすぐ一年になりますが、その検査はどうするんですか?覚悟がいるし・・・。(注射が問題や。)
A転移し易い、肺と肝臓と骨を調べます。(7月29日に決定。脳は半年前に6月14日と予約しましたし、マーカーは本日し、子宮の検査は先日し、本日セーフと言われましたし、3つだけです。)

など(もちろん触診中は温存の乳房について、「柔らかいですよお。」と言ってもらったりしたが)

主治医が予約をとってる間、息子が出て行って悲しいはなしやら、田植えの話やら、しゃべり続けました。衣服の着脱時にもしゃべり続けます。もったいないもんねえ。黙ってるのがさあ。(ちょっと変な患者かも)でも、予約をパソコンで入れながらあいづちもうってくれますし、よく聞いてくれますから、ついついおしゃべりおばちゃんはしゃべります。その間は、腋のすごい突っ張りが感じないんよねえ。ほんまに不思議な診察室や。有難い主治医。抗がん剤の件では「自分の命を守るんだから・・・」と、しっかり言われたこともあったっけ。

今日初めて主治医が触診後にシュッシュッと消毒していることに気がついた。何十回も消毒するって、皮膚は大丈夫かなあ。大変な仕事やな、考えてみるに。

婦人科

Q閉経してホルモンレセプターマイナスの場合、主治医が薬を飲むようにと言われたんですが、子宮に転移するのが怖いので断って、何も飲んでないんです。それにお爺さんの医者ならほっといたらええとも言うだろうし、どうしたらええんでしょうねえ?
A規則正しく何でも食べて生活をしっかりすればいいでしょう。

Q性生活で、触られたりするとホルモンの関係であかんかなあと全く触れもしてませんが、どうなんでしょうか?(おばはんなのに何でや!?と40前の男性の医者様は初対面でびっくりやろなあ。でも、主治医に聞くつもりが、ノートを忘れて、質問をしそこねたので、婦人科も関係あるし、たまたましたんだ)
A全然関係ないですよ。
ということで、次回の検査は放射線科の日と同じ11月にしました。

その後採血へ行き、採血しにくい左腕のことを解ってもらい、気合を入れて採ってもらいました。今回は大成功でした。なんせ注射が嫌いでもう大問題でしたが、良かった!今回は3回目です。1回目は、どうしても採れず、人が交代し、暖めたりして大騒動でした。もう抗がん剤投与なんてとんでもないんです。経口にしてよかったかどうかはわかりませんが、よかった。ほっ!

抗がん剤を買ってから、一駅先の小さな美術館に行き、腫瘍で利き腕を無くしても片腕だけで絵画表現を続け、35歳で亡くなった三橋さんの展覧会を観た。私より10歳お姉さんの方。才能は全く違うけど、考えさせられた。

すごく疲れました。

ただ、ブラジャーに、使用していないストッキングを入れているんだけど(罹患した方)、そのためにきっと放射線科でも乳腺でも先生方は誤解をされたんじゃないかと気付いた。押さえつけられ、とった直後にはへこんだりしてるから、驚かれたんじゃないかなあ。次回は何も入れずに行く。あーーあ、失敗や。
24回目の診察










リハビリは成功

すごい状態でも
腕は軽く挙げられる。



























































2004
5,29
(土)
術後
約1年






















今日は息子さんが大病から復活しているヒトとそのお友達の3人でザイラー夫妻の「かやぶき音楽堂」まで、ご夫妻のピアノ連弾による初夏のコンサートに行ってきた。

曲はシューマンのけっこう解り易い曲が多かったように思う。いつもは世界のどこかの国の図書館で発掘してきた難解な曲も多いんやけどね。でも、アンコール曲の番号がついてないようなカノンもきれいな曲でザイラーさんらしいなとも思った。

去年は術後の秋に夫の親戚の者と行った。嬉しかった。術前の年は、姉と行った。それまでは一人で行ったり、息子と行ったり、不登校になっている中学生を連れ出したり(この子は今医学生です。)、クラッシックは苦手で受け付けなかったんだけど、耳や心に徐々に入ってきて、「かやぶきコンサート」は楽しみなんだな。

まあ、ずっと小澤征爾のTV追っかけもしていたしね。まあ、ミーハ−やね。その内、ヨー、ヨー、マやラ、カンパネラとの出会い、そして、近所のチェロリストのご両親との交流などで環境も整ってきた結果やね。

お稽古はしたことなく、独学でちょっとピアノを自分でも弾くのが好きだしね。
大好きな曲(ある式典でこのわたしが独学で弾いた曲)を術後に弾いた時は、嬉しかったわあ。けっこうリハビリにピアノを使いましたっけ。

リストやショパンが今は好き。CDが増えるばかり。バロック音楽もなんでか好きや(カノン、四季、トッカータとフーガ、ポロネーズ、G線上のアリアなどポピュラーな曲が多いもんね)。

今夜のリハビリは痛くて、どうなっちゃってんだか・・・困ったなあ。また、一ヶ月かかるかも。今回は今までに無い痛み(腋と胸)としびれ(右腕)があるな。昨日の診察では、痛いから怖くて怖さが痛みを超えたのよ、きっと。主治医が触診しただけで、ぴくんって飛び上がったような・・・想像力がすごいので、これだけ痛いとさわられたらきっと・・・と心臓が飛び出そうになるんや。なんせノミの心臓の持ち主やから。(ふっふ)
ピアノはリハビリ





















怖さが痛みを超えた昨日の診察

2004
5,30
(日)












術後
約1年






























早朝に知り合いの結婚式の二次会に参加したという息子がタクシーで帰宅。

でも、夫は休耕田をトラクターで耕さねばならず、わたしもお誘いがあって隣の町へ約束があり、息子も寝っぱなしで、あれだけ息子が家を出たという事
にショックを受けていたんですが、息子を追っても仕方ない。子離れをしなくちゃと、意を決して料理をいつになく多く並べておいてから出かけました。息子が出た直後に帰宅したのですが、寂しさは小さかった。ほっ!もう泣かないぞ!!NK細胞やーーーい!

@2月15日に灯油缶を持ち、3月6日の乳腺フォーラムでマッサージしてもらい何とかやり過ごす。しかし、一週間近く仕事を休む。(休んでも治癒しないのは解っているが、元気が出なかった。)A3月30日に息子の荷物を持、一ヶ月かかってやっと普通に戻る。B5月16日本屋で4冊の本を買い、イギリスとドイツのキャンディの缶を買い、重かった。腋が変だった。5月22日に花の植え替えでプランターを数個持った。腋にきた。5月23日に果物が食べたくなって、けっこうオレンジなどを駐車場まで運ぶ。確かに腋にきてしまった。・・・ということで、重なり、今回は今までに無くひどい。予想では1ヶ月はかかりそう。なーーんもできないや。

もっと、気をつけないと・・・。でも、リハビリはやる。

@複式呼吸をする。これは腰痛にもいいようだ。
A首をマッサージする。(約30回)
B罹患していない方の腋を押さえる。
C胸を罹患していない方の腋に向けてマッサージする。近くの方から。
D罹患している腕の肩のほうからマッサージし、心臓にリンパ液を行き易くマッサージする。
E手の指もしっかりマッサージする。
F床に上向きに寝る。両手を気をつけから両手を真横に広げる。
G広げた両手をまた、気をつけの姿勢に戻す。
HFとGを繰り返す。
I両手を広げた状態から頭上に両手を持っていき、両耳につける。
J両耳につけた腕を真横や真下に床をはわして上げたり下げたりする。
K気をつけの腕を天井に向けて挙げ、頭上に持っていき、両手を床につっける。
L頭上から天井に向けて、仰向けのまま前にならえをし、気をつけに腕を天井に向けていた両腕を降ろす。
M仰向けから姿勢を起し、両手を頭の後ろで組み、ひじを広げたり狭めたりする。(これは胸にきます。)
N床に立って、両手を挙げたり壁にそってあげたり下ろしたりし、両手を後ろに回す。

Fから始めて、Nの次に@からEまでをするときが多い。気分によっていろいろ変えている。これは
手術後に指導していただいたリハビリがやっぱりすぐれもので、これにいきついた。リンパ液の流れはリンパ節をとったものによく効く。このリハビリをするとシャーっとリンパが流れるのが解るのが、すごい!!
重たいものは
持てない!


















でも、リハビリは続ける。
















2004
5,31
(月)


























最悪や。やっぱりみかんが食べたくて、購入。すると、駐車場まで運んだだけで、もう突っ張って痛いというか、腋から胸までワイヤーが入っているみたいで、変。家の駐車場では、ついでに買った卵10個を落としてしまった。もうもう、なーんも持てませんわ。

今の状態でリハビリが逆効果にならないのか、気になる

15年来の知り合いに出逢ったところ、
子宮頚がんで卵巣もとって6年目らしいということであった。リンパ節をとっているので、やっぱり左足がパンパンに腫れていて、触らせてもらったんだけどすごかった。「主治医は何にも言ってくれなかった。」と言っていた。このヒトも別の大病院で手術したらしいんだけど、リハビリは別の管轄だもんね。きっとそういうシステムなんやと思う。そのヒトも、放射線を照射したらしい。思うに、放射線も影響しているでしょうね。

婦人科の治療については専門でも、リハビリの専門は別の分野なんやね。やっぱり、情報を収集することは自分を守ることでもあると思う。でも、患者のQOLはどうなるんかなあ?

リンパ節切除の場合、もっとインフォ−ムドコンセントを深める必要があり、切除後でもいいから予後のQOLについての紹介をするべきやね。患者の情報収集に任すのは、ちょっとヒドイわ。リンパ節の切除がどれだけ患者に不自由さと不快さを与えるのかを医者はもっと知るべきやね。命に影響はないだろうけど、また、命には代えられないだろうけど、患者にとってはかなり負担なことだ。

今、ある大学の乳腺の専門医によるHPを見ていると、ホルモンレセプターマイナスのわたしのがんは転移し易いらしく、肝臓に一番転移し易く手術はできず、生存も一年ぐらいらしい。怖いわねえ・・・。気楽に考えていたけどさあ。
あんまり、見んとこおっと。
みかん5個も持てない
(直径6センチ)




リハビリはどこの管轄?







患者のQOL




医者の課題


2004
6,1
(火)


術後
約1年













知り合いが肺がんで共存するしかない状況で、お若いのに2週に一度の抗がん剤で過ごされている様子。そして、知り合いの弟さんが、朝、目眩で起きられず、2時間後なんとか布団に座るや心室細動を起し、救急車が来たときには心配停止状態だったそうです。41歳でした。お二方は今激務な教育現場で何より頑張っていた方々で、過労も原因していると思われる。

最近、知り合いで教育現場にいるヒトのがん罹患をよく耳にする。

本日、一番こどもの命が守られるはずの学校現場での女児死亡及び殺人が起き、命をかけてまでの教育実践をされている方々が、またまた厳しい状態に入ることが予想され、安閑としている怠惰なもう一方のお気楽「せんせい」に腹がたってきた。そういう「せんせい」をけっこう知っているから。

一番、命と人権が守られるべき学校での殺人。学校の門扉を閉めることもさることながら、日本のゆがみを実感する。政治を行うお偉い方々があれじゃあ・・・なんて、病院の帰りのタクシーの運転手も言ってたっけ。
ヒトを育てる教育がゆがんだら、日本が全てゆがむ。基本と土台がゆがむんやから。

やっぱりカツラをかぶろうと思う。7月には頭髪が抜ける予定だから。

今日の入浴後のリハビリはとってもだった。ちょっと嬉しい。
頑張っている教育現場の「先生」負けないで!













入浴後のリハビリ
2004
6、6
(日)
右足のしびれが不気味である。ふっとした時に表れるしびれ感に不安を感じる。骨への転移は下半身のしびれから始まると本に書いてあったが・・・。やはり気になる。特に下半身に力が入るとしびれて痛い。また、FOOT(足)のくるぶしの下が、今日の昼はしばらくの間痛かった。
不安
2004、6,9
(水)
最近、8時帰宅が多く、オーバーワーク気味。目眩はすごい。腋もなかなかすごい状態で、上を向いて寝にくい。でも、リハビリは毎日続けている オーバーワーク
2004
6,12
(土)












11日の金曜日は、目眩でどうにもならなかったが、仕事に出る。命かけてまでの値打ちのある仕事には違いないが、自分自身の人生ってこれでいいのかなと思う。やっと帰宅して、布団に倒れこむ

今日は起きられず。しかし、目覚ましで目が開くが、起き上がることは出来。やっと、午後3時頃に入浴したのが、
またまた目眩を起すこととなる。しばらくじっと横たわり、掃除機と花を買いに行く。掃除機がこわれたままなので、カートが利用できる店に行く。帰ってぼーっとした頭で掃除をし、玄関に赤い花を置く。紫陽花の青と白と一輪の淡いオレンジの薔薇があるだけなので、寂しいから置いた。

まあ、腋は何かずっと変で治らない。今までと違う症状なので、このまま行くんかなと不安である。でも、腕はけっこう挙がるので、頑張ってリハビリをしている。でも、今までに無いツッパリや塊が残るので、痛い。金曜日にしている
浮腫のグループのリハビリに参加しようかなあ、やっぱり。でも、6月中は仕事が詰まっているから、だめだわ。
起きられず
2004
6,14
(月)

術後1年の
検査開始


















最近ずっと右足のしびれがだんだん強くなっているし、抗がん剤も3ヶ月真剣に飲んでいなかったので、転移・再発が怖くて・・・・・生きた心地がしなかった。気が変になりそうだった。昨日は大阪の姉と会って食事をして、励ましてもらったんだけど。(今は抗がん剤をせっせと飲んでいるけど・・・。)

今日は半年前からの予約日で
脳のMRを撮りに行ってきた。

先日の
採血の結果も知りたくて、ついでに結果の腫瘍マーカーの数値が記載された用紙をもらいに行った。前もってついでがあるのでもらいたいと連絡し、OKをもらっていたので、受付で言うと看護師が採血の結果を持ってきてくれた。

G-GTPが27から62に上がり、正常値が7〜29なので運動不足で肝臓に脂肪がついたみたいかな。脂肪にがんが巣くうことが多いので、心配だ。
LAPも53から69に上がり、正常値が37〜65なので、気になります。T-CHOも186から226に上がり、正常値が140〜220なので運動不足。骨への転移の数値も正常値を超えているので、気になる。(4,3から4,6へ、ICTP勉強不足を後悔するばかり。

しかし、
マーカーが正常値内でも、転移していることもあり、「絶対」なものではないのでねえ。気にしていたら生きていけません。ノイローゼになりますわ。

まあ、ちょっとほっと・・・。そこで一句「
乳がんと 生き抜くことの 有難き」・・・生きてること・・・生きることは有難いもんや、もらった命を大切にしたいという意味です。

7月29日の検査が問題や。

脳のMR検査

腫瘍マーカー



生活習慣病


T-CHO・226
総コレステロール

TG・226
中性脂肪

やばい!!

運動します!

6月28日
(金)
7月2日の診察日を変更してもらったら、先生の出張か何かの日だったらしく、受付の方から親切にFAXをいただき嬉しかったわあ。先生にもご迷惑をおかけしたようで、申し訳なく思っています。

パソコンのホームページが
転送できず1ヶ月動かず・・。また癌が急変・・。 
25回目の診察
7月29日
(木)
9時30分に胸のCTを撮り、骨シンチの注射を10時にして、10時30分に腹部エコーをかけました。ついでに婦人科に寄って薬を出してもらった。・・・確か
骨シンチの撮影が終わったとき、担当のお若い方が「去年と変化ありません
ので、特別に詳しい撮影はしません。お帰りください。」と丁寧に言われたので、へー!!主治医がだいたい結果を伝えるんだけど、めずらしいなあと思いつつ、ほっとしたもんだわ。
一年目検診
7月30日から8月3日まで 夫の「隼人サミット」出席の後を追って、鹿児島の隼人町の京セラホテルに宿泊。夏休み休暇であったが・・・、31日と1日は起きられず、食べられず、本当にしんどかった。どうにかなるんじゃないかと思う程であった。しかし、1日の午後は椋鳩十記念館にタクシーで何とか行き、京田辺市の隼人舞と隼人町の隼人舞の交流に参加して、何とかホテルへ。やっと合流した夫の腹痛で一晩眠られず。2日は屋久島へ飛行機で行く。しんどかった。ただ、タクシーで紀元杉まで行き、もののけの森を少し歩いた時は、不思議と元気が出たのは、森林浴の効果かな。3日は船で種子島に行き、タクシーで民俗博物館などを巡り、帰宅。あまり、食べられず。
鹿児島へ
8月4日 今日は、仕事だったのがつらかった。しんどかった!!
16日まで不規則な仕事と冷房など重なり、また今年の猛暑で日々しんどかった。疲れがたまる一方。
無理
8月12日(木) 夕方仕事から帰宅すると、お盆でお兄ちゃんが帰省していた!!嬉しかった。14日は次男も帰省。二人共休みが取れないと言ってたので、ホッとしたが、何故か身体の調子が良くない・・・。
息子達
8月13日から19日まで 身体がしんどくて、しんどくて、つらかった。19日まで続く。ご飯が食べられず、果実のみで過ごす。 パソコンもご無沙汰となる・・。何があったのか解らない・・。
ほんまに起き上がれず

 転移その1 .転移その2 .転移その3     トップ アイコン HPトップ 乳癌topへ   放射線科へ    


  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。rk
  
copyright(C) 2000 R KAll rights reserved.

Ads by TOK2