私の美術館巡り  a tour of Art museum

  NEW YORK                             

ストロベリー・フィールズ

Dakota Apartmentsを複雑な想いでながめ、セントラルパークに入ると、工事をしているマンホールがあった。
何となくモザイクをながめていると、中央にイマジンと書いてあることに気付く。ジョン・レノンの死後に作られた
ストロベリー・フィールズという一角。偶然に出会ったので、感動した。・・・フランスでエッフェル塔に登るために
地下鉄を降りたところが、ダイアナ妃のモニュメントのあるとこだって、この時も知らずに偶然出会った。なんせ
ダイアナ妃の大ファンで、英国政府発行のダイアナのコインまで手に入れてるほどで、あの時も、ゾクっとしたな。
今回も、同じ感覚に近かった。最近やっとYestadayがEnglishで歌えるようになり、レノンのことを以前より詳しく
知り始めたばかりだったし・・・。

 


メトロポリタン美術館

ロンドンの大英博物館とパリのルーブル美術館、そして、ウイーンの美術史美術館でかなり鍛えられている
ので、所要時間は推定できた。でも、息子との待ち合わせの時間が早くてかなり端折って観た。しかし、求めて
いた作品に出会えた。Terry WintersのPrinted Worksだ。すぐ本を買った。表現って自由なんだよって、言って
くれているし、嬉しかった。ピカソが好きなんだけど、印象派の作家達も大好きだし、表現は自分なりのものでいい
と教えてくれる。日本ギャラリーにはびっくり。日本の文化遺産がなんでここにあるんや!といつも思うが・・・。鎧・YO
ROIもみごとだった。
ショップの紙袋がいかしてました。
セントラルパークを散歩しながらホテルから歩いて行ったのがグーでしたぜ。


近代美術館・MoMA

10時開館と思っていたら、10時30分からだった。まあ、一番に入場できたのでいいんですがね。
工事中でしたが、ピカソのー鏡の前の少女ーの色にほれました。マチスは嫌いで、認めたくなかった
のですが、ーダンスーは初めていいなと思いました。


グッゲンハイム美術館

セントラルパークの東側に白いかたつむりのような渦巻状の建物があります。エレベーターで上まであがってグルグルと
歩いて下りながら、ピカソ、マチス、ルソー、シャガール、カンデインスキー、セザンヌ、などを観るが、なんと言っても、近代
建築の写真と模型がすばらしく、自由な発想の元に実際に建築されていることに驚かされる。楽しいミュゼだった。
天井からおりているのは、針金の網で、かなりの重量のものである。



ちょっと余談・・・The Phantom Of the Opera

イギリスでもライオンキングを観たけど、ブロードウエイのシアターもけっこうシックでヨーロッパの香りがした。
イギリスでは一人でボーっと行って、言葉も解らず切符を買ったら、立ち見でしたぜ!3時間近く立ちっ放し。
感動はしましたが、疲れましたぜ・・・。イタリアではオペラ座の近くのホテルだったし、息子と一緒だったので
(ましてや二人の息子達であった)、ゆっくり座ってバレーを鑑賞でき、歴史の深いステキな空間を味わうことが
できました。今回のNewYorkでは内容が良かったし、長男がイギリスでどうしても取れなかった切符だったし、満足
できました。しかし、座席につくまでは落ちそうで、怖いですよね。・・・ホテルから歩いて10分の劇場でした




  「美術館巡り・日本」へ  オランダ  トップ アイコン トップ トップ アイコン稲作民俗の源流メイン」へ 世界遺産」へ  


感想・御意見・御希望は、メールにて、是非お願いします!
E-Mai ryouko@catnip.freemail.ne.jp小泉りょう子に、お寄せ下さい。
  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
  copyright(C) 1999 Yoshitaka Koizumi. All rights reserved.

Ads by TOK2