ドキュメント乳癌
 (術後1ヶ月半より)
乳房温存による補助療放射線照射!!              

現在女性の乳癌は、20人に1人患者が発生していると言われています。
 現在の人間ドックや通常の乳癌検診では発見されないので大問題となっています。
 マンモグラフなどによる検診方法の早急な対策が必要でしょう。
 この
私の乳癌記録(特別手記)は、乳癌を体験された方が毎日記録された手記です。
  乳癌にも色々な段階や種類によって治療方法も様々ですが日本の最新設備が整った
 超一流の総合病院の名医と言われる医者の診断を受けた患者の手記です。
1、乳癌その1 2、乳癌その2 3、乳癌その3 4、放射線科 5、抗がん剤その1 
6、抗がん剤その2
 7、抗がん剤その3 8、リハビリ
9、転移その1  
10、転移その2  11.転移その3 
 
放射線照射!!つづき乳癌その4 あなたは 番目の訪問者です!


8,12
  (火)
術後
 6週
漢方薬の睡眠剤を飲んで寝たけど、すぐ起きた。仕方ないから10時の予約なのに8時30分ごろ着いたんじゃないかなあ。

初めて放射線科に行く。もっと院内を歩いておけばよかった。終わったら飛び出して帰っていたので・・・。情報も集めておけばよかった。目の前のことで必死だったし、それにそこから逃げたかったし。
もう情緒不安定になり、パニクってしまった。病気なんてイヤ。

夫は今日も言う。温存と全切に差がないんだから、先での喪失感を考えると大きな賭けは賭けだが、そりゃあ違うよお。・・・しんどそうな顔を見ると俺も気がめいる。人事異動で仕事内容も変わったし・・・。(次回は付き添ってくれることになったけど)

何か皆から見放された感じになってしまった。世界に先駆けた機器でも、ヒトが動かすんやからね。自分で何か間違っていると思うけど・・・。

今日あったことを姉にしゃべると電話のむこうで大笑い。自分の夫が初診で余命一週間と言われた姉だから、パニクってるわたしがばかに見えるんやろね。「自分の夫が行くなり余命一週間といわれたらどうするの!」だって。即、気絶かショック死と思う。きっと病院のヒト達もわたしに対して姉と同様でしょう。いいの!乳癌の放射線照射はわたしにとっては、一大事なんです!

乳癌が発覚する半年前からすい臓の辺りが痛く、一ヶ月前は卵巣がずっと痛く、最近は以前あった右脳の痛みが違った痛みとして、歩くのも怖いほどの痛みとしてくる。もう怖くて怖くて。何かあるんじゃないかしら。放射線照射が終わったら、診てもらおうかな。でも、怖いし痛いし、もうどうすりゃいいの!!

放射線科診察@



インフォ−ムドコンセント

8,14
  (木)
術後
 6週
CTシミュレータで身体を断層でみることにより、治療箇所を決定するために地下へ・・・。とうとう来てしまった。夫が付いて来てくれたので少しは情緒が安定していたかな。待合での聞こえてくる会話もすさまじいばかりで、逃げ出したくなる。どのヒトも闘っていることはもうもう充分解るが人間ができてないので泣き出したくなる。これが日常なんだから、感覚がマヒするやろね。亡くなるのも日常、転移するのも日常・・・そんなところにポッと癌です!と言われて間もない者が行くんだもんなあ・・・感覚がずれるわ。

でも、優しく扱っていただき気持ちが落ち着けたのは確かだ。

固いかもしれないけど、装飾品ひとつにそのヒトの人生観って出るよ。夫が茶髪大嫌いなようにわたしも真剣さとか真面目さが感じられないヒトには、ふざけんな、ちゃらちゃらすんなって思う。勉強ができても人格と関係ないことはイヤというほど見てきたので信じられないよ。息子が「相手に何を求めているんや?外見で判断するんか?」って言うけど、外見は禿げてても何でもええ。一生懸命さが、若さにはいるよ。今の若いヒトは、教育現場でもよく取り上げられているけど、ほんまに何考えてんねんと思う事多い。怒られる事注意される事に拒絶反応する。ブランド物を見えるところにちゃらちゃらとつけてねえ、自分をブランドにせえ!と言いたいよ、ほんと。でも、弁護士や医者になっただけでブランドになったんじゃないよ。依頼者や患者の命を救って何ぼの世界やで。今や命だけでなく、気持ちも救えってなってきてるやん。これからの世の中は弁護士や医者様無しでは生きていけないだろうなとは思うが、不器用で朴訥でも粘っこいヒトが信じられていくんじゃあないかなあ。40歳代では、ばりばりやらんとあかんと思うけどね。

夫は「
大学病院は教育機関でもあることは忘れたらあかん。それでも最高の技術が得られる事のメリットの方が患者にとっては大きいんや」と言う。そうなんや。若い人を育てる事は将来自分に返ってくるんや。納得。

13年前くらいにこの病院で喉にできた腫瘍を手術してもらった時、入院を2週間余りした。担当の助手だったか最もお若い先生の活躍をカメラに撮り、アルバムにして渡したことあったっけ。真面目そうな注射の上手なヒト。少女漫画をいっぱい読んでいて、沢山借りた事あったな。子どもの漫画に妊娠、中絶など全て出ているのには驚いた。出ていると教えてもらって後学のため読ませてもらったんだけど。・・・わたしも素直な時があったんだわ。

何せこんなに休みをとったことないから、自分を見失っていることは確かだ。それに愛情をかけるものが無くなった事も大きいな。長男が就職し家を出た。二男ももうすぐ自立しそうだ。仕事もとられた。・・・もう自分じゃないよなあ。
ほんまに病気って気の病だわ。

放射線科




CTシミュレータ
に特殊インクで印をつマーキング



外来料金
4580円

8,15
  (金)
術後
 6週
午後3時に行く。女性が何か電気?を当てて印をつける。この3日間お盆のせいか、全て違う方がわたしに対する自分のノルマを遂行。分業か流れ作業のように。会った事もないヒトにこんなに簡単にベルトに乗せられて進んでいってもええんやろか。わたしのデータを見てしゃべっているだけ。人間としてしゃべってないわ。まあ、生き地獄のような厳しい環境では、いちいち感情移入していてはもたへんやわなあ。空気も悪いし。だいたい放射線とかの作業は地下にあるから、ものものしいのよねえ。なんせ人間できてないから、気が病むばかり。早く終わらせたい

今日の女史のて
きぱきとした即答はスカっとしたが、ただそれだけで、背を向けてさっと行ってしまったのにはつべこべ言わんとはよ帰りという感じだった。ばかなおばちゃんの相手はできんわなあ。こんなところでコミュニケーションをとろうと思うのが間違い。疑問さえ解けたらいいんや。(後日大変親切に対応していただき、またまたわたしの誤解だったことが判明。ごめんなさい。でも、眼鏡の奥のアイラインが魅力的!?でした。ははは)

      
P「生物学個人授業」 新潮文庫    岡田節人・南伸坊
         すごくおもしろい話。このシリーズを早く読みたい。
      
放射線科




放射線を当てるところにマーキング

会計なし
8,18
  (月)
術後
 6週
1時30分に入る。2番目に照射。熟年の方と若年の方二人にマーキングどおりに照射される。流れ作業の一環やね。温かみは感じられた。早く治りたい。脇の水が自覚できるだけに、ちょっと気になるが。こころなしか乳房が小さくなった気がする。その他は何もなし。(14210円なり。明日からは毎日4000円ということであった。30日だと13万はかかるということになる。交通費を合わすと20万弱かかることになる。なかなかお金がないと病気にもなれないのは、いつの世も同じか。働いててよかった。)

放射線科

放射線照射
1回目

14,210円
8,19
  (火)
術後
 6週
昨日は2番目だったのでもっと早く出かける。12時46分に着き、やり方も解らず待つ。2番目の人がカードを置いているのを見て同じようにする。1時30分前に昨日の真面目そうで優しそうな技師が対応してくれる。若い技師もにこにこと優しい笑顔で会釈をして入ってきた。笑顔って大事やネエ。笑顔がなかなかできないタイプなのでつくずく思う。
放射線科

放射線照射
2回目

3920円
8,20
  (水)
早く行ったのに2番目だった。若い技師は今日もにこにこと挨拶をして入ってきた。帰り、有難うございましたと声かけをすると次の患者の対応をしていた若い二人の技師は大きな声で返事を嬉しそうにしてくれた。これでコミュ二ケーションは充分である。いい気分だった。

帰り水を明日にでも抜いてもらおうと乳腺科に行ったが、明日は先生がお休み。予約どおり金曜日まであと二晩、がまん、がまん!痛いんだよなあ、腋が。熟睡できないのよねえ。

放射線照射
3回目

3920円
8,21
  (木)
今日は放射線の診断日。お若い方の先生にしっかり挨拶をして受ける。寝て手を挙げている写真を撮った。しっかりしゃべってくれた。悪い事した・・・。

長い事待って今日もお若いいつもの放射線技師一人が頑張ってあててくれた。素直そうでいい感じだ。
放射線科診察A

放射線照射
4回目

3920円
8,22
  (金)
今日も昨日と一緒で一番に、同じくお若い技師一人に照射してもらった。支払いを忘れた。あーー!!(これってよくやるんよね。一週間が終わったぜ!と飛び出したのがあかんかった。スタンプ表も無くしたし・・・未だに何処でなくしたのかさっぱり解りまへん。ガキですわ、ほんま。えらそうなこと言えません。)

放射線照射
一週終了

8,25
(月)
今日は真面目な年配の方とニューフェ−ス一人。みんなに不安が広がる。やっぱりやり方が違い、スムーズにはいかなかった。 放射線照射
6回目
8,26
(火)
にこにこ顔のお若い方でほっとする。腕の上げ方をほめてくださり、細かい配慮が嬉しい。最近頭痛がするし、痛いし、しんどい。ぼーっともする。
放射線照射
7回目

8,28
  (木)
診察でお盆休みもあって2週間ぶりの先生は、眼鏡を黄色から黒に、お髭もそり・・・なんと可愛いお顔の方で、イメージってこんなにも変わるものなのかと驚いた。まあ、すがるように先生を注視しますので、命を受け止める冷静さと傷ついた心を受け止める優しささえあればいいんですがね。・・・ちょっとホッとした。なんせ根が正直といおうかウソつけないといおうか、お腹にしまえないので自分でも自分をもてあまし気味なぐらいなので。・・・・・気分よく診察に行けることがわかり、嬉しい。(わがママですね、わたしって。間違っているのは充分解っているのですが。迷惑をかけました。お騒がせしました。)先生の気分が悪いわなあ、ほんまに人間できてないと医者様はできまへん。最近は特にわての様なものもいるし、心まで救えとなってきているしねえ。先生のストレスはどうなるのかな。情熱がポイントになるのかな。

あわてて照射船照射の順番とりに行った後、睡眠不足なので食事をとって放射線照射に備える。放射線に負けたらあかんと思って食べたんだけど、何せマーキングが食事の前だったし、食べた分胃がこんもりと盛り上がったのか技師が手で胃を押さえていたので、マーキングが微妙にズレていたんかなあ。けっこう思い出したらおもしろかった。


放射線科診察B





放射線照射
9回目
8,29
  (金)
外科の診察を嬉しく終え、照射の順番を取りに行き、前日の睡眠不足解消に食堂へ・・・。10回終了! 放射線照射
2週終了!
8,31
  (日)
明日からまた照射。腋に異物感はエスカレートするんやろか。どうしたらいいんかなあ。水は無いし、このままいくとだんだんひどくなっているので・・・腋を押すと固いし、やっぱり何かあるわ。困った。

9,1
  (月)
聞くと腋にあんぱんが入ってるような人もいて・・・ほっ!  でも、わたしのように動かないらしけど・・
固いのは同じ症状やわ。わたしのは変幻自在!いろんなバージョンがあって・・・どうなってるんやろ?
おかしいなあ。ある人は今日まだ34ccの水をとってきたんだって。いろいろや。
子宮が久々に痛い。左乳も痛みが頻発してきたし、左目に痛み3回あった。ちくっとまつげが左の方の白目にささったような痛み。左耳も変・・・左の方から照射しているからか。でも、光と一緒で真っ直ぐに進むから大丈夫って言ってたけど・・・。
よく眠れているので今日は照射後は元気でしたよーーん!!
放射線照射
11回目


9,2
 (火)
腋が照射後固くなって痛くて痛くて・・・きゅーっと突っ張ってるし・・・明日はどうなるんでしょう!こわい
放射線照射
12回目
9,4
 (木)
診察で痛みを診てもらうが、過敏だとのこと。あああーー!最後5回のピンポイントに向けマーキングをする。ちょっと早いんじゃないのかなあ。でも、大事に扱ってもらっているのがよく解る。外科医ともしっかりコミュニケーションをとり癌巣の根絶に向けて頑張ってくださっているのは伝わった。感謝。

放射線科診察C

放射線照射
14回目
9,5
 (金)
やっと15回終わる!胸も痛い。

照射の部屋がけっこう開けっ放しなのが気になり、カギをかけたくなることが多い。一番で行くとどこでも入れる感じ。最近の想像を絶する事件の影響で病院も池田小事件と同じで誰でも入れるやんかあ、心配やわ。大丈夫かなあ・・・。
カギをしてほしいわあ、昼休み。
放射線照射
3週終了!
9,7
 (日)
二日間睡眠薬無しで眠る。眠れるほどの痛みだったのか!きゅーっとかたく固くなって痛いんだなあ。
明日から大丈夫なのか!?
9,8
(月)
腋に同じ症状のお若い人に遭遇。ホッ!ご主人に指圧をしてもらっているんだって・・・私の痛みがきついはずだわ。何でも愛情がポイントよねえ。

放射線照射
16回目
9,9
 (火)
早くおーわーれーー!! 放射線照射
17回目
9,11
 (木)
ちょっと早めに行ったので、もう一人のお若い方の担当医が診てくれた。しっかり答えてくれた。でも、わたしの印象が悪かったので、自分を出さずにさっと対応している感じ。そうやわなあ。それしかないもん。また何言われるか解らんもん。わてがそうさせたんや。わてのせいや。そういう意味で医者様も大変や。教師も世間からいじくられ厳しくたたかれているけど言われっぱなしじゃあお若い人は意欲を失うわなあ。悪かったですね。まあ、わたしの様なワガママな人間もいるという経験として、一つの学習としてとらえて忘れてくださいませ。。エレベーターで上がると、もう一人の年上の担当医が携帯でしゃべっていた。忙しそうだ。

二番目に放射線照射をした。いつもより30分早くスタート。気を紛らすため、初めて四条で降り、丸善へ。やっぱり、本を買う。
放射線科診察D




放射線照射
19回目
9,12
 (金)
照射をすればするほど固くくいこんでくるので、痛みもあり、残り10回が心配だ。腋だけでなく胸までもきているので気持ち悪いほど。運動不足なので頑張っているが。放射線が合わない人もいるんじゃないかなあ。遺伝子をたたくらしいけど、また、乳癌には放射線がよく効くらしいけどさあ、相性ってないんかなあ。身体の性質ってあるよねえ。・・・・・。

放射線照射
4週終了
9,15
 (月)
この3日間リハビリをしっかりするが、まあ、腋と胸のすごいこと。怖いほど。違和感がすごい。明日の照射は大丈夫なんかなあ。不安。

祝日

9,16
  (火)
待合のすごい情報交流。

そろそろわたしもX線照射が終わりなので、術後10日の乳房と術後5週の写真を携帯で見せてあげる。みんなすばらしい変容に驚いていた。でも、みんな老眼やから携帯の映像は判別しにくいから、どこまでわかってんだか・・・。(ほにゃらら医院の多くの患者は場所を間違えてんのか、実物を見せ合っている!!それも、CTを撮りにきた死にそうな男性達の前で!ええ迷惑や。)
わたしにとってはぎりぎりのコミュ二ケーションだったけど。・・・・・癌って誰も思ってくれへんやろなあ。

今日もあの優しい技師さんだったのでみんなホッとしていた。お若い技師と二人。先週はしっかり者の女性と今日の優しい技師だった。声のいい茶髪の技師、にこにこ顔の技師、年配の真面目そうな技師。この真面目そうな技師と担当医がわたしの最後の電子線の照射ポイントを決めたようだけど。

腋と胸は照射後、おとなしくしてくれているような・・・。何だか今日は眠い。

放射線照射
21回目
9,17
 (水)
待合は今日もはな?盛り。待ち時間の短い事。

今日も優しい技士さんと若い技士。ちゃんと患者の名前を確かめ、順番も確かめてくれた。
胸と腋にステンレスをはめ込んでいるよう。中で切れてへんかなあ、中が血みどろでは・・・なんてねえ。ないわなあ。でも、そう思うほど肩がこるほど・・・怖い。
放射線照射
22回目
9,18
 (木)

何とか15分前に着いて診察を受けた。「術後の知覚過敏が照射で無くなった」と言うと、「照射のせいではありません。知覚過敏がすでに治ろうとしていただけです」ということだった。「胸が白っぽいですがこのままいきましょう」とのことでもあった。そういえば白いのは何かなとは思っていたけど大したことも無いので気にしてなかったな。手の運動は頑張ってしているので、効果は出たようだ。痛くてもしてるもんねえ。

今日の照射はマークに合わせる為あっちこっちと身体をいじられ、ついつい不謹慎にも噴出してしまって・・・一生懸命してくれているのに手を止めてしまった。あーーあ・・・だってえ、おもしろかってん。思い出しても顔がゆるんでくるう。一番優しい真面目な技師なのに、悪い事したな。でも、我慢すればするほど・・・明日どうしよう!!後少しで終わるから浮かれてんのかなあ。めちゃくちゃ嬉しい!

     
放射線科診察E



放射線照射
23回目


後、X線は2回!(+電子線5回あり)

9,19
  (金)
照射直前先の尖ったヒトデに胸をむんずとつかまれた様な痛みにはまいった。どうなることかととまどったがそのまま照射をしてもらう。昨日噴出し笑ってしまったので、ガマン。今日はお二人の立つ位置が反対になっていた。ちょっと反省。でも何かしら今日のお若い方は、機械操作室では、すごい笑顔で大きな声で一番優しい方としゃべっていたのは・・・・気にせんとこうっと。X線照射は、あと一日!嬉しい。
しかし、最後の日はどうしたのか、入院患者を多く照射するのか、2時以降に来てくれとのこと。せっかく最後なのに・・・なんでかなあ。研修かなあ・・・。

宝塚から毎日車で送り迎えしてもらっているおばあさんが何やら自分のことを話し出した。あと一日なのでしっかりお付き合いさせてもらうことに・・・。マンションを持ち、この間も地鎮祭をしたという。ボランティアもたくさんし・・・余りの幸せにふと「こんなに幸せでいいんやろか」と思ったとたんサッと隙間風が・・・「その隙間にがんが」・・・。わたしも同じだった!長男が就職、わたしは新任担当という大役、二男は就職内定・・・「えらいええことづくめで・・・良過ぎるなあ・・・」と思った直後に、がん発覚だった。
人生の隙間ねえ。うまい表現や。しかし、隙間を埋めるにはえらい重いもので埋めるもんやないかあ!

放射線照射24回目





人生の隙間
9,21
  (日)
腋と胸に吸盤つきのヒトデか何かがくっついている状況だ。それでも、リハビリをしている。腋の物が邪魔だけど。ただ背中に手がいきにくく困った。下着をつけたり帯を結ぶことが、このままならあかんやろなあ。えらいこっちゃ!
9,22
  (月)
病院の都合でいつもは11時30分の電車で行くんだけど、2時30分の電車で行った。待ち時間無しの照射で、あっけなく終わる。皆さんにお別れのご挨拶もできなかったけど、嬉しい!!でも、胸も腋もいたくて痛くて帰宅後すぐ寝て、9時まで寝てしまった。小泉新内閣のメンバーをニュースでやっと確認できた。今晩眠れるかなあ。

線照射
  
 終了
9,24
  (水)
9時30分に家を出る。混んでいそうなのでゆっくり行く。待っていると機械のトラブルらしく私の前の人で何やら機械をいじっていた。20分後二番目に照射。ちょっと気分良くないが大丈夫と思って照射の部屋に入る。あっけなく終わる。上からピンポイントってわかる様に胸の近くまで降りてきて何の感覚もなく数十秒で終わる。機械と胸の間に体液と同様なものを乗せ、照射の深さを調節しているらしいわ。。往復が大変なだけ。明日の診察で何を言おうかなあ。

電子線照射
スタート


2990円

9,25
  (木)
9:30予約に10:00に入るが、セーフ!ゆっくりおしゃべりができた。よくしゃべっていただける担当医。こっちもしゃべるタイプ。さあどっちがよくしゃべったかな!?

これからの放射線科にかかる医療からの期待についてのおしゃべり。放射線を受けなくても良いと診断された場合、放射線照射を希望できるのかというおしゃべり。セコンドオピニオンのおしゃべり。などなど・・・。おもしろかった。お若いけど10年ほど患者を診ているだけあって、対応は慣れたもの。なかなかでした。重ね重ねお詫びを・・・。

言い忘れていたけど2週間前から右の背中が痛いということについて、脚気かどうか調べるときに遣うものでコンコンと背骨やらをたたいて痛みを調べてくれた。しかし、腋のいたみで、はっきり解らず。でも電子線照射のあと外科に行くとき、やっぱり背中が痛かった。

骨は大丈夫かな?

電子線照射のとき技師にインタビュー。やかましい変なおばちゃんやなあと思っているやろなあ。

放射線の最後の診察F今後は
一ヶ月毎)

電子線照射
2回目



2990円

9,26
 (金)
待合で地震のニュースをしてるのにおばちゃんたちのやかましいこと!終わったら胸を出しあって情報交流。ここは病室とちゃうでえ!!紳士がけっこういるのに、なんちゅうこっちゃ!!恥じらいを忘れてしまっていた私に恥じらいを思い出させてくれたのはけっこうなことで彼女達に感謝状でも渡したいぐらいだけどあれはやり過ぎやで。みんなでやれば怖くないっちゅうやつ、あれや。日本のイメージはおばちゃんがかえてるんやな、やっぱり。この40代50代に育てられたのが今の若者や。わても同世代だけどなあ。こりゃあかんわなあ、日本も。教育は学校だけでできひんよ。家庭でもするんやで。地域での教育力も大切なんやで。仲が良いのはええ。生命力もあってええ。でも、TPOを考えなはれ!迷惑や!!!

電子線照射
3回目


2990円

放射線科からの貼り紙が見えへんのか!!!
9,29
 (月)
術後
 3ヶ月 終了
外科の先生から頼まれていた事があり、寝不足で早起きし電子線照射に出かけたがこんな日にかぎって早く終わり、頭ボヘミヤン。ぼーっといると、東大出て別の大学で今未だ学生をしているという25歳の青年が、照射に来ているお母さんとやってきた。お母さんのことを色々もっと知りたいので話を聞きたいということであった。東京から帰ってきたら母親が元気なので、ガンと言えば死と結びつけるのが普通なのにその死と向き合ってからどう今の自分に持ってきたのかとか、車の交通事故などで即死をするのと癌と告知され転移や限られた人生というリスクを負って死に向かうのとどっちが・・・とか、自分は親の近くで就職するのがいいのかとかけっこう一時間ちかくハイテンションでしゃべり
もうすっかり
燃焼してしまった。だって彼の素直な暖かい親への想いが嬉しかったしねえ。ヤバイなとは思ったけど、暇だったしねえ。約束の12時まで2時間あったもん。(予感は当たったけど・・・わてが悪かったんですが)


放射線照射
29回目


電子線照射4回目

2990円


さわやかな青年


9,30
 (火)
放射線照射
 終了
X戦照射の終わりもそうだったけど、また、電子線照射の終わりも何か事情があって遅く着て欲しいということでゆっくり出かけた。すぐ照射してくれた。お世話になった照射線技師の似顔絵を書いて、その印象も書いて「ありがとう新聞」を渡しておいた。アングラ的な感じでいつも裏で頑張っているようで何かいい風を贈りたかったしね、おばちゃんたちのしゃべりのうるささと共に昨日あの青年と私もついついしゃべってしまったのでお詫びも兼ねたというとこかな。たまたま昨日の青年のお母さんがいて話していたとき、技師たちがにたにたしていたので、けっこううけたかも。ふふふ。

右乳は固いんだけどもうええねん。

帰りそのまま大阪の姉の家に術後初めて行った。手術前に癌をさわったくせに、見せるとさすが触れなかった。マーキングが痛々しかったのかなあ。一人前5千円の和食を二人で日航で食べた。やっぱり疲れた。

いつも息子に叱られるからヒトさんには言えへんのやけど・・・・・
道頓堀の橋であやしい手相占いがいたので、照射も終わったしちょっとおもしろいし声をかける.しゃべるだけしゃべってもらい、当たってるかしゃべる。わてのほうもけっこう詳しかったからね。大丈夫かいな!「この商売に向いている!」なんて感動していた。ははは、やってもええよお。食べていけへんかったら道頓堀橋で座ろ。ははは。

オーストリア一人旅の帰り、オランダ航空で隣に座ったパリ帰りの女の子と一晩中しゃべっていたんだけど、手相を見ていたら
スチュワーデスが自分もみてくれと来た。それが当たっていたらしく日本人のスチュワーデスを通訳として連れて外国人のスチュワーデスも来て、また当たっていたらしいわ。次はグローブのような手まで出てき、パイロットじゃないやろけど何かかっこいい制服の紳士が病後初のフライトだったらしくそれも当てたらしい。知らんやん、頭が冴えててんやろか。後数名の手を見せられことごとくポイントは当たっていたらしい。思い出すとおもしろいけど、日本人のスチュワーデスは「今付き合っている彼と前の彼とどっちと結婚したらいいか」と仕事の合間に何度も聞きに来て困ったけどネ。ちなみにオランダ航空は美人がおらんよ。ヒトのこと言えへんけどさあ。

けっこう統計学みたいなところがあって、見えるねん。この病気になる前やっぱり大きな病気の手相になり、やばいと思っててんけど忙しくて忘れてたのが・・・・・。手相はわたしのコミュニケーションの一つ。とーっても仲良くなれるんだよお。
この今日の話は息子には言えまへん!
終わった!




放射線照射経費
合計
123240円

入院・手術代を合わすと
250850円
(入院費は他院の三分の一)


息子には言えないこと

10,5
  (日)
続く病院の事故

EM@放射線照射のおりの事
照射そのものは痛くも痒くもないんだけどどうも私には合わないものでどうも量が多すぎるんじゃないのかなあとずーっと思ってきた。(多くはないんだけど)
照射医の計算等にはシステム的に皆で議論する場もあると聞いたので、また、何故ころころと照射技師が変わるのかを聞いたらミスを無くす為にみんなの目で見ているんだということだったし、ペアでローテーションをくんでされていたので、信頼はしていたが・・・。
昨日の国立弘前病院での放射線過剰照射の新聞報道では、あり得る!と思った。ましてや一人なんて考えられない。実力も未来もあるものがそのシステムによって未来を断たれるのは、はがゆいもんだ。

EMAX線照射の後電子線照射のおりの事
機械の故障か患者が出てきて待合の椅子に座る。まもなく照射技師が機械を15分ほどいじり続け、待っていた患者が再び入り照射され、次が私だった。気分は良くなかったが、信用するしかなかった。操作ミスとか計算ミスのときはどうなるんかなあとコンピューターを操作している様子を見る度にも思っていたが・・・。
昨日のいわき市の事故、病院でのMRIのヘリウム爆発は他人事ではなかった。

要するに何でもヒトの手でする事にはミスが付きもんやということやね。いかにミスを防ぐかというシステム的なことにポイントを当てて実践している病院とそうじゃない病院との違いが出るような気がするが、ちょっとしたことで大きなミスは防げるんじゃないかなあ。

誰でも入れる病院の安全はどう管理されているんかなあと、池田小事件から、通院する度に思う。ドアが開けっ放しを見るとついついカギをしたくなった。
病院の安全管理

10、21
  (火)
放射線照射終了後、約一ヶ月ぶりの放射線医核での診察でした。まあまあ、先生のオシャレなこと!ファッション雑誌から飛び出たようなヘアスタイルでびっくり。お髭もなく美男子でした。最初の印象からすると全く違う。いいおとこ!?なのに・・・最初からこうであったら、このオバちゃん泣かんでよかったんや。
やっぱり身奇麗にするって大事やなァ。かわいらしくってヒト当たりのええ良い先生でした。

・・・ということで、言わなくちゃいけないことを言い忘れ、困ったぜ!!背中が痛いこと、より一層腋などが中ですごいこと、目眩が続いていること・・・あー、言い忘れた!!!

胸の写真を撮った。アンケートもとった。満足度らしい。形か大きさかどっちか聞いたが、美容的にということだった。可愛いし気に入っているからと言っておいたけどね。大きさは違うし、形もちがうけど、可愛いんだよお。まさに生まれ変わった感じやで。プチ整形の人気がこのおばちゃんにも解るよ。そりゃあ、みんな行くで。

次回の診察は3月や。きっと忘れるわ。カレンダーも来年になるしさあ・・・。
でも、先生どうしたんかなあ。何かええことあったんかにゃあ。
ええっ!
 診察は
6ヵ月後!?

放射線診察G
2004、
5,11
  (火)
次男の髄膜炎での入院で3月30日の診察が今日になってしまった。2ヶ月前にできたかゆみをもった赤斑に、ステロイドが入っていないオイラックスという
塗り薬をもらった。
放射線により、皮膚が弱くなっているようで、何にもしなくてそっとそっとしておくのがいいみたい。そのうち良くなるようだ。

毎回写真を撮るのがイヤだ。次回は写真で何が解るのかを聞こうっと。変化を診ているんでしょうがね。どう変化しているのかも聞こうっと。次回は11月16日だ。
放射線科診察H

 抗がん剤その1へ 抗がん剤その2へ 抗がん剤その3へ  リハビリ 転移その1 
 トップ アイコンHPトップ
 乳癌topへ 「美術館巡り」


  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。rk
  
copyright(C) 2000 R KAll rights reserved.

Ads by TOK2