稲作民俗の源流   Folk customs of rice growing in the world  

インドネシア・トラジャ民家    
  舟形屋根の高床式住居                                               

 インドネシア・スラウェシ島の中部山岳地帯,標高800メートルに位置するサダントラジャは,
四方を険しい山に囲まれている.古くからトラジャ人がインドシナからこの地に住み着いたと
言われているが、外部との交流が少なく彼らの文化・宗教は独自の発展を遂げた.

サダントラジャは、スラウェシ島の中央に位置し、農業を中心とした文化や色々な風習を持った
精霊信仰が今も残っている。
特に葬送儀礼は、巨石文化をともなった来世への旅立ちとして盛大行われる。
一方、農業を中心とした豊穣儀礼新築儀礼などの生の儀礼は、死者を神霊化させ祖霊
なった神を、この世に
再生させ幸福をもたらす作用をはたしている。
 彼らは死を悲しむべきものと見倣さず,新たな世界への旅立ちと考えている.そして,盛大な
葬儀を行うことで死者の来世での幸福が約束される、と考えている。
裕福な家の葬式となると1週間、普通の家でも3日間にも及び,闘鶏,闘牛,踊り,音楽などが
連日連夜行われ村を上げての儀式が執り行われる。(下記の写真を参照)

貴方は番目の 訪問者です! 
                             


     トラジャの民家で
        行われた葬送儀礼

サダントラジャ の 住 居 ・ト ン コ ナ ン
 中央セレベスの山岳民族サダン・トラジャ(SADAN・TORAJA)は、トンコナンと呼ばれる
棟持柱のある船形屋根の高床式家屋に居住している。割竹を幾層にも葺いた巨大な舟型
屋根と、周囲に彩色彫刻を全面に施した外壁をもち、前柱には儀礼のたびに犠牲に供した
一番大きい水牛の角が飾りつけられ、その数の多さで家格の高さを誇示している。
 トンコナンは必ず北向きに建てられているが、これはサダン・トラジャが北を神聖な方位と
見なしているためである。
 床下は通常、水牛の畜舎とされている。トンコナンは、これに居住する一家族だけのもの
ではなく、これを建てた祖先のすべての子孫のものと考えられており、いわば親族統合の
シンボルでもある。
 ンコナンに極似した住宅様式は、アッサムのカチン(KACHIN)族や、スマトラのトバ湖の
周辺にあるバタック(BATAK)にも良く似た高床式家屋がある。

    舟形屋根の高床式穀倉


トラジャの建物(舟形屋根の高床式住居と穀倉)

トラジャの建物は,住居を「バヌア・スラ穀倉を「アラン・スラ」といい、両端の屋根が大きく反り上がり
コレヲささえる棟持柱のある船型の高床式である。
屋根は,孟宗竹を割って数十層に積み重ね、周囲の壁面は水牛(富と権力)や鶏(神の使い)
それに太陽(太陽崇拝)や蛇(農耕神)などの文様を描いた彩色彫刻が見られる。
これら文様は、各種儀式に用いられており「アルック・ト・ドロ」という祖先伝来精霊信仰とともに、
固有の文化として今も引きつがれている。
この棟持柱をもつ船型の高床式建物は、奈良の「唐子・鍵遺跡」出土の土器や、佐味田宝塚古墳出土の
家屋紋鏡」、それに中国の普寧石寨山遺跡出土の「銅房屋模型」、滋賀の「下鈎遺跡」「伊勢遺跡」で
見つかっている。

   
    彩色彫刻 スラ

崖上に穴を掘り造った風葬墓
 祖先崇拝と結びついて、祖先を形どった像を作ることは、トラジャ民族のあいだに広く
行われている。サダン・トラジャ(SADAN・TORAJA)は、その代表格である。
 葬式に際して、故人を形どったタウタウと称する等身大の椅子に座った人形を作り、葬儀
場ではトンコナンの前にこれを設置する。タウタウは、一本の木や大きい石を彫刻して、案
山子風に作り、美しい衣服や装身具をまとわせる。葬式後は、家に持ち帰って解体したり
家の前に置いたりする。
 しかし岩壁の高所に造った風葬墓の入口にも、棺を納めたのちに、その正面に故人を
あらわす木偶を立てる。この人形はネラア(NELAA)と呼ばれ、タウタウと同様に衣服を
まとわせ、故人をしのぶよすがとされる。

旅のガイド・・・

日本からトラジャへ行くのは、大変です.バリに一泊して翌日午前中,スラウェシ島の
ウジュンパンダンまで飛行機でいき(1時間)さらにトラジャまでバスで8〜9時間と
いう長い旅となります.
トラジャへの日本からの大手旅行会社ツアーはありません.自分で飛行機とバスを乗り
継ぎ,現地でホテルを見つけ個人旅行をせねばなりません。かつては、スラウェシ島の
ウジュンパンダンから小型飛行機が毎日1便飛んでいましたが現在は週1便が出ている
ようです。
しかしインドネシアは、乗客が少ない時は飛ばない場合が多いので当てになりません。


上記内容の詳細は、下記の本で御覧になれます。

 2001年2月下旬に、「稲作民俗の源流―日本・インドネシアー」
として出版。目次は、ここをクリック!興味のある方はEーmailでお便りください!
題名『稲作民俗の源流―日本・インドネシアー』自費出版!
上記本の写真と内容 詳細は左をクリック!


上記のサダントラジャの行事は、下記の本で詳しく紹介されています。

「文理閣」 http://www.bunrikaku.com/gazomokuroku-1.htm
「TRC図書館流通センター」 http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=01011874
「アマゾン」 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4892593745/qid%3D989599708/249-6037261-0581962
「歴史全般リンク集」 http://www2m.biglobe.ne.jp/~Accord/KENSAKU/v13f-new.htm

かつては、下記のホームページでも紹介されていました。
「ヤフーショッピング ー民間信仰リンク集」 「紀伊国屋」 「ヤフーブック」 「丸沼書店」  
「歴史全般リンク集」 「朝日ネット」「喫茶店・京童」 「神奈備掲示板」「新着図書情報画面(岐阜県図書館」

京田辺市周辺ガイド ■京田辺キャンパス学生マンション ■”かぐや姫の里”京田辺   ■京田辺市 
   ■同志社大学周辺ガイ ■同志社大学 キャンパスに残る文化財、同志社 ■ 新島襄旧宅


       次へ


  http://www.asize.net/~asia/index.htm
海外行方不明者家族の会     http://www.alpha.dti2.ne.jp/~missing/
海外旅行犯罪事件簿      http://www2u.biglobe.ne.jp/~hanzai/home.htm
海外行方不明の捜索情報 http://www.alpha.dti2.ne.jp/~missing/link/link.html


『竹取物語』研究所(竹取の翁・かぐや姫)。
  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
  copyright 1999(C) yk. All rights reserved.

Ads by TOK2