乳がん緊急特集!! その1  
 
  はじめに 
 このホームページは、乳がん全般について述べていますが、特に
ハーセプチンに関連した「乳がんのことについて詳細に調べたものを列記しています。
 
世界の乳癌による女性死亡者数は年間70万人、10人に1人が罹患しているようです。米国での乳癌患者数は約18万人、そのうち化学療法している人が約8万5千人。癌は米国で死因第2位の疾患となっているようです。 
日本では30人に1人が「乳がん」にかかり、2003年度には9805人が亡くなっている。しかし、実際の日本人の乳がん患者は、予備軍(乳がんなのに知らない患者)も入れると20人に1人が患者になっていると言われています。乳がんになった患者の中で半年ないし1年又は3年5年7年後に再発・転移する場合が多いようです。再発転移後の薬物療法としては、ホルモン剤が3種類、抗がん剤が約4通りの組み合わせがあるとされています。これらは、病院によって手法もまちまちで、また患者の症状や体質によっても違ってくるようです。
最新の情報によると
メリカでは、8人に1人が乳がんになっているようです。これは食生活の違いによるもののようです。今、世界的な恐怖となっているテロや戦争より多くの貴重な命が、米国では乳がんによって奪われています。女性の8人に1人が乳がんになる米国では、乳がんとの闘いはまさに国民を守る国家的な闘いでもあります。その闘いの成果は1990年代から少しずつ見え始めてきました。

 あなたは番目の訪問者です! 

        目  次

   Rが「乳がん」宣告そして転移・・!
    
癌めーる (m00000945)メルマガ登録 左をクリックしメール書き込むと発行の
                      たびに最新情報が送られてきます。

        
《内容》医師・医療従事者・医療ジャーナリストなどの専門家の協力のもと、
                   
西洋医学・東洋医学などの垣根を作らず癌に関する情報を公正に
                   
配信し、一般人が癌に関する正しい知識を持てる場を提供している。
    『読売新聞』の記事から。
    乳がんに関するリンク集る。
      なぜ癌患者が多いのか。私と癌との出会い・・
 
 ■ 乳がんのQアンドA 
    
 セカンドオピニオンについて
     
あるホームページの「掲示板」から・・・
  
■「掲示板」「電話」「メール」によるセカンドオピニオンで助かった!!
    メールによる文面からのアドバイス。
   「ハーセプチン」の詳細な最新情報を入手。
    
新しい治療法(乳癌の抗体療法)ハーセプチン
    ハーセプチンk副作用について
    掲示板からのアドバイス

  
「HER2 3+」の患者は、「ハーセプチン・タキソール・ビスフォスフォネート」 
    ハーセプチンと併用の最有力な薬剤は、国内未認可のナベルビン
   私のがん予防方法 
     米国は、がん治療先進国
    新薬承認について
     日本の大学で統合医療スタート
     抗ガン剤の新薬承認急げ
     抗がん剤治療で2学会が一本化へ
   京都大グループがん転移抑制のメカ解明
   <乳がんの薬価収載最新治療方法>
    <転移性乳がん最新治療方法>

    
<乳がんの最新治療方法>
    抗がん剤治療 「分子標的薬剤」
    薬価収載された物  2005.06.24記入
       抗ガン剤   骨転移の薬
    乳ガンの未承認薬
       混合診療の結果についての説明
      <<私の混合診療のイメージとギャップについて>>
    NHK4/30.5/1放映! 「シリーズ日本のがん医療を問う」二夜連続で、日本のがん医療を問う。
     ハーセプチンで乳房再発し、夢の「がん新薬」か疑問?
     その後タキソールとの併用から効果が出る

    転移性乳ガンの治療方針

    
以下を必ずお読みください。(ホームページ作成者から)
     乳がんリンク集


  Rが「乳がん」宣告そして転移・・!2004/08/24
 ついに来るべき時が来た。Rが「乳がん」を宣告され手術したのが1年前。告知時は、ホームページのお陰で苦しまれている方の手記を読み元気付けられた。そして少しでも皆さんのお役に立つのではと思い、ホームページを立ち上げた。Rも自分の人生の最後ではと考えたのか、毎日パソコンの前に座り必死に打ち込んでいた。しかし、1ヶ月前からホームページの転送ができなくなり数日前にやっと復帰した。
この間に、友人からホームページが見られないがどうしたのかとの問い合わせが多数あった。
 数日前の精密検査の結果で、「転移かも」という一言にくるべものが来たので、ホームページの更新を見合わせた方が良いのではと思った。しかし、プロバイダーへの転送復帰後、必死に今までの経過をたどりながら打ち込みはじめた。そして「これが私の生きがいやわ・・」と一言。このホームページが少しでも苦しんでおられる癌患者のため、また、いままでお世話になった皆さんへのメッセージとして書き続けることを応援しようと決心した。
 これを読んでいただいた方の努力により少しでも癌という病気が解明され癌がこの世の中からなくなるように願っています。
         
『読売新聞』の記事から。
 「田原総一郎さんの妻が乳がんで亡くなられ、その妻の遺志を継ぎNPO法人の乳がんネットワークを来春設立・・」
 私は、田原さんとはテレビ東京に勤めておられドキュメンタリー番組のディレクターをされていた時に一度お会いしているし、奥さんが癌で亡くなられた事も知っている。記事には、「・・専門医ら協力、来春設立、最新情報を発信・・・」という内容であった。
 私もホームへージで、数日前に乳がん患者が少しでも少なくなるようにと願い参考となるような事を書き込もうと決意した所であった。
 癌の中でも乳がんは、手術例が一番多くて、家庭の主婦が倒れると家の中の動きが取れなくなるため社会問題となりつつある。しかし、その診断方法は整っておらず乳がんの健康診断や人間ドックに行っていても発見されないのである。私の妻がその例であった。乳がんは、少しでも早く発見されていればいるほど症状が軽くて治療も簡単である。しかし専門医でないと判断が出来ないので、少しでも疑いのある方は、すぐに乳がんの名医と言われる専門医の診断をうけられることをおすすめしたい。04/08/27
 日本政府は、これらの乳がんに対してどの様なことをされているのでしょうか。海外への資金供与も必要でしょうが、もっといろいろな所に支援をして毎日悩んでおられる方々の生の声をお聞きになっください。
下記をクリックして頂くと主婦らのすさまじい声がお聞きになれます。貴方の奥さんも何時このような乳がんになるかわかりませんよ!

乳がんに関するリンク集(生の声など)

> http://www5f.biglobe.ne.jp/~lesoleil2004/
> http://www5f.biglobe.ne.jp/~corontan/news1.html
> http://www.hanasyoubu.or.jp/rink/rink0312.html
> http://park2.wakwak.com/~hana/
> http://park2.wakwak.com/~hana/cgi-bin/cancerbbs/light.cgi
> http://park2.wakwak.com/~hana/keijiban/index.html
> http://www.csp.or.jp/network/
> http://www.vol-net.jp/
> http://www.yomiuri.co.jp/iryou/renai/20010901sr11.htm
 http://www.jcancer.jp/sodan/sodan

 朗報!坂口厚生労働大臣が「がん医療推進に関する検討会」設置 2004.09.03
   
抗がん剤併用療法に関する報告書について(政府HPから)
  がんの日経メディカル2004.9.8記事から
 乳がん患者のさけび声!
http://bbs.nazca.co.jp/cgi-bin/bbs-c/bbs.cgi?id=koronko&start=1
http://bbs.nazca.co.jp/cgi-bin/bbs-c/bbs_del.cgi?id=koronko&cmd=d1 
http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=ICC71423&msg_per_page=10&def=10
http://www5f.biglobe.ne.jp/~lesoleil2004/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~corontan/news1.html
http://www.hanasyoubu.or.jp/rink/rink0312.html
http://park2.wakwak.com/~hana/
http://park2.wakwak.com/~hana/cgi-bin/cancerbbs/light.cgi
http://park2.wakwak.com/~hana/keijiban/index.html
http://www.csp.or.jp/network/
http://www.vol-net.jp/
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/renai/20010901sr11.htm
http://www.jcancer.jp/sodan/sodan

なぜ癌患者が多いのか。私と癌との出会い・・
 実は、私が最初に癌の恐ろしさを知ったのは、高校生のころだったので詳しく覚えていないが、親戚の叔母がなくなり、そして数年後その夫が同じ癌でなくなったのが最初であった。
 2番目は、学校を卒業して花粉症になりたまたま知りあったH先生が、毎年決まってやってくる花粉症で薬を頂きに行った時に「小泉君、僕はもう少ししか生きられない」と一言つぶやかれた。その時は、何のことなのか理解できず「ええ」と答えただけであった。その先生は、「スギ花粉症」の杉の飛来を観測するよう訴えてマスコミで大きく取り上げられ実現させた耳鼻科の名医だったのである。私には、スギ花粉の発作が止まらず色々な病院を回った末にたどり着いた先生だったのである。わたしには、この先生の薬でなければくしゃみや鼻水などの発作が止まらず、また、私が風邪をひいた時この先生の薬を飲むとぴたっと風邪の症状が止まった。先生いわく「君はスギ花粉によるアレルギー症なので、一般の風邪薬は、アスピリンというピリンが入っているのでアレルギーを増長させてします。だから、この抗ヒスタミン剤が良い」と説明して下さった。私は、その後もこのインタールという薬を飲むとピタリと風邪の症状が止まった。いままで季節の変わり目や冬場に風邪をひいた時は、医者から貰った風邪薬を飲み続けていたが治らないのでさらに強い薬を貰い飲み続けても同じであった。このH先生は、それから半年後くらいだったか看護婦の奥様から直接電話を頂き「昨日、お葬式を済ませました・・」という突然の電話でなくなったことを知った。奥様とは、H先生と一緒にスキューバーダイビングにご一緒したり食事に呼んで頂いたりするなど親しくお付き合いさせて頂いていた。何の癌か恐ろしくて聞けなかった。
 3番目は、日中友好協会主催による日中国交回復まえの中国を訪問した時に御一緒させて頂いたH教授である。この先生は、大学病院の教授である関係で親戚や家族の病気に対して気軽に相談にのっていただいていた。ある日先生にお会いした時に「悪性の上咽頭ガン」になり手術をして片方の耳が聞こえなくなったと話された。そして、先生は、私に何回も病気になってからでは駄目だ、普段の生活が大事だということを聞かされた。その時は、たしか大学病院の外科医長をされておられ数年後に定年で退職された。その後は、大阪や奈良の病院の院長をしながらホスピス(終末医療)などで奉仕されたり、各種団体の理事長などを兼任し予防医学の分野で活躍されていた。その後しばらくして家に電話があり「私が余命3ヶ月と言われて助かったのは、直井レイシのお陰だったので御礼のため月に1回、京都市内で免疫を高める方法や食事療法等の『無料健康講座』を開催しており君の会社の近くなので久しぶりに合いたいな。」という内容であった。その時に、少しでも癌で苦しまれておられる方のために役立つのではと考え、私のホームページで「腫瘍免疫学や漢方医学の立場から書かれた本」を紹介することを伝えた。それから少しして「免疫力」が癌に良いということが色んな所で次々に紹介されだした。去年だったか私の親族Rが乳がんになり自宅に電話をしたところ奥様が出てこられ「もう年をとって体も弱ってきたので現在自宅療養をしていますとお話された。このH先生は、医者でありながら余命3ヶ月と宣言されたが、10数年たった今も健在である。
 4番目は、有名な漢方医のM先生であった。M先生も私が一報を聞いてから6ヶ月目くらいで亡くなった。詳しいことは、聞いていないので詳細について書けない。
 5番目は、私が就職の時にお世話になったI氏である。それまでに数回自宅へ訪れていたが、たまたま、その時は2階で裏千家の茶道と嵯峨御流のお花を教えておられ「お茶でもどうや・・」と進められたので茶席に通され美味しいお菓子とお茶を頂いた。今までそのような席に仕事で行った事はあるが、何も知らなかったので先生にも進められたことから「一度やってみようか」ということになり、妻に話したところ昔習っていたので一緒に行くことになり10年間程だったかお世話になった。その後先生の一番弟子の方から「癌かも知れない」と聞かされ1年半後になくなられた。このときのショックは、私にとって忘れられない。奥様から突然電話を頂き「最後のお別れに来て頂きたい・・・」の一言であった。私が手を握り名前を言うと、一瞬何かの反応があった。しかし、もうすでに目は見えず言葉も発することが出来ない状態であり涙が止まらなかった。その数日後、係りの方から先生がなくなられたことを知らされ自宅にお伺いし最後のお別れをした。
 6番目は、私の職場のすぐ横の席に座っていた同僚である。私が休みの時に様態が悪くなり「救急車で運ばれた」ということであった。6ヵ月後に退院し自宅療養しているということを同僚から聞いていた。しかし、その後も入院を繰り返されていたようである。1年後だったか職場にこられ元気になったので、しばらくしたら復帰できるような話をされていた。しかし、職場へ復帰することなくその6ヵ月後「癌」で亡くなられたことを知った。すぐ横に座っていた同僚の死である。まさか同年代の同僚が何も知らずに突然倒れ病院に担ぎこまれたままの癌による死である。この同僚とは、世間話をする中であったが、ハッキリいって病気であるということすら本人も知らなかったと思われる。本当に元気だったからである。しかし、振り返ってみると一回だけ病院へ担ぎこまれる1ヶ月前だったか「昼休みにパソコンの前で両手で頭を支えていた姿を目撃した」ことがあった。その時、部長は、色々仕事上悩みが多く大変なんだなと思っただけでまさが癌が進みつつあったなど創造すらできなかった。 2004/08/28
 これを読んで頂いた皆さんも実際に身近で経験されておられることと思います。何故このようなことがあるにもかかわらず早期発見出来ないのでしょうか。
上記の乳がんに関するリンク集(生の声など)を読んで見ただけでも、その悲惨さが伝わってきます。少ない予算の中で必死に活動しておられる方たちをみるにつけ、何故マスコミの皆さんは、これらの実態を報道されないのでしょうか。がんは、原因がつかめず一旦かかったら直らないとお考えなのでしょうか。特に乳がん患者の皆さんは、名医を求めて駆けずり回っておられ6〜7時間も順番を待たないと見て頂けないという実態をご存知ですか。もうこれは異常です。家庭の大黒柱である主婦が倒れた場合は、看病する人がいないので家庭破壊が起こります。入院しようと思ってもベッドがなく早く治療しないと手遅れになるのに、空き部屋の順番待ちとなっているのが現状です。小泉首相は、海外ばかりに目を向けるのではなく、もっと国内の色々な実態を見て回ってそれらに資金援助をなさったら如何でしょうか。もしこのホームページを政府関係者が読まれたのであれば、小泉首相にお伝えください。そしてすぐに癌の闘病生活をしながら必死にボランティアなどで活躍しておられる色々な個人や団体などに援助をして上げてください。家庭の主婦を見方にすれば、選挙の票も倍増することが出来るのではないでしょうか。

乳がんの早期発見訴えイベント  毎日新聞 2004年9月8日東京朝刊
 乳がんの早期発見を呼びかける「ピンクリボン・スマイルウオーク」が2004年10月、東京、神戸で開催。
 事務局は「日本で30人に1人が乳がんにかかり、2003年は9805人が亡くなった。早期発見や定期検診の必要性を訴えてほしい」と話している。

希望者は電話(電話0570・037・846)
インターネットhttp://www.sportsentry.ne.jpで申し込む。問合せ 事務局電話0120・711・951。

上記のウオーキングをきっかけに年間1万人ものがん患者が亡くなっている現実を見てほしい。
アメリカでは、8人に1人が乳がんになっているようです。これは食生活の違いによるもののようです。

■鏡視下乳房温存手術
 今までの乳がんの標準的な手術は、乳頭を含めて乳房を全部とってしまうとういうものでした。しかし近年では比較的小さなしこりについては、そうした手術と悪いところだけを大きめにとるという乳房温存手術とでは、術後の再発率にほとんど差がないということが証明され、積極的に乳房温存手術がおこなわれるようになってきています。ただ、乳房を温存するだけでは手術後の乳房の変形(へこみ)が目立ち、かつ乳房の皮膚に傷を残してしまいます。鏡視下乳房温存手術はこれらの問題点をなんとか解消できないかという悩みから生まれた手術法です。
 わきの下の6cm〜7cmの傷から内視鏡を使って乳腺の悪い部分を取り除きます。小さなへこみであればわきの脂肪を乳腺にあて、大きなへこみの場合は背中の筋肉をへこみに充填することで、なるべく手術前にちかい乳房のかたちを残すようにしています。

乳がんのQアンドA
以下のQアンドAは、ホームページでなどで入手した個人情報です。一般的なものなので実際は、主治医に聞くなどして治療に当たって下さい。2004.08.29記入

転移しやすい乳がん治療によく効く薬があるようですが,実際の効果は?
 HER2強陽性の乳がん患者さんに対する治療薬として,高い効果が期待されている薬に
「ハーセプチン」がある。
 乳がんの手術後、肺、肝臓、骨などほかの臓器に再発が起こり、最初に乳がん発見時にはすでに他の臓器に転移していることがある。
 転移しやすい乳がんには、細胞の増殖の過程で重要な役割を果たす
「HER2(ハーツー)受容体」が異常に発現していることがわかっている。HER2(ハーツー)受容体とは、正常な細胞やがん細胞の表面にあって、アンテナのように手を伸ばして体内にある何らかの物質と結合することで、細胞が活発に増殖すると考えられている。つまり、がん細胞の表面にHER2受容体が多数存在すれば、がん細胞はどんどん増殖し、転移が進んでいくと考えられる。 HER2強陽性の乳がん患者さんに対する治療薬として、高い効果が期待されている薬に「ハーセプチン」がある。
 ハーセプチンはHER2受容体が細胞増殖のために栄養となる物質を取り込もうと、そのアンテナのような手を伸ばして手錠をかけてしまうように働く。HER2受容体が過剰発現している患者は、全体の20〜30%認められ、うち20%の患者にハーセプチンの効果が期待できると考えられている。
 
乳癌治療:生物学の療法について
ハーセプチンによる生物学の療法の副作用は、注射による
発疹を引き起こす場合がある、しかし、これらの結果は、最初の治療後で厳しくなります。また、心臓麻痺に至ることがあり心臓に対するダメージを引き起こすことがある。即時の手当を要求する呼吸障害を引き起こして肺に影響を及ぼすことがある。これらの理由から、ハーセプチンを点滴する前には、心臓および肺障害のために注意ぶかくチェックしなければならなて。また患者に投与中は、注意ぶかく観察する必要がある。
骨転移に有効な抗がん剤はありますか?
 抗がん剤や内分泌療法(ホルモン療法)剤の他に、
ビスフォスフォネートという骨転移治療薬がある
 乳がんに使う抗がん剤や内分泌療法剤は、骨転移にも当然有効で、また骨転移の場所と状況によっては放射線治療が適応となり、これもかなり効果的です。最近、骨転移治療薬としてビスフォスフォネートと呼ばれる薬剤が使われるようになった。骨転移では、その場所の骨構造が破壊されるのだが、この骨破壊を抑制するという作用によって治療効果を発揮する。なお、現在この薬の保険診療での使用基準として、高カルシウム血症になっていることが条件になっているが、今後はこの条件がなくても使えるようになることが期待される。
 乳癌骨転移に対するゾレドロン酸が良いようですが?
 「日本人の乳癌骨転移に対するゾレドロン酸の臨床的有用性が確認された」と新聞で発表されている。。
タキサン単独に比べ、ゲムシタビンと併用すると転移性乳癌患者の生存期間延長するか?
 新規抗癌剤のゲムシタビン(商品名ジェムザール)とパクリタキセル(タキソール)の併用療法は、パクリタキセル単独療法に比べ、転移性乳癌患者の生存期間を延長させるとする結果が発表された。 
術後の内分泌療法(ホルモン療法)により子宮がんのリスクが高まるか?
 抗エストロゲン剤の長期間投与で子宮がんのリスクは約2倍になるといわれている。 1年以上にわたり服用している人は、子宮内膜がん発症のリスクが、約2倍になるという調査あり。
 米国での一万人以上の「乳がん予防試験」では、内服した人で33人、偽薬を内服した人で14人に子宮内膜がんが発症した。この内分泌療法を受ける場合は、年に一度の婦人科検診が必要。
抗がん剤の副作用が心配です。どういう治療がよいか?
 副作用のない薬はない。抗がん剤は、ほかの薬に比べ重い副作用が現れる。しかし、脱毛などは、抗がん剤による治療が終了すると元にもどるようだ。抗がん剤を用いることでがん細胞の増殖を抑えたり、撲滅することができるので、副作用などのリスクのバランスを考えて治療されている。副作用がひどい時には、治療を中断して我慢できない時は、医師や看護師に相談すること。最近では、副作用を予防したり、副作用を改善したりする薬剤も併用して服用する方法も見出されている。
放射線療法の効果と副作用について教えて?
 X線などは、がん細胞の成長・増殖を阻止する治療法。乳房温存手術後には、転移した乳がん細胞による再発予防する放射線照射が行われる。乳房切除術を行った場合でも、リンパ節転移が多数発見された時は、鎖骨上窩などにも照射されることがある。放射線照射は、通常、手術後2〜3週目から始め、3〜4週間行われる。放射線の影響で、皮膚が
日焼けしたように赤くなったり、色素沈着や脱色、乳房が硬くなるなどの変化が起こることがある。また腕のむくみ、疲労感、嘔気、嘔吐、下痢、発熱などの副作用がみられることもある。
乳がんの手術を受けた患者さんの再発はあるか?
 乳がんの手術を受けた患者さんの再発は、その人によって何時起こるのかまちまちですが30〜35%の割で再発がある。万が一の再発に備えて退院後も定期的に病院外来での検査を受けることが大切。
最近は、早期乳がん患者が多くなり再発率が低くなりつつある。再発の時期は、まちまちで
3年ぐらいの間に再発するケースが多く、中には術後15年以上経過して再発することもある。
術後の定期検診の時期は、患者さんの状態や、医師の判断によって異るが、術後5年目までは3〜6カ月ごと、5年目以降は6カ月〜1年ごとが目安になり、術後10年目まで、何らかの定期検診を受けた方が良いとされている。

ホームページ作成者から
 
上記の再発について、「HER2(ハーツー)受容体」を持つ患者に関しては、転移の速度が非常に速くリンパ転移時にすでに体内のどこかに転移していると考えた方が良いでしょう。実際に骨シンチやMRI・CTなどに症状として現れるのに3ないし6ヶ月ほどたってからでないと見つけられないようです。

■「掲示板」と「電話」それに「メール」によるセカンドオピニオンで助かった!! 
  癌患者および家族にとっては、「セカンドオピニオン」を求めようと思っても知識や時間それに何処へ行ったら適切な回答がいただけるのかわからず、ただウロウロするばかりです。
 しかし、今回ホームページの「掲示板」と「電話」それに「メール」の三人による的確なアドバイス「セカンドオピニオン」を実体験いたしましたのでここに報告させて頂きます。

以下は、あるホームページの「掲示板」のやりとりの実例です・・・

Rが一年前乳がん温存手術、今MRI検査で骨転移?  投稿者:K  投稿日:2004/08/26(木) 05:25:36 [HOME] [返信] I P:218.251.55.214
はじめまして。Rが一年前乳がんとなり「レベルは2か3」で大学病院で温存手術し自宅から通院中。数日前の検査(胸CT,腹部エコー、骨CT)の結果、脊柱2箇所と骨盤2箇所の4箇所に骨転移していることが解った。色々な検査の数値では、正常値より2ないし5程度?上回っている。明日PET検査。レイシ服用・時々アガリスクも。
先日初めて聖路加国際病院のホームページ見「ソレイユ」会員登録して会報「ひまわり」機関誌「それいゆ」入手し今後の参考にさせて頂きます。
 皆さんの実体験を掲示板で読ませて頂き感動しました。現在転移の疑いありで04.8/27PETの検査聞きに病院へ行きます。今後の治療をどうすれば良いのか皆さんからのアドバイスを頂きたく書き込みさせて頂きました。宜しくお願い致します。
--------------------------------------------------------------------------------
Re: Rが一年前乳がん温存手術、今MRI検査で骨転移? 投稿者:ふう  投稿日:2004/08/27(金) 00:05:36 I P:219.120.81.51
はじめまして。
現在、術前化学療法中の者です。
ホームページ隅から隅まで拝読いたしました。
飲む抗癌剤なるものがあることを知り驚きました。
なぜ、点滴の抗癌剤にされなかったのですか?
効果は同じなのですか?
そして一番印象に残ったのが、11月に「激しい腰痛」を体験
したとありました。数日にわたり痛いとありました。
このときは検査はされなかったのでしょうか。
この痛みがすでに転移だったのでは?と感じてしまいました。 
このとき検査をしていたにもかかわらず病院側で
見落としていたということなどはないのでしょうか。
初診の時の状況が自分と似ていたので重ねあわせてしまい
自分のことのように悔しく悲しいです。
アドバイスを求めていらっしゃるのに回答になっていなくて申し訳ありません。
ただ、転移に脅える日々を送る者として他人事ではなく書き込みさせていただきました。
--------------------------------------------------------------------------------
Re: Rが一年前乳がん温存手術、今MRI検査で骨転移? 投稿者:トマト  投稿日:2004/08/27(金) 01:42:24 I P:60.34.122.137
こんばんは、トマトと申します。
HPを拝見いたしました。
R様と一緒に、乳がんについて本を読まれたりして勉強されたことが伝わってきました。
今後の治療については、癌の専門病院などにセカンドピニオンして、決めてはどうでしょうか?
東京にお住まいなら、癌専門病院以外でも腫瘍内科医のいる病院もいくつかありますから、
そのような病院に行って先生に聞くのが一番良いと思いますよ。
また、自分で相談される病院を探すのが困難であれば、「あけぼの会」など患者会の無料電話相談に電話をして、
相談されてみてはどうですか?
あけぼの会のHPにいけば、相談時間・電話番号なども記載されています。
あと、乳がんの患者会に入っていらしゃるんであれば、その患者会にアドバイスを頂いてみられたらどうでしょう?

私は癌専門病院で治療をしているのですが、再発してから何十年も元気な方にたくさんお会いしましたよ。
私のお友達のおばさんは、肝臓に転移してその後骨に転移しましたが、治療が終わってもう20年近くたちます。
あと、HER2が+3ということでしたので、ハーセプチンというお薬が効く可能性が高いです。
R様と一緒にこれからも頑張って行って下さい!
--------------------------------------------------------------------------------
Re: Rが一年前乳がん温存手術、今MRI検査で骨転移? 投稿者:R 投稿日:2004/08/28(土) 21:01:53 [HOME] I P:218.251.55.167
 皆さんの心温まる励ましに感謝します。「あけぼの会」など患者会の無料電話相談の情報有難う御座います。
 「ソレイユ」という乳がん手術体験者によるグループに入会して、会報と機関紙を送って下さるようFAXした。乳がんで骨転移20箇所あり働いている方が突然電話に出てこられお話していたところ「ハーセプチンをなさるのではないか・・・」と話して下さった。この情報は、わたしにとって大変ありがたく朗報であった。
 そこで、このハーセプチンを調べたところ、新しい分子標的療法のハーセプチンであるということがわかった。さらに、乳がんのうち20%〜30%は、乳がん細胞の表面にHER2タンパクと呼ばれるタンパク質をたくさん持っており、このHER2タンパクは乳がんの増殖に関与している。最近このHER2をねらい撃ちした治療法(分子標的療法)が開発され、乳がん治療を大きくかえた。ハーセプチン治療はHER2タンパク、あるいはHER2遺伝子を過剰に持っている乳がんにのみ効果が期待されるということも判明した。
 私は、Rの主治医がこのハーセプチンによる治療方法を今日提案して頂いたとき、今までの疲れが吹っ飛んだ・・・。先生は、その後すぐに入院の手続き用紙を作成して下さり早速入院のため入院病棟の受付に持って行った。しかし部屋が空くのを待ってからでないと点滴の投与が始まらないらしい。また妻は、働いているため来年3月までの診断書を書いて頂き、タクシーで帰宅した。
  
 予断であるが、今日待合で座っている時に、前にいた患者が『読売新聞』の記事「田原総一郎さんの妻が乳がんで亡くなられ、その妻の遺志を継ぎNPO法人の乳がんネットワークを来春設立・・」を呼んでおられた。私は、田原さんとはテレビ東京に勤めておられドキュメンタリー番組のディレクターをされていた時に一度お会いしているし、奥さんが癌で亡くなられた事も知っているので早速売店に行き新聞を買って来て呼んだ。記事には、「・・専門医ら協力、来春設立、最新情報を発信・・・」という内容であった。
 私もこのホームへージで、数日前に乳がん患者が少しでも少なくなるようにと願い参考となるような事を書き込もうと決意した所であった。
--------------------------------------------------------------------------------
Re: Rが一年前乳がん温存手術、今MRI検査で骨転移? 投稿者:R 投稿日:2004/08/29(日) 20:05:38 [HOME] I P:218.251.55.167
 夫より・・・掲示板で色々な方が私と同じ悩みを持っておられることにきずきました。そこで今までに私が調べた情報を下記のホームページでアップしました。
・乳がん緊急特集!! その1
    Rが「乳がん」宣告そして転移・・!
    『読売新聞』の記事から。
    乳がんに関するリンク集る。
    なぜ癌患者が多いのか。私と癌との出会い・・   
 ・乳がん緊急特集!!その2
    ソレイユとは(乳がん手術体験者によるグループ。
    「ソレイユ」の乳がん手術体験者によるグループへ入会。
    「ソレイユ」の活動の概要。乳がんに関するリンク集(生の声など)。
     今までのソレイユ(Soleil)の主な活動。
    シンポジウム乳がんの早期発見、早期治療、早期診断」開催。
 緊急!骨転移についてお教え下さい。
 腰椎3.4と胸椎10.12の場合で「HER2 3+」の時は、「ハーセプチン」が良いようですが、腰椎4のMRCT検査で7割ほど犯されている場合腰を早めに放射線でスポット30〜40位照射した方が骨の再生が早くなり良いとある方からアドバイス頂きました。
 皆さんの中でこのような方法で治療された方がありましたら掲示板かメールに至急お送り頂けませんでしょうか。どうか宜しくお願い致します。Rは長く寝ていると腰が痛くなるので、少し横を向いたりしています。そして食事がほとんど取れず果物を食べて「ハーセプチン」治療で入院するための部屋が空くのを待っている所です。


2004.08.30現在 実際に乳がんを体験された方によるアドバイスは、大変参考になりました。さらに、入りましたら追加させて頂きます。
上記の時点で、色々な方からアドバイス頂きました。しかし、まだまだ不安でしたので、調べているうちに病院の先生のメールがあり、多分お忙しく一度もお会いしていないのに大変失礼とは思いましたが、勇気を出して書き込みました。
  メールによる文面からのアドバイス。
    
(相手の方に了解を得ていないのと後々問題になると大変ですので名前は、省略させていただきました。)
MRI検査で骨転移、ハーセプチン療法について
 K 
 Rが一年前乳がん温存手術、1年後のMRI検査で骨転移ハーセプチンを・・ 
緊急!骨転移についてお教え下さい。
 Rは、一年前乳がん温存手術し、「HER2 3+」で、右脇のリンパ22の内、17個切除し、その内の1個が病理検査で転移していた。そして1年後(2004.08.26)
のMRI検査で骨転移、腰椎3.4と胸椎10.12がみられハーセプチン治療することになった。
 ハーセプチンを調べたところ、新しい分子標的療法のハーセプチンであるということがわかった。さらに、乳がんのうち20%〜30%は、乳がん細胞の表面にHER2タンパクと呼ばれるタンパク質をたくさん持っており、このHER2タンパクは乳がんの増殖に関与している。最近このHER2をねらい撃ちした治療法(分子標的療法)が開発され、乳がん治療を大きくかえた。ハーセプチン治療はHER2タンパク、あるいはHER2遺伝子を過剰に持っている乳がんにのみ効果が期待されるということも判明した。
 私は、Rの主治医がこのハーセプチンによる治療方法を提案して頂いた。先生は、その後すぐに入院の手続き用紙を作成して下さり早速入院のため入院病棟の受付に持って行った。しかし部屋が空くのを待ってからでないと点滴の投与が始まらないらしい。また妻は、働いているため来年3月までの診断書を書いて頂き、タクシーで帰宅した。
ところで、腰椎3.4と胸椎10.12の場合で「HER2 3+」の時は、「ハーセプチン」が良いようですが、腰椎4のMRCT検査で7割ほど犯されている場合腰を早めに放射線でスポット30〜40位照射した方が骨の再生が早くなり良いとある方からアドバイス頂きました。
 このような方法の治療はどうなのでしょうかお教え頂けませんでしょうか。どうか宜しくお願い致します。妻は長く寝ていると腰が痛くなるので、少し横を向いたりしています。そして食事がほとんど取れず果物を食べて「ハーセプチン」治療で入院するための部屋が空くのを待っている所です。
 大変御忙しいところまことに申し訳ありませんが、返信で、アドバイス頂けないでしょうか。

先生から適切なアドバイスを頂いたメール
 K 様
下記メール有難うございます。お答えする前にいくつか質問があります。
1.R様の年齢はおいくつでしょうか。年齢により方針が異なります。
2.切除した組織の検査でホルモンレセプター(ホルモン感受性)の結果はいかがでしたか?
3.手術の後、抗癌剤の治療は何か行われたのでしょうか?
4.現在、お食事がとれないのは、腰などの痛みのためでしょうか?
5.現在、歩いたりはできるのでしょうか。または痛みで歩きにくいのでしょうか?
とりあえずお答えできる範囲で回答させていただきます。
1.ハーセプチンは、是非始めるべきです。
2.痛みに対しては、放射線治療が効果期待できます。放射線とハーセプチンは同時併用可能です。
3.他にアレディアまたはビスホナールというお薬の点滴を行うのが良いと思います。
  これは、癌細胞によって骨が溶けていくのを抑える作用があり、除痛効果もあります。
4.痛みに対しては、痛み止めのお薬をしっかり使って痛みをとるのが良いと思います。
5.ホルモン感受性があれば、ホルモン療法を行うのも良いと思います。その際、どのお薬を使うかは年齢、閉経の有無、今まで使ったお薬によります。
先生からのメールに対して「質問事項を記入し返信」したメール
 S さまへ 
 貴重なアドバイス大変感謝致しております。お忙しいのに申し訳ありませんでした。
 ハーセプチンは、大丈夫だとは思っていますが、ホームページを見ても殆ど治療された方の結果やご意見が何処にもなく大変不安でした。
 また、ハーセプチン後の治療についても聞かされてなく先々が不安でした。色々とアドバイス頂き有難う御座いました。安心して治療に専念できそうです。
 今日8/30病院から電話があり、事前に心臓の検診と循環器科を受診しに行くことになりました。
 現在の所、ハーセプチンは1日か3日頃になりそうです。1ないし2泊の入院予定で、後は一週間ごとの通院によるハーセプチン点滴となります。
 明日8/30に診療に行きますので、アドバイス頂いた痛みの「放射線治療」と「アレディア」または「ビスホナール」というお薬の点滴(癌細胞によって骨が溶けていくのを抑える作用があり、除痛効果)を要望したいと思います。そうなると、少なくとも一週間の入院をさせて頂かないと無理でしょうね。1ないし2日の入院後は、一週間ごとの通院でも治療可能なのでしょうか?
 ホルモン感受性の結果は 「-」 マイナスで、 「CEF」 の「E」なしでしたが、「CF」を飲むと副作用があったのか気分が悪くなり余り真剣に飲んでいなかったようです。

Sent: Monday, August 30, 2004 4:21 PM
Subject: Re: 骨転移、ハーセプチン療法について 

>  K 様 下記メール有難うございます。 お答えする前にいくつか  質問があります。
> 1.R様の年齢はおいくつでしょうか。年齢により方針が異なります。
      55歳です
> 2.切除した組織の検査でホルモンレセプター(ホルモン感受性)の結果はいかがで したか?
     - マイナスです。
> 3.手術の後、抗癌剤の治療は何か行われたのでしょうか?
     「CEF」 飲むものです。 ただし「E」は、本人が子宮に50パーセント転移する?といわれているのでことわりました。
> 4.現在、お食事がとれないのは、腰などの痛みのためでしょうか?
    8月に入ってから果物中心になり、ご飯少々しか食べられなくなりました。
    8月半ばからは、睡眠も十分取れていなかったようです。
> 5.現在、歩いたりはできるのでしょうか。または痛みで歩きにくいのでしょうか?
    出来るが、座ったり立ったりした時に時々痛む。
> とりあえずお答えできる範囲で回答させていただきます。
> 1.ハーセプチンは、是非始めるべきです。
> 2.痛みに対しては、放射線治療が効果期待できます。放射線とハーセプチンは同時併用可能です。
> 3.他にアレディアまたはビスホナールというお薬の点滴を行うのが良いと思います。これは、癌細胞によって骨が溶けていくのを抑える作用があり、除痛効果もあります。
> 4.痛みに対しては、痛み止めのお薬をしっかり使って痛みをとるのが良いと思います。
> 5.ホルモン感受性があれば、ホルモン療法を行うのも良いと思います。その際、どのお薬を使うかは年齢、閉経の有無、今まで使ったお薬によります。
先生から2回目の適切なアドバイスを頂いたメール

Sent: Tuesday, August 31, 2004 8:34 AM
Subject: Re: 骨転移、ハーセプチン療法について 
早速のお返事有難うございます。質問に対するお答えの結果を含めて
やはり
1.ハーセプチン
2.アレディアまたはビスホナール
3.放射線治療
  を行うのが良いと思います。

「ハーセプチン」の詳細な最新情報を入手。2004.7.10            
--------------------------------------------------------------------------------
ハーセプチンは、「ヒト化抗体」医薬品である
 抗体とは、ヒトの身体には本来外部から最近やウイルスなどの異物が進入したときにそれを見分けて迎え打つ防御昨日が備わっている。最近やウイルスのように身体の外部から進入した異物の事を「抗原」という。
体内に抗原が進入してくると、その異物を排除するために、血液成分の一種であるリンパ球が「抗体」というタンパク質を作る。同時に、別のリンパ球に抗原の情報を与え、次に体外に排除しようとする機能が働く。これを、免疫反応という。このシステムを利用して病原体の一部を注射し、抗体を作っておいて病気を予防するのが、予防接種やワクチンである。
 ガン細胞は、身体が本来持っている正常な細胞とは異なる異物であるので、免疫反応は働くが、ガン細胞は外部から進入したのではなくて、身体の正常な細胞が何かしらの刺激により突然変化してできた細胞である。このため、体内で、ガン細胞に対する抗体が作られたとしても、正常細胞とガン細胞の違いが少ないために、抗体は産生されにくく、ガン細胞を異物として排除しにくいという問題があった。そこで、体外で、ガン細胞に対する大量の抗体を作り、体内に戻してやれば免疫反応が起こりやすいのではないかと考えられた。ネズミに抗原として「HER2受容体」を注射した後、抗体を作るリンパ球を取り出し、これを特殊な方法で大量に増殖させて作った抗体がハーセプチンである。ネズミの細胞で作られた抗体をそのまま人に注射すると、予想もしない反応が起こる。人の身体が、この抗体自身を異物として認識し、この抗体自身に対する抗体が作られ始めてしまうため、これを避けるために、遺伝子工学で人の抗体と同じように作り替えて出来たヒト化抗体である。
 「
HER2強陽性の転移性乳がんの患者さんが対象である」転移性乳がんとは、手術後 肺、肝臓、骨などの他の臓器に再発が起きたり、また最初に乳がんと診断されたときにすでに他の臓器への転移がある場合を言います。現在 転移性乳がんの薬物治療としては、ホルモン療法または化学療法が使われているが、この治療法で、十分な効果が得られない場合、単独または化学療法と併用することで、治療効果が得られる。しかし、転移性乳がんの患者さんすべてに対して薬は効く訳では無く、HER2検査を行って、"HER2強陽性”と判定された患者さんに対してのみ効果が認められる。
「ハーセプチンの効果」
ハーセプチンを単独で使った場合、奏効率は15から24%。効果が持続する期間は約9ヶ月であった。同じような状態の患者さんに抗ガン剤を使用した場合よりも長くなっている化学療法と併用する場合、奏効率の上昇並びに生存期間の延長が有意に認められた。
「ハーセプチンの副作用」
 ハーセプチンを単独で使った場合は、主な副作用は、
悪寒と発熱である。しかしこの副作用は、初回投与時のみに認められることが多く、2回目以降の投与ではあまり発現しない。骨髄抑制による白血球減少、脱毛はみられない。嘔気。嘔吐なども少なくなっている。化学療法と併用した場合は、化学療法が原因と考えられる副作用が増える。アントラサイクリン系の化学療法剤との併用により、心機能低下が認められる場合がある。これは、同時併用だけでなく、過去の投与歴にも注意が必要である。すでに、心機能低下、呼吸機能障害がある場合、重篤な副作用が出ることがある。
「ハーセプチンの治療方法
 初回は入院が望ましく、2回目からは、外来治療が可能である。1週間ごと点滴注射を行う。

ホームページ作成者から・・・

 上記は、私が現在入手した非常にわかりやすい最新情報である。2004.09.01
 現在、過去にハーセプチンと化学療法とを併用した場合の治療方法が各種の掲示板で乳がん患者達により報告されているが、ハーセプチンのみによる乳がん患者の報告例がない。それは何故か転移した"
HER2強陽性”の乳がん患者しか効果がないと報告されているからである。もしこれらをご存知の方は、メールでお知らせ頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。
 素人の私が考えるのには、ハーセプチンを使用しておられる乳がん患者さんは、今まで各種色々な抗がん剤をすでに使用されてきた方たちだと思います。何故リンパに転移した初期の患者さんを対象として使用できないのか疑問です。掲示板を見ているとリンパ転移などや他の臓器にすでに転移しているのに発見されず3ないし6ヶ月のMRIなどによる転移の症状が出てからの対処方法として使用されています。これではすでに手遅れではないのでしょうか。今までの例で見ますと「HER2 
3+」の患者さんのみこの薬が効果を発揮すると報告されていますが、少し前までは抽選で使用可能だったと報告されています。
 しかし、この副作用のないノーベル賞もの?と考えられる新薬は、大変高価な薬ということを皆さんご存知ですか。この薬を患者は、一週間ごとに半年ないし1年間打ち続けないと効果がわからないと言われています。ハッキリしたことはわからないのですが、他の抗がん剤などとの併用したり検査などの諸費用も含めるとかなりかかるのではないかと推定しています。一般に転移した乳がん患者の生存率は、生存率5年の方が多いといわれています。ただこのハーセプチンは、普通の抗がん剤と違い遺伝子を利用した?画期的な免疫反応による根本治療とされていて、100パーセントがんがなくなったという報告も多く寄せられています。日本政府は、何故このような素晴らしい新薬を少しでも安くがん患者に投与出来るような新薬を開発するプロジェクシを日本でスタートさせないのでしょうか。すでに、最近の新聞によると、下記の
「タカラバイオが臨床試験着手」したとあり、また、「がん抑制の薬製造へソフト」とあります。しかし、これらには、膨大な時間と日数がかかります。一度上記の乳がんなどで苦しまれている患者の声をホームページの掲示板などでご覧になってください。家庭の大黒柱の主婦が倒れたらどうなるのか、貴方の家庭を創造してみてください。最近では余命?ヶ月という先刻をしなくなりました。しかし、半年・又は1年以内に亡くなる方も多くいらっしゃいます。その状況の中で、誰がどの様な方法で看病するのですか? 癌患者に対してどの様な生活の保障があるのですか? 寝起きがふじゅうで介護ベッドを借りたくても、がん患者は、身体障害者として証明されないため介護ベッドすら安く借りることが出来る保障すらありません。現在の社会福祉制度は、癌患者に対して大変冷たく「どうせ死ぬのだから、早く死ね!」と言っているのと同じです。何の補助制度もないことがわかりました。何のための社会福祉なのですか。何のための保険制度なのですか。いままで高い保険を長くかけていても癌患者に何の保障もないのですよ。
 
最近のがんに関する新聞記事から
「中国でがん免疫療法」 タカラバイオ臨床試験着手 『京都新聞』2004.09.07
 活性化リンパ球療法。患者の血液から採取したリンパ球を抗体で刺激して培養・増殖し、再び体内に注射してがん細胞を攻撃させるという画期的な方法。
 副作用が少ないようなので早く実現させて頂きたいですね。
「がん抑制の薬製造へソフト」 京大教授らが開発 実験通し事業家へ 協力企業募集 『京都新聞』2004.09.07
 がん発生を抑制する薬を製造するためのシュミレーションソフトを開発。理論上の仮説で生物実験による実証のために約8億3000千万いるようなので企業の協力を求めておられる。075-315-6603へ
 癌治療薬の開発には、すごいお金がかかるのですね。しかし国の防衛予算などから考えれば安いものです。癌の特効薬が出来れば、ノーベル賞ものだと言われているだけに京都から次のノーベル賞がでる可能性もありますね。京都が誇るナノテクとバイオ技術による方法なら、安心して服用できる「がん抑制剤」が近い将来実現するものと思われます。

 
現在の日本社会は、東京中心となり世界のことしか見ることが出来なくなっており日本人として誇れる物をもつ国民となっていません。何故、京都の企業が上記の研究を開始したのか。それは経済中心の社会しか考えていないからです。いまここで人間としての本来の姿を取り戻す必要があると常々思っています。それが出来るのは、やはり京都だけなのでしょうか。2004.09.14

新しい治療法(乳癌の抗体療法)  ハーセプチン 2004.09.10
     抗HER2ヒト化モノクローナル抗体http://www6.ocn.ne.jp/~oppai/HER2-1.htm

ハーセプチン(一般名:トラスツズマブ)は、これまでの抗癌剤とは全く違った仕組みで癌を抑える、新しいタイプの薬剤です。ですから今までは抗癌剤を色々投与するも転移を起こした患者さんにはそれ以後なかなか効果的な治療法がありませんでした。このような患者さんにとってハーセプチンは画期的で光明な薬剤となります。またハーセプチンにより乳癌治療の個別化つまりオーダメイド治療が可能になりました。
HER2タンパクとは?
 乳癌細胞の増殖が早いものと遅いものがありその違いについて研究が進められてきました。そして最近、細胞の表面に『増殖に必要なえさを取り込むための手(受容体)』を持っているものがあることが分かりました。この手を持っている細胞は、持っていない細胞に比べ、えさをたくさん取り込むことが出来るので、活発に増殖すると考えられています。このえさを取り込むための手は『HER2タンパク』と呼ばれています。
ハーセプチンとはどんな薬?
 ハーセプチンはこの『HER2タンパク』の手を抑える手錠のような働きをする薬です。癌細胞は手に手錠を掛けられるため、増殖に必要なえさを取り込むことができなくなり、兵糧責めにあう形で押さえられることになります。
どんな人がハーセプチンの治療を受けられるの?
#1 転移性乳癌の方
   癌が乳房以外に拡がった状態の患者さんに効果がある事が分かっています。
#2 癌細胞にHER2が多い方
 ハーセプチンは手であるHRE2タンパクを選んでくっつくように作られていますので、ハーセプチンの効果が期待できるのは、癌細胞にHER2を多くもっている方のみです。手術や検査で取った癌細胞の表面を調べてみて、HER2がほとんどない人(0)、あまりない人(1+)、かなりある人(2+)、たくさんある人(3+)にわけ、強陽性の(3+)の人がハーセプチンの治療の対象となります。(2+)の人も対象になる可能性がありますがあまり効かないようです。検査の結果がでるのに約1〜2週間くらいかかります。
治療スケジュールは?
 ハーセプチンは単独で使用する場合と他の抗癌剤と組み合わせて使用する場合があります。通常ハーセプチンを使用する場合は一週間に一回投与します。他の組み合わせる薬剤は主にタキサン系(タキソール、タキソテール)が選択されています。ハーセプチンは約90分かけて点滴します。
副作用は?
 主な副作用は、悪寒と発熱でいずれも三人に一人くらいにでます。通常はハーセプチン投与中か投与後24時間以内に多く出現します。また吐気や頭痛、倦怠感なども出る場合がありますが、頻度は多くありません。これらの症状は初回投与時のみで、二回目以降はなくなることがほとんどです。頻度は少ないですが、重篤なものとして心臓機能の低下や呼吸器の障害が出ることがあります。したがって、投与前を含めて定期的に心臓機能検査を行い、これらを予防します。
効果は?
 海外のデータですがHER2過剰発現が確認された転移性乳癌患者469人を対象にハーセプチンと化学療法の併用を化学療法と比較検討した第V相臨床試験の結果で奏効率において
#1ハーセプチン+タキソール併用:41%   #2タキソール単独:17%

   ハーセプチンの副作用について  03年04月05日 T.M. 
 初めてお便りします。先日、知人から、「ハーセプチン」と何か(抗ガン剤?)の組み合わせで肺に副作用が出て、死亡例があると聞きましたが、本当なのでしょうか? ハーセプチンのみだと大丈夫なのでしょうか? よろしくお願いいたします。
 ハーセプチンの副作用についてですが、何かとの組み合わせではなく、ハーセプチンのみでも副作用があります。一つは心機能障害です。特に以下の患者については、心機能検査(心エコー等)を頻回に行うこととなっています。
(1)
アントラサイクリン系薬剤を投与中の患者又はその前治療歴のある患者
(2)
胸部へ放射線を照射中の患者
(3)
心不全症状のある患者
(4)
冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症等)の患者又はその既往歴のある患者
(5)
高血圧症の患者又はその既往歴のある患者は、ハーセプチン投与にあたっては、事前に必ず心機能の評価をする必要があります。
 また、Infusion reaction(
症状:発熱、悪寒、嘔気、嘔吐、疼痛、頭痛、咳、めまい、発疹、無力症等)という副作用が知られております。これは投与開始後24時間以内に多くあらわれますが、特に重篤な副作用としてアナフィラキシー様症状、肺障害等(気管支痙攣、重度の血圧低下、急性呼吸促迫症候群等)が発現し、死亡に至った例も報告されています。これらの副作用は、特に安静時呼吸困難(肺転移、循環器疾患等による)のある患者又はその既往歴のある患者において重篤化しやすいといわれております。頻度不明とされていますが、国内では0.3%に重篤なInfusion reactionが発生し、0.04%の死亡例を認めているということです。乳癌治療に非常に重要な薬剤ですが、残念ながらこのような副作用もありますから、十分納得された上で使用されることが大切です。(文責 O)
のアドバイス
ある掲示板からは、下記のようなアドバイスを頂きました。この掲示板は、主治医と少し違った方法の治療方法です。
まず、患者が我慢できない痛みの時は、「強い痛みをとってから治療」をする方法のアドバイスを頂きました。
 Re: MRI検査で骨転移、ハーセプチン療法について 
 2004/09/01 (水) 08:08
>  Rが一年前乳がん温存手術、1年後のMRI検査で骨転移ハーセプチンを・・ 
> 緊急!骨転移についてお教え下さい。
>  Rは、一年前乳がん温存手術し、「HER2 3+」で、右脇のリンパ22の内、17個切除し、その内の1個が病理検査で転移していた。そして1年後(2004.08.26)のMRI検査で骨転移、腰椎3.4と胸椎10.12がみられハーセプチン治療することになった。
> ところで、腰椎3.4と胸椎10.12の場合で「HER2 3+」の時は、「ハーセプチン」が良いようですが、腰椎4のMRCT検査で7割ほど犯されている場合腰を早めに放射線でスポット30〜40位照射した方が骨の再生が早くなり良いとある方からアドバイス頂きました。
どんな治療がよいのかは、体の状態によります。痛みがあって消耗しているような状態の場合には、早急に痛みを取る治療を行う方が、体の調子が戻るのが早いです。
まずは、通常の痛み止めやモルヒネを使って痛みを取っておいて、放射線治療を行います。放射線治療を行うと数日で、痛みが消えることが多いです。その後に、ビスフォスフォネートで骨を固める治療をしておきます。
点滴などの全身治療は、その後に行います。手術のときのホルモンレセプターが陽性の場合には、ホルモン治療を優先します。骨転移に対して効く可能性が高いことが分かっているからです。
>  このような方法の治療はどうなのでしょうかお教え頂けませんでしょうか。どうか宜しくお願い致します。妻は長く寝ていると腰が痛くなるので、少し横を向いたりしています。そして食事がほとんど取れず果物を食べて「ハーセプチン」治療で入院するための部屋が空くのを待っている所です。
食事がとれないのはなぜか分かりません。いろいろなものを飲まれているようなので、それによる胃腸障害の可能性も高いと思います。健康食品などで、胃腸障害を起こされている方をよく見かけます。
まずは全身状態を良くしてからがんの治療に望まれるのがよろしいと思います。がんに良いからと言って、いろんなものを飲んで体を壊す方がいらっしゃいます。要注意です。
下痢と膀胱、尿道炎のような症状が気になります。

上記のように色々貴重なアドバイス頂き有難う御座いました。2004.09.02
健康食品などで、「胃腸障害を起こされているのではないか」という貴重なアドバイスを頂きました。原因が何故か分からなかったので安心しました。また、患者の状態によって、痛みの「放射線治療」を先にしてから「ビスフォスフォネート」で骨を固める治療をする方法もあることを知りました。さらに、手術のときのホルモンレセプターが陽性の場合には、「ホルモン治療を優先」する。骨転移に対して効く可能性が高いことが分かりました。
  T先生から下記のアドバイスを頂きました。
1137. Re:
MRI検査で骨転移、ハーセプチン療法について T先生  2004/09/01 (水) 08:08
>  Rが一年前乳がん温存手術、1年後のMRI検査で骨転移ハーセプチンを・・ 
> 緊急!骨転移についてお教え下さい。
>  Rは、一年前乳がん温存手術し、「HER2 3+」で、右脇のリンパ22の内、17個切除し、その内の1個が病理検査で転移していた。そして1年後(2004.08.26)のMRI検査で骨転移、腰椎3.4と胸椎10.12がみられハーセプチン治療することになった。
> ところで、腰椎3.4と胸椎10.12の場合で「HER2 3+」の時は、「ハーセプチン」が良いようですが、腰椎4のMRCT検査で7割ほど犯されている場合腰を早めに放射線でスポット30〜40位照射した方が骨の再生が早くなり良いとある方からアドバイス頂きました。
どんな治療がよいのかは、体の状態によります。痛みがあって消耗しているような状態の場合には、早急に痛みを取る治療を行う方が、体の調子が戻るのが早いです。
まずは、通常の痛み止めやモルヒネを使って痛みを取っておいて、放射線治療を行います。放射線治療を行うと数日で、痛みが消えることが多いです。その後に、ビスフォスフォネートで骨を固める治療をしておきます。
点滴などの全身治療は、その後に行います。手術のときのホルモンレセプターが陽性の場合には、ホルモン治療を優先します。骨転移に対して効く可能性が高いことが分かっているからです。
>  このような方法の治療はどうなのでしょうかお教え頂けませんでしょうか。どうか宜しくお願い致します。妻は長く寝ていると腰が痛くなるので、少し横を向いたりしています。そして食事がほとんど取れず果物を食べて「ハーセプチン」治療で入院するための部屋が空くのを待っている所です。
食事がとれないのはなぜか分かりません。いろいろなものを飲まれているようなので、それによる胃腸障害の可能性も高いと思います。健康食品などで、胃腸障害を起こされている方をよく見かけます。
まずは全身状態を良くしてからがんの治療に望まれるのがよろしいと思います。がんに良いからと言って、いろんなものを飲んで体を壊す方がいらっしゃいます。要注意です。
下痢と膀胱、尿道炎のような症状が気になります。

 T先生の掲示板を見て、同じ悩みをお持ちの方からメールを頂きました。

Sent: Tuesday, August 31, 2004 11:02 AM
Subject:
余計なこととおもいましたが・・・。
こんにちは。T先生のHPを見て、私と少し似た状態があるので思いきってメール致しました。
R様のこと、お気持お察しいたします。
私はER、PgR、HER2すべて(−)で現在ゼローダ+アレディア治療中です。
去年の11月、左足が痺れ、腰、肩が痛くなり、マーカー上昇で骨転移確信(リンパ転移数が2桁だったのでいつかは来るとは思ってました)
PET、骨シンチで多発骨転移確定(予想以上でガックリ)。即放射線(限界量まで)+ビス剤(アレディア)開始。照射が終ると同時にゼローダ開始。
で今に至っています。ホルモン剤が使えないのが辛いとこです。
PETとシンチで肩、腰のみでなく首、頭蓋骨の画像を目にした時、早く手を打たねばと、朝から晩までネットや経験者を訪ね、勉強してDrと話しました。
というのは、私は九州の市立病院なので都会の人より不利だと思ったのです。でも
ビス剤を知ったお陰で(骨転移には保険がきかないので、も少し様子みてからというDrをくどき)痛みがとれています。
でもガンが減ったのかどうかは来週までわかりません。その時調べた骨転移の資料を次のメールに添付します。
TDrが返事くださるので、素人が余計なことをと思いましたが。
参考になればと思いましたので・・。長々、書いてしまいました。

  
骨粗鬆症の管理・治療
治療薬剤:ビスホスフォネート
 ビスホスフォネートは,ピロリン酸のP--P構造と類似したP--Pを基本骨格とし,ハイドロキシアパタイトに対して高親和性を有するため,骨の石灰化基質に高い選択性をもって集積する. ピロリン酸が容易に分解されるのに対し,ビスホスフォネートはほとんど分解されない.そして,破骨細胞に取り込まれ骨代謝回転を低下させ,その機能を直接阻害するとともに一部ではアポトーシスも誘導する. 骨粗鬆症に対し投与することにより,骨量の増加効果,骨折の防止効果を発揮する.今後の課題は長期的な有効性,安全性の証明,他剤との併用あるいは逐次療法の検討などである.

1. 悪性腫瘍の骨転移に関わる分子メカニズムの解明
 骨は絶えず動的にリモデリングを繰り返しているために、他の臓器とは異なる微小環境を癌転移部に提供しています。すなわち、骨組織中に豊富に存在するInsulin-like growth factor-1(IGF-1)およびTransforming growth factor-b (TGF-b)などの増殖因子が、骨破壊時に溶出し、癌細胞と相互作用を及ぼしあっていると推定されます。現在、骨転移部における癌細胞の増殖および癌細胞による骨破壊に対するIGF-1の関与をin vitroin vivoの両面から検討しています。もう一つの重要な研究の柱として、ビスホスフォネートの骨転移抑制効果のメカニズムの解明があげられます。従来、ビスホスフォネートは、破骨細胞の機能阻害剤として効果を発揮していると考えられてきましたが、最近の私たちの研究の結果、ビスホスフォネートが癌細胞のアポトーシスを誘導することが明らかとなりました。今後さらに、ビスホスフォネートの新しい作用効果の可能性を追求していきたいと考えています。また、最近の新しい試みとしては、癌の骨転移に伴う疼痛のメカニズムの解明とビスホスフォネートの疼痛抑制の機序の解明にも力を注いでいます。

乳癌の骨転移にビスホスフォネート
 従来、乳癌の骨転移の治療法として、化学療法、放射線療法、内分泌療法が用いられてきましたが、それらは癌細胞に直接作用する癌腫特異的治療であったのに対し、ビスホスフォネート療法は、癌細胞には直接的な抗腫瘍効果を発揮せずに、骨に作用して骨転移の形成・増殖抑制をもたらし得るため、臓器特異的治療法と呼ぶことができます。そのため、あらゆる癌腫の骨転移に対しても効果が認められると思われます。しかし、増殖能の高い腫瘍の骨転移に対しては疼痛軽減効果が認められることはあっても多覚的な抗腫瘍効果が得られることはほとんどありません。
 このため、ビスホスフォネート療法は乳癌や前立腺癌等の腫瘍増殖速度の緩徐な癌腫の骨転移が良い適応となります。
ビスホスフォネート療法は乳癌の骨転移治療で骨合併症を予防し、その奏効率は10〜20%と考えられています。出典:日本病院薬剤師会雑誌 2001.10


掲示板で
ハーセプチンと併用する最有力な薬剤は、国内未承可の「ナベルビン」

ハーセプチン治療について  投稿者:YK  投稿日:2004/09/08(水) 23:14:24 [返信] I P:218.228.154.40
 乳がんの温存手術をしてCFを服用していましたが、骨に転移したため新薬「ハーセプチン」と「ビスフォナール?」を点滴することになりました。以前のCEFのような副作用は、なさそうですが何故かしんどく憂鬱です。CFは副作用が強く真剣に飲んでいなかったのですが「ハーセプチン」の効き目は、それまでの抗がん剤との関係で効果に差が出るのでしょうか。それとも私の「Her2 3十」という癌の性質の差により効果が出るだけなのでしょうか。もしこの「ハーセプチン」が聞かない時には、何でどの様にする治療方法があるのでしょうか。心配で心配で夜も眠られない毎日です。どうか宜しくお願い致します。
--------------------------------------------------------------------------------
Re:
ハーセプチン治療について 投稿者:狸  投稿日:2004/09/10(金) 08:45:52 I P:202.33.43.22
狸です ちょっと目に付きましたのでコメントさせていただきます
 処方を受けられる薬剤のうちビスフォナールとはいわゆるビスホスホネート剤で骨粗しょう症や高カルシウム血症などに使う薬ですが、その薬理作用である骨消化抑制効果を応用して乳癌の骨転移症例に使用します。本来は保険適応外なのですが、近年盛んに有効性が議論されており、実際にかなりの効果が期待できます。しかもいわゆる抗がん剤ではありませんので副作用はそれほど強くありません(腎毒性などですが頻度が少なく、しかも点滴時間調製で回避できます)。
 一方のハーセプチンは一部の乳癌細胞で発現し、無秩序な増殖を指令する細胞表面のシグナル伝達を仲介する受容体(これがHer-2のことです)を押さえ込む薬剤で、その受容体陽性例での有効性が世界的にも明らかになっている有用な薬剤です。YKさんのケースではまさにこの状況といえます。ただ確認すべきと思いますのは、活性的にハーセプチンは単剤(この場合ビスフォナールは抗がん剤ではありませんから併用とは言いません)ではどうしても骨転移には効果が薄くなります。この場合やはり併用療法が重要であり、タキソールかタキソテールとの併用がやはり有効性の面でもっとも期待できます。もしこの併用療法で効果が余りなかった場合には併用相手を変えていくことが重要とされ、昨年の乳癌学会ではHer-2陽性の場合には基本的に必ず入れたほうが良い、とされました。ですからタキソール、タキソテールと使った後では違う薬剤を使う必要がありますが、
最有力な薬剤は残念ながら国内未認可のナベルビンです。これを使用するとなると保険適応から外れてしまうため薬剤費用が掛かってしまいます。それ以外でしたらゼローダなども効果が期待できます。

お礼を「掲示板」に書き込む・・・
 貴重なアドバイスを有難う御座いました。現在の所ハーセプチンと併用する最有力な薬剤は、国内未認可の「ナベルビン」 についての知識がありませんので、早速どの様な薬なのか調べてみます。2004.09.24
「ナベルビン」についての情報がなく、皆さんからメールを頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。


緊急速報!!

「HER2 3+」の患者は、ハーセプチンとタキソールそれにビスフォスフォネートで乳ガンの骨転移縮小

1393. Re: 乳ガン最新情報「HER2 3+」患者 Tdr 2005/04/23 (土) 13:48
乳ガン最新情報・・・私は、この掲示板に数回投稿させていただいた「HER2 3+」の患者ですが骨転移と皮膚ガンで2004,年夏からハーセプチンとビスフォスフォネートをしばらく投与していたのですが効き目がなく、タキソールとの併用を開始することになりました。タキソールを開始して皮膚ガン(最近の国立がんセンターホームぺーで「炎症性乳がん」と思われる2005.06.09追加記入)が1ヶ月目に薄くなり2ヶ月目で消えました。また、3ヶ月目に転移していた背骨の痛みが取れてきているようでCTスキャンを撮った結果によると転移部分が半分に縮小していました。現在、タキソールとの併用から6ヶ月がたち寝返りができるようになりました。3ヶ月目から頭の髪の毛がとれだして現在上部がほとんど抜けて裾の部分だけがわずかに残っているだけとなりました。しかし本で読んでいた副作用は、それなりにでていますが副作用を止める良い薬ができているので何とか過ごせています。

先生から・・・
効いてよかったです。ハーセプチンを併用するのがいいのかどうかが難しいですね。タキソールの副作用も強く出る人は継続が困難ですが、そうでなければ、続けて点滴が出来るいい薬です。


ハーセプチン治療について 2004/09/07(火) 23:57:45
乳がんの温存手術をしてCFを服用していましたが、骨に転移したため新薬「ハーセプチン」と「ビスフォナール?」を点滴することになりました。以前のCEFのような副作用は、なさそうですが何故かしんどく憂鬱です。CFは副作用が強く真剣に飲んでいなかったのですが「ハーセプチン」の効き目は、それまでの抗がん剤との関係で効果に差が出るのでしょうか。それとも私の「Her2 3十」という癌の性質の差により効果が出るだけなのでしょうか。もしこの「ハーセプチン」が聞かない時には、何でどの様にする治療方法があるのでしょうか。心配で心配で夜も眠られない毎日です。どうか宜しくお願い致します。


Re: ハーセプチン治療について 投稿者:うず@管理人  投稿日:2004/09/15(水) 21:02:54 I P:61.121.69.118
YKさん、こんばんは。
狸先生から詳しいコメントがあってほっとしています。
私自身もホルモンは陰性、ハーセプチンはスコア0なのでもしものときは、いったい何の治療をするんだろうと考えることがあります。
しかし今は新しい薬も開発されていますし、いろんな形での治験も行なわれているようですよね。
ちなみに私は抗がん剤治療後に、リンパ球療法という保険適応外の民間療法をしました。


医薬品情報から

●トラスツズマブ(遺伝子組み換え)(ハーセプチン注射用150)
薬価基準新規収載品目の概要(平成13年6月1日収載分)
 米国Genentech社により開発された遺伝子組み換えによって精製されたヒト化モノクローナル抗体であり、日本では日本ロシュが承認を取得した。効能効果は、HER2過剰発現が確認された転移性乳癌である。薬理学的特徴は、ヒト上皮細胞増殖因子受容体2型(HER2)に対するヒト化モノクローナル抗体であり、HER2発現の乳がん細胞に選択的に作用し、抗原抗体反応及びそれによる免疫系の活性化により抗腫瘍効果を発現する。
 海外における第V相臨床試験は、HER2を過剰に発現する転移性乳癌患者を対象に、病勢進行までの期間を化学療法剤単独群と本剤+化学療法剤の併用群とで比較したところ、アントラサイクリン及びシクロホスファミドとの併用群、パクリタキセルとの併用群では、それぞれ中央値で9・08カ月、6・87カ月であり、それぞれの化学療法剤単独の場合の6・48カ月、2・89カ月に比べて、延長が認められた。
 用法用量としては、
@通常、成人に対して1日1回、トラスツズマブとして初回投与時には4mg/kg(体重)を、2回目以降は2mg/kgを90分以上かけて1週間間隔で点滴静注する
A本剤の投与時には、添付の日局注射用水7・2mlにより溶解してトラスツズマブ21mg/mlの濃度とした後、必要量を注射筒で抜き取り、直ちに添付の日局生理食塩液250mlに希釈し、点滴静注する。


●日本ロシュ HER2NET--- http://www.her2.org/ ;
ハーセプチンの情報について医療従事者の方のみを対象としたサイトです。 日本ロシュによるサイト。
●2000年2月1日 乳がん治療薬 トラスツズマブ「ハーセプチン」、承認申請のお知らせ--- http://www.nipponroche.co.jp/news/2000/n000201.html
2000.1.28申請。
トラスツズマブ「ハーセプチン」は、
バイオテクノロジーを駆使して開発された、米国で世界初のヒト化モノクローナル抗体乳がん治療薬として承認された薬剤です。ジェネンテック社(カリフォルニア州)により創薬・開発され、米国では既に1998年9月にFDAによりHER2過剰発現した転移性乳癌を対象として、加速審査の結果、スピード承認され、同社により商品名 HerceptinR(ハーセプチン)で販売されています。
米国以外ではロシュ・グループが独占的開発・販売権を持ち、すでにスイス、カナダをはじめ数カ国で販売を行っているほか、EUでも現在申請中です。
HerceptinRは増殖が速く、転移しやすいHER2蛋白過剰発現タイプの転移性乳がんに対して延命効果を示し、嘔吐・骨髄抑制・脱毛などの重篤な副作用が少ないことが、海外での臨床試験により示されています。
現在日本では毎年約3万人が乳がんを新たに患い、累計で約12〜3万人が治療中です。
このうち、トラスツズマブの対象となるHER2過剰発現の乳がんは約30%といわれております。
--------------------------------------------------------------------------------

「がん分子標的治療薬の新しい展開」 --- 薬事日報02/02/22掲載
http://www.fukumi.co.jp/mm/add/1043_add.htm
 国際的には既に、多くの分子標的薬剤が臨床で試され、新たな概念に基づく薬剤ということで注目されているところですが、分子標的薬剤として日本で最初に承認されたのはハーセプチンです。その作用メカニズムや臨床での位置づけなどについて、徳田先生から現状をご紹介いただけますか。

承認の第1号/ハーセプチン:HER蛋白質を標的化、推定されるADCC活性の関与】
 徳田 ハーセプチンは一九九八年の秋にFDAで承認されました。乳がん細胞で過剰発現がみられることがあるHER2/neu(ヒト上皮細胞増殖因子受容体2型のがん遺伝子)の遺伝子産物であるHER2蛋白を標的にしたヒト型化モノクローナル抗体です。
 開発の発端となったのは、HER2受容体の細胞外領域に親和性を持つマウス抗体が作成されたことで、マウス抗体自身が増殖抑制効果を持ち、ADCC(抗体依存性細胞障害)活性も期待できることから、ハーセプチンの開発へとつながっています。ただ、ヒトへの投与ということでは、マウス抗体に対する抗体の出現という問題がありますので、マウスモノクローナル抗体の抗原結合部位のアミノ酸配列を五%残し、残りをヒトIgG1骨格の抗原結合部位に遺伝子組み換えで置換することによってヒト型化しています。作成されたヒト化モノクローナル抗体はマウス抗体と同様に、単独で増殖抑制効果があり、ADCC活性が認められています。
 それによって、アメリカを中心に乳がん患者を対象に臨床試験が行われました。乳がんが対象になったのはHER2蛋白の過剰発現が多いためで、20〜30%の症例で過剰発現が認められます。その臨床試験成績では、単剤投与で15〜20%の奏効率が得られています。
 また、in vitroでの成績で、ある種の抗がん剤との相乗効果あるいは相加効果が認められていたことから、ランダム化比較試験(RCT)が行われ、アドリアマイシンやエンドキサン、パクリタキセルとの併用で相乗効果が証明されています。
 日本では、二年ほど遅れて昨年六月に承認され、ようやく臨床データが出される段階です。
 鶴尾 作用機序的には抗体自身が持っている直接的な細胞障害作用と、免疫反応を介した作用が考えられているようですが、それは確認された作用メカニズムと考えてよろしいですか。
 徳田 ADCC活性を臨床で実際に証明するのは難しいのですが、FcレセプターノックアウトマウスにヒトのHER2陽性株を移植して、ハーセプチンを投与するというin vivo実験をしますと、コントロールに比べハーセプチンの効果が50%以上落ちます。ですから、おそらく臨床的にもADCC活性がかなり関与しているのではと考えられています。
 鶴尾 HER2の発現とハーセプチンの効果についてはいかがですか。
 徳田 明らかに相関が認められます。
 曽根 現在、乳がん以外に非小細胞性肺がんを対象とした臨床試験が行われているようですが、どのような成績が得られていますか。
 徳田 NCIの報告をみますと、確かに非小細胞性肺がんを対象にした臨床試験が始まっているようですが、詳細についてはまだ知りません。
 曽根 非小細胞肺がんでは、HER2の発現が乳がんよりむしろ高いという成績もあります。ただ、非小細胞性肺がんに対するハーセプチンの第U相試験の結果では、10%未満の有効性でそれほど高くないようですね。その点については、どのようにお考えになっていますか。
 徳田 HER2の発現をどう評価するかが一つの問題でしょうね。HER2の発現頻度が一番高いのは乳がんだと思いますが、肺がんや膵がんでも50%近い陽性を示すという報告もあります。ただ、免疫組織化学的な検討が大部分で、その場合も細胞膜の染色ばかりでなく、細胞質の染色も含んでいるなど、過剰発現の評価基準が非常に曖昧であるという疑問があります。ですから、肺がんなどで免疫組織化学的に認められる物質が、本当にハーセプチンのターゲットになる抗原かどうかは見直す必要があると思います。
【抗原発現の確認が前提、化療剤と併用し相乗効果】
 現在の状況としては、免疫組織化学的にHER2の発現を調べるよりはFISH法を用いた方が、効果予測因子としてはより良いとされています。従って、肺がんに関してもそうした評価をしていかなければいけないと思います。
 曽根 抗体医薬の場合は、標的抗原が必ず細胞膜上に発現していないと効果が期待できないわけですね。
 徳田 ハーセプチンに関しては、シグナルが入るHER2蛋白が発現している必要があるということです。
 鶴尾 適応は転移性乳がんとされていますが、作用機序からいって、HER2の発現をきちんと診断してから使用するということにはなっているのですか。
 徳田 ええ、対象は転移性乳がんで、HER2の過剰発現もしくは増幅がみられる症例とされています。また現在、術後の乳がん症例を対象とした試験も進行中です。ですから、HER2陽性であれば、術後症例まで拡大される可能性はあります。
 曽根 欧米では、心毒性が問題にされていましたが、日本ではいかがですか。
 徳田 まだ市販後調査の段階で、日本で心毒性がどのくらい発現しているかは、きちんと掌握されていませんが、私の経験では単剤より他の抗がん剤と併用した場合に、症状はありませんが心機能の低下を5%ほど経験しています。
 鶴尾 先ほど、肺がんを対象とした臨床試験がアメリカで進行しているというお話がありましたが、日本での適応拡大についてはどのような状況ですか。
 徳田 日本はまだ乳がん以外の適応拡大については検討されていません。
 畠
 今後は、他の化学療法剤との併用研究が進んでくるのではないでしょうか。
 徳田 乳がんの再発症例に関してはタキサンとの併用で効果が証明されていますが、そのほかにどのような抗がん剤との併用が有用かという検討は進むでしょうね。in vitroの成績ではナベルビンなどで相乗効果が得られており、臨床的にも用いられています。

乳癌に対する知識 その(2)http://www.amy.hi-ho.ne.jp/ksakura/milkyway/30.htm
 今日はハーセプチンのお話しです。
福井県立病院外科 山道 昇
 皆さんはほとんどの方が乳癌手術の体験者であり、手術が終了した後も何らかの補助療法を続けている方も多いと思います。何かお薬を服用していませんか?(ノルバデックス、UFT、フルツロン、アフェマ…)最近テレビを主体としたマスコミなどで乳癌にたいする夢の新薬としてハーセプチンがよく取り上げられています。では、ハーセプチンとはどのような薬なのでしょうか?本当に副作用が少なくて、誰にでも効果のある薬なのでしょうか?
 ハーセプチンは世界ではじめて作られた乳癌の一部が持つ癌遺伝子Her2/neuに対する人型モノクローナル抗体です。(抗体とは人の体の中で、この場合は乳癌遺伝子Her2/neuを無力化する作用を持ちます)では、Her2/neuとはどんな癌遺伝子でしょうか別名をEGF2(Human Epidermal Growth Facter Recepter 2)と言います。一般にこの遺伝子の過剰発現(たくさんもっていること)が見られる乳癌は増殖速度が速く、リンパ節転移を起こしやすい、抗癌剤には抵抗を示すなど乳癌の悪性度を示すものでした。この遺伝子が過剰発言を示す乳癌の割合は欧米では25%〜35%、日本人乳癌では20%前後です。
 1990年米国においてHer2分子に対するモノクローナル抗体が開発され、1998年にはFDAにおいてHer2過剰発現の転移性乳癌治療薬(Herceptin、ハーセプチン)として承認されるに至りました。それ以降の欧米における進行・再発乳癌治療の研究はハーセプチン、と新しい抗癌剤であるタキソール、タキソテール、ナベルビンなどとの併用の効果を確かめるものが多く見られます。いずれも、今まで抗癌剤が効果を発揮できなかったHer2過剰発現乳癌に対しハーセプチンと抗癌剤を組み合わせて治療すると約35%の有効率を示すというものです。(ハーセプチンのみでは10%以下の効果しかありません)有事事象(最近では国際的には副作用と言わずこのように呼びます)としては異種蛋白が体内に入ることから起こる
発熱、アレルギー反応などがある他、一緒に用いる抗癌剤の作用が出現します。最も注意すべきはアドリア・マイシンと併用した時は36%、タキソールと併用した時12%の心不全が出ることです。しかもこの心不全で死亡例も報告されています。有事事象はハーセプチンを使用するに至るまでに多くの抗癌剤を使った経験のある人ほど出現率が多いようです。このような海外でのデーターをもとに、わが国においても今年(2001年)6月1日を待って厚生省はハーセプチンの保険医療での使用を許可しました。対象はHer2過剰発現の認められる再発乳癌です。過剰発現の有無を調べるハーセプ・テストを行わなければなりません。(テスト陽性に出て、再発乳癌治療にハーセプチンを使える人はおそらく10人に1人くらいと思われます。)
 まず、乳癌が再発したらハーセプ・テストを行う、陽性であれば早い時期からハーセプチンとタキソールまたはタキソテールを組み合わせた治療を選択するのが有効率を高め、有事事象を減らすことになると考えます。テスト陰性であれば他の薬剤選択を行ってください。
 新しい抗癌剤ハーセプチンは乳癌治療に新しい夢を与えてくれるものではありますが決して万能薬ではありません。少なからず有事事象も認められ、経済的負担も多い治療です。よく説明を受けた上で使用に踏み切りましょう。


私のがん予防方法 
 1.喫煙は寿命が短くなるのですわない
 2.飲酒はなるべくしない
 3.規則的な食事や睡眠をとる
 4.適度な運動として、なるべく歩く
 5.適切な体重の維持を心がける
 6.緑色野菜をなるべく多く毎日食べる
 7.乳製品、ヨーグルト、大豆製品を多く食べる
 8.なるべく気にせずストレスの解消を図る
2003年現在女性の乳癌は、20人に1人患者が発生していると言われています。
現在の人間ドックや通常の乳癌検診では発見されないので問題となっています。
マンモグラフなどによる検診方法の早急な対策が必要でしょう。(2003.10.01記入)


米国は、がん治療先進国
 全米ガン協会という患者や家族ボランティアの団体があり、キャンペーンや患者家族への支援医療機関や政府への働きかけに年間500億円という寄付が個人団体から寄せられているようです。
 日本では、家族にガン告知する事があっても自分がガン患者であることを世間に告知するところまて残念ながら至っていない。
アメリカでも以前は公表することが難しかったが、前フォード大統領夫人が乳ガンであることを公表して以来患者や家族への支援が積極的になされるようになった。また前クリントン大統領は、全米ガン協会等の要請を受けガンの新しい治療法の承認を半年にし立法化した。
 米国では、ガン専門医ら複数の医師から告知と治療方法を聞いた患者は、カウンセラーと会い相談を受けることができる。そして複数の治療方法の中から自分が選択できる。また新抗ガン剤の情報がインターネットで公開されていて知ることもできる。
 いま日本の癌患者は、癌難民となっていて病院をかけずり回ったり、情報集めに走っています。上記に記したようになっていれば患者が一番知りたいことを入手することが出来るので、安心して治療を受けることが出来ますね。
 
日本の首相も上記のような宣言をすれば、株が上がり歴史に残る成果として何時までも語り継がれるでしょう。 2005.07.07記入

新薬承認について
2005年2月27日にがん患者らでつくる「ガンと共に生きる会」が 日本で未承認の抗ガン剤の一括承認を求める緊急措置請求書を厚生労働相に送ったようです。
 欧米ではガンの標準治療薬となってすでに効果が出てるのに日本国内で未承認だったり 保険の適用が限られていないので使用できない約百種類の薬の承認を求めています。
1990年代に入り多くの新しい有効な抗ガン剤が沢山登場しているが、国内の医療機関の薬の承認に必要なデーターを集める「臨床試験」や「治験データー」の資料や人材不足により欧米ではすでに「ガンの標準薬」とされているような薬さえ日本では使用することができないのです。
 つい最近までガンの告知をしてこなかった日本には、腫瘍専門医や抗ガン剤の専門医など無きに等しい現状のようでした。告知をしない日本には、ガン患者は存在しないのだから・・といった状態だったのでしょうか。しかし今多くの人がガンの告知を望み自分の納得いく治療を受けたいと願っても患者が治療法を決定することはほとんどない状態です。今も多くの場合医師の顔色を見ながら勧められる治療法に希望をつなぐ患者も多くおられると思います。米国ではすでに4年前ガンの新しい治療法の承認を半年にし患者の自己決定権法を立法化されました。
 2005.07.07記入


 
日本の大学で統合医療スタート 
 現在関西のある大学病院では、がんに関係する統合医療体制がスタートしている。腫瘍内科専門医の養成をはじめ化学療法に精通した「癌化学療法士」が中心になって看護師とともにそれぞれの患者に合わせた処方を患者の主治医とともにディスカッションして治療にあたっておられる。
 先月発表された情報によると、患者団体の強い要望により海外で標準薬となっている抗ガン剤がいよいよ日本で使えるようになってきました。しかし、それぞれの患者に対してどの薬が一番適当なのかは、実際に使って見なければわからないのが現実です。明日死ぬかもわからない患者の家族にとっては、日本における進行性の早い転移性乳ガンなどの最新治療データーだけでもホームページなどで早く発信してほしいものです。 2005.07.07記入

 
抗ガン剤の新薬承認急げ
 がん患者らでつくる「ガンと共に生きる会」が、2月27日未承認抗ガン剤の一括承認を求める緊急措置請求書を厚生労働相に送った。
欧米では、すでにガンの標準治療薬となって標準薬としているのに日本では未承認だったり、保険の適用が限られていて使用できない約百種類の薬の承認を求めた。
欧米ではガンの標準薬とされているような薬さえ日本では使用することができないのである。
 日本には、腫瘍専門医や抗ガン剤の専門医などいない場合が多い。このため日本では、ほとんどの癌患者が「がん難民」となりネット上や病院をうろうろしているという。日本の多くの病院は、最新の医療設備がそろっているが、末期ガン患者に関しては「もう治療法がありません」と宣告される場合が多いといわれている。
 一方がんの治療法として学会等では、複数の抗がん剤の併用療法が有効であるとされています。しかし薬事法で承認された抗がん剤であっても、がんの種類等によっては効能が承認されていないものや日本で認められていないために併用療法をすることができない状況にあります。たとえ出来ても未承認薬を一つでも使うと全ての薬の保険がきかなくなります。ゆえに外国で標準薬とされている薬の選択肢を早く進めて頂きたいものです。 2005.07.07記入

 
抗がん剤治療で2学会が一本化へ
 日本臨床腫瘍学会と日本癌治療学会は、別々に進めていた抗がん剤治療専門医の認定制度づくりを一本化するための協議を始めたようです。
 両学会は2004年それぞれ独自の制度づくりを始めたが、患者団体などが一本化を強く要望したため、共通の認定基準作りで合意したようです。
現在沢山の抗がん剤が開発され使われているが、患者に強い副作用が出たり不適切な使用による医療もあるので、適切な治療ができる抗ガン剤の化学療法士など抗ガン剤専門医の養成が急がれている。
 両学会はすでに認定制度づくりを開始。主に内科医が所属する臨床腫瘍学会は、薬物療法の専門家養成を目指してカリキュラムを設定。
一方、外科医が中心の癌治療学会は、手術と抗がん剤治療、放射線治療など幅広く行う医師の育成を目指している。
 私は、大学の今まで成功した臨床結果をホームページで公開して頂けないかなと思っています。厚生省のお役人や日本癌学会等の情報では、人と金が無いので出来ないということなのでそれを待っていては、末期患者には間に合いません。
 どちらかというと現在最新の情報が得られるのは、患者や医者による掲示板への書込が一番参考となります。何故なら患者ごとの抗ガン剤の投与方法や経過、それによってどの様な効果があったかが患者自ら述べているので日本における最新情報だと思っています。 2005.07.07記入

京都大グループがん転移抑制のメカ解明 [毎日新聞12月14日]
 細胞膜に元々付着しているたんぱく質「RECK」が、がんの転移阻止に大きな役割を果たすことを京都大大学院医学研究科の野田亮教授(分子腫瘍)学のグループが突き止め米科学誌「セル」で発表。
 がん細胞が転移して活性化するには、栄養や酸素を取り入れるための血管が必要だが、臓器や組織を包む「基底膜」が壁となって血管の生成を阻んでいる。同グループはがん遺伝子によってRECKの働きが抑制されていることを発見し、RECKの働きを強めたヒトのがん細胞をマウスに移植したところ、酵素の作用が抑えられ、がんの進行が抑えられることを確認した。

 

 早く人間に効果のある遺伝子治療が行われることを期待したいですね。


<乳がんの薬価収載最新治療方法> 「転移性乳がん最新治療方法」など 2005.06.24記入

★以下の「転移性乳がん最新治療方法」などは、私個人が収集したもので、特定施設・団体・企業などと一切関係ありません。
ゆえに、ここに掲載した内容は、素人の私が個人情報をもとに作成していますので、将来誤りや訂正が生じる可能性が大いにありますのであくまで参考としてください。
 患者さんの病名や進み具合、また今までに治療してきた抗ガン剤の種類などにより色々な治療方法もあるように思います。治療には、自己責任で望んで頂く必要があります。ここで紹介する情報を利用することにより利用者本人及び第三者に対し、いかなる不都合な結果が生じた場合でも一切責任を負いませんのでよろしくお願いいたします。また、抗ガン剤は、日進月歩していますのですでに(記入2005年6月24日現在)古い情報になっている場合もありますのでご了承下さい。私にわかる範囲内で追加訂正して行きたいと考えています。
 
赤字は、私の家族Her2 3+が(2005年6月24日現在)使用して効果が出ていると思われるものです。
(承認薬)
は、私が調べて知っている物のみと薬価収載・追加承認も付け加えたもので、他にも沢山の承認薬がありますがすでに承認済の物は記入していません。

<転移性乳がん最新治療方法>
【乳がん治療薬リスト】       
   (1)  アントラサイクリン系
    (a)  エピルビシン、アドリアシン
    (b)  ミトキサントロン(ノバントロン)
    (c)  リポソーム化アドリアマイシン(ドキシル)
   (2)  タキサン系
    (a)  
パクリタキセル(タキソール) (承認薬)
    (b)  ドセタキセル(タキソテール)
    (c)  パクリタキセルのDDS製剤
   (3)  5-FU系
    (a)  5-FU、フルツロン  (承認薬)
    (b)  TS-1
    
(c)  カペシタビン(ゼローダ)2003.6.6薬価収載、6.24日発売
   (4)  白金製剤、オキザリプラチン、シスプラチン
   
(5)  ビノレルビン(ナベルビン)★2005.5.31「手術不能又は再発乳ガン」
                                     の効能効果の追加承認   

(7)  トポイソメラーゼ阻害剤 イリノテカン
 
 (B) 分子標的薬      
    (1)  
ハーセプチン(Her2 3+患者) (承認薬)
    (2)  イレッサ    (承認薬)
    (3)  ターセバ
   (C) ホルモン剤      
    (1)  SERM(閉経前・後共通) タモキシフェン
    (2)  LH-RHアゴニスト(閉経前) リュープリン
    (3)  アロマターゼ阻害剤(閉経後)
     (a)  アリミディクス
     (b)  アロマシン
     (c)  フェマーラ(レトロゾール)
   (4)  選択的エストロゲン受容体ダウンレギュレーター(SERDs)
(閉経後)
    (a)  Ulvestant(フルベスタント)
   (5)  ヒスロンH(閉経前・後)
   
(6)  骨転移に対して ビスフォネート製剤
     
(a)  ビスフォナール (承認薬)
     (b) アレディア ★2004.11.29(承認薬) 
   
 (c) ゾメタ  投与時間が短い ★2004.12.8薬価収載
    (d) オンクラストテイロック

<乳がんの最新治療方法>

■乳がんに対する術後補助療法はどのように行うべきか
    リンパ節転移陰性 リンパ節転移陽性

低リスク群 高リスク群
閉経前 ホルモンレセプター
陽性 ノルバティクス
(タモキシフェン) ノルバティクス※ +化学療法 ノルバティクス※ +化学療法
ホルモンレセプター
陰性 なし 化学療法 化学療法 閉経後 ホルモンレセプター
陽性 アロマターゼ阻害剤 アロマターゼ阻害剤 +化学療法 アロマターゼ阻害剤 +化学療法
ホルモンレセプター陰性 なし 化学療法 化学療法
 ※ホルモンレセプター強陽性ならば、LH-RHアゴニスト(リュープリン)併用

(1)ホルモン療法のポイント
  タモキシフェン(ノルバディクス)は既に古い(閉経後患者)
  アリミディクス、アロマシン、レトロゾールなどのアロマターゼ阻害剤を使用する。

   (a)タモキシフェン(5年間)+ レトロゾール(4年間)
   (b)タモキシフェン(2〜3年間)+ アロマシン(2〜3年間)
   (c)アリミディクス(5年間)

    (a)のケース: 約40%の患者が 更に再発から逃れることができる。
            (MA17 test より)
    (b)のケース: 約30%の患者が タモキシフェン単独より 再発が少ない。
            (IES test より)
    (c)のケース: 約40%の患者が タモキシフェン単独より 再発が少ない。
            (ATAC test より)
(2)化学療法のポイント  半年間行うのが一般的
   (a)Her2陰性
     タキソール + アントラサイクリン系    3週毎に8コースが標準的
   (b)
Her2 3+ 陽性
     ハーセプチン + タキソール が第一選択  (承認薬)
        ハーセプチンは「転移性乳がん」のみ保険適用

 ★タキソールの投与方法に注意
   [CALGB 9840 試験]
   
タキソールは、 3週間隔 3時間投与より  
     毎週問隔 1時間投与が奏効率、副作用 共に優れている。
   タキソールの投与量は 80mg/m2

■化学療法のみで手術が不要な乳がん (
     日本ではまだ行われていない?
 Her2陽性早期乳がん (T1〜3、N0〜1、M0 ) は
 (a)ハーセプチン(12サイクル)+ タキソール(4サイクル)
 (b)ハーセプチン(12サイクル)+ FEC (4サイクル)
  (a)、(b)合わせて 半年の治療で 65%の患者が完全寛解となり手術が不要となった。
   ホルモンレセプターの陽性・陰性は関係ない。 (M. D, Anderson より)

  ハーセプチンを入れない タキソ−ル → FEC のみだと完全は25%。
【投与方法】
 タキソール : 225mg/m2  3週毎
 5-FU :    500mg/m2   day 1〜4  3週毎
 EPI :    75mg/m2    day 1    3週毎
 CPA :    500mg/m2   day 1    3週毎
 ハーセプチン : 初回 4mg/kg  毎週
         (2回目以降 2mg/kg)

<タキソール(パクリタキセル〉のDDS製剤>
Abraxane (アルブミン吸着製剤 パクリタキセル)
Xyotax  (ポリグルタミン酸付加パクリタキセル)
   
タキソールは優れた抗がん剤であるが、他の抗ガン剤と同様の
   前投薬、骨髄抑制、脱毛、食欲不振など多くの副作用がある。 

   
しかし人によってその副作用は、症状に強弱がある。
<パクリタキセルの適応疾患>
 1. 頭頚部、食道癌
 2. 胃癌
 3. 非小細胞性肺癌、小細胞性蹄癌
 4. 
乳癌
 5. 卵巣癌
 6. 腎盂尿肝癌(膀胱癌)
Abraxaneはそれに加えて
 7  大腸癌
 8  膵臓癌
Abraxane、Xyotaxは、パクリタキセルの副作用が軽減され、毒性が低い。
今まで投与不能な全身状態不良患者や高齢者患者でも使用可能。

<使 用 例>
Abraxane 100〜200mg/body 隔週
   〃   100mg   /body   3投1休
乳癌 Her2(+) ハーセプチン + Abraxane
 〃  Hez2(‐)  Doxile + Abraxane  (現在最良の治療法)
胃、食道癌   Abraxane単独投与
卵巣癌     Doxil + Abraxane  (最後の切り札の1つ)

□抗がん剤治療 「分子標的薬剤」
●分子標的薬剤「イマチニブ」。
 慢性骨髄性白血病の患者のための治療薬です。開発元・販売元は、ノバルティス社(商品名:グリベック)
 昨年5月アメリカで正式に治療薬の認可。日本でも11月輸入承認、12月から発売。
●オレゴン健康科学大学教授ブライアン・ドルーカー博士
 「イマチニブ」開発の一環として、基礎研究、臨床試験を担当した研究者です。
●分子標的薬剤「17―AAG」
 開発はアメリカ国立がん研究所が中心です。まだ認可されていません。現在は、アメリカとイギリスの5カ所の病院で臨床試験中。
 まだ、副作用が本当にないかなど、臨床試験の初期段階(フェーズ1)段階です。
 現在試験の対象は、肺がん、大腸がん、乳がん、卵巣がん、前立腺がん、大腸がん等。
 「17−AAG」は、「ゲルダナマイシン」の分子構造に手を加えて変更し肝臓への毒性を減らしたもの(誘導体)で、
 複数のがんの治療薬になる可能性を秘めた分子標的薬剤です。
(上記は、2005年6月現在書かれた情報に当方で少し付け加えたものです。)

薬価収載された物 2005.06.24記入

抗ガン剤
ハーセプチンナベルビンがHER2 3+転移性乳癌に有効
 Dana-Farbar, Harvardなど17の多施設調査で、HER2過剰発現の転移性乳癌に対する第1選択薬として、Trastuzumab と Vinorelbineが68%の奏功率を示した。正常左心機能の患者には16週間の心毒性に勝る奏功を得た。HER2細胞外ドメインが腫瘍マーカーとして有効であった。Trastuzumab and Vinorelbine as First-Line Therapy for HER2-Overexpressing Metastatic Breast Cancer: Multicenter Phase II Trial With Clinical Outcomes, Analysis of Serum Tumor Markers as Predictive Factors, and Cardiac Surveillance Algorithm, JCO Vol 21, Issue 15 (August), 2003: 2889-2895 <2003. 8. 23>

ハーセプチンタキソール・ナベルビンがHER2 3+転移性乳癌に有効
 乳癌が見つかり その時点で肝臓にも転移がありました。手術はせずに化学療法を行ってきました。CEF6クールの後、タキソテール⇒タキソテール+ハーセプチン、1年半経ったところで 原発の左乳房の腫瘍も画像でわからないくらい小さくなり、腫瘍マーカーも範囲内に落ち着いてきました。
 ハーセプチンの方ですが、微増との表現ですがこれは病期安定とも取れます。そうしますとタキソールとの併用で効果が期待できます。認可された組み合わせではハーセプチン+タキソールは相乗効果が認められております。適応外でしたらナベルビンも併用効果が認められています。 
  【追記】2005.07.07記入「ナベルビン」は、★2005.5.31手術不能又は再発乳ガン」の効能効果の追加承認として使えるようになりました。 
 
 CPT-11(イリノテカン)ですが、これは投与順番としてはタキソールよりも後になるはずですので、時期的にはまだではないでしょうか?また併用についても評価が定まっていません。後は先日認可されたゼローダ(カペシタビン)がタキソール耐性でも20%程度の効果があるとされますのでこれも候補に入ります。

■カペシタビン ( ゼローダ )
  カペシタビン Capecitabine は再発・転移性乳がんに対して、単剤で20% の反応があり、50%の治療効果がみられました。さらに、ドセタキセルとの併用により、60%の奏功が得られます。脱毛などの副作用が少なく、経口の飲み薬ですので、非常に使いやすい薬と言えます。 2003.6.6薬価収載、6.24日発売となりました。

骨転移の薬
■アレディア

  2004.7.29乳癌の溶 骨性骨転移に対する追加適応を申請

 ビスフォス酸 ビスフォスフォネート Bisphosphonate 15mg 12422.0円 30mg 24149.0円 悪性腫瘍による高カルシウム血症薬
■ゾメタ
 ★2004.12.8薬価収載  ビスフォス酸 4mg 41,257円  ※悪性腫瘍による高カルシウム血症


現在癌は日本人の死亡率第一位、10人中3人は癌で死亡しています。
しかし、医学の進歩はめざましく、今や癌は不治の病としてあきらめるべきものではありません。ただ、残念ながら欧米で標準治療薬となっている物でも日本では抗癌剤等の新しい治療を速やかに受けることが出来ない状態が存在しています。

■アレディア
 骨転移用。乳癌という病名では保険適応にならなくて、高カルシウム血症という病名で処方してもらっている点滴薬。
    【追記】2005.07.07記入★2004.11.29(承認薬)とされました。

 同じビスフォスフォネート系で、アレディアより世代の新しい、ビスフォナールや、オンクラストを使用している人もいると思う。私もはじめの1ヶ月はオンクラストだった。その使用1ヶ月のCTでは、ハーセプチンとの併用で、効果があり、腰椎の腫瘍があきらかに少し加骨してみえ、痛みも軽くなったのでオンクラストを続けたい気もしたが、病院の都合で、アレディアに替わってしまった。骨転移の状況によって、投与方法もいろいろで、月1回の投与だが、3週に1度、2週に1度等の例をみかける
 骨転移に伴う高カルシウム血症の治療薬の商品名。直接がん細胞を殺す薬ではないが、骨転移による痛みを抑えるだけでなく、骨転移の進行も抑える作用もあり、ホルモン療法・化学療法と併用することで相乗効果も認められている。副作用も少なく、全身状態不良な患者にも問題なく用いることができる。同じ系統の薬で、オンクラスト、テイロックなどがある。

--------------------------------------------------------------------------------                        
 私は、素人なので上記の方法が標準的な治療方法かどうかは、わかりません。
皆さんがどの様な治療方法を望むのか、情報収集し医者と十分相談して判断せねばなりません。しかし日本では、がん治療の薬は、まだ認可されていないものが多くあります。治療法については主治医によく相談して一人の医師だけでなく別の医師のセカンドオピニオンを受けたり、インターネットで調べるなどして、より良い治療を選択する必要があります。
 上記の情報は、未承認薬を含む、最新の化学療法についての情報を提供しているのではと思っています。しかし患者が抗ガン剤の副作用に耐えられるかどうか・・。また副作用を抑える薬に対しての方法が、その患者に会わなければ抗ガン剤を長期にわたり続けることが出来ない場合もあります。
 たとえ病院の主治医が「もう治療法がない」と言われても、まだまだ世界標準の治療方法が残されていることがあるようですのでけっしてあきらめないでください。
これから徐々に未承認薬の使用も認められると思われますので。


乳ガンの未承認薬 2005.0826現在

アバスチン(日本国内で血管新生阻害剤として大腸癌等で臨床実験中)は、腫瘍の増殖と全身への転移に不可欠な血液供給を遮断することで作用を発揮し化学療法との併用によって未治療の転移性乳ガン患者の生存期間が延長されたとヨーロッパで発表されました。
 アバスチンは、血管新生(がん組織に栄養と酸素を供給する血管網の伸長)を阻害する初めての治療薬で、血管新生における主要な因子であるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)と呼ばれる生体内の蛋白質を標的として、腫瘍の増殖と全身への転移に不可欠な血液供給を遮断するものです。
 ヨーロッパにおいてアバスチンは、化学療法との併用で、転移性結腸もしくは直腸がんのファーストライン治療として承認され、米国では2004年2月に発売された。
主要な臨床第V相試験において、未治療の転移性大腸がん患者に対して、化学療法にアバスチンを併用したところ、平均で5カ月という顕著な延命が認められたようです。
 ロシュとジェネンテックでは、膵臓がん、卵巣がん、腎細胞がんなどにおけるアバスチンの臨床的有用性についても検討していて、今後数年で世界で約1万5千名の患者が臨床試験に参加する予定です。  2005.08.26

■この他・・・)
 化学療法の乳ガンの抗がん剤は、タキサン系(タキソール、タキソテール)があります。しかし脱毛等の副作用が強く必ず起こります。
そこで脱毛を含む強い副作用の比較的少ないと言われている? 乳ガン治療法としては、ナベルビン(本来は肺ガンの抗ガン剤であった)が利用できるようになりました。
また未承認薬(海外からの個人輸入可能)として、ドキシル、アブラキサンが海外で乳がん治療薬として認可されているようです。
 
さらにタモキシフェン、アービタックス、アリミデックスも海外で臨床実験中のようでが日本にも個人輸入で使っている人がいるようです。
しかしこの薬がどの様な物であるのか、また乳ガン聞くのかどうか現在のところ私にはわかりません。  2005.08.26

オキサリプラチン(販売名:エルプラット注射用100mg)は、医療上特にその有用性が高いものとして効能・効果を「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」として平成17年3月18日付で承認されました。輸入承認申請をしている株式会社ヤクルト本社によると、抗がん剤『オキサリプラチン』は、進行・再発の大腸がん(結腸・直腸がん)に対する有用な薬剤で、現在、世界60カ国以上で承認されています。欧米では、大腸がんにおいて、単剤のみならず、他の抗がん剤との併用療法によってもより効果が発揮される標準治療薬としての地位を確立しており、わが国でも大腸がんの治療に貢献するものと期待されています。
 しかし、この抗ガン剤が乳ガンに適用できるのかどうかを調べていますが、現在のところ未定です。

混合診療の結果についての説明  http://2nd-opinion.eee.ne.jp/blog/blog1.html

 厚生労働省へ行ってきました。(1/26・16:00〜)
 先月「癌と共に生きる会」で要望をあげた、混合診療の結果についての説明があると、尾辻厚生労働大臣より連絡があり、「癌と共に生きる会」メンバーで厚労省へ行き話しを聞いてきました。
 厚労省としては、混合診療の全面解禁という形ではなかったが、患者側の要求に対し、ほぼ答えられたと自負しているとのことでした。
 しかし、混合診療の問題が提起されたことについては、混合診療時の保険診療分の自己負担は通常考えてもひどいと思うし、反省しているとのことでした。
 今まで、がんを考えた時、患者の視点が抜けていたと思う為、今回は最大限患者の立場に立って何に困っており、何を希望されているのかを考え、患者のための混合診療を最優先に進めたとのこと。
 1/21に開催された「未承認薬検討委員会」についても、大臣の肝いりで行なっており、今までの役所仕事からみると異例のスピードで審議しているとのことでした。
 同日に開催された「がん均てん化委員会」においても早急に進めるよう冒頭話をしたとのことでした。
 また、癌は、国民の死亡原因の一番の病気であるにもかかわらず、全体の医療費の中に占める癌対策費として予算は、ほんのわずかな金額であり、がんについて真剣に考えるなら、この予算では到底足りないので再度予算化の検討をする必要があると思っているとのこと。
 予算以外でも何かしらの癌対策(検討中)を、早急に且つ前向きに取り組んでいきたいとのことでした。がんについて厚労省の関係部署で考えると3局程度に分かれるので、局の枠を超えたがん対策のチームを作れると良いと思っているとのこと。また、名ばかりのチームではなく、実行の伴うものにしたいとのことでした。
 大臣は会見の最後に「患者の声や視点が大切なので、いつでも私のところに直接要望を持ってきてください」との話がありました。
 私は尾辻大臣が、がん医療の抱えているお寒い現状がわかり、「何とかしなければ」という気持ちになり、前向きに考えてくれているという印象を持ちました。
 併せてがん医療を良くするには、我々患者が直接訴えていくことが一番の早道だと思います。

<<私の混合診療のイメージとギャップについて>>

 混合診療解禁と聞いて、私が単純なのかすぐに未承認の抗がん剤の大部分に混合診療が利用できるようになるのかと思っていたのですが、実際はそんな簡単なものではなく、要望のあった抗がん剤について、未承認薬検討委員会で検討し、3ヶ月以内で答えを出し、その後特定療養費制度を利用し混合診療が可能になるとのことでした。
 今回検討された薬は、承認寸前のオキサリプラチンを含む3剤のみでした。
 海外では承認され標準的に使用されているが、日本で未承認の抗がん剤は既存のものだけでも80種類程度あり、それが一括で混合診療可能になる?とはいわないまでも、大部分の抗がん剤が、すぐに混合診療の対象になると思っていただけに正直ショックでした。
 何でこんなに難しいのでしょうか。未承認薬検討委員会が年4回だとすると、検討できるのは一年間に12剤、次々の新しい抗がん剤が開発されることを考えると、とても十分とはいえません。
 厚労省が言っている今までに比べてのスピードアップは認めますが、日々がんという病気と闘っている患者にとっては、厚労省のスピードでは間に合わないのが現実です。
 混合診療が認められたのが、患者が亡くなった後というようなことが起こらないためにも、また混合診療が形骸化しないためにも、未承認薬検討会での検討抗がん剤の数を大幅に増やすこと、検討スピードのアップを要望していきましょう。
 この要望を大臣に伝えたところ、大臣からも未承認薬検討委員会に患者の現状を伝え、早期に検討を進めるよう要求してみますとのことでした。

NHK4/30.5/1放映! 「シリーズ日本のがん医療を問う」二夜連続で、日本のがん医療を問う。
          http://www.nhk.or.jp/support/yotei/050430_050501.html     

 がん医療に従事する全国の医師ら405人が、NHKのがん医療番組について、「番組内容が治療現場に悪影響を与える可能性がある」とし、医療報道に善処を求める意見書を送った。NHKは「綿密な取材と多くのデータ分析などを踏まえ、間違いないものが出せたと確信している」と文書で回答した。
 この番組は「シリーズ日本のがん医療を問う」で放映されたもので、私も両日放映をみました。今年4月に発売された大腸がんの抗がん剤「オキサリプラチン」の番組での取り上げ方について「延命薬に過ぎないのに、あたかも治す薬であるかのような印象で報じた」などと指摘したと言われていますが、わたしは、そのように受け取りませんでした。もう他に打つ手がないと言われている患者に対して外国で標準薬としている抗ガン剤を承認してほしいという強い要望だったと記憶しています。
 この様な番組を何故NHKだけでなく民間放送で放送しないのでしょうか。訳のわからない人物を登場させてワイワイガヤガヤと面白可笑しく脅して医療を語るだけで公共の電波をこれで良いとでも思っているのでしょうか。       


ハーセプチンで乳房再発し、夢の「がん新薬」か疑問?
 

 数年前に発表された転移しやすい「乳がん」には、細胞の増殖の過程で重要な役割を果たす
「HER2(ハーツー)受容体」を持つ乳がん患者は、細胞の増殖が異常に発現していることがわかっている。「HER2 2+か3+」の乳がん患者の時は、「ハーセプチン」が良いようで副作用が少ないようです。世界の乳がん治療薬の市場調査によると、2002年度乳癌治療薬の世界トップの「ノルバデックス」から「HER2」の「ハーセプチン」へ交代したと報道されています。一般的にはHER2存在の有無は簡便な免疫組織法(ハーセプ・テスト)で判定されます。日本の乳がん患者で2+, 3+の陽性のハーセプチンが保険の適用となるのは、転移した患者でないと適応となりません。全乳がんの約30%がHER2陽性といわれています。 これらの患者は、乳がんの進行が異常に速くて転移にいたる期間が半年で進行する場合があり注意が必要です。
 骨転移した場合の有効な抗がん剤は、
抗がん剤や内分泌療法(ホルモン療法)剤の他に、ビスフォスフォネート
という骨転移治療薬がある。私が書店で乳がんの本を探していた時には、これらに関する最新情報が掲載されていなかった。ゆえに市販されている本は、もうすでに情報が古くてあまりあてにしてはいけません。特に乳がんの治療薬は、日進月歩していて外国では、多くの最新治療薬の症例が報告されているのが現状です。ゆえに乳がん治療の本は、参考程度にするだけにして置くべきです。

ところが、最近わかり始めてきたのですが・・・2004.12.23
 
Her2 3十温存手術で7ヵ月後に背骨に1p余り転移。ハーセプチンとビスフォ投与直後、温存の胸に小豆色の発疹が出来たままで原因がわからず3ヶ月後に左の頭や目に三叉神経痛となり、PETで見えなかった乳房が生検で再発とわかりました。ハーセプチンのみでは、やはり聞かないようでタキソールと併用する方法となりました。
 夢の「がん新薬」を採点するで近藤誠氏が発表しているのを思い出しました。NHK教育テレビで「がん患者に学ぶ」シリーズが四夜連続で放映。日米の患者やがん治療現場をルポ、ハーセプチンで乳がんの腫瘤が消失したの報に歓声。近藤氏は、患者団体リーダーや番組作成者はハーセプチンの本当の実力を理解しているのだろうか、との思いをいだく。臨床試験のデータの「反応率」は15%で。従来の抗がん剤治療は、反応率が50%程度ハーセプチンの反応率はかなり悪い。ゆえに従来の抗がん剤とハーセプチンとを併用することになったという。問題は、専門家、製薬会社、そしてマスコミによって根拠のない夢が語られていることとありました。
 妻が実体験し3ヶ月後に左の頭や目に三叉神経痛が走り温存の乳房を生検した所再発したことがわかり、初めてこのハーセプチン薬がどの様な新薬?なのか判りました。今後はどの様にすべきなのでしょうか途方にくれていました。
・・・2004年10月頃のこと
 
また、最近盛んに温存手術が出来るように言われていますが、温存手術した患者が6ヵ月後に背骨に転移、そして温存手術後からおよそ1年後の検査によるPRTで見えなかった乳房が生検で再発したということは、この温存手術は、再発という大変危険なことにつながる可能性が大といえそうです。上記の近藤誠は、温存手術が多くなったことで「今後再発患者が激増する」とさえ述べられています。 2004.12.23の記事から

その後タキソールとの併用から効果が出る・・・2005年.03月01日
 乳ガン最新情報・・・「HER2 3+」の患者ですが骨転移と皮膚ガンで2004,年夏からハーセプチンとビスフォスフォネートをしばらく投与していたのですが効き目がなく、
タキソールとの併用を開始することになりました。タキソールを開始して皮膚ガンが1ヶ月目に薄くなり2ヶ月目で消えました。また、3ヶ月目に転移していた背骨の痛みが少し取れてきているようでCTスキャンを撮った結果によると転移部分が半分に縮小した部分もありました。現在、タキソールとの併用から6ヶ月がたち寝返りができるようになりました。3ヶ月目から頭の髪の毛がとれだして現在上部がほとんど抜けて裾の部分だけがわずかに残っているだけとなりました。しかし本で読んでいた副作用は、それなりにでていますが副作用を止める良い薬ができているので何とか過ごせています。続く   2005.0301

【速報】MDアンダーソン 2005年3月29日発表
薬の組み合わせにより
HER-2乳がん治療で予期せぬ利点確認される。
ハーセプチンの新しい利用により、HER-2陽性乳がん患者に期待以上の強力な治療が可能になることが明らかになったと、テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンターの研究者グループが発表。

NHKの放送
「シリーズ・日本のがん医療を問う」の再放送。
第1夜「“救える命”を救うために」 2005年5月2日(月)24:15〜2時間14分
第2夜「がん死亡率は下げられる」5月3日(火)24:05〜25:05 がありました。

感想・・・
私は、第2夜を再放送で見ました。大変良くできた番組でした。
 これほどガンは社会問題となっているのに、民間放送ではほとんど取り上げずに、一部の局では、タレントがでて面白可笑しく視聴者に心配だけさせておくだけで視聴率を稼ぎ根源を放送していないのが現状です。
 ガン患者を持つ家族にとっては、最新の情報をほしいのが現実です。患者や家族にとっては、番組の中でも話されていたように3年後5年後の対策よりも、明日がどうなるかという現状です。
 番組で医療関係者が言っているような、そんな悠長なこと、金がない・・、教育が・・、学会が・・などよりも後数ヶ月という人にとってはどうでも良いのです。いま現在において最新で最高の医療を望んでいるのです。
 最近の国立がんセンターのホームページも少し充実してきました。しかし、患者が知りたい最新の情報はありません。確かにガンの種類によって色々な治療方法もありますが、基本的な最新の治療方法と抗ガン剤の治療効果と結果がわかればよいのです。 このくらいなら明日からでも可能です。いまインターネットで一番わかりやすいのは、患者が書き込んでいる「掲示板」です。
 ガンの死亡者をを減らすには、集団検診に問題があり充実させる必要があります。特に乳ガンにおいては、乳ガン検診で専門でない医師の触診に頼っていたため乳ガンであるのに大丈夫という結果が出されたため安心してしまい発見が遅く手遅れになっています。最近マンモグラフという方法をするようになりましたが専門医でないとなかなか発見しにくいようです。
 人間は、誰でも
ガンになる細胞を持っているようです。しかし仕事が忙しいなどでストレスがたまっていくと食生活が不規則になり睡眠も十分に取れなくってガンにかかる患者が増加しているように思えてなりません。私の周りでガンになった人を見ると、ほとんどがこの様なまじめで仕事熱心な人が多いように思われます。
 
 数ヶ月前にも、職場の奥さんが乳ガンで亡くなられました。また職場の女性も乳ガンになり手術。幸いマンモグラフにより早く発見されたため軽度の手術で職場復帰することが出来ました。最近良くいわれているのは、免疫カが低下するとガンの発生確立が高くなるようです。つまりストレスや加齢などにより免疫力が低下すると、ガン細胞の発生が抑えきれなくなりガンが発生してしまうようです。普通なら健全な免疫力ならば、排除されるはずのガン細胞も、免疫力が低下すると一気に増殖するとされています。このため免疫力を高くすることが必要でありまたストレスにより睡眠や食事が不規則にならないよう心がけて、ガン細胞の変異を抑えガンの発生を予防することが必要であるといわれています。2005.06.10

詳細は、・乳がん緊急特集!! その5 左をクリック

 上記の実体験から私が今まで書いてきたホームページのハーセプチンによる内容を修正せねばならなくなりました。インターネットの
最新情報のみを信じるのではなく色々な情報を頼りに進めるべきだと痛感しました。このホームページの内容もその内に古い情報となりますのでわかる範囲内で入手した情報日付と記事の記載日を明記しています。ご了承下さい。
 医療現場では、ほとんどの医師は抗がん剤の有効性を信じ、診療報酬の面でも抗がん剤を簡単には手放せないのが現状といわれています。抗がん剤の一部はきわめて強い発がん剤でもあり劇薬に近いものと理解すべきとされています。
 これからは個人の患者に合わせた副作用のない遺伝子・DNA・バイオ技術による根本治療を目指すべきです。
その点ハーセプチンは、DNAが引き出した組み替え遺伝子で、人の表皮の発育因子受容器2蛋白質のドメインに細胞ベースの分析で高い同族関係で抗体を人間化した新薬です。しかしこのハーセプチンも使い方を誤る(下記の本文を参照)と死亡する例もあり注意が必要のようです。
一日でも早くこれら新薬による
副作用のない根本治療薬が出現することを願っています。2004.11.13

がん検査「PET・CT」の最新情報!2004.11.13
 最近になってPET(陽電子放出断層撮影装置)を利用したがん検診が、日本核医学会の理事会で承認され12月中にもホームページなどで公表されるという新聞記事が掲載されていました。このPETによる検査方法は、放射性同位元素を合成したブドウ糖を体内に注射してPETで撮影、がん細胞がブドウ糖を取り込み易い性質を利用して早期がんを発見するための検診方法です。しかしこのPETだけでは、全てのがんに対して検査できないとされています。
 現在ではCTを加えた
「PET・CT」という最新のがんの検査法方法が外国で生み出されました。PETだけでは見つけられないがんをCTによってさらに詳しく検査するという方法です。まだ日本には、数台しか運用されていないようです。この検査には、17万円ほどの費用が必要ですが数ヶ月先の予約待ちの状態となっているようです。一旦がんにかかったら数十万円などすぐに飛んでしまいますので安いか高いかは何ともいえません。
この装置が早く保険適用できる検査方法として導入されることを強く望みます。そうすれば現在健康診断で通常行われている胃がんや大腸がんそれに女性の乳がん・子宮ガンがんなどの検査をする必要がなくなり、一度ですむことになります。がんは、医学の進歩により早期発見であれば初期の治療で押さえることが可能になってきました。しかし、この「PET・CT」検査も体全身の何処にがんがあるかどうかがわかるだけで、手術などの治療には、さらに精密なそれぞれの箇所ごとのCTスキャンなどによる精密検査が必要のようです。2004.11.13
 この「PET・CT」大変優れものですが、残念ながらこの装置画像は色々な体の変化がわかるようですが、それを判断する医者が少ないと言われています。2005.06.10


  転移性乳ガンの治療方針http://www.cancernet.jp/library/text/b044/01.shtml
1. 転移性乳ガンの治療方針を決める上で重要な情報(予後因子)
ホルモンレセプター(エストロゲンレセプターまたはプロゲステロンレセプター):
ホルモンレセプターは初発時と再発時で変化することがあります。ですから、本来は、転移した病巣のホルモンレセプターの有無を知ることが好ましいのですが、肺・骨・肝転移などの臓器から手術をすると負担が大きいので、ほとんどの場合、初発時の腫瘤でみられたホルモンレセプターの結果をもとに判断します。この検査は免疫染色という方法で検査された結果が信頼されています。初発時にこの検査を行っていない場合、手術標本が残っていればもう一度検査することができます。
HER2/neu(c-erb B2):
HER2/neu(c-erb B2)というたんぱく質が、ガン細胞において強陽性(2+,3+)の場合、モノクローナル抗体という新しいタイプの治療薬であるトラスツズマブ(ハーセプチンR)の効果が期待できます。乳ガンの20−30%の人にこのようなHER2/neu過剰発現がみられるとされています。この検査も、可能であればFISH法という方法で検査されたものがより感度が高いとされていますが、全ての施設でFISH法が可能というわけではありませんので、現在のところ免疫染色法の結果が用いられることが多いようです。初発時にこの検査を行っていない場合、標本が残っていればもう一度検査することができます。但し、ようやくFISH法も保険適応になり、その使用方法を只今検討中です。海外で実施されているのと同様に免疫染色法でHER2/neuが3+の患者には無条件でトラスツズマブを投与しますが、HER2/neu 2+の患者にはFish法で再度HER2/neuの発現状況を確認し、その発現状況によってトラスツズマブの投与を決定します。
初期治療内容:
手術後に再発予防のために補助化学療法または補助ホルモン療法を受ける人は多くいます。転移性乳ガンの治療においては、「過去に何の薬を使ったか」ということも重要な情報です。補助化学療法や補助ホルモン療法を終了してすぐ(例えば1年以内)に転移・再発したことが分かれば、それらの薬が「効かなかった」と判断され、違う薬を選択することになるからです。一方、1年以上たってから再発したのであれば、その薬は1年以上、ガンの勢いを抑えていた、と判断され、もう一度その薬を使うことができます。
初回治療終了から再発までの期間:
この期間が長いほど、進行がゆっくりで予後がよいと考えられ、進行の速さをはかる目安となります。1998年に、国立がんセンターより、転移性乳ガンの予後を3グループに分ける、興味深いデータを報告しています。これはPrognostic Indexという5つの因子(補助化学療法歴の有無、遠隔リンパ節転移の存在、肝臓転移、血清LDHの上昇、無病生存期間)でスコア化したものです。また、2003年にも米国のデータとして無病生存期間が長期である場合は再発してからの予後も良好との報告がされています。

以下を必ずお読みください。

上記に記した内容は、色々なホームページや患者さんから聞くなりして素人の私が収集した物です。
すでに古い情報や間違っている物もありますので治療に関しては十分にお確かめになってください。
この情報に対しては、如何なることが発生しても、当方は責任をとりませんのでご了承ください。

乳がんリンク集
(1)http://www.healthy.pair.com/
    世界中の900万本以上の医学論文の検索サイト (日本語で可能)
(2)http://www.asco.org/ac/1,2032,_12-002138,00.asp
    米国臨床癌学会での、最近数年間の1万数千本の研究発表の検索サイト 
(3)http://www.nci.nih.gov/
    米国がん研究所(NCI )のデータベース 
(4)http://www.mhlw.go.jp/
    厚生労働省
(5)http://www.ncc.go.jp/jp/
    国立がんセンター
(6)http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html
    薬の情報

(7)http://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv.php (表示に少し時間がかかります)
    健康食品について、「独立行政法人 国立健康・栄養研究所」が、情報を出しはじめました。

(8)http://www.kwn-rmn.jp/cgi-bin/taiho/news.cgi?mode=menu

ロイター通信が配信するニュースのうち、世界の癌に関するニュースを日本語訳して毎日数本、無料で公開している(大鵬薬品様の提供)

(9)がんの患者大集会が’05年5月28日土曜日開催されました。 クリック ⇒ http://www.daishukai.net

(10)’05年度ASCO(米国臨床がん学会の速報の一部:日本化薬提供)

クリック ⇒ http://mink.nipponkayaku.co.jp

(11)2005年5月の『米国臨床がん学会』の全貌


トップ アイコン稲作民族の源流メイン」へ 乳がん緊急特集!その2「ソレイユ」へ 
乳ガン緊急特集!その3 乳ガン緊急特集!その4 乳ガン緊急特集!その5

ドキュメント私の乳ガン

『竹取物語』研究所(竹取の翁・かぐや姫)小泉芳孝
 ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
  
copyright(C) 1999  yk. All rights reserved.

Ads by TOK2