━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 京 の 住 人 た よ り http://www.hi-ho.ne.jp/kyoto/
  このページは「京の住人たより」から了解をえて作成させて頂きました。
───────────────────────────────
■ もくじ                              
 1.、キャンパスに残る文化財、同志社
 2、・新島襄と旧宅

 ───────────────────────────────
キャンパスに残る文化財、同志社        Vol.36   (01/05/06)
 
京都御苑の北側に広がる同志社大学、中学校、同志社女子大学ですが、そのキャンパスには国の
重要文化財に指定されている
煉瓦造り建物が幾つかあります。
同志社と云えば新島襄がキリスト教精神に基づき建学した私学として知られています。その新島襄が
過ごした自宅は京都御苑の東側の丸太町通に近い寺町通に面してあり、こちらは京都市有形文化財に
指定されています。
 同志社大学キャンパス正門を入ると、良心碑があります。「良心之全身ニ充満シタル丈夫ノ起リ来ラン
事ヲ」との新島襄の言葉が刻まれています。良心碑の西側に有終館、北に進んでクラーク記念館、
ひとつ建物があってハリス理化学館、続いて礼拝堂、彰栄館と重要文化財の煉瓦造りの建築物が
並びます。
 有終館は明治20年(1887)、レンガ造りの図書館として建築されています。当時は日本最大の学校
図書館だったとか。
所々に黒く焼き上げたレンガが使われており、洗練されたアクセントになっています。なお、それ以外
にも煤けた壁面が見られるのですが、これは昭和天皇の即位式典の際の出火で煤けた跡だそうです。
内部は焼失しており、そして即位式典中の失態だと云うことで、取り壊しの論議もあったそうですが、
武田五一によって外壁保存が行われ今に残ります。
 クラーク記念館は同志社のシンボルとも云える建物です。設計はR.SEELで、アメリカのクラーク夫妻
の亡き息子のメモリアルホールを造ってほしい、との願いで明治26年(1893)に竣工した建物です。
なお、あの有名な「少年よ大志を抱け」のクラーク博士とは全く関係はないそうです。
 ハリス理化学館は明治23年(1890)年竣工のレンガ造り、アメリカの実業家J.N.ハリスの寄付により
建てられました。
設計はフランス人のA.N.ハンセルでクラーク記念館がドイツゴジックを基調とするのに対してイギリス
様式の建物です。
 有終館はアメリカンスタイル、クラーク記念館はゴジック様式、ハリス理化学館はイギリス様式と、
レンガの積み方ひとつとっても特徴、違いが見て取れます。ちなみにレンガの積み方には三つある
そうです。長手積み、イギリス積み、そしてフランス積み、長手積みは単純に半分の寸法づつをづらして
上部に重ねていく積み方、イギリス積みは一段目は小口のレンガ、二段目はその倍の長さのレンガを
上部にづらして積んでいく方法、フランス積みは同じ段の中にも小口レンガと大きいレンガを交互に
入れながら、上部にづらせて積み上げる方法
だそうです。
 礼拝堂は彰栄館と同じくD.C.グリーンの設計で、綺麗なアメリカンゴジック様式ですが、内部は
日本人大工の手による木組みだそうです。
レンガ造りのプロテスタント礼拝堂としては日本最古の建物です。
 最後に彰栄館、明治17年(1884)竣工の建物で京都市内に現存する最古のレンガ造り建物です。
外観はアメリカンゴジックですが、内部は真壁の間仕切りがある和風になっています。なお、塔の
頂部にはめ込まれている時計自体も重要文化財だそうです。
 このキャンパスに残る重要文化財ですが、クラーク記念館を除き現在も学校施設として日常的に
使われている建物です。
京都には明治、大正期の洋館が減少傾向とはいえ数多く残っています。これら近代建築もおりを
みて紹介していこうと思います。
 ───────────────────────────────
新島襄旧宅                  Vol.38   (01/05/19)

 「キャンパスに残る文化財、同志社」の話題に続いて、同志社の創始者である新島襄にスポットを
当ててみたいと思います。
 新島襄は天保14年(1843)に江戸は神田の安中藩邸で生まれます。安中藩は上野国、今の群馬県
にあった藩です。今は群馬県安中市となっていますが、そこにも新島襄の旧宅が残っているそうです。
新島は安中藩で漢書、蘭学などの学問に励み、また幕府の軍艦教授所に通い航海術なども修得
します。
そんな折り、元治元年(1864)、脱藩しアメリカに留学。
慶応2年(1866)、アンドーヴァー神学校付属教会で洗礼を受け、キリスト教徒となります。
時代は移り変わり、日本では明治を迎えます。学校令を公布したことで知られる森有礼、その有礼駐米
大使の斡旋で日本への帰国も認められ、岩倉具視遣外使節に随行するなどして各国の教育制度を
視察します。日本へ帰って来るのは明治7年(1874)のこと。
翌、明治8年(1875)、京都府顧問だった山本覚馬の勧めで同志社英学校を設立、同志社の歴史は
ここに始まります。
京都の新島襄の旧宅はこの同志社英学校があった場所だそうです。
ちなみに今の同志社今出川キャンパスは薩摩藩邸跡です。
新島がこの旧宅に住んだのは、明治11年(1878)から永眠する明治23年(1890)までの約11年間。
木造2階建て、数寄屋根、瓦葺き、外観は洋風建築。でも一歩中に入ると不思議な空間が広がります。
壁は柱を露出させる和風な真壁造り、襖、障子の仕切があるかと思えば、一方、暖炉があったり
テーブルに椅子の応接間があったり、ベットが置かれていたりの和洋折衷です。
建物の周りはバルコニーが囲む洋風スタイルが見て取れ、明治と云う時代の斬新な生活様式だった
に違いないと思います。

現在は昭和60年(1985)に京都市の有形文化財に指定されており、3月〜7月、9月〜11月の水、
土曜日(祝日は除く)と御所の一般公開日に合わせてこの新島襄旧宅も一般公開されています。

新島襄が眠る地は哲学の道の南外れ、若王子神社脇から山道を登ること20分の若王子山山頂に
あります。
葬儀は明治23年1月27日、翌24年には勝海舟の筆による碑銘を刻んだ墓碑が建てられます。
その後事故によりその墓碑は失われ、現在の墓碑は新島襄ゆかりの地でもあるアメリカのヴァモンド
州ラットランド産の花崗岩のもの。旧墓碑から写し取りその名も刻まれています。
この地は京都市の共葬墓地ですが、同志社ゆかりの故人、そしてキリスト教徒の墓が多くみられます。

おわり

同志社大学の歩み

1843(天保14)年 上州安中藩江戸屋敷で新島襄誕生
1870(明治3)年  アーモスト大学卒業。
1875(明治8)年  官許同志社英学校開校。京都府知事槇村正直の賛同を得。
            上京寺町通丸太町上ル松蔭町18番地を借りた校舎。教員は新島襄とJ.D.デイヴィス。生徒8人。
1876(明治9)年  9月 今出川校地へ移る。
1877(明治10)年 4月 同志社分校女紅場を開設。
1890(明治23)年 1月23日 新島襄永眠。東山若王子山頂に葬る。
1948(昭和23)年 4月 新制大学開校。神・文・法・経済学部が開設。
1986(昭和61)年 4月 田辺校地開校。4月から全学部第1部1・2年次生の授業開始。
               文学研究科社会福祉学専攻博士課程(後期課程)、国文学専攻博士課程(後期課程)開設。
            5月 女子大学短期大学部開校。
1994(平成6)年  3月 田辺校地理化学館ほか11棟(工学部棟)および紫苑館、恵道館竣工。
            4月 工学部知識工学科、機能分子工学科、物質化学工学科を新設。
               機械工学科を機械システム工学科に、機械工学第二学科をエネルギー機械工学科に学科名変更。
               工学部および工学研究科、理工学研究所を田辺校地に統合移転。

───────────────────────────────
      同志社大学の情報へ戻る   世界遺産・稲作民族・竹取物語へ


『竹取物語』研究所(竹取の翁・かぐや姫)小泉芳孝
  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
  copyright(C)2000 yk. All rights reserved.

Ads by TOK2