稲作民俗の源流
Folk customs of rice growing in the world       

     神々の島・バリ島  小泉芳孝 
バリ島民の約65%は、農業で生活している。
バリの農業は、火山の涌き水を利用し、棚田の二期作が可能であり、水の利用出来ない
高地では、コーヒーやバナナをはじめ、野菜や果物などの畑作が行われている。  

バリのヒンドゥー教は、インドの神像崇拝とはちがい、神が降臨する石の座があり、
普段は天空にいて祭りの時に寺院に降臨してくる。
                 
               

 

            神饌とバロン

    


    頭に神饌を乗せ
        寺院へ運ぶ女性                                                                                                                

 
     祭りの行列(後方は司祭者)      祭りの行列(手前は香、後方はチリ)

  

バリ村人の寺

1.プラ・プセ寺院(村の起源寺・村の神を祀る)
2.プラ・デサ寺院(村の地域共同体の寺院)
 プラ・バレ・アグン寺院(プラデサに昔風の集会所がついている場合)
3.プラ・ダラム寺院(墓地に建てられた死者の寺・死と火葬の神々を祀る)    

各寺院は、ほとんど右記のような配置になっている。
一番外側の門を「割門」といい、その外側に「くるくる」という高い塔がが立ち、
木の太鼓がぶら下がっている。この太鼓は,村人に色々知らせる時に使われる。
奥の中庭へ入るためには、「パドゥラクサ」という大きな儀礼門がある。
奥には、バリ・ヒンドゥー教の沢山の神々が座している。

寺院の配置図


         バリ寺院の全景


バリの民家
バリの民家には、必ずアグン山の方向に屋敷寺があります。
毎日、女性がこれらの屋敷寺やその他の所へ、供物をお供えします。
屋敷寺には、色々な神が祭られています。この屋敷寺は、バリが「神々の島」であるというあかしでもある。

火山島であるカルデラ湖
バリ島が火山島であることを印象付けるカルデラを見る為には、、キンターマーニ高原を訪ねます。そこは
大きなカルデラ湖を背景に壮大で大変美しい景色が見られ、ちょっと違ったバリ島を見ることが出来ます。
その麓には、霊峰アグン山をバックにして建つバリヒンドゥー教寺院の総本山であるブサキ寺院がそびえ
立っています。


バリのお祭り
  バリ寺院の入り口    

寺院の供物(チリ)

   子供のバロン(日本の獅子舞)

子供ガムランの演奏に合わせて「バロン」が子供達のみで、日本の獅子舞のように町を歩き回る。
これは、中国の伎学獅子と同じであり、日本の獅子舞と考えられ、五穀豊穣や悪魔祓それに
疫病除けの役を担っている。
 日本の奈良、大和神社の「ちゃんちゃん祭り」で行われる、雨乞い神事に登場する「l龍頭」も、
子供達らで演じられており、同様のものと考えられる。


     バリの芸能(ケチャ)


    昔のバリ島は風葬が行われていた

バリは、火葬儀礼で有名ですが、ふるくは、風葬が行われていました。
現在でも、それを行っている村があります。

        バリ古来の風葬

バリ島の火葬儀式

火葬の行列は,上記のような火葬塔(バデー)を沢山の村人により担がれて火葬する所まで運ばれる。
かつがれた輿は、各辻々で三回まわされる。
これは死者に家の方向をわからなくさせる儀礼で、魂が家に戻らないようにするためだと言われています。
また三回まわるのは「リン・ラン・ロン」という生起・存続・終滅の原理を象徴するとも言われている。
日本でも土葬の時に、墓地で儀式をする前に三回輿をまわして石の蓮華台におく時に、同様のことが行われている。


      バリの火葬塔(バデー)


バリ島あれこれ

気候
 年間の平均気温は24〜35℃です。しかし平均湿度は78%のため大変蒸し暑いため正午にホテルへ
帰ってシャワーを浴び午後の観光に出向いた方が良いようです。
 4月から10月頃までが乾季で、11月から3月頃までが雨季に当たりますが、熱帯の気候の為時々
スコールがあります。雨季は1日に数回スコールがありますので、ビニールの携帯カッパや折りたたみ
の傘などがあると便利です。
 マリンスポーツやダイビングなどのメッカです。日本人が経営しているツアーもあります。

服装
 年間を通じて、基本的には日本の夏服(Tシャツなど)で十分です。
寺院に入るときは、半ズボンやミニスカートは絶対に禁じられ、サロンと呼ばれる腰布を身に着け
なければなりません。サロンは市場などで安く手に入りますし、大きな寺院では貸し出しをしてくれる
ところもあります。お祭りをしている時は、現地の人の許可を取ってから寺院に入らねばなりません。

行事と祝日
 バリにはサカ暦・ウク暦という2つの暦があり、宗教的な祝日のほとんどはウク暦に従います。
サカ暦は太陰暦を基礎とした日数設定です。また、ウク暦の1年は210日なので、宗教的な祝日は
毎年日付が異なります。
現地の人もこの暦を中心に行動します。

ニュピ(日不定)
 サカ暦のお正月です。ニュピの前日は、怖い形相の人形を掲げながら外を練り歩きます。
ニュピ当日は仕事、外出、火を使うことなどが禁じられ、バリの人々は、家の中で静かに過ごします。
町中のお店もお休みとなり、観光客も外出ができませんので最悪です。

ガルンガン(日不定)
 ウク歴の祭礼で、日本のお盆のような日です。すべての神々と祖先の霊が帰ってくると言われています。
村々では、道路の両側にペンジョールという竹飾りを入り口に掲げ、寺院で祈りを捧げますので、色々な寺院で
お祭りを見ることが出来ます。

クニンガン(日不定)
 ガルンガンの10日後に行われ、神々と祖先の霊を天に送り返します。

詳細は下記の京都民俗学談話会誌の「京都民俗」を、お読みください。
http://www.echna.ne.jp/~totto


上記内容の詳細は、下記の本で御覧になれます。

 2001年2月下旬に、「稲作民俗の源流―日本・インドネシアー」として出版。

題名『稲作民俗の源流―日本・インドネシアー』自費出版!

         上記本の写真と内容 詳細は左をクリック!

お読みになった方からメールをいただきました。

 とても中身が濃く、何度もまだまだ読み込める可能性を秘めた素晴らしい御本です! 
 御本の中にもありました「先祖と一体になる」という言葉!素晴らしい表現ですね。
 これは「感謝」の枠を超えた人生観であり、宇宙観であり、哲学だと感じました。


                                次へ


  http://www.asize.net/~asia/index.htm
海外行方不明者家族の会     http://www.alpha.dti2.ne.jp/~missing/
海外旅行犯罪事件簿      http://www2u.biglobe.ne.jp/~hanzai/home.htm


 『竹取物語』研究所(竹取の翁・かぐや姫)
  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
  copyright(C) 1999 yk. All rights reserved.

Ads by TOK2