世界遺産The world heritage

稲作民俗の源流    

 アンコール寺院 

カンボジアは、インドの影響をうけシバ派を主にビシュヌ派を含んだヒンドゥー教仏教
いう宗教で、寺院の建築などは、インドの影響を受けている。 小泉芳孝

   あなたは番目の訪問者です!
                               

カンボジアのアンコールワット、ミャンマーのパガン、インドネシアのボロブドールを、世界三大仏教遺跡と言う。
世界遺産に指定されているカンボジアの「アンコール・ワット」「アンコール・トム」などの寺院は、
内部に農業の貯水施設を兼ね備えた聖なる遺跡である。
アンコール遺跡のあるシエムリアップ周辺では,ほとんどの地域で二期作が可能である。
また一部地域では、3期作も可能であリ農業が主体となっている。
稲作は、4月から7月と、8月から11月の二期作と、前記に12月から3月を加えた三期作
が行われている。
このため、稲刈りをしている近くの田んぼで青々とした水田が広がるという風景を見ることが出来る。
一般に古代米と言われている「アカ米」は、17キロ程離れた東方の地域で栽培されているようです。
アンコール遺跡周辺には,沢山の貯水池が設けられ農業用水として利用されていて、灌漑による
水田整備がなされている。
シエムリアップ周辺の農村では,高床式建物が建てられ、地上からおよそ二メートルほどの高さに床がある。
これは熱帯地方の特色で、通風を良くして湿気を防ぐので部屋の中が涼しくなるようにしている。


「アンコール・ワット」寺院

建築年代は、12世紀前半とされ、スーリャバルマン二世によって建てられた物で、東西1500メートル、
南北1300メートルの掘で囲まれている。
この寺院は、スーリャバルマン二世の葬儀を行うための寺院として建てられたものと言われている。
インドのアジャンタエローラ石窟寺院は、巨大な岩を掘り進んで造っているが、
この寺院は四角の岩を積み上げて造っている所に特色がある。建造に用いられた岩は
砂岩やラテライト(紅土石)などが使われていて遠くから運ばれてきている。
 

60メートル余りの高さにそびえたっている「中央塔」に達するには、外堀の橋を
渡り「大門」をくぐって参道を歩き、さらに三つの回廊を超えて行かなければならない。
大門をくぐり、まっすぐに伸びた長い参道を進むと、正面にそびえたつ「中央塔」が
徐々に大きく見えてくる。
 この付近から見た景色は壮観で、特に早朝は下記の写真のように幻想的な
アンコール・ワット」を見ることができる。
この大門の壁面や柱などには、天女「アプサラス」や女神「デヴァダ」の美しい
像が刻まれている。      




大門から見た「アンコール・ワット」寺院


  早朝の「アンコール・ワット」石窟寺院

◆アンコール・ワットの朝日は最高です!
 朝日を見るために、朝4時起きでアンコール・ワットへ向かうとよい。市内のホテルを出てしばらく
すると空は明るくなってきてアンコール・ワットに到着する。西塔門から入ると最初白くなりかけていた
空は、太陽がちょうど祠堂の屋根のあたりに到達すると、赤・黄・白・青の光線を放ち、遺跡は真っ黒
に浮かび上が。空気が綺麗なのと回りに建物がないためその光景は、感動という以外言葉にするの
が難しい。是非ここへ来た時は、早起きしては三文の得を?をえてほしい。

アンコール・ワット」の女神「デバタ−像」

遺跡のあらゆる所に女神「デバタ−像」があり、それぞれ表情も違っている。
回廊の右には、左右四本ずつの手を持った高さ3メートルくらいのヴィシュヌ神の
立像が安置されている。
参拝に訪れた人達は、この像に手を合わせお祈りしていた。


長い参道を進むと「第一回廊」に達する。この回廊の外側には、ヒンドゥー教のマハーバーラタ物語や、
ラーマーヤナ物語などが周囲の壁一面に刻まれている。
中庭をへだてて高さ7メートル程の急な石段を登った所に「第二回廊」があり、
さらに高さ13メートル程の急な石段を這い登ると「第三回廊」に到達する。
この第三回廊の中央に本殿があり空高くそびえ立つ中央塔の真下の東西南北に、
仏像が安置され次々に参拝者が訪れお参りしていた。
この第三回廊の壁面や柱などには、天女「アプサラス」や女神「デヴァダ」の美しい像が刻まれていた。

朝のお勤めに行く小乗仏教の僧侶

                                    (アンコール・ワット遺跡にて)

タイから持ちこまれた小乗仏教は,カンボジアの各地に設けられ、僧侶は,黄色の衣を着た本職の僧侶と、
一時的に仏に仕えるな修行僧がいる。


「アンコール・トム」寺院

 アンコールトムは多くの寺院からなり、クメール王国の最盛期に建設された城塞都市です。
 「アンコール・トム」は、周囲12キロメートルの城壁内の中央に観世音菩薩の顔が彫られた
49の塔がそびえるバイヨン寺院がある。
巨大な顔が彫られた5つの城門が外部へ通じ、その中に四面仏の穏やかな微笑をたたえる
観世音菩薩」は、見ごたえがある。
中心にあるバイヨン寺院は、かつてのアンコール王朝の威容を今に伝えている。


「パンテ・アイスレイ」寺院

パンテ・アイスレイは、町から三十キロと離れており、地雷が埋められていたり、道すがら強盗が
出没するということで、最近までは軍隊を雇わなければ行かれなかったようである。
 中央の祠堂には世界的に有名な女神「デヴァタ像」がやさしく微笑む姿は「東洋のモナリザ」の
異名を持ち、多くの人々を魅了してきた。
 バンテイ・スレイはアンコールワットより前の9世紀に建立され、密林の中に埋もれて20世紀に
なって発見されたため保存と修復状態が良く、こちらの方が素朴で実に美しい彫刻がそのまま
残っている。 
 フランスの作家アンドレ・マルローは、浮き彫りのデバター像に魅せられ、盗掘して国外に
持ち出そうとしてプノンペン逮捕されたといういわくがあり、余計に有名になった。
バンテイ・スレイまで行くには 30キロあるのでツアーは少ないが、静寂した寺院の佇まいと
デバター像に魅了されることは間違いないので、ここへ訪れるツアーに参加することを勧めます。
 私が行った時は、この像の近くまで行くことが出来たが、最近は近づくことが出来ず遠くから
しか見ることが出来なくなったということで大変残念です。

「パンテ・アイスレイ」寺院の、女神デヴァタ像

      「東洋のモナリザ」と呼ばれている女神のデヴァター像は、保存状態も良く
      実に魅惑的なヒンズー教の女神像である。


「タ・プローム」寺院

「タ・プローム」寺院

「タ・プローム」 木の根などが寺院にくらいつき自然の芸術を見せている。
この寺院は,かなりの部分が崩れたままとなっていて各所で、上記のような木の枝や根が
遺跡の部分にからみつき、異様な光景を見ることが出来る。かつてジャングルに
囲まれていた光景が浮かんでくる。
寺院の内部は,リンガなどの寺院の面影が残っているが、復興はされておらず
大きな石が崩れて積み重なった状態となっている。現在日本など世界から復興の機運が
高まりつつある。


シエムリ・アップ市内にある「小乗仏教」寺院内の仏像


カンボジア王国の世界遺産(1991)アンコール,1992,


「アンコール遺跡群フォトギャラリー
日本ユネスコ協会連盟」 http://www.unesco.or.jp/
TBS−tv世界遺産 http://www.tbs.co.jp/heritage/
世界遺産資料館 http://homepage1.nifty.com/uraisan/index.html


トップ アイコン稲作民俗の源流メイン」へ 世界遺産「ホロブドール」へ 世界遺産インド」へ 世界遺産中国・北京



                   トップ アイコン 世界遺産・稲作民族・竹取物語へ


『竹取物語』研究所(竹取の翁・かぐや姫)
  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
  copyright(C) 1999 yk. All rights reserved.


Ads by TOK2