ロンドン・ヒースロー空港撮影ガイド

過去3回の遠征時に撮影したポイントです。
工事などでポイントが閉鎖になることもあるので、ご注意ください。

発着便

一日中ひっきりなしに便が離発着します。
珍しいものでは朝は6時台〜7時台にアフリカ、中東から、午後に中東からの便が比較的集中的に到着します。昼頃はヨーロッパ内路線、アメリカ線の発着が主です。
貨物便の発着はJL、CX、SQ、EV以外はほとんどありません。

撮影ポイント

使用滑走路は27L〜29Rと27R〜09Lだけですので、どちらかに絞っていれば全発着機の撮影が可能です。
滑走路の使い方は決まっていて、RWY27使用の場合27L着陸27R離陸、27L離陸27R着陸を午後3時で切り替えることになっています。つまり朝27Lで降りている場合、午後3時に27R降りに切り替わるわけです。
09使用時は終日09L着陸09R離陸で固定です。

まずヒースロー空港の地図をご覧下さい。

黄色で示したのが滑走路です。平行して南側が27L〜09R、北側が27R〜09L。他にクロスの23〜05もありますが使うことはありません。
緑で示した4箇所がそれぞれのターミナルです。中央の3箇所、時計回りにターミナル1,2,3、27L南がターミナル4です。現在西の青丸の所にターミナル5を建設中です。
空港東側、赤で示した所が地下鉄ピカデリー線ハットンクロス駅です。

ポイント1 ハットンクロス(27L)

ヒースローといえばハットンクロスを抜きには語れないでしょう。というわけでハットンクロス。
ここでは27Lに着陸する機体を撮影出来ます。

アクセス・・・地下鉄ハットンクロス駅から徒歩になります。 朝側1分 昼側7〜8分。
光線状態・・・夏の朝と夕方はハットンクロス駅前の歩道橋(地図青丸)より順光、日中は少し南へ歩いた広場(地図赤丸)より順光で撮影できます。
ポイント状況・・・ヒースロー一番の名物ポイント。休日ともなると現地スポッターで賑わいます。飲み物の調達、トイレは昼側へ歩いていく途中のガソリンスタンド併設のコンビニ(地図オレンジ丸)で。草地に座って待つことになるので、敷物を持って行きましょう。一日いても飽きませんが、ランウェイチェンジにはご注意を。
使用レンズ・・・300mmまでをカバーできるレンズがあれば十分です。747など大型機は100mm以下のレンズがあったほうがいいかもしれません。

ポイント2 ハットンクロス(27R)

27Rに着陸する機体と、遠いですが27Rへタキシングする機体の一部も撮影できます。27Rエンドに展示されているコンコルドの撮影はここからどうぞ。

アクセス・・・ハットンクロス駅から徒歩20分ほどです。途中整備地区の真ん中を突っ切っていく形になるので、いろいろ珍しい機体が見られるかも?途中水色丸の所に有名な飛行機の踏切がありましたが、噂では無くなったとかとかなんとか・・・?
光線状態・・・朝夕はアプローチコースの反対側まで渡れば終日順光となります。
ポイント状況・・・トイレ、自販機はありません。ロータリーの脇の草地に座って撮影することになりますので、敷物をもっていきましょう。
使用レンズ・・・27Lと同じく、300mmまであれば事足ります。

ポイント3 クイーンズビルディング屋上展望デッキ

この展望デッキは現在閉鎖中ですが、再開したときのためについでに書いておくことにします。


アクセス・・・ターミナル2から歩いてすぐです。入り口はパッと見では分かりづらいのでよく注意して探しましょう。
光線状態・・・夏の夕方以外終日逆光です。
ポイント状況・・・デッキにはコンビニ兼飛行機ショップがあります。飲み物などの調達はここで。滑走路方向は終日逆光なので曇りの日がベストかと思います。目の前のターミナル2スポットにはヨーロッパ各地からの近距離国際線が発着します。
使用レンズ・・・古い記憶なので少々失念しているところはありますが、滑走路はB747で200ミリ程度だったと思います。目の前のスポットを出入りする機体は間近に撮影できます。




その他、ターミナル1の立体駐車場からも飛行機を見ることは出来ますが、そこは撮影禁止です。長居していると警備員がすっ飛んでくるのでご注意ください。
09L側にも着陸を撮れるポイントがあるようですが、私はまだ行ったことがありません。
ターミナル5が完成したらどのような撮影ポイントが生まれるのかが楽しみとなっています。

ホテル

2004年遠征では空港近くのThistle London Heathrowに宿泊しました。

青印でマークした箇所にあります。
ターミナル123からシャトルバスが出ており、アクセスは良好です。
このホテルにはオープンテラスがあり、27Rから離陸する長距離便が200mm程度で撮影できます。また、私が泊まっていた間はありませんでしたが、09運用になった時着陸を撮影できるかもしれません。

その他

ここからガトウィック、スタンステッド、ルートン、シティの各空港にはシャトルバスが出ており、撮影にも十分使えます。
ロンドン市内へヒースローエクスプレスで出る場合、ワンデイリターンチケット(午前〜午後3時までか、午後〜夜の往復)を買うと往復でほぼ半額の片道+α程度で乗車できます。

このページの地図の権利はテレアトラス社に帰属します。

Ads by TOK2